ANKER ガジェット

【高級感が最高】Anker PowerConf S3 レビュー|他の人と差がつく!ファブリック素材で上質なWEB会議に

2021年5月4日

Anker PowerConf S3 使い方&レビュー。ファブリック素材で上質なスピーカーフォン。

本記事について


本記事ではANKERから発売されているWEB会議スピーカーフォンの「Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」レビューしました。

今や当たり前になったWEB会議。

でも、会議が長引くとヘッドセットやイヤホンの着用疲れも…

WEB会議で耳が痛い…もう限界…!

そんなあなたにおすすめしたいのが、Ankerのスピーカーフォン。

Anker PowerConf S3 使い方&レビュー。ファブリック素材で上質なスピーカーフォン。
PowerConf」のスピーカー部がファブリック素材に変わった上位モデル

スピーカーフォンとは


スピーカーとマイクが一体型になったデバイスのこと。一体型なので、スピーカー・マイク別々にする必要なく、省スペースに設置できます。

最大のポイントはヘッドセットやイヤホンの着用ストレスから開放されること。

WEB会議中は卓上に置いておくだけ。




あとは出番が来たらしゃべるだけです

ちなみに、「Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」のウリはスピーカー表面のファブリック素材

Anker PowerConf S3 使い方&レビュー。ファブリック素材で上質なスピーカーフォン。
やっぱ見た目は大切ですし、手触りの良さも◎

もちろん、マイクの集音性能も高い。

マイク自体には"エコー"が起こりにくいエコーキャンセルや、周囲の雑音を打ち消すノイズキャンセルマイクでクリアな音声で通話が可能。


エコーとは


人が何か言葉を発した際、言葉の一部が反射してその人に戻ってくる"やまびこ"と同じ現象のこと。エコーがひどくなると、音が鳴り響き続ける"ハウリング"状態になることも。トラウマです。

あと、側面に合計で6つのマイク(長円形の穴が空いた部分)を搭載。360°どの方向からの声をしっかり拾うことができます。

Anker PowerConf S3 使い方&レビュー。ファブリック素材で上質なスピーカーフォン。
PowerConfパワーコンフ S3エススリーの右側

Anker PowerConf S3 使い方&レビュー。ファブリック素材で上質なスピーカーフォン。
PowerConfパワーコンフ S3エススリーの左側

また、「Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」との距離に関係なく、相手に均一な音声を届ける"オートゲインコントロール"機能も搭載。マイク性能の高さもウリのスピーカーフォンです。

その他、Ankerならではの付加価値も。

専用アプリ『Soundcore』を使用すれば、バッテリー残量のチェック、1人で使う"シングルモード"や複数人で使う"グループモード"の切替など設定が可能



シングルモード:在宅ワークに




グループモード:オフィス用に

Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」はいつものWEB会議をストレスフリーに。テレワークでもオフィスでも大活躍してくれますよ。

レビューまとめ

  • 気分が上がる上質な見た目
  • ハンズフリーで耳が疲れにくい
  • 高性能なマイクでクリアな音声
  • 24時間使える超スタミナ
  • 直感的に使える操作パネル
  • 持ち運びに便利な収納ポーチ
  • 接続するだけですぐに使える

関連記事

>>Anker会議用スピーカーの違いを比較してみました

【実機レビュー】Anker PowerConfとプラス、S3の3機種を徹底比較!違いも解説する

続きを見る

>>一緒に使いたいAnkerのWEBカメラ

Anker PowerConf C300のレビュー。WEB会議やオンライン配信のQOL爆上げ。

続きを見る

Anker PowerConf S3の概要【見た目に高級感あるスピーカーフォン】

Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」を、ざっくり見ていきましょう。

以下の項目でまとめてみました。

  1. 仕様
  2. 付属品
  3. 外観
  4. ペアリング

1.PowerConf S3の仕様

ここでは、「Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」の仕様(スペック)を表にまとめてみました。

PowerConf S3のスペック表

製品名PowerConfパワーコンフ S3エススリー
画像

カラー
グレー:ファブリック
サイズ
約124 × 124 × 28mm
重さ
約340g
スピーカー出力
3W
接続方法
Bluetooth / USB Type-C
Bluetooth規格
Bluetooth v5.0
バッテリー容量
6700mAh
連続使用時間
最大24時間
入力
USB-C 5V/2A

対応しているWEB会議ツール

スペック以外に、「Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」はビジネス上で主流として使われる、主要なWEB会議ツールにも対応しています。

  • Zoom
  • Skype for Business
  • Microsoft Teams
  • Cisco webex
  • Google Meet
  • Face Time
  • GoToMeeting

上記以外にも、LINEのビデオ通話でも問題なく使うことができました。対応として表記していないものでも安心して使うことができそうです。

注意


ミュートボタンはWEB会議ツールのアイコンと連動はしていませんが、物理的にマイクミュートはされています。




LED赤:マイクミュートの状態

2.PowerConf S3の付属品

PowerConf S3の付属品

Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」の付属品を紹介していきます。

項目としてまとめると以下のとおりです。

PowerConf S3 付属品

  1. PowerConf S3 本体
  2. トラベルポーチ
  3. USB-Cケーブル × 1
  4. 取扱説明書
PowerConf S3の付属品

2.トラベルポーチ

Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」のトラベルポーチ。

伸縮性のあるネオプレン素材でぴったりフィットしてくれます。

Anker PowerConf S3 使い方&レビュー。ファブリック素材で上質なスピーカーフォン。
ジャストサイズで収納できて気持ちいい。

ネオプレンとは


スキューバダイビングのウェットスーツに使われている合成ゴムのこと。手触りが柔らかく、伸縮性が高いのが特長です。

トラベルポーチには取っ手がついており、バッグの中に入れた状態でも引っ掛けて取り出しやすくなっています。

Anker PowerConf S3 使い方&レビュー。ファブリック素材で上質なスピーカーフォン。

3.USB-Cケーブル

付属のUSB-Cケーブルは、「Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」本体の充電の他、有線で接続する際に使用します。


太めのケーブル直径でしっかりとした作り

3.PowerConf S3の外観

ここからは、「Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」の外観をじっくり見ていきます。

表面はファブリック素材で、優しい手触り。「Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」と見比べて、見た目も上質な仕上がりです。

Anker PowerConf S3 使い方&レビュー。ファブリック素材で上質なスピーカーフォン。

ファブリック素材の中に、「ANKER」ロゴプレートが埋め込まれています。

Anker PowerConf S3 使い方&レビュー。ファブリック素材で上質なスピーカーフォン。

重量を測ってみると約328g。手に持つと少しズシッとくる重量感です。

Anker PowerConf S3 使い方&レビュー。ファブリック素材で上質なスピーカーフォン。
メーカー公称値は340g。
搭載バッテリーの公差より個体差ありそうです。

表面の中心にはタッチパネルが搭載。アイコンがどんな動作をするのか分かりやすい

Anker PowerConf S3 使い方&レビュー。ファブリック素材で上質なスピーカーフォン。
開封後は保護フィルムが貼ってあります

側面には"電源ON/OFFボタン"と"ペアリングボタン"が並んでいます。こちらは、物理ボタンでしっかり押し込めます

Anker PowerConf S3 使い方&レビュー。ファブリック素材で上質なスピーカーフォン。
電源ON/OFFボタン(左)
ペアリングボタン(右)

反対側の側面は各端子が配置。有線接続の際には「USB」、音を出したくないときにイヤホンを挿す「AUX OUT」、充電する際には「POWER」に接続するような使い分けです。

Anker PowerConf S3 使い方&レビュー。ファブリック素材で上質なスピーカーフォン。

その他の側面にはマイク穴が一定の間隔で空いています。全部で6つあり、全方位の音を漏れなく集音することが可能。

Anker PowerConf S3 使い方&レビュー。ファブリック素材で上質なスピーカーフォン。
長円形の穴がマイクです

裏面はゴム足で、置いた場所が傷つきにくく、滑りにくいので安定して設置することができます。

Anker PowerConf S3 使い方&レビュー。ファブリック素材で上質なスピーカーフォン。

Anker PowerConf S3の使い方【TeamsとZoomを使って解説】

ひとしきり概要がつかめたところで、「Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」の使い方を下記の流れで解説していきます。

PowerConf S3の使い方

  • PowerConf S3の初回ペアリング
  • PowerConf S3とWEB会議ソフトの設定

PowerConf S3の初回ペアリング

Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」とMacbookを使った、ペアリングの手順を紹介していきます。

メモ

初回のペアリング設定は3STEPで完了します。

STEP.1
ペアリングモード

電源OFFの状態で、PowerConfパワーコンフ S3エススリーの電源ボタンを長押しすることで起動音と共に電源ON。”ペアリングモード”になります。

STEP.2
Bluetooth機器の設定

MacbookのBluetoothをオンにすると"PowerConf S3"が表示されるのでそちらをクリックします。

STEP.3
ペアリング完了

"PowerConf S3"が接続済みのステータスに変わってペアリング完了。

PowerConfパワーコンフ S3エススリー本体からアラーム音が鳴ります。

2回目以降のペアリングについて

Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」を起動すれば自動でMacbookにペアリングされるようになるので手間いらず。電源を入れたらすぐに使えるようになります。

別のデバイスにペアリングしたい場合

電源ボタンの右にある「Bluetooth」アイコンのボタンを押すだけ。ペアリングモードになって、別のデバイスとペアリングすることが可能になります。


簡単に再ペアリングできます

PowerConf S3とWEB会議ソフトの設定

Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」をWEB会議ソフトでどう設定するのか。

本記事では下記の2つについて、設定方法とポイントを解説する。

  • Microsoft Teamsで使う場合
  • Zoomで使う場合

PowerConf S3をMicrosoft Teamsで使う場合

STEP.1
Microsoft Teamsの設定画面を開く

設定画面が開けたら、下記の3箇所を設定していきます。




Microsoft Teamsの設定画面
STEP.2
スピーカーの設定

スピーカーの項目をクリックすると、プルダウンメニューが開かれます。

『ヘッドセット(PowerConf S3 Hands-Free AG Audio)(Bluetooth)』を選択。




赤枠で囲んだ部分を選択する

ポイント


『ヘッドホン(PowerConf S3 Stereo)』を選択した状態だと、音声が出力されません。
STEP.3
マイクの設定

STEP.2と同様にマイクの項目をクリック。プルダウンメニューが開かれます。

『ヘッドセット(PowerConf S3 Hands-Free AG Audio)』を選択。




赤枠で囲んだ部分を選択する

ポイント


2番目(接続しているWEBカメラのマイク)と3番目(ノートPC内蔵マイク)など間違えないようにしよう。

あとは、WEBカメラの設定も忘れずに行いましょう。




赤枠で囲んだ部分を選択する

これで、「Microsoft Teams」の設定は完了です。

必要に応じて、設定画面のテスト通話で試しておきましょう。

PowerConf S3をZoomで使う場合

PowerConf S3を「Zoom」で使う場合の設定も。

こちらも、『ヘッドセット(PowerConf S3 Hands-Free AG Audio)』を選択することが大切です。



マイク、スピーカーの選択する項目



WEBカメラの設定も忘れずに


関連記事>>AnkerのWEBカメラをレビュー
Anker PowerConf C300のレビュー。WEB会議やオンライン配信のQOL爆上げ。

続きを見る

音質やマイク性能をAnker PowerConf S3で実際に収録

Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」の実機を使って、音質・マイク性能をレビューしてみました。
実際に収録したYou Tubeがありますので参考にしてみてください。

PowerConf S3の音質・マイク性能

ポイント

360°どの角度からも音声を確実に拾ってくれます。

また、中心のタッチパネルのLEDが点灯するので、反応してくれているのか分かりやすい。

Anker PowerConf S3を手にして分かった【3つの魅力】

Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」を実際に使ってみて良かった点を、3つの魅力として紹介します。
まとめると以下の通りです。

PowerConf S3 3つの魅力

  1. 見た目の高級感が最高
  2. 収納ケースで持ち運びも安心
  3. 専用アプリで細かい設定OK

1.見た目の高級感が最高

表面素材の見た目の高級感が最高です。「Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」の魅力を伝える点で、この部分は外せません。


その上で、出し入れする際の手触りも良い。PowerConfパワーコンフ」と比べて少し値段は上がりますが、その分の価値は十分ありますよ。

収納ケースで持ち運びも安心

Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」に付属するトラベルポーチ。


ネオプレン素材の柔らかくソフトな質感がPowerConfパワーコンフ S3エススリー本体をしっかり保護してくれます。

ネオプレンとは


スキューバダイビングのウェットスーツに使われている合成ゴムのこと。手触りが柔らかく、伸縮性が高いのが特長です。

外出先や出張先で使用する場合にも、安心して持ち運びすることができます。

専用アプリで細かい設定OK

Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」は、専用アプリ『Soundcore』を使えば、ファームウェアのアップデートから、細かい設定まで行うことができるようになります。

『Soundcore』の設定できる項目の一例

  1. バッテリー残量の確認
  2. 音量の調整
  3. マイクミュートのON/OFF
  4. サウンドモードの切り替え など



シングルモード:在宅ワークに




グループモード:オフィス用に

アプリケーション自体も洗練されたUI(ユーザーインタフェース)で使い勝手も良し。自分の好みの設定にカスタマイズすることができます。

使ってみて分かった、PowerConf S3をおすすめしたい人

Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」を実際に使ってみておすすめする人は以下の通りです。

PowerConf S3 おすすめする人

  1. 見た目の良さを重視する人
  2. イヤホン疲れから開放されたい人

見た目の良さを重視する人

本記事で幾度となく書いている見た目の良さ。

ガジェット選びで、見た目を重視する方なら「Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」は失敗しない選択肢の一つです。

イヤホン疲れから開放されたい人

WEB会議で、「耳や頭が痛くなる」「髪型が崩れる」「ピアスと干渉する」などのストレスを感じている方にもおすすめ

耳になにもついていない、ハンズフリーの快適さを実感することができます。マイク部分が衣服にこすれてザラザラ音が鳴ったり…ということがない点も魅力です。

PowerConf S3をおすすめしない人

Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」を実際に使ってみておすすめしない人は以下の通りです。

PowerConf S3 おすすめしない人

  1. 周囲の人に聞かれたくない人
  2. 安定した通話を求めている人

周囲の人に聞かれたくない人

Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」はスピーカーフォンなので、相手の音声がスピーカーから出力されます。

周囲の人に通話の内容を聞かれたくない場合は、骨伝導イヤホンがおすすめ

安定した通話を求めている人

USB-Aコネクタのドングルで安定したBluetooth接続が可能な「Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」という選択肢もあります。

ここに注意…!PowerConf S3を注文する前に知っておきたいこと

ここでは、「Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」を実際に使ってみて分かった、注文する前の注意ポイントを紹介。
注意点は以下の2つになります。

PowerConf S3購入前の注意点

  1. PowerConfと性能差はなし
  2. 付属ケーブルはケースと一緒に収納できない

1.PowerConfと性能差はなし

1つ目の注意点として、「PowerConfパワーコンフ S3エススリー」は「PowerConfパワーコンフ」の外観が変わっただけで、性能面は全く同じ商品ということです。

少しでも安価に会議用スピーカーフォンを購入したい方は「PowerConfパワーコンフ」を選ぶのが良いです。

少しでも安く購入したい方

関連記事>>PowerConfパワーコンフをレビュー

2.付属ケーブルはケースと一緒に収納できない

2つ目の注意点として、、付属のトラベルポーチに収納できるのは、「Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」のみという点です。

付属のUSB-Cケーブルも一緒に収納しようとしましたが、ファスナーを最後まで締めることができず途中で断念。


持ち運びや保管の際、USB-Cケーブルは別個で管理する必要があります

他社と比べてどう?Anker PowerConf S3を比較表でチェック

Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」と他社のWEB会議スピーカーフォンを比較してみました。比較表にまとめると以下の通りです。

製品名表面材質サイズ重量連続使用時間対応人数接続方法連結使用マイク数スピーカー出力電源
amazonAnker PowerConf S3ファブリック12.4 × 12.4 × 2.8cm340g24時間1〜8人USB/Bluetooth不可63WUSB給電/内蔵バッテリー
amazoneMeet Luna樹脂12 x 12 x 3.65 cm290g15時間1〜8人USB/ドングル使用/Bluetooth可 2台3

3WUSB給電/内蔵バッテリー
amazonYAMAHA YVC-200B樹脂14 x 14 x 4.3 cm280g10時間1〜4人USB/Bluetooth/NFC不可不明88dBUSB給電/内蔵バッテリー
amazonJABRA SPEAK 510樹脂15.24 x 12.7 x 5.08 cm195g15時間1〜4人USB/Bluetooth不可不明10WUSB給電/内蔵バッテリー

比較表を見ていくと…

Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」の超スタミナ性能。「連続使用時間が24時間」は他のWEB会議スピーカーフォンと比較して特に優れているポイントです。

また、表面の素材が「ファブリック」になっているのもPowerConfパワーコンフ S3エススリーだけ。見た目で差をつけたいなら選択肢の一つになりますね。

Anker PowerConf S3 レビューまとめ。WEB会議をよりリッチに、快適に◎


本記事では「Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」をレビューしました。改めてレビュー内容を整理すると以下の通りです。

レビューまとめ

  • 気分が上がる上質な見た目
  • ハンズフリーで耳が疲れにくい
  • 高性能なマイクでクリアな音声
  • 24時間使える超スタミナ
  • 直感的に使える操作パネル
  • 持ち運びに便利な収納ポーチ
  • 接続するだけですぐに使える

Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」を使えば、WEB会議にハンズフリーで参加。耳になにもついていない快適さを味わうことができます。

ファブリック素材の上質な見た目で、収納ポーチから出し入れするたびゴキゲンに。テレワークでの良き相棒になってくれるはず。

仕事以外にも、作業用BGMを流したり、リモート飲み会に参加するときに使ったりと幅広く使うことも可能

Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」があれば、オンライン上のコミュニケーションが円滑に。ストレスフリーを実現できますよ。

☑PowerConf S3をお得に購入する方法

少しでもオトクに手に入れたい!

そんな方にはAmazonチャージでの購入がおすすめです!

「Amazonチャージ」はAmazonギフト券にお金をチャージして買い物する方法。

使うメリットは以下の通りです。

「Amazonチャージ」のメリット

  • 初回チャージで1,000円分のポイントをゲット(還元率20%)
  • 購入金額に合わせて最大2.5%のポイントをゲット

1回のチャージ金額とプライム会員かどうかで還元率が変わる仕組みです。

引用元:公式Amazonチャージの特典

「Amazonチャージ」は誰でも、何度でも使えるサービス。

積み重ねで見れば大きな額になるので、オトクに買い物したい方はやらなきゃ損ですよ。

Amazonチャージのご紹介

>>Amazonチャージはこちら

>>初回チャージはこちらのキャンペーンがオトク

※チャージはたった3秒で終わります
※初回チャージなら1,000円分のポイントがもらえます

関連記事


【手軽さが最高】Anker PowerConf+をレビュー|多彩な接続方法が魅力。テレワークでのWEB会議を快適にするスピーカーフォン

続きを見る


Anker PowerConf C300のレビュー。WEB会議やオンライン配信のQOL爆上げ。

続きを見る


AKRacing Pro-X V2 レビュー。極上の座り心地。女性の身長でもOK。PUレザーの耐久性は約10年も。

続きを見る


【2年使用】AKRacing Premium レビュー。身長別の座り心地も検証。あぐらOKの広めの座面が魅力。座面チルト機能で体圧も分散できる。

続きを見る


【30選】在宅勤務、リモートワークが捗る!デスク周りの便利ガジェットおすすめ品を実体験から紹介。

続きを見る


【実機レビュー】Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ|テレワークに最適の必要十分なポートのハブ

続きを見る


【実機レビュー】Anker PowerExpand 8-in-1 USB-C PD 10Gbps データ ハブ|高速データ転送がウリのハイスペックなType-Cハブ

続きを見る


【MX VERTICAL MXV1s レビュー】お!ラクチン。自然な形で手を添えるだけのエルゴノミクスマウス

続きを見る


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

続きを見る


【3ヶ月使用】ロジクール MX MASTER 3 for Macレビュー|Mac向けに最適化されたフラッグシップモデル

続きを見る


【7ヶ月使用】MX ANYWHERE 2S レビュー|快適操作のワイヤレスモバイルマウス

続きを見る


ロジクール KX800M MX KEYS for Mac レビュー。US配列でミニマル。Windowsでも使えるか検証。

続きを見る


ロジクール KX1000s CRAFTのレビュー。ダイヤル入力で直感的な操作、洗練されたデザインのキーボード。

続きを見る

-ANKER, ガジェット