ANKER ガジェット

【実機レビュー】Anker PowerConfとプラス、S3の3機種を徹底比較!違いも解説する

【実機レビュー】Anker PowerConfとプラス、S3の3機種を徹底比較!違いも解説する

PowerConf(左)」と「Anker PowerConf S3(右)

Anker PowerConfシリーズの違いが気になるな…

こんな疑問に答えます。

本記事では「Anker PowerConf」と「Anker PowerConf+プラス」、「Anker PowerConf S3」の3モデルについて、実機で比較してみました。

実機の写真を使って比較した上で、3モデルの違いも解説していきます。

さっそくですが、3モデルを比較して達した結論から、おすすめする人は以下のとおりです。

本記事を最後まで読めば、違いが分かって失敗しない会議用スピーカーフォン選びをすることができますよ。

【実機レビュー】Anker PowerConfと+プラス、S3の3機種を徹底比較

Anker PowerConf」と「Anker PowerConf+プラス」、「Anker PowerConf S3」の3モデルについて、以下の切り口で比較してみました。

☑ 比較した切り口

  • スペック
  • マイク性能・音質

PowerConf 比較1:スペック

Anker PowerConf」と「PowerConf+(プラス)」、「PowerConf S3」のスペック(仕様)を表にまとめてみました。

どの辺りに特長があるのか見比べてみましょう。

☑ 表は左にスワイプできます。

製品名 PowerConf PowerConf+プラス PowerConf S3
画像
カラー
グレー:メタリック
グレー:ファブリック高級
サイズ
約124 × 124 × 28mm
重さ
約340g
マイク
6つの全指向性マイク
機能
・エコーキャンセリングや残響抑制
・ノイズリダクション機能
・オートゲインコントロール
アプリ
Soundcore対応◯
接続方法
Bluetooth /
USB-C
Bluetooth /
Bluetoothドングル/
USB-C豊富
Bluetooth /
USB-C
Bluetooth規格
Bluetooth v5.0
バッテリー容量
6700mAh
連続使用時間
最大24時間
入力
USB-C 5V/2A
収納ポーチ
付属◯

表で見比べてみると、多くの機能がほぼ共通であることが分かります。

違いとすれば、カラーが異なる「Anker PowerConf S3」、もしくは接続方式にBluetoothドングル(簡単接続)が選べる「Anker PowerConf+(プラス)」といったところ。

比較しての結論

基本性能は3モデルとも同じ。カラーや接続方法の違いが選ぶポイント。

PowerConf 比較2:マイク性能・音質

Anker PowerConf」と「Anker PowerConf+プラス」、「Anker PowerConf S3」のマイク性能や音質を実際にYou Tube動画として収録してみました。

まずは、「Anker PowerConf」と「Anker PowerConf+プラス」のマイク性能・音質からチェック。

比較ポイント


「Anker PowerConf」と「Anker PowerConf+」の見た目や性能は全く同じです。

PowerConfと+プラスの音質・マイク性能

ポイント

特筆すべきは、360°どの角度からも音声を確実に拾っている点。

中心の操作盤のLEDが点灯するので、集音しているかどうか分かりやすい。

残りの「Anker PowerConf S3」もチェックしてみてください。

PowerConf S3の音質・マイク性能

ポイント

ファブリック素材のスピーカーでおしゃれな雰囲気。

どの角度からでもしっかり拾う集音性能。タッチパネルのLEDが点灯して、集音の状況が分かりやすい。

比較しての結論

音質・マイク性能は3モデルとも同じ



PowerConfと+プラス、S3の違い

ここからは、「Anker PowerConf」と「Anker PowerConf+プラス」、「Anker PowerConf S3」の違いについて、以下の違いで紹介していきます。

☑ 違いの切り口

  1. PowerConfと+プラスの違い
  2. PowerConfとS3の違い

1.Anker PowerConfと+プラスの違い

Anker PowerConf」と「Anker PowerConf+プラス」の違いはBluetoothドングルがあるか、ないかの接続方式です。

【実機レビュー】Anker PowerConfとプラス、S3の3機種を徹底比較!違いも解説する
Bluetoothドングルは指先ぐらいのサイズ感

Bluetoothドングルがあれば、ペアリングが簡単、かつ安定したBluetooth接続をすることができます。Bluetoothが初めての方でも安心。


PCに接続した様子。出っ張りも少ない。

2.Anker PowerConfとS3の違い

Anker PowerConf」と「Anker PowerConf S3」の違いは外観と収納ポーチ。

まず、外観を見比べてみると、「Anker PowerConf」はツルッと滑らかな素材に対して、「Anker PowerConf S3」はファブリック素材でサラッとした質感。

見た目のカッコ良さ、高級感は「Anker PowerConf S3」の方があります。

収納ポーチも見比べてみました。

Anker PowerConf」の収納ポーチは形がしっかりしているハードタイプであるのに対して、「Anker PowerConf S3」は柔らかく、伸縮性のあるソフトタイプ。

持ち運びの安心感は「Anker PowerConf」の方があります。



Anker PowerConfと+プラス、S3比較と違いまとめ


本記事では、「Anker PowerConf」と「Anker PowerConf+(プラス)」、「Anker PowerConf S3」を比較レビューしてみました。

3モデルを比較してみての違いは以下の通りです。

☑ 違いまとめ

  • 「PowerConf」と「+プラス」の違いはBluetoothドングル接続の有無
  • 「PowerConf」と「S3」の違いの違いは見た目

違いが分かった上で、3モデルのおすすめポイントは以下の通りです。

あなたにピッタリの会議用スピーカーフォンを手に入れて、いつものWEB会議を快適なものにしてみてくださいね。

☑PowerConfをお得に購入する方法

少しでもオトクに手に入れたい!

そんな方にはAmazonチャージでの購入がおすすめです!

「Amazonチャージ」はAmazonギフト券にお金をチャージして買い物する方法。

使うメリットは以下の通りです。

「Amazonチャージ」のメリット

  • 初回チャージで1,000円分のポイントをゲット(還元率20%)
  • 購入金額に合わせて最大2.5%のポイントをゲット

1回のチャージ金額とプライム会員かどうかで還元率が変わる仕組みです。

引用元:公式Amazonチャージの特典

「Amazonチャージ」は誰でも、何度でも使えるサービス。

積み重ねで見れば大きな額になるので、オトクに買い物したい方はやらなきゃ損ですよ。

Amazonチャージのご紹介

>>Amazonチャージはこちら

>>初回チャージはこちらのキャンペーンがオトク

※チャージはたった3秒で終わります
※初回チャージなら1,000円分のポイントがもらえます

関連記事


【高級感が最高】Anker PowerConf S3 レビュー|他の人と差がつく!ファブリック素材で上質なWEB会議に

続きを見る


【新常識】在宅勤務を快適に!仕事の効率がアップするガジェットおすすめ15選をシーン別に紹介

続きを見る


【Zoom映え】Anker初のWEBカメラ「PowerConf C300」をレビュー。WEB会議やオンライン配信のQOL爆上げ。

続きを見る


【あぐらOK】AKRacing Pro-X V2 レビュー|座面の柔らかさが心地よい至高のゲーミングチェア

続きを見る


【5ヶ月使用】AKRacing Premium レビュー|一日の作業を快適にする在宅ワークに最適なゲーミングチェア

続きを見る


【実機レビュー】Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ|テレワークに最適の必要十分なポートのハブ

続きを見る


【実機レビュー】Anker PowerExpand 8-in-1 USB-C PD 10Gbps データ ハブ|高速データ転送がウリのハイスペックなType-Cハブ

続きを見る


【MX VERTICAL MXV1s レビュー】お!ラクチン。自然な形で手を添えるだけのエルゴノミクスマウス

続きを見る


【ロジクール MX ERGO MXTB1s レビュー】親指トラックボールで手首が疲れ知らずのハイエンドマウス

続きを見る


【3ヶ月使用】ロジクール MX MASTER 3 for Macレビュー|Mac向けに最適化されたフラッグシップモデル

続きを見る


【7ヶ月使用】MX ANYWHERE 2S レビュー|快適操作のワイヤレスモバイルマウス

続きを見る


【3ヶ月使用】ロジクール KX800M MX KEYS for Mac レビュー|英字配列が美しいミニマルなキーボード

続きを見る


【ロジクール KX1000s CRAFT レビュー】ダイヤル切替が特徴のハイエンドキーボード

続きを見る

-ANKER, ガジェット

© 2021 ガジェスペ|ガジェットブログ