ゲーミング

【実体験】AKRacing ゲーミングチェアのおすすめモデル3選と、おすすめの色、選び方のポイントから全シリーズ比較まで

2021年5月29日

【実体験あり】AKRacingゲーミングチェアのおすすめ3選から全モデルの選び方のポイントを解説

本記事について

AKRacingのゲーミングチェアに絞り、おすすめモデルを3つ厳選。おすすめの色や、選び方のポイント、全モデルの比較も行いました。

AKRacingのゲーミングチェアってどう選んだらいい?
おすすめ教えてほしいな…

こんなこと思いませんか?

AKRacingのゲーミングチェアは全9シリーズ

「どのモデルを選んだら良いのか分からない」という方も多いのでは?

まず、本記事での結論から。

実際に座って、AKRacing ゲーミングチェアのおすすめ3モデルは以下の通りです。

第1位.【PRO-X V2】ふかふかの極上の座り心地でリラックス

関連記事AKRacing Pro-X V2をレビュー

AKRacing Pro-X V2 レビュー。極上の座り心地。女性の身長でもOK。PUレザーの耐久性は約10年も。

続きを見る

第2位.【Premium】硬めの座面で疲れにくく、PC作業が捗る

関連記事AKRacing Premiumをレビュー


【実機レビュー】AKRacing Pro-X V2とPremiumを徹底比較!違いも解説します

続きを見る

第3位.【Wolf】ムレにくいファブリック素材でシリーズ最安

関連記事AKRacing Wolfをレビュー


AKRacingとDXRacerの違いを3つの切り口で比較。座り心地はどっちが良い?

続きを見る

AKRacing であなたにピッタリのモデルを見つけましょう!

☑画像をタップで、気になる部分へジャンプできます。

おすすめの色

全7モデルの機能比較

関連記事

関連記事DXRacerのモデルを全比較

【2022年最新】DXRacer ゲーミングチェア のおすすめモデルと、全モデルの違いを比較

続きを見る

AKRacingってどんなブランド?

AKRacingは2000年頃から始まった海外ブランド

専属デザイナーによる「個性的なデザイン」と「カラーリング」が特徴です。

エルゴノミクス(人間工学)設計で、長時間のゲームプレイやPC作業でも快適に座れるゲーミングチェア

2020年より、イメージキャラクターに『本田 翼』さんが選ばれているのも話題の一つですね。

AKRacingと他社ゲーミングチェアの【3つの違い】

他社のゲーミングチェアと比べて、AKRacing ならではの【3つの違い】があります。

他社との【3つの違い】

  1. 背もたれが180°リクライニング
  2. 150kgまで耐えられる座面
  3. 約10年使える高耐久なPUレザー

それぞれ詳しく解説していきます!

1. 背もたれが180°リクライニングできる

他社のゲーミングチェアと比べて、AKRacingは背もたれを最大180°リクライニングできる


写真はPro-X V2

Amazon 売れ筋ランキングと比べて、他社は135°や150°までのリクライニングが多いです。

180°リクライニングなら、ゲームや、PC作業で疲れたときの仮眠もしっかり取れます。

リクライニングとは

自動車の座席のように後ろに傾けられる機能のことです。

2. 150kgまで耐えられる座面

AKRacingの座面は耐荷重150kgまでという高耐久な座面になっているのもポイント。

他社ゲーミングチェアを見ると、90〜100kgまでがほとんど。

"そもそも耐荷重の表記がない"ところもありました。

加えて、第三者機関での試験結果も開示。

全部で17項目の品質試験をクリアしたお墨付きがあります。

3. 10年使える高耐久なPUレザーを使用

AKRacingの「Pro-X V2 シリーズ」、「Nitro V2 シリーズ」の張り地は約10年も耐えられる高耐久なPUレザー(合成皮革)を使用


写真は「Pro-X V2

PUレザー(合成皮革)は使うと劣化して、加水分解することがあります。

でも、AKRacingはジャングルテストと呼ばれる試験にクリア。

張り地の耐久性も見逃せません。

加水分解とは

汗や水拭きなどで化学反応。劣化を引き起こし、次第にPUレザーが分解されていく現象。放っておくと表面が剥がれて中身の材質が見えてしまう状態に。

ジャングルテストとは

湿度95%、室温70度の高温多湿な空間に放置して劣化を促進させ、耐用年数や劣化状態を評価するテストのこと。ジャングルテストの1週間は、一般家庭で1年分の使用に相当し、10週間の試験にクリアしたものが合格になります。

長く愛用するものだから、信頼できるブランドを選びましょう!

AKRacing は何色がいい?【迷ったらモノトーンがおすすめ】

AKRacing は何色がおすすめ?

AKRacing ではブラックやグレーの「モノトーン色」がおすすめです。

住まいのインテリアに馴染みやすいというのが一番のポイント。

飽きのこない色なので、長く使う中でも失敗が少ないはず。

Amazon 売れ筋ランキングでも「モノトーン色」が多い。

ちなみに、AKRacing で「モノトーン色」が選べるのは下記の4モデルになります。

1. AKRacing Pro-X V2

「グレー」と「ホワイト」が選べます。

2. AKRacing Premium

「ブラック」と「ホワイト」が選べます。

3. AKRacing Wolf

「ブラック」と「ホワイト」が選べます。

4. AKRacing OVERTURE

「ブラック」と「グレー」が選べます。

AKRacingのゲーミングチェアの【選び方のポイント】

AKRacing を選ぶ上での選び方のポイントを解説。

選び方のポイントを図解にすると以下の通りです。

【実体験あり】AKRacingゲーミングチェアのおすすめ3選から全モデルの選び方のポイントを解説
AKRacingの早見表

各ポイントについて、詳しく解説していきます!

チェアの種類は?

AKRacingのゲーミングチェアは「椅子型」と「座椅子型」の2タイプに分かれます。

【実体験あり】AKRacingゲーミングチェアのおすすめ3選から全モデルの選び方のポイントを解説

ローデスクで使いたい方は「座椅子型」の「極坐ぎょくざV2」の一択。

40cm前後の高さのローデスクと合わせるのがおすすめです。

シートの材質は?

AKRacing ゲーミングチェアの材質は「PUレザー」「ファブリック(布)」「本革」の3種類あります。

1. PUレザー

PUレザーは見た目に高級感があります。

汚れてもサッと布で拭き取れるので、メンテナンスもしやすいです。

ただ、経年劣化や、長時間座るとムレやすい点があります。


写真はPro-X V2

2. ファブリック(布)

ファブリック(布)は通気性が良く、長時間座ってもムレにくく快適です。

ただ、水分を含みやすいので、コーヒーなど飲み物をこぼした際のシミ汚れには注意が必要です。

Wolf」シリーズのみ、この材質を使用しています。


写真はAKRacing Wolf

3. 本革

上質なイタリアンレザーで使い込むほど味わいが増していきます

ただ、乾燥によるヒビ割れの可能性があるため、定期的なメンテナンスが必要です。

Monarcaモナルカ」のみこの材質を使用しています。

アームレストの可動域は?

「高さ調整のみ」と「4Dアームレスト(高さ、前後、左右、回転)」の2種類あります。



高さ調整のみ



4Dアームレスト

特に、「4Dアームレスト」はあなたの使い方に合った位置に固定しやすい

例えば、"八の字型"にして、キーボードのタイピングをすると快適です。


写真はPremium

「4Dアームレスト」は「Pro-Xプロエックス V2ブイツー」や「Premiumプレミアム」、「極坐ぎょくざV2」、「Monarcaモナルカ」に搭載されています。

座面チルトがあるかどうか

AKRacingのゲーミングチェアでは、座面チルト機能もポイントの一つです。

座面チルト機能があると、座面と背もたれの角度を上向きに固定し、着座の負担を軽減できます。

座面チルト機能は「Premiumプレミアム」と、「Monarcaモナルカ」に搭載されています。

【機能も比較】AKRacing全モデルの紹介とおすすめする人

AKRacingのゲーミングチェア全モデルについて機能を表にまとめました。それぞれのおすすめポイントも紹介していきます。

☑左にスワイプで表をスクロールできます。

シリーズ特長カラー機能材質座面(幅×奥行)座面厚さ背もたれ高さ座面高さの調節幅アームレスト高さ
Premium
ハイエンド
ブラック基調でインテリアに馴染む
オフィスやテレワークでもおすすめ
シルバー
カーボンブラック
レイブン
最大180°リクライニング
4Dアームレスト
12°のロッキング機能
座面チルト機能
ロッキングキャスター
PUレザー38×5510cm93cm36.5〜43cm高い28〜35cm4D肘
PRO-X V2
ハイエンド
ソファーのような極上の座り心地
長く使える相棒
グレー
ホワイト
オレンジ
レッド
ブルー
最大180°リクライニング
4Dアームレスト
12°のロッキング機能
高耐久PUレザー長持ち39×5513cm厚い95cm高い32〜39cm低い28〜35cm4D肘
OVERTURE
ベーシック
大柄の方でも座れるゆったりサイズ
カラフルなピンクやパープルもあり
色豊富
レッド
ブルー
ホワイト
ピンク
パープル
ブラック
最大180°リクライニング
アームレスト高さ調整
12°のロッキング機能
PUレザー39×56広い10cm95cm高い34〜41.5cm35〜42cm
Nitro V2
ベーシック
コスパ最強!高耐久PUレザー搭載の
スタンダードモデル
レッド
ブルー
グリーン
オレンジ
ホワイト
最大180°リクライニング
アームレスト高さ調整
12°のロッキング機能
高耐久PUレザー長持ち37×56狭い10cm92cm33〜40cm28.5〜36cm
Wolf
エントリー
ファブリック(布)素材でムレにくい
ローコストで試せる
レッド
ホワイト
パープル
グレー
最大180°リクライニング
アームレスト高さ調整
12°のロッキング機能
ファブリック(布)ムレにくい39×5410cm91cm33〜40cm低め28〜35cm低め
PINON
エントリー
最もコンパクトなサイズ
家族で使うゲーミングチェアに
ホワイト
スカイブルー
サクラピンク
最大150°リクライニング
アームレスト高さ調整
12°のロッキング機能
PUレザー
※ファブリック
(※スカイブルーのみ)
38×4510cm85cm31.5〜38cm
※30〜36.5cm
(※サクラピンクのみ)
21.5〜25cm
ONE PIECE
ベーシック
人気漫画『ワンピース』との
コラボレーションモデル
海賊旗の刺繍ロゴ
ルフィ(赤)
サンジ (青)
チョッパー (桃)
ゾロ (緑)
ナミ (橙)
最大180°リクライニング
アームレスト高さ調整
12°のロッキング機能
PUレザー39×56広い10cm93cm35〜42cm28〜35cm
極坐ぎょくざV2
ベーシック
ローデスクにおすすめ
唯一のゲーミング座椅子
レッド
グレイ
ブルー
最大180°リクライニング
4Dアームレスト
360°回転
PUレザー39×5410cm92cm28〜35cm4D肘
Monarcaモナルカ
ハイエンド
本革シートの妥協を許さない
ビジネスパーソン向け最上位モデル
ブラック最大180°リクライニング
4Dアームレスト
12°のロッキング機能
座面チルト機能
ロッキングキャスター
イタリアンレザー本革55×50広い13cm厚い94.5cm高い36〜42.5cm高い30.5〜38cm4D肘

【PREMIUM】PC作業に最適なハイエンドモデル

おすすめする人

  • PC作業で使いたい
  • 硬めの座り心地で疲れにくい
  • 細かく調整できるイスが良い

オフィスやテレワークでのPC作業を想定したモデルが「PREMIUM」。

硬めの座り心地で、長時間の座り作業でも疲れにくいのが特長です。

また、「座面チルト」や「4Dアームレスト」の機能など、ジブン好みの調節ができるのもポイント。



座面チルトで楽に座れる



4Dアームレスト

関連記事AKRacing Premiumをレビュー

【2年使用】AKRacing Premium レビュー。身長別の座り心地も検証。あぐらOKの広めの座面が魅力。座面チルト機能で体圧も分散できる。

続きを見る

>>比較表へ戻る

【PRO-X V2】極上の座り心地のハイエンドモデル

おすすめする人

  • 長く愛用できる素材が良い
  • 柔らかめの座り心地が良い
  • あぐらをかいて座りたい

約10年の使用に耐えられる高耐久なPUレザーを使った「PRO-X V2」。

AKRacingのモデルで最も肉厚な座面で、ふかふかの座り心地になっています。

また、ゲームやPC作業で、"あぐら"をかいて座れる座面の広さもポイント。

関連記事AKRacing Pro-X V2をレビュー


【実機レビュー】AKRacing Pro-X V2とPremiumを徹底比較!違いも解説します

続きを見る

>>比較表へ戻る

【OVERTURE】ゆったり座れる広々設計

おすすめする人

  • ゆったりした座り心地が良い
  • 見た目やデザインにこだわりたい
  • ジブン好みのカラーで選びたい

AKRacing ゲーミングチェアの中で最もカラー展開が豊富な「OVERTURE」。

「ピンク」や「パープル」など、あなた好みのカラーリングから選択できるはず。

また、座面や背もたれのサイズが大きく、大柄な方でもゆったり座れるのもポイント。

>>比較表へ戻る

【NITRO V2】高耐久レザー搭載のスタンダード


おすすめする人

  • コスパを重視したい
  • 必要十分な機能で良い
  • 長く愛用できる素材が良い

AKRacingで最もスタンダードなモデルが「NITRO V2」。

「180°リクライニング」や「高さ調整アームレスト」など、必要な機能はしっかり備わっています

さらに約10年の使用にも耐える、高耐久PUレザー採用でコストパフォーマンスも抜群

>>比較表へ戻る

【Wolf】唯一のファブリック素材モデル


おすすめする人

  • とにかく安いモデルが良い
  • ムレにくい素材が良い
  • 座面や背もたれは低めが良い

AKRacingでエントリーモデルの位置付け、手に入れやすい価格が魅力の「Wolf」。

ファブリック(布)素材で長時間座っていてもムレにくいのは大きなメリットです。

また、大きすぎないサイズ感で、小柄な方や、女性の方でも座りやすい


AKRacing Wolf レビュー。組み立て簡単。女性の身長でもOK。勉強やテレワークがサクサク捗るゲーミングチェア。

身長152cmの女性


AKRacing Wolf レビュー。組み立て簡単。女性の身長でもOK。勉強やテレワークがサクサク捗るゲーミングチェア。

身長178cmの男性

関連記事AKRacing Wolfをレビュー


AKRacingとDXRacerの違いを3つの切り口で比較。座り心地はどっちが良い?

続きを見る

>>比較表へ戻る

【PINON】子どもが座りやすいコンパクトモデル


おすすめする人

  • コンパクトなモデルが良い
  • 座面や背もたれは低めが良い
  • ムレにくい素材が良い

AKRacing で最もコンパクトなモデルが「PINON

適正な身長は「145~165cm」で、座面や背もたれが低めに設定されています。

とはいえ、「178cmの男性」でも座れるので、家族で使うゲーミングチェアにもおすすめ



178cmの男性の場合



152cmの女性の場合

「スカイブルー」であれば、ファブリック(布)素材でムレにくいのもポイントです。

関連記事AKRacing PINONをレビュー

AKRacing PINON レビュー。大人も座れる。ファブリック素材のゲーミングチェアの選択肢に。Wolfとのサイズ比較も。

続きを見る

【ONEPIECE】人気マンガとのコラボモデル


おすすめする人

  • ワンピースファンの方
  • ゆったりした座り心地が良い

AKRacingとワンピースのコラボモデルが「ONEPIECE」。

各キャラクターのイメージカラーと、海賊旗の刺繍が入ったオリジナルデザインです。

ワンピースファンのあなた、推しのキャラクターがいるなら迷わず選択しましょう。

>>比較表へ戻る

極坐ぎょくざ V2】ローデスクに最適な座椅子タイプ


おすすめする人

  • ローデスクに合わせたい
  • 座り作業を快適にしたい
  • 多機能な座椅子を探している

AKRacing でローデスクに合わせて使えるのが「極坐ぎょくざ V2」。

座椅子に「ランバーサポート」や「ヘッドレスト」が付いて、腰痛対策につながります。

「180°リクライニング」や「4Dアームレスト」など、細かく姿勢の調整ができるのも検討ポイント

>>比較表へ戻る

Monarcaモナルカ】ゆったり本革シートの最上位モデル


おすすめする人

  • 本革にこだわりたい
  • ゆったりと座りたい
  • 経年変化を味わいたい

AKRacingのゲーミングチェア最上位モデルの「Monarcaモナルカ」。

広々使える座面や背もたれで、ゆったり座れるプレジデントチェアとなっています。

また、本革(イタリアンレザー)で、座り込む中でのエイジングも楽しめる本物志向のゲーミングチェア。

シリーズ特長カラー機能材質座面(幅×奥行)座面厚さ背もたれ高さ座面高さの調節幅アームレスト高さ
Premium
ハイエンド
ブラック基調でインテリアに馴染む
オフィスやテレワークでもおすすめ
シルバー
カーボンブラック
レイブン
最大180°リクライニング
4Dアームレスト
12°のロッキング機能
座面チルト機能
ロッキングキャスター
PUレザー38×5510cm93cm36.5〜43cm高い28〜35cm4D肘
PRO-X V2
ハイエンド
ソファーのような極上の座り心地
長く使える相棒
グレー
ホワイト
オレンジ
レッド
ブルー
最大180°リクライニング
4Dアームレスト
12°のロッキング機能
高耐久PUレザー長持ち39×5513cm厚い95cm高い32〜39cm低い28〜35cm4D肘
OVERTURE
ベーシック
大柄の方でも座れるゆったりサイズ
カラフルなピンクやパープルもあり
色豊富
レッド
ブルー
ホワイト
ピンク
パープル
ブラック
最大180°リクライニング
アームレスト高さ調整
12°のロッキング機能
PUレザー39×56広い10cm95cm高い34〜41.5cm35〜42cm
Nitro V2
ベーシック
コスパ最強!高耐久PUレザー搭載の
スタンダードモデル
レッド
ブルー
グリーン
オレンジ
ホワイト
最大180°リクライニング
アームレスト高さ調整
12°のロッキング機能
高耐久PUレザー長持ち37×56狭い10cm92cm33〜40cm28.5〜36cm
Wolf
エントリー
ファブリック(布)素材でムレにくい
ローコストで試せる
レッド
ホワイト
パープル
グレー
最大180°リクライニング
アームレスト高さ調整
12°のロッキング機能
ファブリック(布)ムレにくい39×5410cm91cm33〜40cm低め28〜35cm低め
PINON
エントリー
最もコンパクトなサイズ
家族で使うゲーミングチェアに
ホワイト
スカイブルー
サクラピンク
最大150°リクライニング
アームレスト高さ調整
12°のロッキング機能
PUレザー
※ファブリック
(※スカイブルーのみ)
38×4510cm85cm31.5〜38cm
※30〜36.5cm
(※サクラピンクのみ)
21.5〜25cm
ONE PIECE
ベーシック
人気漫画『ワンピース』との
コラボレーションモデル
海賊旗の刺繍ロゴ
ルフィ(赤)
サンジ (青)
チョッパー (桃)
ゾロ (緑)
ナミ (橙)
最大180°リクライニング
アームレスト高さ調整
12°のロッキング機能
PUレザー39×56広い10cm93cm35〜42cm28〜35cm
極坐ぎょくざV2
ベーシック
ローデスクにおすすめ
唯一のゲーミング座椅子
レッド
グレイ
ブルー
最大180°リクライニング
4Dアームレスト
360°回転
PUレザー39×5410cm92cm28〜35cm4D肘
Monarcaモナルカ
ハイエンド
本革シートの妥協を許さない
ビジネスパーソン向け最上位モデル
ブラック最大180°リクライニング
4Dアームレスト
12°のロッキング機能
座面チルト機能
ロッキングキャスター
イタリアンレザー本革55×50広い13cm厚い94.5cm高い36〜42.5cm高い30.5〜38cm4D肘

AKRacing ゲーミングチェアと一緒におすすめなのが【オットマン】

AKRacingのゲーミングチェアと一緒に検討したいのがオットマン。

リクライニングした時、脚置きが欲しいなと思うことがありました。

オットマンと併用すれば、体重を完全にゲーミングチェアに預けることができ、ダメ人間になれます

AKRacing ゲーミングチェアってどう?【口コミと評判】は?

Twitterから、AKRacingのゲーミングチェアの口コミ・評判を拾ってきました。

実際に購入した方の声を参考にしてみてください。

【まとめ】AKRacingおすすめのゲーミングチェア

本記事は「AKRacingのゲーミングチェアの全モデルの紹介と選び方のポイント」をまとめました。

もし、全モデルでどれを選んだらよいか迷っている方へ、実際に座ってみた体験も基に私がおすすめする3モデルは以下になります。

選ぶ際の参考になれば嬉しいです。

第1位.【PRO-X V2】ふかふかの極上の座り心地でリラックス

関連記事AKRacing Pro-X V2をレビュー

AKRacing Pro-X V2 レビュー。極上の座り心地。女性の身長でもOK。PUレザーの耐久性は約10年も。

続きを見る

第2位.【Premium】硬めの座面で疲れにくく、PC作業が捗る

関連記事AKRacing Premiumをレビュー


【実機レビュー】AKRacing Pro-X V2とPremiumを徹底比較!違いも解説します

続きを見る

第3位.【Wolf】ムレにくいファブリック素材でシリーズ最安

関連記事AKRacing Wolfをレビュー


AKRacingとDXRacerの違いを3つの切り口で比較。座り心地はどっちが良い?

続きを見る

-ゲーミング