新着記事

ガジェット ロジクール

ロジクール「C922n」「C920n」を比較。3つの違いを解説する。【選び方のポイントも】

「C922n(左)」「 C920n(右)」 メモ 本記事では「C922n」「C920n」を5つの切り口で比較、3つ違いをまとめました。 あれ?「C922n」「C920n」ではどう違うの…? ロジクールのウェブカメラ「C922n」「C920n」の違いがパッと見て分かりにくかったりする。 正直、見た目もほぼ同じなので… 「C922n(左)」「 C920n(右)」 そんな訳で「C922n」「C920n」それぞれ実機でチェック。 すると…細かい点で違いがありました。 例えば、点灯するLEDの色の違いとか… もしか ...

続きを読む

ANKER ガジェット

【レビュー】AnkerのSSD搭載型USB-Cハブが、MacのTime Machine用に使うと便利だった話。

メモ 本記事では「Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ」をレビューしていきます。 ポイントはドッキングステーションに256GBのSSDが内蔵された点。 在宅ワークが普及した今、次世代型のSSDハブが出ました。 僕はSSDをMacBookのTime Machine用に使っている 僕は容量256GBのMacBookなので、「Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ」のストレージ容量とピッタリ。 毎日、クラムシェルモードでドッキングステーション ...

続きを読む

ANKER スマートホーム

Anker Eufy Lumi 第2世代をレビュー。明るすぎず、暗すぎない。場所を選ばず設置OKのLEDセンサーライト。

本記事ではAnker Eufy Lumiの第2世代モデル「Anker Eufy Lumi Dual-Bright Night Light」をレビューしました。 3個入りのお得なセット 「Anker Eufy Lumi Dual-Bright Night Light」の最大のポイントはLEDの明るさを2段階で調整できる点。 写真左が「low」、右が「high」 「low」と「high」を好みにより手動で切り替えることが可能だ。 背面スイッチにて手動で切り替えする シンプルでムダのないデザインは「Anker ...

続きを読む

ガジェット

SwitchBot プラグの使い方&レビュー。意外な使い道もあったよ。

メモ 本記事では「Switch Botプラグ」をレビューしました。アナログ家電がの魅力を再発見できるかも。 アナログな家電の電源をリモートでON・OFFできるSwitchBot プラグ。 使い道を検討していたら、「Switch Botプラグ」はどんなシーンで活躍するのか使い方に少し悩んだ。 何に使うのが良さそうかな…? 僕の結論としては、「SwitchBotシリーズ」の指ロボットで操作できない家電をスマート化する時だと思う。 壁面スイッチのON/OFFに「SwitchBot 指ロボット」 じゃあどんな家電 ...

続きを読む

ガジェット スマートホーム

SwitchBot 人感センサーの使い方&レビュー。モーションセンサーでアナログ電球をフットライトに変えてみた。

お出かけ中の住まいの様子、気になりませんか? 留守中に空き巣が入っていたらどうしよう 家族はそろそろ帰ったころかな… 外出先や別の部屋からでも、誰が住まいに来たのか分かるのがSwitchBot人感センサー。 僕はアナログ電球を、SwitchBot人感センサーを使って、スマートなフットライトにしてみました。 いつの間にかお蔵入りした電球 夜中のフットライトで、ほんのり柔らかく光るので、トイレに行く時も目が覚めることもなく、快適です。 アナログ電球ならではの魅力を再発見 本記事ではその他にも様々な使い方を検証 ...

続きを読む

おすすめ記事一覧

Copyright © ガジェスペ , All Rights Reserved.