ANKER ガジェット

【手軽さが最高】Anker PowerConf+をレビュー|多彩な接続方法が魅力。テレワークでのWEB会議を快適にするスピーカーフォン

【手軽さが最高】Anker PowerConf+をレビュー|多彩な接続方法が魅力。テレワークでのWEB会議を快適にするスピーカーフォン

本記事について

PowerConf+はWEB会議で使えるBluetoothスピーカー。

前作の「PowerConf」にBluetoothドングルが追加されたモデルです。

ノートパソコンとAnker PowerConf+さえあればWEB会議の準備はOK。

どうも、ガジェット大好きのりょうです。
テレワークでWEB会議をしていると、ふと思うことがあります。

もっと手軽に、もっと快適にWEB会議はできないかと

☑例えばこんなことが…

ヘッドホンやイヤホンを着けていると耳が疲れる…

WEB会議セットで机の上がごちゃごちゃに…

そんな方におすすめしたいのが「Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」。
スピーカーにマイクが内蔵されたスピーカーフォンの1台2役

これさえあれば、内蔵マイクで通話相手に声が伝えられるし、スピーカーで相手からの声もちゃんと聞こえるスグレモノ。

【手軽さが最高】Anker PowerConf+をレビュー|多彩な接続方法が魅力。テレワークでのWEB会議を快適にするスピーカーフォン
手のひらほどの大きさでコンパクト

最大の特長はBluetoothドングルをPCに差し込むだけでカンタン接続。通常のBluetoothと比べて複雑な設定もなく、安定した通話をすることができます。

【手軽さが最高】Anker PowerConf+をレビュー|多彩な接続方法が魅力。テレワークでのWEB会議を快適にするスピーカーフォン
机の上もワイヤレスですっきり

内蔵マイクは”やまびこ”のような音の反響を抑制するエコーキャンセルの他、ノイズキャンセル機能も搭載。通話相手にクリアな音声で伝えることができます。

マイクは6箇所に搭載して、360°の全方位から集音。設置の向きを気にする必要なし。

また、「Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」は操作も簡単で直感的。ボタンがアイコンになっていて、LEDも点灯するのでどんな状況なのか分かりやすい。

WEB会議中の誤動作で冷や汗をかくこともありません。

【手軽さが最高】Anker PowerConf+をレビュー|多彩な接続方法が魅力。テレワークでのWEB会議を快適にするスピーカーフォン
音量上げ・下げ(LED青に点灯)

【手軽さが最高】Anker PowerConf+をレビュー|多彩な接続方法が魅力。テレワークでのWEB会議を快適にするスピーカーフォン
マイクミュートON(LED赤に点灯)

専用サイズのトラベルポーチも付属で持ち運びにも便利。保管の際にもスッキリ収納できます。

【手軽さが最高】Anker PowerConf+をレビュー|多彩な接続方法が魅力。テレワークでのWEB会議を快適にするスピーカーフォン
取っ手付きでバッグからも取り出しやすい

WEB会議をしないときにもBluetoothスピーカーとしても活躍。作業用BGMやラジオを流せば作業も捗ります

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」があれば、WEB会議での通話がハンズフリーでストレスフリー。普段のリモートワークがもっと手軽に、もっと快適になりますよ。

レビューまとめ

  • Bluetoothドングルで安定接続
  • ハンズフリーのWEB会議に
  • マイク+スピーカーで1台2役
  • 高性能マイクでクリアな通話
  • 多彩な接続でPCやスマホもOK
  • 直感的な操作で使いやすい
  • 24時間使えるバッテリー性能
  • 保管に便利なトラベルポーチ

関連記事

>>Anker会議用スピーカーの違いを比較してみました

【実機レビュー】Anker PowerConfとプラス、S3の3機種を徹底比較!違いも解説する

続きを見る

>>AnkerのWEBカメラをレビューしてみました

Anker PowerConf C300のレビュー。WEB会議やオンライン配信のQOL爆上げ。

続きを見る

Anker PowerConf+の概要

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」について、以下の項目でまとめてみました。

  1. 仕様
  2. 付属品
  3. 外観
  4. ペアリング
  5. ボタン操作

1.PowerConf+の仕様

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」の仕様(スペック)を表にまとめてみました。

製品名PowerConf+パワーコンフプラス
画像
カラー
グレー:メタリック
サイズ
約124 × 124 × 28mm
重さ
約340g
スピーカー出力
3W
接続方法
Bluetooth /
Bluetooth(ドングル使用)/
USB Type-C
Bluetooth規格
Bluetooth v5.0
バッテリー容量
6700mAh
連続使用時間
最大24時間
入力
USB-C 5V/2A

特筆すべきポイントとして、3種類の接続方法

有線でのUSB Type-Cや、ペアリングの安定性が高いUSB-Aコネクタのドングルを使ったBluetooth通信、スマホやタブレットとのペアリングに適したBluetooth通信から選べます。

また、バッテリー容量も6700mAhあり、最大で24時間を連続で使える他、スマホ用のモバイルバッテリーとしても使用することができるスグレモノ。WEB会議以外でもデバイス充電に使える汎用性が高いガジェットです。


iPhoneの充電ができます

2.PowerConf+の付属品


Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」の付属品を紹介していきます。項目としてまとめると以下のとおりです。

PowerConf+ 付属品

  1. PowerConf+本体
  2. トラベルポーチ
  3. USB-Cケーブル × 1
  4. Bluetoothドングル × 1
  5. 取扱説明書
PowerConf+ の付属品

2.トラベルポーチ

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」のトラベルポーチ。本体がぴったり収まるジャストサイズになっています。


シャドウストライプの模様あり

収納ポーチの中身はスポンジ素材の緩衝材が入っており、Bluetoothドングルを収納して一緒に持ち運びする事が可能です。


注意


収納ポーチにUSB-Cケーブルは収納することができません。

3.USB-Cケーブル

付属のUSB-Cケーブルは"パソコンとの有線接続"や、"Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス本体の充電"に使用します。


4.Bluetoothドングル

付属のBluetoothドングルは"パソコンとのBluetooth接続"に使用します。

コンパクトサイズで、PCに挿しっぱなしでも邪魔になりません。


さりげないANKERの印字あり

3.PowerConf+の外観

ここからは、「Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」の外観をじっくり見ていきます。

グレー系の落ち着いたカラーリングで、ビジネスシーンで使っても違和感のないデザイン。


重量は約340gで、手に持つと少し質量を感じる重量感です。


中心にはタッチパネル式の操作盤が搭載されています。それぞれアイコン付きでどんな動作をするのか分かりやすい。


側面には電源ON/OFFボタンとBluetoothペアリングするのためのボタンが並んでいます。


物理ボタンでしっかり押し込めます

反対側の側面は各端子の穴が配置されています。有線接続の際には「USB」、音を出したくないときにイヤホンを挿す「AUX OUT」、充電する際には「POWER」に接続するような使い分け。


その他の側面にはマイク穴が一定の間隔で空いています。全てで6つあり、全方位からの音を漏れなく集音することが可能。


黒い長円形がマイク穴です

裏面はゴム足。デスク上など置いた場所が傷つきにくく、滑りにくいので安定して設置することができます。


4.PowerConf+の接続方式

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」の接続方式は3つありますので、それぞれ写真入りで紹介します。

PowerConf+ 接続方式

  1. 有線接続
  2. Bluetooth(ドングル)
  3. Bluetooth

1.有線接続

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」で最も安定しているのは有線接続。


安定した接続、バッテリー切れを気にせず使いたい場合には有線接続がおすすめです。

2.Bluetooth(ドングル)

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」ならではの接続方式。PCのUSB-Aコネクタを1ポート使ってBluetooth接続が可能です。


デスク上をすっきりさせながら、安定した通話で使いたい方ができる、「Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」イチオシの接続方式です。

3.Bluetooth

スマホやタブレットで使いたい方におすすめの接続方式がBluetooth。

USB端子がないデバイスにも手軽にペアリングすることが可能です。

Bluetoothドングルが不要の方(少し安いです)

Anker PowerConf+の音質・マイク性能を収録してレビュー

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」を実際に使ってみて、音質やマイク性能をレビューしてみました。

実際に動作している様子をYouTube動画にしていますのでチェックしてみてください。

音質・マイク性能をチェック

ポイント

特筆すべきは、360°どの角度からも音声を確実に拾っている点。

中心の操作盤のLEDが点灯するので、集音しているかどうか分かりやすくなっているのもポイント。

Bluetoothドングルが不要の方(少し安いです)

Anker PowerConf+で【注意したい点】3つ

ここでは、「Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」を実際に使ってみて分かった、注意ポイントを紹介していきたいと思います。注意点は下記の3点になります。

PowerConf+ の注意点

  1. 操作パネルに指紋が残りやすい
  2. 裏面のゴム足部分にホコリが付きやすい
  3. USB-Cケーブルはケースに収納できない

操作パネルに指紋が残りやすい

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」を操作してみて気になったのが、"操作パネルの部分に指紋が残りやすい"こと。


メガネ拭きのようなクロスで拭けば指紋を取ることはできますが、見た目が汚れやすいのが残念。

もし、この点が気になる方は、届いた状態では保護フィルムが付いているので、その状態で使っていくとキレイな状態がキープできそうです。

裏面のゴム足部分にホコリが付きやすい

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」をデスクに置いたとき、しっかり安定した設置を支えるゴム足。

グリップ力があって、デスクの接地面に傷がつきにくい反面、"チリやホコリが付着しやすい"です。


裏面で見えない部分ですが、気になる方は粘着テープでペタペタする必要あり

USB-Cケーブルはケースに収納できない

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」に付属するトラベルポーチ。

ジャストサイズでぴったり収納できる反面、"USB-Cケーブルを一緒に収納することができません"。


有線接続をメインで、持ち運びしたい用途の方は注意が必要です。

Bluetoothドングルが不要の方(少し安いです)

Anker PowerConf+を使ってみて分かった【3つの安心ポイント】

ここでは、「Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」を実際に使ってみて良かった点を、3つの安心ポイントとして紹介します。項目をまとめると以下の通りです。

PowerConf+ 3つの安心ポイント

  1. Bluetoothドングル接続の安心感
  2. ケース付きで持ち運びの際も安心
  3. バッテリー残量が分かって安心

1.Bluetoothドングル接続の安心感

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」ならではの接続方法に「Bluetoothドングル接続」があります。

「Bluetoothドングル接続」なら、通常のBluetooth接続と比べてペアリングの接続安定性が高く、途中で音声が途切れたりしにくいと感じました。


また、一度ペアリングすれば、2回目以降は電源ONにするだけで自動でアリングされる簡単接続。

通常のBluetooth接続と違い、意図しないデバイスとペアリングの心配がないので接続ミスも防げます

初めての方でも安心して使えますよ。

2.ケース付きで持ち運びの際も安心

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」に付属するトラベルポーチ。

ハードタイプで型崩れがしにくいので、中身が破損することなく保管ができます。


トラベルポーチがしっかり保護してくれるので、リモートワークやコワーキングスペースへの持ち運びの際も安心です。

3.バッテリー残量が分かって安心

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」は電源ONの後、電源ボタンを押すとパネル部分に緑色のLEDが点灯。バッテリー残量を確認することができます。


WEB会議などで使った前後に、あとどれぐらい使用できるかが分かりやすい

会議の途中で急にバッテリー切れが起きて、意図しないデバイスに切り替わったり…なんてことが少なくできそう。

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」は残りのバッテリー残量が分かって安心です。

Bluetoothドングルが不要の方(少し安いです)

Anker PowerConf+をおすすめする人

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」を実際に使ってみておすすめする人は以下の通りです。

PowerConf+ おすすめする人

  1. テレワークでWEB会議をする人
  2. ハンズフリー通話で会話をしたい人
  3. 作業用BGMを流して作業したい人

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」はバッテリー搭載でどこでも使えて、持ち運びもしやすいコンパクトサイズ。おひとり様専用としても使いやすいサイズ感になっています。

また、ヘッドホンやイヤホンの着用疲れから開放、快適なハンズフリー会話が実現できます。

その他、簡易的なスピーカーとしても活躍。作業BGMやラジオ配信を流しながらの快適な在宅ワークもできますよ。

Bluetoothドングルが不要の方(少し安いです)

PowerConf+をおすすめしない人

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」を実際に使ってみて、おすすめしない人は以下の通りです。

PowerConf+ おすすめしない人

  1. スマホやタブレットをメインで使う人
  2. 周囲に音声を漏らしたくない場所で使う人
  3. 見た目のカッコ良さを重視する人

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」に付属の「Bluetooth接続用のドングル」を使用するには"USB-Aコネクタを搭載したPC"が必要になります。

接続デバイスがiPhoneやiPadをメインにWEB会議をする方なら、「Bluetooth接続用のドングル」が使えないのでおすすめできません。

また、"カフェや共用スペースなど周囲に人がいる場所では、会話の様子が聞かれてしまう"場合も。NGの場合はマイク付きのイヤホンを選ぶほうが良いです。

より上質な見た目を求める方、や他の人と差を付けたいなら、「Ankerアンカー PowerConfパワーコンフ S3エススリー」がおすすめ。

「Bluetooth接続用のドングル」は付属しませんが、スピーカー部分がファブリック素材になっていて、手触り感がよく、見た目の上質さがアップしています。

Anker PowerConf+と「eMeet Luna」や「JABRA SPEAK 510」を比較

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」と「eMeet Luna」や「JABRA SPEAK 510」他社のWEB会議スピーカーフォンを比較してみました。比較表にまとめると以下の通りです。

製品名サイズ重量連続使用時間対応人数接続方法連結使用マイク数スピーカー出力電源
amazonAnker PowerConf+12.4 × 12.4 × 2.8cm340g24時間1〜8人USB/ドングル使用/Bluetooth不可63WUSB給電/内蔵バッテリー
amazoneMeet Luna12 x 12 x 3.65 cm290g15時間1〜8人USB/ドングル使用/Bluetooth可 2台3

3WUSB給電/内蔵バッテリー
amazonYAMAHA YVC-200B14 x 14 x 4.3 cm280g10時間1〜4人USB/Bluetooth/NFC不可不明88dBUSB給電/内蔵バッテリー
amazonJABRA SPEAK 51015.24 x 12.7 x 5.08 cm195g15時間1〜4人USB/Bluetooth不可不明10WUSB給電/内蔵バッテリー

比較表を見ていくと…

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」が優れている特長は、「連続使用時間が24時間」という点。
他のWEB会議スピーカーフォンと比較してもダントツ
です。

また、ドングル使用でのBluetooth接続ができる接続方法の豊富さも、選ぶポイントの1つになりそうです。

Bluetoothドングルが不要の方(少し安いです)

>>Anker PowerConfシリーズの比較が気になる方はこちらもどうぞ

【実機レビュー】Anker PowerConfとプラス、S3の3機種を徹底比較!違いも解説する

続きを見る

Anker PowerConf+でノーストレスのWEB会議に◎


本記事では「Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」についてレビューしました。要点をまとめると以下の通りです。

レビューまとめ

  • Bluetoothドングルで安定した接続
  • ハンズフリーのWEB会議に
  • マイク+スピーカーで1台2役
  • 高性能マイクでクリアな通話
  • 多彩な接続でPCやスマホもOK
  • 直感的な操作で使いやすい
  • 24時間使えるバッテリー性能
  • 保管に便利なトラベルポーチ

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」はマイクが内蔵されたスピーカーフォンで、WEB会議がハンズフリー通話に。ヘッドホンやイヤホンの着用疲れとはおさらばです。

省スペースで設置できる上、ワイヤレス接続にも対応で机の上もスッキリ。作業用BGMを流せば仕事も捗ること間違いなし。

Ankerアンカー PowerConf+パワーコンフプラス」があれば、普段のリモートワークでの作業をもっと手軽に、もっと快適になりますよ。

Bluetoothドングルが不要の方(少し安いです)

☑PowerConf+をお得に購入する方法

少しでもオトクに手に入れたい!

そんな方にはAmazonチャージでの購入がおすすめです!

「Amazonチャージ」はAmazonギフト券にお金をチャージして買い物する方法。

使うメリットは以下の通りです。

「Amazonチャージ」のメリット

  • 初回チャージで1,000円分のポイントをゲット(還元率20%)
  • 購入金額に合わせて最大2.5%のポイントをゲット

1回のチャージ金額とプライム会員かどうかで還元率が変わる仕組みです。

引用元:公式Amazonチャージの特典

「Amazonチャージ」は誰でも、何度でも使えるサービス。

積み重ねで見れば大きな額になるので、オトクに買い物したい方はやらなきゃ損ですよ。

Amazonチャージのご紹介

>>Amazonチャージはこちら

>>初回チャージはこちらのキャンペーンがオトク

※チャージはたった3秒で終わります
※初回チャージなら1,000円分のポイントがもらえます

関連記事


【高級感が最高】Anker PowerConf S3 レビュー|他の人と差がつく!ファブリック素材で上質なWEB会議に

続きを見る


Anker PowerConf C300のレビュー。WEB会議やオンライン配信のQOL爆上げ。

続きを見る


【あぐらOK】AKRacing Pro-X V2 レビュー|座面の柔らかさが心地よい至高のゲーミングチェア

続きを見る


【5ヶ月使用】AKRacing Premium レビュー|一日の作業を快適にする在宅ワークに最適なゲーミングチェア

続きを見る


【30選】在宅勤務、リモートワークが捗る!デスク周りの便利ガジェットおすすめ品を実体験から紹介。

続きを見る


【実機レビュー】Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ|テレワークに最適の必要十分なポートのハブ

続きを見る


【実機レビュー】Anker PowerExpand 8-in-1 USB-C PD 10Gbps データ ハブ|高速データ転送がウリのハイスペックなType-Cハブ

続きを見る


【MX VERTICAL MXV1s レビュー】お!ラクチン。自然な形で手を添えるだけのエルゴノミクスマウス

続きを見る


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

続きを見る


【3ヶ月使用】ロジクール MX MASTER 3 for Macレビュー|Mac向けに最適化されたフラッグシップモデル

続きを見る


【7ヶ月使用】MX ANYWHERE 2S レビュー|快適操作のワイヤレスモバイルマウス

続きを見る


【3ヶ月使用】ロジクール KX800M MX KEYS for Mac レビュー|Mac向けだがWindowsでも使える英字のミニマルなキーボード

続きを見る


ロジクール KX1000s CRAFTのレビュー。ダイヤル入力で直感的な操作、洗練されたデザインのキーボード。

続きを見る

-ANKER, ガジェット

Copyright © ガジェスペ , All Rights Reserved.