ガジェット ロジクール

ロジクール KX1000s CRAFTのレビュー。ダイヤル入力で直感的な操作、洗練されたデザインのキーボード。


ロジクール KX1000s CRAFTのレビュー。ダイヤル入力で直感的な操作、洗練されたデザインのキーボード。

本記事では、ロジクールのハイエンドキーボード、「KX1000s CRAFT」をレビューしました。

「Logicool KX1000s CRAFT」はワイヤレス(無線)接続の中でも、多機能で洗練されたデザインの最上位モデル。


ロジクール KX1000s CRAFTのレビュー。ダイヤル入力で直感的な操作、洗練されたデザインのキーボード。

金属と樹脂のハイブリッド仕上げが美しい

見た目のデザインの美しさもさることながら、特長的なのが「クリエイティブ入力ダイヤル」。

直感的な操作ができ、「Microsoft Excel」や「Adobe Illustrator」などアプリケーションによっては固有の操作も可能。


ロジクール KX1000s CRAFTのレビュー。ダイヤル入力で直感的な操作、洗練されたデザインのキーボード。

ショートカットキー割当で作業の効率アップ

キーの打鍵感は軽く、浅めのキーストロークで軽快なタイピングを実現。凹んだキーがタイプミスを少なくする設計。

また、Windows/MacOSに両方対応したキー配列も魅力。

在宅ワークで仕事とプライベートで異なるOSのPCでもキーボードを統一できるメリットも。


ロジクール KX1000s CRAFTのレビュー。ダイヤル入力で直感的な操作、洗練されたデザインのキーボード。

Win「スタート」とMac「Command」キーが横並び

そんな「Logicool KX1000s CRAFT」を詳しくレビュー。

デザイン性も機能も妥協したくない。そんなあなたにおすすめの一品でした。

レビューまとめ

  • ダイヤル入力で直感的な操作
  • 洗練された美しいデザイン
  • 軽い打鍵感が心地よい
  • 疲れにくい押し込み具合のキー
  • タイピングしやすい凹み設計
  • Win/Mac両方に対応したキー配列
  • バックライト付きで暗闇に映える

US配列にこだわりたい方

関連記事


【打鍵感が最高】KX800 MX Keys レビュー|毎日のタイピング作業が楽しくなる至高のキーボード

続きを見る

Logi初のエルゴキーボードをレビュー

【昇降デスクと好相性】Logicool ERGO K860をレビュー 。角度の調整とパームレストが手首をストレスフリーに。

続きを見る

KX1000s CRAFTの概要

まずは、「Logicool KX1000s CRAFT」について、以下の項目で概要をまとめてみました。

  1. KX1000s CRAFTの仕様
  2. KX1000s CRAFTの付属品と外観
  3. KX1000s CRAFTの充電

1.KX1000s CRAFTの仕様

「Logicool KX1000s CRAFT」の仕様(スペック)を表にまとめてみました。どんな特長があるキーボードなのか見ていきましょう。

製品名KX1000s CRAFT
画像

amazon

本体カラー
グラファイト
サイズ
幅:430mm
奥行き:149mm
高さ:32mm
重量
960g
接続方法
Unifying-USB
Bluetooth
接続台数
最大3台
充電端子
USB-C
キー形状
パンタグラフ
キー配列
JIS日本語配列
キー数
113キー
対応OS
macOS 10.12以降
iPadOS 13.1以降
保証期間
2年間

KX1000s CRAFTの最大の特長は「クリエイティブ入力ダイヤル」

「Logicool KX1000s CRAFT」を選ぶ一押しポイントはキーボード上部にある「クリエイティブ入力ダイヤル」。

「クリエイティブ入力ダイヤル」を使った入力の方法は3種類あり、それぞれボタン割当てすることが可能です。

  1. 左または右に回転
  2. 押す
  3. 押して回転

また、以下のアプリケーションであれば、Microsoft系ではテキストの拡大や図表の作成、Adobe系では輝度の調整やストローク幅の調整など固有の操作が設定できます。

☑ ダイヤル入力に対応したアプリケーション

  • Microsoft Word
  • Microsoft Excel
  • Microsoft PowerPoint
  • Adobe Photoshop CC
  • Adobe Illustrator CC
  • Adobe Photoshop Lightroom Classic CC
  • Adobe Premiere Pro CC

KX1000s CRAFTはWindows/MacOS両方に対応

「Logicool KX1000s CRAFT」はWindows/Macに両方対応した、特殊なJIS日本語配列キー。

仕事用とプライベート用でPCのOSが異なる場合でも、共通のキーボードとして使えます。

リモートワークでPCを持ち帰ることが増えた今、マルチOSのキーボードは歓迎したい仕様。

KX1000s CRAFTの付属品と外観

それでは、実際に「Logicool KX1000s CRAFT」の実物を使って見ていきましょう。

KX1000s CRAFTの付属品

「Logicool KX1000s CRAFT」が届いたときにパッケージ、中身の同梱物は以下の通りでした。

KX1000s CRAFTの付属品

  1. KX1000s CRAFT 本体
  2. Unifyingレシーバー
  3. 充電ケーブル(USB A to USB C)
  4. クイックスタートガイド
  5. 保証書、保証規定
Unifyingレシーバー

付属品のUnifyingレシーバー。

1つでUSBポートで最大3台までLogicoolのマウスやキーボード製品が登録できます。


ロジクール KX1000s CRAFTのレビュー。ダイヤル入力で直感的な操作、洗練されたデザインのキーボード。

USBポートの省エネにつながる
充電ケーブル(USB A to USB C)

「Logicool KX1000s CRAFT」側に接続する端子はUSB-Cポート。

グレーカラーと、充電ケーブル端子に「logi」の刻印入りで統一感でています。


ロジクール KX1000s CRAFTのレビュー。ダイヤル入力で直感的な操作、洗練されたデザインのキーボード。

こういった細かい作り込みが嬉しい

KX1000s CRAFTの外観

いよいよ「Logicool KX1000s CRAFT」本体の外観を紹介。

真上から見たカット。「クリエイティブ入力ダイヤル部」と「キーボード部」で素材とカラーリングの違いがおしゃれ。

「クリエイティブ入力ダイヤル部」の素材は金属。「logi」の印字も入って、高級感あり。カッコいいです。

「Logicool KX1000s CRAFT」のキー配列のアップも紹介。

WindowsとMacの両方が操作できる、特殊なキー配列です。使い勝手はすぐに慣れました。



「KX1000s CRAFT」左側のキー配列



「KX1000s CRAFT」右側のキー配列

「クリエイティブ入力ダイヤル」の金属表面は、凹凸のないツルッとした見た目。

手触りも良いので、つい触ってしまいたくなる質感です。

「Logicool KX1000s CRAFT」の側面。

充電用のポートと電源スイッチは側面に配置されています。


ロジクール KX1000s CRAFTのレビュー。ダイヤル入力で直感的な操作、洗練されたデザインのキーボード。

「KX1000s CRAFT」本体の側面


ロジクール KX1000s CRAFTのレビュー。ダイヤル入力で直感的な操作、洗練されたデザインのキーボード。

USB-Cポートなのはありがたい。

「Logicool KX1000s CRAFT」の裏面。

ゴム足が5箇所についていて、グリップの代わりに。タイピングの際にもズレずに安定した打鍵感です。


ロジクール KX1000s CRAFTのレビュー。ダイヤル入力で直感的な操作、洗練されたデザインのキーボード。

さり気ない「CRAFT」の印字も良き

KX1000s CRAFTの充電

「Logicool KX1000s CRAFT」の電源は内蔵のリチウムイオンバッテリー。

バッテリー切れの場合は、付属の充電ケーブル(USB A to USB C)を使って、USB充電器やモバイルバッテリーなどで充電します。

もし、バッテリー残量が少なくなったら、PC画面にお知らせ機能も。煩わしい人は通知をOFFにすることもできる。


ロジクール KX1000s CRAFTのレビュー。ダイヤル入力で直感的な操作、洗練されたデザインのキーボード。

やっぱり、USB-C端子なのが使いやすい

KX1000s CRAFTの初回ペアリングと設定

それじゃあ、実際に「Logicool KX1000s CRAFT」をPCにペアリングしてみたいと思う。

今回はMacBookを使って、ペアリングの手順を紹介。

特に迷うことなく、スムーズにペアリング設定は完了したので、参考程度にチェックしてみてください。

メモ

MacBookの場合で解説。ペアリングは3STEPで完了します。

STEP.1
「KX1000s CRAFT」の電源ON

「KX1000s CRAFT」側面の電源スイッチをオンにします。

「KX1000s CRAFT」の「Easy-Switch」キーを”約3秒”長押しすることでLEDが点滅します。

STEP.2
MacBookのBluetooth環境設定を開く

「Easy-Switch」キーの点滅が確認できたら、次はMacBook側の操作。「システム環境設定」の中から「Bluetooth」をクリック。

キー入力を求められたら、表示されている番号を入力してEnterキーを押します。

STEP.3
ペアリング完了

「デバイス」の中に表示される「KX1000s CRAFT」が「接続済み」に。これでペアリングは完了です。

KX1000s CRAFTの設定

「Logicool KX1000s CRAFT」の設定画面がこちら。

僕はファンクションキーを通常のデフォルトキーボードと同様に使いたかったので、チェックボックスにチェックを入れている。




専用アプリ『LogiOptions』の画面切り抜き

KX1000s CRAFTのバックライト設定は無効化できる

少しでもバッテリー持ちを良くしたい。こんな方には「バックライトの無効化」が有効。

上記の画面の中の『その他の設定』をクリックすると、以下のような画面が表示される。

この『その他の設定』画面では、「バックライトの無効化」や、「バッテリー残量の通知ON/OFF」、「caps lockのON/OFF通知」を設定することが可能。

「バックライトを無効化」にチェックを入れれば、設定は完了です。




専用アプリ『LogiOptions』の画面切り抜き

KX1000s CRAFTの「クリエイティブ入力ダイヤル」の使い方

「Logicool KX1000s CRAFT」の「クリエイティブ入力ダイヤル」に関する設定を紹介。

「Microsoft Excel」や「Adobe Photoshop CC」といったアプリケーション以外の、通常のPC操作でのボタン割当を僕は以下のように設定しました。



WEBブラウザを開いているときに横スクロールするための「水平スクロール」操作。

計算が必要な際にすぐ呼び出せる「電卓」。状況に応じて仮想デスクトップ画面の切り替え。

KX1000s CRAFTのレビューダイヤル入力で直感的な操作、洗練されたデザインのキーボード。

「Logicool KX1000s CRAFT」を実際に使ってみて、どんなキーボードだったのか。

実際に使ってみた感想を踏まえてレビューにまとめました。

「KX1000s CRAFT」レビューまとめ

  1. 持ち運び用途には不向き
  2. ダイヤル切替時の音が気になる
  3. 打鍵音が軽く、心地よい
  4. イルミネーション機能がカッコいい
  5. Win/Mac両方に対応したキー配列
  6. バックライト付きで暗闇に映える

持ち運び用途には不向き

「Logicool KX1000s CRAFT」はキー入力の安定性を重視して設計されたキーボード。

裏面のゴム足により、タイピングの際にデスク上でズレることがなく、安定して打鍵ができます。

その反面、重量が960gとやや重く、持ち運び用途としての使用には不向き。

また、机上のスペースを確保したい場合にもゴム足で動かしにくい。

この点が気になる方は「Logicool KX1000s CRAFT」の下にマットを敷く使い方がおすすめです。




僕はフェルトの端材をマットに代用

予算があれば、フェルト素材のデスクマットも検討してみてください。


ダイヤル切替時の音が気になる

「Logicool KX1000s CRAFT」の「クリエイティブ入力ダイヤル」は直感的な操作が便利。

ただ、少し気になったのがダイヤル切替時の「特有の音」。

この点は購入前に知っておいて良い点だと感じたので動画に残しました。

ダイヤル切替の音をチェック

操作するアプリケーションを変えた際に、発生しやすい現象でした。

打鍵音が軽く、心地よい

「Logicool KX1000s CRAFT」は軽いタッチで入力できて、打鍵音が心地よい。

ブラインドタッチで思い通りのキー入力ができたときの爽快感は病みつきもの。

また、浅めのキーストロークで疲れにくいし、キー部分の凹みで指がしっかりキーをとらえてくれるので、タイプミスも減りました。

打鍵音は動画を参考にしてみてください。

打鍵音をチェック

フルフラットに近い傾斜で心地よくタイピングできました。打鍵音はカチャカチャならない静音設計。

Win/Mac両方に対応したキー配列

「Logicool KX1000s CRAFT」はWindowsでもMacでも両方対応できるキー配列。

在宅でのリモートワークが進み、自宅に仕事のPCを持ち帰ることが増えました。

僕は仕事ではWindowsマシン、家ではMacbookを使っています。

「Logicool KX1000s CRAFT」なら、都度キーボードを切り替える必要がなくなりました。

マシンごとでキー配列が変わらないからタイピングも捗る!

バックライト付きで暗闇に映える

「Logicool KX1000s CRAFT」は暗闇もキー配列が浮かび上がるバックライト付き。

バックライトがあれば、家族が寝静まってからのPC作業も、最低限の明かりで手元が分かるので便利。

また、センサー内蔵で、手を「Logicool KX1000s CRAFT」に近づけただけでバックライトが点灯する仕様も良かった。

KX1000s CRAFTをおすすめする人

「Logicool KX1000s CRAFT」を実際に使ってみて、どんな人におすすめしたいかまとめてみました。

「KX1000s CRAFT」をおすすめする人

  • Macbookに近い打鍵感が良い
  • WindowsとMacの両方を使う
  • デザイン制作や資料作成をする

Macbookに近い打鍵感が良い

「Logicool KX1000s CRAFT」はMacbookに打鍵感が近いパンタグラフ式。

しっかりした押し心地よりも、適度で軽い押し込みが好みの方におすすめです。

WindowsとMacの両方を使う

WindowsとMacどちらのOSにも対応したキー配列が魅力の「Logicool KX1000s CRAFT」。

両方のマシンを切替して使いたい方にもおすすめできる数少ないキーボードです。

MacOSだけの使用に限定される場合は、「KX800M MX KEYS for Mac」も候補に入れてみては。英語(US)配列でよりミニマルな見た目です。

デザイン制作や資料作成をする

「Logicool KX1000s CRAFT」の最大の特徴が「クリエイティブ入力ダイヤル」。

「クリエイティブ入力ダイヤル」は「Adobe Illustrator」やMicrosoftの「word」、「excel」などアプリケーションのショートカット入力に便利です。

もし、あなたがデザイン制作や資料の作成を効率化したいと考えているのならうってつけのキーボードになってくれるはず。

KX1000s CRAFTをおすすめしない人

逆に、以下のような人には「Logicool KX1000s CRAFT」おすすめしません。

KX1000s CRAFTをおすすめしない人

  • 持ち運びできるキーボードが良い
  • キーボードでの入力作業のみ

持ち運びできるキーボードが良い

「Logicool KX1000s CRAFT」は安定感の入力がウリのデスクトップで使うキーボード。

コンパクトで持ち運びをメインとしたキーボードで使いたい人には不向きです。

もし、上記に当てはまる方なら、軽くてテンキーレス、コンパクトな「HHKB Professional HYBRID Type-S」をおすすめします。

キーボードでの入力作業のみ

想定している作業が、メール送信やチャットでのやり取り、文書の作成の場合、「Logicool KX1000s CRAFT」はオーバースペックかもです。

記事の執筆や、コーディング作業など、タイピングがメインなら、「KX800M MX KEYS」がおすすめです。

KX1000s CRAFT レビューまとめ。デザインも機能も妥協したくないあなたの相棒に。




写真左「KX1000s CRAFT」、右「MX ERGO

本記事では「Logicool KX1000s CRAFT」のレビューをしました。レビュー内容を改めてまとめると以下の通りです。

レビューまとめ

  • ダイヤル入力で直感的な操作
  • 洗練された美しいデザイン
  • 軽い打鍵感が心地よい
  • 疲れにくい押し込み具合のキー
  • タイピングしやすい凹み設計
  • Win/Mac両方に対応したキー配列
  • バックライト付きで暗闇に映える

KX1000s CRAFTはデザインも機能も妥協したくないあなたの相棒に

「Logicool KX1000s CRAFT」を約1年ほど愛用してみて思うのが、妥協せずに購入して良かった。

つらづらと書いた僕が言うのも何ですが、僕は見た目で選んでしまったんです。高い方が見た目もいいじゃんと。

でも、使っていくうちに、「クリエイティブ入力ダイヤル」の魅力に気づいてしまいました。

あれ?このアプリにも使えるじゃん。とか、仕事の内容も変わって結果的にダイヤル入力で応用が効くことも。

「Logicool KX1000s CRAFT」の購入を迷っているあなたに、まずは見た目で選んでもいいよ。と伝えたい。1年使って感じたことでした。

US配列にこだわりたい方

☑KX1000s CRAFTをお得に購入する方法

少しでもオトクに手に入れたい!

そんな方にはAmazonチャージでの購入がおすすめです!

「Amazonチャージ」はAmazonギフト券にお金をチャージして買い物する方法。

購入金額に合わせて最大2.5%のポイントをゲットできます。

引用元:公式Amazonチャージの特典

「Amazonチャージ」は誰でも、何度でも使えるサービス。

積み重ねで見れば大きな額になるので、オトクに買い物したい方はやらなきゃ損ですよ。

Amazonチャージのご紹介

>>>Amazonチャージはこちら

※チャージはたった3秒で終わります

関連記事


【打鍵感が最高】KX800 MX Keys レビュー|毎日のタイピング作業が楽しくなる至高のキーボード

続きを見る


【3ヶ月使用】ロジクール KX800M MX KEYS for Mac レビュー|Mac向けだがWindowsでも使える英字のミニマルなキーボード

続きを見る


【昇降デスクと好相性】Logicool ERGO K860をレビュー 。角度の調整とパームレストが手首をストレスフリーに。

続きを見る


【HHKB Professional HYBRID Type-S レビュー】機能美が光るハイエンドキーボード

続きを見る


【30選】在宅勤務、リモートワークが捗る!デスク周りの便利ガジェットおすすめ品を実体験から紹介。

続きを見る


【実機レビュー】ロジクールマウスMXシリーズおすすめランキング5選

続きを見る


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

続きを見る


【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

続きを見る

-ガジェット, ロジクール

Copyright © ガジェスペ , All Rights Reserved.