ガジェット ロジクール

【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。


【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

本記事について

Logicoolロジクール MX Anywhere 3 (MX1700GR)を試用する機会を頂けたのでガチレビュー。他のモデルとも比較してみました。

前作の「MX Anywhere 2S」が3年ぶりにリニューアル。

見た目がよりすっきりした印象に。


【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

MX Anywhere 2S(左)
MX Anywhere 3(右)

手のひらサイズのコンパクトさはそのままに。さらに7g軽くなりました。

モバイルワークで持ち運んでPC操作する方に最適な大きさです。

【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

さらに、上位モデルの「MX Master 3」と同じ、「MagSpeedホイール」にアップグレード。

ホイール操作がより安定し、快適なスクロールになりました。

【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

また、わずか1分の充電で3時間も使える点も見逃せない。

外出前にバッテリー切れが点灯…こんなときに便利な急速充電も搭載。

【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

今回は「for Mac」モデルも発売で、選択肢も増えた。あなたならどっちを選ぶ?

>>詳しくはこちらの記事で比較しました

MX Anywhere 3(MX1700GR)」はモバイルマウスの決定版。必要十分な機能で使いやすい。いつでもどこでも快適に使えるマウスをお探しの方におすすめの一品です。

リニューアルでより使いやすくなりました!

レビューまとめ

  • すっきりシンプルな見た目
  • 持ち運びしやすいスリム設計
  • 高速スクロールで効率アップ
  • 必要十分な機能で使いやすい
  • 専用アプリでボタンカスタム
  • 確実に捉えるセンサー
  • 1分の充電で3時間使える
  • Win/Mac/iPad/Chrome対応


あわせて読みたい

>>>MX Anywhere 3と「for mac」の違い

【実機で比較】MX Anywhere 3 for Macの違いは?通常版と比較。選び方のポイントも解説する。

続きを見る

>>>テレワークにおすすめのガジェット

【30選】在宅勤務、リモートワークが捗る!デスク周りの便利ガジェットおすすめ品を実体験から紹介。

続きを見る

>>>Logicoolマウス MXシリーズのおすすめ

【実機レビュー】ロジクールマウスMXシリーズおすすめランキング5選

続きを見る

>>>MX Master3の使用感をレビュー

ロジクール MX Master 3 レビュー|選んで後悔しない至高のマウス。PC操作がストレスフリーに。

続きを見る

MX Anywhere 3を知る。【付属品と外観をレビュー】


MX Anywhere 3(MX1700GR)」はシンプルな紙パッケージ仕様になっています。

さっそく開けていきましょう。

【MX Anywhere 3】付属品と外観レビュー

MX Anywhere 3(MX1700GR) の付属品

  1. MX Anywhere 3 本体
  2. USB-A to USB-Cケーブル
  3. USB Unifyingレシーバー
  4. 取扱説明書、保証書、保証規定
  5. パッケージ

▼MX Anywhere 3(MX1700GR)本体の外観からレビューしていきます。


【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

外観はすっきりした見た目。

メインの機能や「logi」のブランドロゴなどが一箇所に集約されています。


【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

マウスとしては、小〜中型ぐらいのサイズ感。

薬指と小指は机の上に付いている状態で操作します。


【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

重量を実測すると95g。手で持ったときにも重量感を感じさせない重さ。


【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

今作から搭載したMagSpeedホイール。

キラリと光る金属の光沢で、見た目の高級感アップにつながっています。


【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

MX Anywhere 3(MX1700GR)側面デザイン。

シリコン素材で、流線形の凹凸が入っています。


【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

サイドボタンは戻る・進む機能。

親指を最小限の動きでクリックすることができる絶妙な配置です。


【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

MX Anywhere 3(MX1700GR)の裏面デザイン。

電源スイッチや、EasySwitchの切替を行うことができます。


【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

MX Anywhere 3(MX1700GR)はUSB-C端子を搭載。


【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

▼付属のUSB-A to USB-Cケーブル。

コネクタに「logi」の刻印、ケーブルタイ付きなど、細かいところも作り込まれています。


バッテリー搭載モデルなので、充電することで最大70日まで使うことができます。


▼付属のUSB Unifyingレシーバー

レシーバー1つにつき、最大6台まで登録することができます。



>>>目次(もくじ)に戻る

【どう変わった?】前作 MX Anywhere 2Sと3の違いを比較

MX ANYWHERE 2S」と「MX Anywhere 3」の違いについてまとめてみました。

大きな違いについては以下の通りです。

「MX ANYWHERE 2S」と「MX Anywhere 3」違いまとめ

  1. ホイールの仕様が違う
  2. 充電する端子が違う
  3. ボタンの数が違う

ホイールの仕様が違う



MX Anywhere 2S(左)
MX Anywhere 3(右)

MX ANYWHERE 2S(左)」と「3(右)」の最も大きい違いはホイールの仕様です。

「MX Anywhere 3」から、「MX Master 3」で搭載されている「MagSpeedホイール」の仕様になりました。

そのため、より精度の高いスクロールができるようになり、思ったところにピタッと止まってくれます。

ホイールがより高級感のある見た目に!

>>>「MX ANYWHERE 2S」と「MX Anywhere 3」違いまとめに戻る

充電する端子が違う



MX Anywhere 2S(左)
MX Anywhere 3(右)

MX ANYWHERE 2S(左)」と「3(右)」で充電するための端子が違います。

「MX ANYWHERE 2S」まではmicroUSBでしたが、「MX Anywhere 3」からはUSB-C端子に変わりました

今のデバイスの流行にマッチした端子で、より使いやすくなっています。

また一つ、手持ちのデバイスの端子が統一できそうです!

>>>「MX ANYWHERE 2S」と「MX Anywhere 3」違いまとめに戻る

ボタンの数が違う



MX Anywhere 2S(左)
MX Anywhere 3(右)

MX ANYWHERE 2S(左)」と「3(右)」でボタンの数が違います。

具体的にはチルトボタン(< >マークの場所)が無くなりました

「MX Anywhere 3」からは「戻る or 進むボタン」+「ホイール」でチルト(水平スクロール)操作に。

「MX ANYWHERE 2S」を使ってきた方には、この操作は慣れが必要です!

あわせて読みたい

>>>>>>MX Anywhere 3と「for mac」の違い

【実機で比較】MX Anywhere 3 for Macの違いは?通常版と比較。選び方のポイントも解説する。

続きを見る

>>>「MX ANYWHERE 2S」と「MX Anywhere 3」違いまとめに戻る

>>>目次(もくじ)に戻る

ここが気になる…MX Anywhere 3の裏面がイマイチ


MX Anywhere 3(MX1700GR)」について、裏面の印刷が少しチープに感じました。

比べてみると、前作(Anywhere 2S)の方がよりシンプルで、洗練された印象です。

また、前作(Anywhere 2S)は印刷ではなく、刻印なのもポイント。


【MX Anywhere 3】イマイチなところ

MX Anywhere 3(左)
MX Anywhere 2S(右)

裏面は電源スイッチのON・OFFや、Easy-Switchでデバイス切替するときに使います。

普段は見えない場所ですが、こだわってほしかったポイントだと感じました。

細かいデザインまで気にする方は注意!



ココが良い!MX Anywhere 3を使ってみて【良かったこと3つ】

MX Anywhere 3(MX1700GR)」を使ってみて感じた、いいところを紹介していきます。

まとめると下記の通りです。

スクロールの加減が調整できる


「MX Anywhere 3」のいいところ

「MX Anywhere 3」のいいところとして、スクロールの強さが調整できること。

専用アプリLogi Optionsの「スクロールの力」を調整することでMagSpeedホイールの硬さが変えられます。

調整してみた感想をお伝えすると…

最大だと「ガリッガリッ」硬くなり少しずつスクロール

最小だと「スイーッ」と引っ掛かりがなくなり、スムーススクロール

今までのMXシリーズにない、新しいマウス操作の体験をすることができます。

スクロール力の調整…その発想はなかった!

>>>「MX Anywhere 3」のいいところまとめに戻る

本体が軽くなって操作も快適


「MX Anywhere 3」のいいところ

MX Anywhere 2S(左)
MX Anywhere 3(右)

「MX Anywhere 3」のいいところとして、前作(Anywhere 2S)よりも7g軽くなったこと。

実際に操作してみると、重量の数値よりも軽く感じます

狙った場所へ素早くカーソル操作ができるので、いつでもどこでも快適なPC操作に。


「MX Anywhere 3」のいいところ

また、MagSpeedホイールを搭載したことで、スクロール操作がストレスフリー。

Excelの長い行や、コーディング作業のときにも一気に目当ての場所までスクロールできました。

>>>「MX Anywhere 3」のいいところまとめに戻る

Logi Optionsで自分専用にカスタマイズ可能


「MX Anywhere 3」のいいところ

「MX Anywhere 3」のいいところとして、ジブン専用にカスタマイズできること。

MXシリーズに共通してできることにはなりますが、よく使う操作をボタン割当することで、より使い勝手をよくできます。

個人的には以下の設定がおすすめ。

MX Anywhere 3 おすすめ設定

  • ホイール:ホイールシフトモード
  • ホイール下の切替ボタン:ジェスチャーボタン
  • サイドボタン左:ページを進む
  • サイドボタン右:ページを戻る

また、「ホイール下の切替ボタン:ジェスチャーボタン」の詳細な設定は以下のようにしています。


MX Anywhere 3 ジェスチャー設定

MX Anywhere 3 ジェスチャー設定

  • 上側:音量を上げる
  • 下側:音量を下げる
  • 右側:デスクトップ右に切替
  • 左側:デスクトップ左に切替

ジブンだけのお気に入り操作を見つけてみましょう!


>>>「MX Anywhere 3」のいいところまとめに戻る

>>>目次(もくじ)に戻る

【MX Anywhere 3】をおすすめする人

MX Anywhere 3」は以下の人におすすめです。

いつでもどこでもマウスを使いたい方

MX Anywhere 3」を使ってみて、場所を選ばずどこでもマウスを使いたい人におすすめします。

ガラス面でも動かせる高精度なセンサー(Darkfieldトラッキング)を搭載。

在宅勤務やリモートワークなど、場所を選ばず作業をしたい方にぴったりのマウスです。

軽くて高機能なマウスを探している

MX Anywhere 3」を使ってみて、軽くて高機能なマウスを探している方におすすめします。

カーソル操作をしてみて思うのは、とにかく軽い。

それだけでなく、ボタン割当によるカスタマイズもできて高機能なマウスに仕上がっています。


>>>目次(もくじ)に戻る

【MX Anywhere 3】をおすすめしない人

MX Anywhere 3」を実際に使ってみて、以下を求める人にはおすすめできません。

マウスを持ち運ぶことが少ない

MX Anywhere 3」を使ってみて、マウスを持ち運ぶことが少ない人にはおすすめしにくいです。

コンパクトで軽いことが大きなメリットですので、その良さが活かしきれない可能性があります。

持ち運ぶことが少ない人は上位モデルの「MX master 3」の方が向いています。

安定感のある操作ができるマウスを探している方

MX Anywhere 3」を使ってみて、操作感がとても軽く感じました。

その反面、安定したカーソル操作をしたい人にはおすすめしにくいかなと思います。

より安定感のある操作を求めている人はトラックボールマウスもおすすめ。

>>>目次(もくじ)に戻る

【比較してみた】MX Anywhere 3と他のMXシリーズと見た目を比べる


【MX Anywhere 3】と他MXシリーズを比較

MX Anywhere 3(左)」と前作「MX Anywhere 2S(中)」とハイエンドの「MX MASTER 3(右)」を比較してみました。

どれにしようか、迷っている方の参考になれば幸いです。

注意


MX MASTER 3はfor Macモデルを使っています。

まずは外観を比較してみます。

▼上から見た感じがこちら。

大きさではMX MASTER 3(右)が最も大きいサイズ。

▼側面から見たカット。

MX Anywhere 2S(左)の方が若干、高さが低いかなというぐらい。

▼充電端子が付いている向き。

MagSpeedホイールと搭載するだけで、受ける印象が違います。

また、各スペックを比較表にまとめると以下のとおりです。

製品名カラーサイズ(cm)重量(g)ホイール横スクロール動作日数接続端子接続方法センサー対応OS
amazonMX Anywhere 3ペイルグレー
ローズ
グラファイト
10.05 × 6.5 × 3.4499MagSpeedホイール×70日USB-C to AUnifying-USB
Bluetooth
不可視レーザーWindows
Mac
iPad
Chrome
amazonMX Anywhere 2Sグラファイト
ミッドナイトティール
ライトグレー
10.03 × 6.16 × 3.44106通常ホイール70日microUSB to AUnifying-USB
Bluetooth
不可視レーザーWindows
Mac
iPad
amazonMX Master 3グラファイト
ミッドグレイ
12.49 x 8.43 x 5.1141MagSpeedホイール70日USB-C to AUnifying-USB
Bluetooth
不可視レーザーWindows
Mac
iPad

比較表の数値からは…

横スクロールできて、コンパクトさで選ぶなら「MX Anywhere 2S

サイズや重量から、安定性は「MX MASTER 3」が優れています。

ただ、「MX Anywhere 3」は以下の点で優れています。

【MX Anywhere 3】が優れている点

  • もっとも重量が軽い
  • MagSpeedホイール搭載
  • 充電端子が最新のUSB-C
  • 対応が取れているOSが多い

あなたならどれを選びますか?



>>>目次(もくじ)に戻る

【まとめ】MX Anywhere 3はモバイルワーク時代に最適な最強コンパクトマウス

【MX Anywhere 3】レビューまとめ

MX Anywhere 3(MX1700GR)」をレビューしてきましたが、まとめると以下の通りです。

レビューまとめ

  • すっきりシンプルな見た目
  • 持ち運びしやすいスリム設計
  • 高速スクロールで効率アップ
  • 必要十分な機能で使いやすい
  • 専用アプリでボタンカスタム
  • 確実に捉えるセンサー
  • 1分の充電で3時間使える
  • Win/Mac/iPad/Chrome対応

MX Anywhere 3(MX1700GR)」はいつでもどこでも快適に使えるマウスをお探しの方におすすめの一品です。


関連記事


【30選】在宅勤務、リモートワークが捗る!デスク周りの便利ガジェットおすすめ品を実体験から紹介。

続きを見る


【実機レビュー】ロジクールマウスMXシリーズおすすめランキング5選

続きを見る


【7ヶ月使用】MX ANYWHERE 2S レビュー|快適操作のワイヤレスモバイルマウス

続きを見る


ロジクール MX Master 3 レビュー|選んで後悔しない至高のマウス。PC操作がストレスフリーに。

続きを見る


【3ヶ月使用】ロジクール MX MASTER 3 for Macレビュー|Mac向けに最適化されたフラッグシップモデル

続きを見る


【MX VERTICAL MXV1s レビュー】お!ラクチン。自然な形で手を添えるだけのエルゴノミクスマウス

続きを見る


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

続きを見る


【不朽の名作】Logicool トラックボール ERGO M575OWをレビュー。

続きを見る


【昇降デスクと好相性】Logicool ERGO K860をレビュー 。角度の調整とパームレストが手首をストレスフリーに。

続きを見る


【打鍵感が最高】KX800 MX Keys レビュー|毎日のタイピング作業が楽しくなる至高のキーボード

続きを見る


【3ヶ月使用】ロジクール KX800M MX KEYS for Mac レビュー|Mac向けだがWindowsでも使える英字のミニマルなキーボード

続きを見る


ロジクール KX1000s CRAFTのレビュー。ダイヤル入力で直感的な操作、洗練されたデザインのキーボード。

続きを見る

-ガジェット, ロジクール

Copyright © ガジェスペ , All Rights Reserved.