ガジェット ロジクール

ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

2022年2月19日


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

メモ

本記事ではLogicoolロジクールのマウス、Signature 「M650MGR M」と「M650LGR L」をレビューした。

MサイズとLサイズ、どっちがいいかな?

こんなあなたの参考になれば。

Logicoolロジクール の新型マウス、Signature では、「M650MGR M(Mサイズ)」と「M650LGR L(Lサイズ)」の2サイズで発売されている。カラーも3色展開。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

シリーズ合計で6種類から選ぶ。

色展開は好みとしても、どっちのサイズが自分にフィットするのか迷うんじゃないか。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

サイズ選びで失敗したくないよね

本記事はそんなあなたに向けて記事をまとめた。

僕の結論は…

迷ったらMサイズを選べば間違いない。

と感じた。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

MサイズはMX Anywhere 3と持ち味が近い

ただ、Lサイズの良さもあるので、「M650MGR M(Mサイズ)」と「M650LGR L(Lサイズ)」どちらも詳しくレビューしていきたい。

M650 レビューまとめ

  • 静音クリックが心地よい
  • 手へのフィット感は良好
  • 中央のくびれと甲高なのが◎
  • スクロール強弱をつけれるホイール
  • ボタン割当で自分好みの操作感に
  • 電池を替えれば繰り返し使える

注意

  • M650にもチルトなし
  • 接続の切り替えはできない
  • ホイールはフリースピンではない

M650のMサイズ

M650のLサイズ

あわせて読みたい

関連記事MX Anywhere 3をレビュー

MX Anywhere 3 レビュー!2Sとの違いも比較。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

続きを見る

関連記事MX Master 3Sをレビュー

MX Master 3S レビュー。静音クリック、Logi Bolt対応に。おすすめ設定も紹介。【MX2200sGR】

続きを見る

ロジクール M650MGR M/LGR Lの概要。Lサイズとの比較も。

まずは、Logicoolロジクールのマウス、Signatureの「M650MGR M」と「M650LGR L」について、以下の流れで概要を伝えていきたい。

ロジクール M650MGR M/LGR Lの概要

  • 仕様
  • 付属品
  • 外観
  • サイズ感

M650MGR M/LGR Lの仕様

Logicoolロジクールのマウス、Signatureの「M650MGR M」と「M650LGR L」のスペックを表にまとめてみた。

どんな特徴のスペックを搭載したマウスなのか、ざっと確認してみよう。

シリーズSignature
製品名M650M650 L
画像
カラー
オフホワイト
グラファイト
ローズ
違い
サイズ
6.2 x 10.7 x 3.8 cm
6.6 x 11.8 x 4.2 cm
違い
重量
101.2g
111.2g
センサー
光学式センサー
(400~4000dpi)
ボタン数
5
ボタン仕様
静音ボタン
スクロール
SmartWheel
※フリースピンでない
電源
単三形乾電池 x 1
(同梱)
使用時間
最長24ヶ月
(Logi Bolt時)
接続距離
最大10m
接続性
Bluetooth
(BLE)
USB Boltレシーバー
デバイス切替
×
ソフトウェア
Logicool Options+
対応OS
Windows
macOS
iPadOS
Chrome OS
Android
Linux

M650MGR M/LGR Lの付属品

Logicoolロジクールのマウス、Signatureの「M650MGR M」と「M650LGR L」の付属品をチェック。

家電量販店に並ぶような見た目のパッケージで届く。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

左:M650MGR L、右:M650LGR M

それぞれのパッケージを開封。

以下のような同梱物が入っていた。

「M650MGR M」の付属品


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

部品部品の名称
M650MGR M
単三乾電池×1
Logi Boltレシーバー×1
保証書
パッケージ

「M650LGR L」の付属品


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

部品部品の名称
M650MGR M
単三乾電池×1
Logi Boltレシーバー×1
保証書
パッケージ

M650MGR M/LGR Lの外観

Logicoolロジクールのマウス、Signatureの「M650MGR M」を使って外観のチェックをしていこう。

外観は視覚的に柔らかい印象を受けた。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

角がなく、丸みを帯びた形状をしている

マウスホイール部。

マウスホール部の周辺には、ドット柄の装飾が見受けられる。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

「SmartWheel」の印字がおしゃれ


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

起動ON時だけLEDが点灯

背面は読取りセンサーと電源スイッチなど。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

裏面にソールも4箇所

ちなみに、「M650MGR M」と「M650LGR L」で裏面の滑り止めゴムの見た目が異なる部分には触れておきたい。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

左:M650MGR M、右:M650LGR L」

蓋を開けた時の外観。単4電池一本で駆動する。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

「M650」マウス用レシーバーも収納されている

「M650」マウス用レシーバーの規格は「Logi Bolt」。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

遅延が少なく、ストレスフリーな接続を実現

両側面の外観をチェック。

左側面には「戻る・進む」ボタンが配置されている。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

M650の右側面


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

M650の左側面

側面は滑り止めのようなザラザラとした質感になっていた。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

マウス操作の際に安定した持ち味を実現

M650MGR M/LGR Lのサイズ感

それでは、Logicoolロジクールのマウス、Signature「M650」のサイズを見比べてみよう。

「M650MGR M」を一回り大きくしたサイズ感のマウスが「M650LGR L」。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

左:M650MGR M、右:M650LGR L


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

左:M650MGR M、右:M650LGR L

実際に「M650MGR M」と「M650LGR L」を持った時の見た目もチェック。

大人の成人男性が持った時の感想で紹介。

「M650MGR M」の場合


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

つかみ持ちに近い


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

男性には小さめな印象

「M650LGR L」の場合


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

被せ持ちに近い


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

マウスが手のひらにフィット

サイズ選びの注意

女性や手の小さい人だと、「M650LGR L(Lサイズ)」はマウスの左クリック、右クリックに指が届かなかった。

失敗したくないなら、「M650MGR M(Mサイズ)」が無難だろう。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

M650MGR M:ちょうど良い


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

M650LGR L:指が届かない

M650のMサイズ

M650のLサイズ

ロジクール M650の使い方。ボタン割当てで左手用に切り替え

ロジクール「M650」マウスの使い方を実機に触れながらチェックしていきたい。

下記の3本立てで解説する。

ロジクール M650の使い方

  1. M650の初回ペアリング
  2. M650をLogiOptions+でボタン割当
  3. M650は左手用に切り替えも可能

1.M650の初回ペアリング

まずはロジクール「M650」のペアリング手順から見てほしい。

メモ

LogiBoltレシーバーを使った手順で解説していく

STEP.1
「Logi Bolt」をPCで起動

「Logi Boltレシーバー」をPCに接続。

「Logi Boltレシーバー」が検出されると、アプリ「LOGIBOLT」が起動する。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

アプリ「LOGIBOLT」の画面

STEP.2
Signature「M650」とペアリングする

アプリ「LOGIBOLT」の「新しいデバイスを追加」をクリック

PC側で接続するデバイスを探し始める。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

アプリ「LOGIBOLT」の画面

Signature「M650」の背面ボタンを長押しして点滅状態にさせておく。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

3秒ほど長押しで点滅する

「Logi M650」が認識されるので、クリックする。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

アプリ「LOGIBOLT」の画面
STEP.3
ペアリング完了

接続テストを実施して、指示のあったボタンをクリックする。


注意

一つでも間違えるとやり直しになるので集中してクリックしよう。

接続テストをクリアすると、無事接続が完了。早速使ってみよう。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

アプリ「LOGIBOLT」の画面

2.M650をLogiOptions+でボタン割当

ロジクールのマウスと言えば、ボタン割当ができる「LogiOptions」が醍醐味。

「M650」からは、後継ソフトの「LogiOptions+」を使うことでカスタマイズが可能だ。

よく使うショートカットキーの割当をすれば、PC操作が爆速に変わる。

※画像タップで拡大できます。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

LogiOptions+の画面切り抜き
M650でボタン割当できる箇所


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

LogiOptions+の画面切り抜き
Zoomなどアプリ毎に割当設定も可能

マウスポインタ(矢印)やスクロールの速度、水平スクロールの設定もできる。

ここの設定を変えるだけでも快適さが段違いだ。

※画像タップで拡大できます。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

LogiOptions+の画面切り抜き
ポインタとスクロール個別で設定

3.M650は左手用に切り替えも可能

ロジクール「M650」は「LogiOptions+」を使えば、左手用に切り替えすることもできる。

やり方は簡単。「LogiOptions+」の設定画面で、「左/右ボタンのスワップ」をONにするだけ。

左右対称のデザインなので、サイドボタンの配置以外は気にせず使える。

※画像タップで拡大できます。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

LogiOptions+の画面切り抜き
※ただし、サイドボタンの位置は変わらないので注意

M650のMサイズ

M650のLサイズ

ロジクール M650をレビュー。静音クリック派なら必見のマウス

いよいよだが、ロジクール「M650」マウスをレビューしていきたい。

レビューした項目をまとめると、以下の通りだ。

M650のレビューまとめ

  • 作業の邪魔をしない静音クリックが心地よい
  • フィット感良好。中央のくびれと甲高なのが◎
  • スクロールの強弱で変わるホイール
  • ボタン割当てで自分好みの操作感に
  • 電池を替えたら繰り返し使える

作業の邪魔をしない静音クリックが心地よい

ロジクールのマウス「M650」は右クリック、左クリック部が静音。

クリック音がない代わり、ポコポコする感触が心地よいクリック感だった。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

カチカチとクリックしないから、静かな部屋での作業も捗る

フィット感良好。中央のくびれと甲高なのが◎

「M650」はM・Lサイズ共に持ち味も良かった。

持ち味のヒケツは中央の”くびれ”があるデザインかなと思う。

マウス本体の後ろが甲高なつくりになっていて、しっかり持つことができた。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

くびれのあるデザイン


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

手のひらにフィット

スクロールの強弱で変わるホイール

「M650」のホイールは、指で弾く強さに応じて、WEBブラウザやExcelなどの上下スクロール幅が決まる。

チョロチョロと回せば少しだけ動くし、ピンっと弾けば大きくスクロールできた。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

従来のホイールからの進化を実感できる

ボタン割当てで自分好みの操作感に

「LogiOptions+」でマウスポインタの速度の変更や、スクロールの向き、ボタン動作が自分の思いのまま。

自分好みの操作感にカスタマイズできた。

※画像タップで拡大できます。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

LogiOptions+の画面切り抜き
M650でボタン割当できる箇所


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

LogiOptions+の画面切り抜き
ポインタとスクロール個別で設定

電池を替えたら繰り返し使える

「M650」の電源は乾電池一本。

バッテリー搭載モデルと違って、寿命を気にしなくて良いのが◎


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

愛用品として長く使いたいあなたにピッタリ

M650のMサイズ

M650のLサイズ

ここに注意…!ロジクール M650を検討する上で注意したい3つのポイント

ロジクール「M650」のマウスをレビューしてみて、検討する上で注意した方が良いポイントが3つある。項目としては下記の通りだ。

M650の注意ポイント

  • M650にもチルトなし
  • 接続の切り替えはできない
  • ホイールはフリースピンではない

M650にもチルトなし

ロジクール「M650」のホイールにはチルト(ホイールを横に倒す)機能がなかった。

横スクロールは「戻る・進む」ボタンを押しながら、ホイールを回す形となっている。

ホイール部にチルト機能が欲しい場合は「MX ERGO」もしくは、「MX Anywhere2S」がおすすめだ。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

「M650」は縦スクロールのみ。チルトなし。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

ホイールを「◀ ▶」の向きに傾けてチルト操作

関連記事MX ERGOをレビュー

【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

続きを見る

関連記事MX Anywhere2Sをレビュー

【7ヶ月使用】MX ANYWHERE 2S レビュー|快適操作のワイヤレスモバイルマウス

続きを見る

接続の切り替えはできない

ロジクール「M650」は接続するデバイスの切り替え、いわゆる「Easy-Switch™ボタン」は搭載なし。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

「Easy-Switch™ボタン」で接続先を切替
写真はMX Anywhere2S

ノートPCとiPadなど、接続して使いたいデバイスに都度、ペアリングする必要がある。

複数のデバイスを切替して使いたいあなたなら、ロジクールでも「MXシリーズ」から選ぶと良い。

関連記事ロジクールMXシリーズおすすめ

【実機レビュー】ロジクールマウスMXシリーズおすすめランキング5選

続きを見る

ホイールはフリースピンではない

「M650」のマウスホイール、「SmartWheel」はスクロールに強弱が付けられる。

ただ、回転し続けるフリースピンのホイールを搭載しているわけではない。

フリースピンで「M650」に近い持ち味のマウスが良いなら、「MX Anywhere 3」を選ぼう。


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

M650:フリースピンしないホイール


ロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。

MX Anywhere 3:
フリースピンするホイール

関連記事MX Anywhere 3をレビュー

MX Anywhere 3 レビュー!2Sとの違いも比較。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

続きを見る

【まとめ】M650 マウス レビュー。静音クリックが魅力。サイズで迷ったらMがおすすめ。

本記事は「Logicoolロジクール M650 MGRをレビュー。Lサイズと比較。左手用マウスに切り替えもOK。静音クリック派のあなたに。」についてまとめた。

おさらいにレビューした項目をまとめると以下の通りだ。

M650 レビューまとめ

  • 静音クリックが心地よい
  • 手へのフィット感は良好
  • 中央のくびれと甲高なのが◎
  • スクロール強弱をつけれるホイール
  • ボタン割当で自分好みの操作感に
  • 電池を替えれば繰り返し使える

注意

  • M650にもチルトなし
  • 接続の切り替えはできない
  • ホイールはフリースピンではない

サイズで迷ったらMがおすすめ。

Logicoolロジクールのマウス、Signature 「M650」のサイズ選びで迷ったあなたに、Mサイズがおすすめしたい。

Lサイズはマウスをしっかり持てるという点では魅力的なサイズ。

ただ、手の小さい方や女性にはやや大ぶりだった。この点は注意してほしい。

本記事が「M650」マウス選びの参考になれば幸いだ。

M650のMサイズ

M650のLサイズ

関連記事


MX Anywhere 3 レビュー!2Sとの違いも比較。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

続きを見る


【7ヶ月使用】MX ANYWHERE 2S レビュー|快適操作のワイヤレスモバイルマウス

続きを見る


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

続きを見る


【不朽の名作】Logicool トラックボール ERGO M575OWをレビュー。

続きを見る


MX Master 3S レビュー。静音クリック、Logi Bolt対応に。おすすめ設定も紹介。【MX2200sGR】

続きを見る


ロジクール MX Master 3 レビュー|選んで後悔しない至高のマウス。PC操作がストレスフリーに。

続きを見る


【3ヶ月使用】ロジクール MX MASTER 3 for Macレビュー|Mac向けに最適化されたフラッグシップモデル

続きを見る


Logicool POP MOUSE M370の設定&レビュー。デザイン良し。クリック、ホイール共に静か。

続きを見る


【MX VERTICAL MXV1s レビュー】お!ラクチン。自然な形で手を添えるだけのエルゴノミクスマウス

続きを見る

-ガジェット, ロジクール