ガジェット ロジクール

【不朽の名作】Logicool トラックボール ERGO M575OWをレビュー。


【不朽の名作】Logicool トラックボール ERGO M575OWをレビュー

本記事について

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」をレビューしました。名作トラックボール「M570」が約10年ぶりにアップデートされました。

手首が痛くてマウス操作ができない…
もっと効率よくPC操作したい…

こんな悩みを叶えてくれるのが、Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」。


【不朽の名作】Logicool トラックボール ERGO M575OWをレビュー

手のひらより少し大きいサイズ

ただ右手を添える。親指1本”だけ”でマウスカーソルを操作できて手首に負担がかかりません。


【不朽の名作】Logicool トラックボール ERGO M575OWをレビュー

手馴染みの良い造形も◎

各ボタンに自分好みの操作を割当て。PC操作の効率を爆速にします。

通常のマウスと違って動かさない。だから、膝の上でもPC操作できます。


【不朽の名作】Logicool トラックボール ERGO M575OWをレビュー

限られた机上スペースにも◎

持ち運びできる軽さ。いつでもどこでもPC操作を快適に


【不朽の名作】Logicool トラックボール ERGO M575OWをレビュー

バッグにもスルッと入る

ホコリがたまる?ボールは”ペン1本”あれば簡単に着脱して掃除できます。


【不朽の名作】Logicool トラックボール ERGO M575OWをレビュー

ペンで裏面から押すだけ


【不朽の名作】Logicool トラックボール ERGO M575OWをレビュー

ポロッと外れます

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」は使いこなすのに慣れは必要。でも、一度慣れたら従来のマウスを過去のものに。いつまでも快適で爆速のPC操作があなたのものです。

レビューまとめ

  • 親指1本でカーソル操作
  • 手は添えるだけで疲れない
  • ボタン割当てで効率UP
  • 限られた場所で操作OK
  • 持ち運びできる軽さ
  • ボールは着脱が簡単

関連記事

>>ワンランク上のトラックボールなら「MX ERGO」

【ロジクール MX ERGO MXTB1s レビュー】親指トラックボールで手首が疲れ知らずのハイエンドマウス

続きを見る

>>>Logicoolマウス MXシリーズのおすすめ

【実機レビュー】ロジクールマウスMXシリーズおすすめランキング5選

続きを見る

【概要】Logicool ERGO M575がどんなトラックボールかを知る

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」について、旧モデルの「M570」との比較や、外観などを見ていきましょう。

  • 【新旧の比較】M575とM570でどう違うのか
  • ERGO M575の付属品
  • ERGO M575の外観
  • ERGO M575の接続方法

【新旧の比較】M575とM570でどう違うのか

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」について、旧モデル「M570」でどう変わったのか、スペックで比較してみました。

製品名M575(新)M570(旧)
画像
カラー
ブラック / オフホワイト / グラファイト
ブラック
サイズ
約10.0 x 13.4 x 4.8 cm
約9.5 x 14.5 x 4.5 cm
重さ
約145g軽い
約180g
割当て可能なボタン
3
5多い
マウス精度
2000dpi精密
540dpi
接続方式
Unifying USB、
Bluetooth追加
Unifying USB
Logicool Options
対応
非対応
使用時間
最大24ヶ月長い
最大18ヶ月
対応OS
‎Windows、
Mac、
iPad追加
Windows、
Mac

M575とM570でリニューアルされたポイント

ERGO M575」と「M570」でリニューアルされて、残念なポイントは”割当て可能なボタン数が5→3に減った”ぐらい。

その他はアップデートされて、より使いやすくなっています。

☑ M575で良くなったポイント

  • 3色から選べる
  • 本体が少し軽くなった
  • マウスカーソルの精度が上がった
  • Bluetooth接続ができるように
  • 以前より長い時間使えるように
  • Bluetooth対応によりiPadもOK


ERGO M575の付属品

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」は以下の同梱物と一緒に届きます。

☑ ERGO M575の付属品

  • ERGO M575本体
  • Unifying USBレシーバー
  • 単3電池
  • 保証書
  • パッケージ

ERGO M575の外観

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」の外観を見ていきましょう。

ERGO M575OWはオフホワイトで、クリーンで清潔感のある見た目が魅力の色合いです。

ボタンの色も全て統一されていて、ボールの色とのコントラストが美しい。


【不朽の名作】Logicool トラックボール ERGO M575OWをレビュー

ホイールもギザギザのないタイプ


【不朽の名作】Logicool トラックボール ERGO M575OWをレビュー

洗練された色合いのボール

波打つようなデザイン。実は手を添えた際に滑りにくい工夫です。

裏面もオフホワイトに完全に統一。徹底された部品選びに脱帽です。

電池フタを開けると、単3電池とUnifying USBレシーバーの収納場所。レシーバーを持ち歩く際にも紛失しない配慮がなされています。


【不朽の名作】Logicool トラックボール ERGO M575OWをレビュー

地味に嬉しいポイント

ERGO M575の接続方法

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」は2つの接続方法から選ぶことができます。

  1. Unyfing USB
  2. Bluetooth

1.Unyfing USB

本製品の付属品に「Unyfing USBレシーバー」が付属。レシーバーをPCに差し込むことで、ワイヤレストラックボールとして使うことができます。

「Unyfing USBレシーバー」は、最大3台までデバイス登録ができるので、複数のマウスの使い分けや、キーボードも併用可能。

USBポートの省エネにつながります。

Bluetooth

本製品はBluetooth搭載のPCやiPadで使う際にも便利。完全ワイヤレスで操作できるので、よりスッキリした見た目に。

参考にBluetoothでの初回ペアリングの手順も紹介します。

メモ

【Macbookの場合で解説】ペアリングの手順は3STEPで完了します。

STEP.1
「ERGO M575」の電源ON

マウスの裏面にある電源スイッチをオンにします。

Easy-Switchボタンを約3秒長押しすることでLEDが点滅します。

【不朽の名作】Logicool トラックボール ERGO M575OWをレビュー

STEP.2
Bluetooth環境設定を開く

次にMac側の「システム環境設定」から「Bluetooth」をクリック。

【不朽の名作】Logicool トラックボール ERGO M575OWをレビュー

STEP.3
ペアリング完了

「デバイス」の「ERGO M575」をクリックでペアリング完了です。

【不朽の名作】Logicool トラックボール ERGO M575OWをレビュー

【どれを選ぶ?】M575S、M575OW、M575GRの違いを解説

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575Oシリーズ」を見ていると、M575S(ブラック)とM575GR(グラファイト)、M575OW(オフホワイト)の3つの型式があります。

パッと見た感じはカラーですが、保証期間にも違いがあったので、表にまとめてみました。カラー以外で迷ったときの参考にしてみて下さい。

型式M575SM575GRM575OW
画像
参考価格
¥4,990
¥6,050
¥6,050
ブラック
グラファイト
オフホワイト
保証期間
1年
2年
2年

選び方のポイント

色合いにこだわりがなく、保証期間が長い製品を購入したいなら、M575GR(グラファイト)、M575OW(オフホワイト)をおすすめです。

【届いてすぐ便利に】Logicool ERGO M575のおすすめ設定を紹介


【届いてすぐ便利に】Logicool ERGO M575のおすすめ設定を紹介

専用アプリ「Logi Options」の画面

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」はデフォルト設定でも快適に使うことができますが、ボタン割当てすれば作業の効率が爆速に

本製品が届いたときに試して欲しい、おすすめの設定を紹介します。使うなかで、あなたの好みに変えていってみてください。

ERGO M575OW おすすめ設定

  • ボタン1:キーストロークの割当て(ブラウザのタブ切り替え)
  • ボタン2:戻る(ブラウザ戻るボタン)
  • ボタン3:トラックボール感度(ポインタ速度の切替)

webブラウザの閲覧を中心に、ブラウジングをしていて別タブへ切り替えして瞬時にアクセス。細かい作業ときにポインタ速度を切替できる便利な設定です。

メモ


「ブラウザのタブ切り替え」のショートカットキーはOSによって変わります。下記いずれかで割当てしてください。
Mac:〔option〕キー +〔command〕キー + 〔→〕
Windows:〔Ctrl〕キー + 〔Tab〕キー

【持ち運びしたい人なら】Logicool ERGO M575におすすめのケース

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」を使ってみて、高さが比較的低く、軽いので持ち運びもしやすいトラックボールだなと感じました。

バッグのポケットにそのまま入れて持ち運ぶこともできますが、”そのまま入れると不意の衝撃で故障リスクの心配も”。

安心して持ち運びしたい人なら、専用ケースも一緒に検討しましょう。ケースを使えば、保管の際にホコリも溜まらず、清潔も保てますよ。

【お手入れ簡単】Logicool M575のトラックボール掃除方法

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」のボールをコロコロしているうち、次第にホコリが溜まってしまいます。


【お手入れ簡単】Logicool M575のトラックボール掃除方法

内側のセンサー部分にホコリが…

放っておくと、読み取りセンサーの感度が悪くなって、マウスカーソルが思い通りに動かずストレスに。

そんなことになる前に、「ERGO M575OW」の裏側の穴を押し込むだけで、ボールが簡単取り外し


【お手入れ簡単】Logicool M575のトラックボール掃除方法

手持ちのペンで裏から押すだけ

ボールを外した内側を定期的に掃除することで、いつも快適なPC操作を続けることができます

ここに注意...!Logicool ERGO M575を購入する前に知っておきたい【2つのこと】

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」を実際に使ってみて分かった、注意したいポイントをお伝えします。内容は以下の2つです。

☹ERGO M575 注意したい点

  1. 操作には慣れが必要
  2. 電池駆動です

1.操作には慣れが必要

これはどのトラックボールにも言えることですが、”最初は慣れが必要”です。

親指だけで操作する感覚は通常のマウスを使ってきた人からすると違和感を感じます。

でも、慣れたら通常のマウスより最小限の力で動かせるので、手首の疲れも少なくストレスフリーです。

2.電池駆動です

本製品はバッテリー駆動するものではありません。電池で動くものなので、電池切れの際には交換が必要。

最大で24ヶ月使える超スタミナですが、ランニングコストが気になる方はエネループでの使用も検討しましょう。

バッテリー式のトラックボールがよいなら、MX ERGOがおすすめです。

バッテリー式のトラックボール

>>ワンランク上のトラックボールなら「MX ERGO」

【ロジクール MX ERGO MXTB1s レビュー】親指トラックボールで手首が疲れ知らずのハイエンドマウス

続きを見る

使ってみて分かったLogicool ERGO M575の【4つの魅力】

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」を実際に使ってみて感じた魅力は大きく4つあります。

☑ ERGO M575の魅力

  1. 長時間のPC作業でも手首が疲れない
  2. ボタン割当てで便利に使える
  3. 軽いから持ち運びもしやすい
  4. 膝の上など限られた場所でも使える

1.長時間のPC作業でも手首が疲れない

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」のイチバンのメリット。

手を添えるだけ、最低限の力でPC操作できるから一日中PC作業しても手首が疲れない。

効率を落とさず、いつまでも作業したい方は購入の価値ありです。

2.ボタン割当てで便利に使える




専用アプリ「Logi Options」の画面

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」の魅力はボタン割当て機能でしょう。

ボタン割当てすることで、例えばコピー&ペーストやタブ切替など、キーボードのショートカットをワンクリックで実行できます。

よく使う機能を割当てすることで、作業の効率を爆速になります

3.軽いから持ち運びもしやすい

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」は必要十分な機能で軽量。

シンプルなデザインで余計な装飾もない為、バッグのポケットなどにもサッと収納、持ち運びできます

4.膝の上など限られた場所でも使える

机の上でマウスを動かすスペースがない…忙しいときは資料が山積みで散らかっている…

こんな時でも大丈夫。

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」は設置する場所さえあればOKです。

定位置で固定したままPC操作できるので、膝の上であってもいつも通り動かせます

Logicool ERGO M575はこんな人におすすめ

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」は以下のような人におすすめです。

☑ M575 おすすめする人

  • トラックボールにチャレンジしてみたい
  • マウス操作のスペースが限られている
  • 持ち運びできるトラックボールがいい

本製品は10年以上売れ続けたトラックボールがベースになったリニューアルモデル。

ノウハウを活かした機能やつくりながら、手に入れやすい価格が魅力

です。

トラックボールってどう?初めてだから使いこなせるか心配。

こんな思いで踏み止まっている方でも、試しやすいプライシングです。

また、本製品はトラックボールながら比較的薄く、軽いので持ち運びもできる。

親指1本で操作でき、場所を選ばずPC操作したい人にもおすすめできる一品です。

Logicool ERGO M575をおすすめしない人

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」は以下に当てはまる人にはおすすめしません。

☹ M575おすすめしない人

  • 細かくボタン割当てしたい
  • バッテリー動作のタイプがいい
  • トラックボールに角度を付けたい

本製品は必要十分でシンプルな機能に絞った、初心者でも使いやすいエントリーモデル。

割当て可能なボタンは3つ(ブラウザの戻る・進むと+αの何か。)と限られているので、よりたくさん、”細かくボタン割当てしたい方には物足りない”かもです。

単三電池で稼働するタイプなので、電池切れの際には交換が必須。

一回のスパンで最大24ヶ月使えるとはいえ、”電池代のランニングコストは発生”します。エネループなどの充電池の併用がおすすめ。

また、使っていると、傾斜を使えたらもっといいのにな…こんなことを感じる瞬間もありました。(調べたら、人の手は少し傾いた角度ぐらいが自然な模様)

上記に当てはまる方なら、トラックボールの上位モデル「MX ERGO」も合わせてチェックしてみてください。
より多機能でバッテリー式、傾斜も付けれて、より快適なPCライフが楽しめますよ。

>>ワンランク上のトラックボールなら「MX ERGO」

【ロジクール MX ERGO MXTB1s レビュー】親指トラックボールで手首が疲れ知らずのハイエンドマウス

続きを見る

Logicool ERGO M575は親指操作で手首がストレスフリー。PC操作が疲れ知らずに。



本記事ではLogicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」についてレビューしました。レビューした感想をまとめると以下の通りです。

レビューまとめ

  • 親指1本でカーソル操作
  • 手は添えるだけで疲れない
  • ボタン割当てで効率UP
  • 限られた場所で操作OK
  • 持ち運びできる軽さ
  • ボールは着脱が簡単

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」は右手を添えるだけ。親指1本”だけ”でPC操作できます。

毎日のPC作業で手首が痛い…もう限界…

手首の腱鞘炎に悩まされている方が手にすれば、今のPC操作が快適に

もっとPC操作を効率よくしたい…

ボタン割当てすることで、いつものショートカットキーを1クリックに変えて爆速に

Logicoolロジクールのトラックボール「ERGO M575OW」でPCライフをもっと快適にしませんか。

☑この商品をお得に購入する方法

少しでもオトクに手に入れたい!

そんな方にはAmazonチャージでの購入がおすすめです!

「Amazonチャージ」はAmazonギフト券にお金をチャージして買い物する方法。

購入金額に合わせて最大2.5%のポイントをゲットできます。

引用元:公式Amazonチャージの特典

「Amazonチャージ」は誰でも、何度でも使えるサービス。

積み重ねで見れば大きな額になるので、オトクに買い物したい方はやらなきゃ損ですよ。

Amazonチャージのご紹介

>>Amazonチャージはこちら

※チャージはたった3秒で終わります

関連記事


【ロジクール MX ERGO MXTB1s レビュー】親指トラックボールで手首が疲れ知らずのハイエンドマウス

続きを見る


ロジクール MX Master 3 レビュー|選んで後悔しない至高のマウス。PC操作がストレスフリーに。

続きを見る


【3ヶ月使用】ロジクール MX MASTER 3 for Macレビュー|Mac向けに最適化されたフラッグシップモデル

続きを見る


【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

続きを見る


【MX VERTICAL MXV1s レビュー】お!ラクチン。自然な形で手を添えるだけのエルゴノミクスマウス

続きを見る


【打鍵感が最高】KX800 MX Keys レビュー|毎日のタイピング作業が楽しくなる至高のキーボード

続きを見る


【ロジクール KX1000s CRAFT レビュー】ダイヤル切替が特徴のハイエンドキーボード

続きを見る


【3ヶ月使用】ロジクール KX800M MX KEYS for Mac レビュー|英字配列が美しいミニマルなキーボード

続きを見る

-ガジェット, ロジクール

Copyright © ガジェスペ , All Rights Reserved.