ガジェット ロジクール

【マイクも秀逸】Logicool C920n レビュー。ミニマルで洗練されたフォルムの高性能WEBカメラ。




本記事について

LogicoolロジクールのWEBカメラ「C920n」をレビューしました。

オンラインでの配信やコミュニケーションが当たり前になってきた今日この頃。こんなことありませんか?

相手に好印象を残したい

WEBカメラ搭載のマイクは声がこもる…

設定する機材は極力少なくしたい

そんな悩みも、LogicoolロジクールのWEBカメラ「C920n」を使えば解決です。




ミニマルで洗練されたデザイン

最大でフルHD(1080p/30fps)の解像度で、鮮明な画質が相手に好印象。第一印象を大切にしたい方にピッタリ




1人での使用に最適な画角78°

オートフォーカス搭載で、メリハリを付けた見せ方もOKです。




じんわりとピント調整がされます

WEBカメラ搭載のマイクは微妙…?いえいえ、デュアルマイクで自然な音声に。WEB会議ならこれで十分です。

カメラ起動中は青色LEDが点灯。円弧状えんこじょうに配置されたデザインがカッコいい




適正な輝度で眩しく感じない

専用アプリ『Logicool Capture』の設定も充実していて、作業環境が変わっても運用面で心配なし




『Logicool Capture』の画面

設置方法も充実しており、市販の三脚も取り付けできます。



1/4インチネジ対応



三脚取り付けで高さが出せる

LogicoolロジクールC920n」とスピーカー搭載モニターさえあれば、テレワークでのWEB会議も完結します。

Amazonレビューも約1800件超えのベストセラー品で実績も多数。WEBカメラで失敗したくない方は検討の価値ありです。

レビューまとめ

  • 洗練されたミニマルデザイン
  • 起動中のLED点灯がおしゃれ
  • フルHDで相手に好印象な画質
  • AFでメリハリが利いた映りに
  • WEB会議なら十分なマイク性能
  • 専用ソフトで自分好みの映りに
  • 三脚対応で取付の幅が広がります

関連記事

>>テレワークにおすすめのガジェット

【新常識】在宅勤務を快適に!仕事の効率がアップするガジェットおすすめ15選をシーン別に紹介

続きを見る

>>ストリーミング配信するならこのマイク

【EPOS B20 レビュー】テレワークにも動画配信にも、クリアな音声を実現する多機能USBマイク

続きを見る

>>60fpsでヌルサクのWEBカメラなら

【Zoom映え】Anker初のWEBカメラ「PowerConf C300」をレビュー。WEB会議やオンライン配信のQOL爆上げ。

続きを見る

Logicool C920nがどんなWEBカメラか知る【概要】

LogicoolロジクールC920n」について、どんなWEBカメラなのか見ていきましょう。

☑ C920nのチェック項目

  1. C920nの仕様
  2. C920nの付属品
  3. C920nの外観

1.C920nの仕様

LogicoolロジクールC920n」の仕様(スペック)を表にまとめてみました。

C920n」はフルHDで高画質、2つのデュアルマイクでマイク性能も高い、高品質なWEBカメラに仕上がっています。

製品名Logicool C920n
画像
画質
フルHD
フレームレート
最大 30fps
画角
78°
オートフォーカス
マイク
◯(ステレオ)
角度調整
垂直(チルト)
接続端子
USB-A
三脚穴
サイズ
7.1 x 9.4 x 4.33 cm
重さ
約162g
対応OS
Windows 7 以降
macOS 10.10 以降
Chrome OS

2.C920nの付属品

LogicoolロジクールC920n」が届いたときの付属品の一覧を紹介。

想像していたよりコンパクトなモノが届きます。

☑ Logicool C920nの同梱物

  1. WEBカメラ本体
  2. 取扱説明書
  3. パッケージ


3.C920nの外観

LogicoolロジクールC920n」の外観をチェックしていきましょう。

C920n」はシンプルながら、洗練された見た目。透明なガラスレンズと、「logi」のロゴマークがアクセントに。

両端の穴はマイク。左右に2箇所のマイクが搭載したデュアルマイクです。




自然な音声を実現しています。

C920n」の首の部分はチルト(垂直)方向に可動。取付した場所に応じて映りの調整ができます。



据え置きした際、少し上向きに



モニター上に取付しても自然な角度に

C920n」のモニターへ取り付けする際の内側は、ゴムが緩衝材となって傷つけにくい仕様。

接続はUSB Aコネクタ。ケーブル長は1.5mと余裕をもった取り回しの長さです。フェライトコア付きでカメラ映りのノイズ低減も担っているようです。




ケーブルは「C920n」と一体型です。

C920n」の脚部の背面には1/4インチネジ穴。三脚に取付して”目線の高さ”を出したいときに便利。

Logicool C920nの使い方は?【三脚取り付けが便利】

LogicoolロジクールC920n」は実際どんな感じで使うの?そんな疑問にお答えすべく、解説していきます。

【結論】C920nはUSB接続するだけ

LogicoolロジクールC920n」は難しい設定は必要なく、PCのUSBポートに接続するだけで使える”プラグ・アンド・プレイ”




初めてWEBカメラを使用する人でも簡単に使えます。

接続した後は、ZoomやSkype、MicrosoftTeamsなど、実際に使いたいWEB会議アプリを立ち上げて「C920n」を指定するだけ。




一例.Zoomのカメラ選択する画面

C920nは3通りの設置方法

LogicoolロジクールC920n」は大きく3通りの設置方法に対応していると言えます。

☑ C920nの設置方法

  1. モニター上
  2. 据え置き
  3. 三脚取り付け
1.C920nを「モニター上」に取り付け

最もベーシックな取付方法。

デスクトップやノートPCを接続するモニターなど、一定の場所で「C920n」を使用する人におすすめ。

2.C920nを「据え置き」する

C920n」の据え置き。脚部をくの字に角度を付けて卓上に設置します。

設置する場所を手軽に変えられるので、リモートワークなど一定の場所で仕事をされない方におすすめです。

3.C920nを三脚に取り付け

C920n」の1/4インチネジを使った取り付け方法。

別途、三脚を購入する必要がありますが、目線の高さまで「C920n」のレンズを上げることができます。

オフィス内で移動して使うことが多い方や、モニター上に取り付けする以外に高さを出したい方におすすめ。

Logicool C920nのドライバは?設定方法を解説

C920n」にドライバCDは付属していません。Logicool公式では専用アプリ『Logicool Capture』のインストールが推奨されています。

ダウンロードからインストールまでの手順を紹介していきます。

注意

Logicool CaptureはWindows/Mac OSのみ対応です。

STEP.1
『Logicool Capture』をダウンロード

Logicool公式サイトから専用アプリ『Logicool Capture』をダウンロード。

STEP.2
『Logicool Capture』をインストール

ダウンロードしたフォルダ内の『Logi Capture Installer.app』を起動、「インストールボタン」をクリック。

その後で聞かれるデータ分析に協力するかはお好みでどうぞ。

STEP.3
『Logicool Capture』を起動する

インストール後、『Logicool Capture』を起動をクリック。

『Logicool Capture』が使える状態になりました。後は「C920n」をPCに接続するだけ。

STEP.4
「C920n」をPCに接続

『Logicool Capture』の画面に、「C920n」の映像が表示されます。これで初回設定は完了です。

Logicool Captureの使い方

専用アプリ『Logicool Capture』では、主に「C920n」のカメラ映りの設定から、実際に録画して収録することまで可能です。

画像の明るさや、全体のフィルター、解像度、光学ズームなど、細かく設定することができます。




『Logicool Capture』の画面

『Logicool Capture』はWEB会議で使うユーザーよりは、ストリーミング配信をしたいクリエイター向けな印象を受けました。

もし、ZoomやMicrosoftTeamsを使ったコミュニケーション目的なら、WEB会議アプリ側の設定だけで事足りるかもです。

Logicool C920nの画質はどう?【実際の映りをチェック】

LogicoolロジクールC920n」の実際のカメラ映りをチェック。Zoomを使ってテストしてみました。

まずは比較用にノートPC内蔵のカメラ。逆光の環境でテストしています。




全体的に暗く、文字もぼんやりした印象

対して、「C920n」を使ったカメラ映り。オートフォーカスのピントは手前に合わせています。




逆光の環境でも明るく、文字の視認性も良いです◎

C920nのZoomおすすめの設定

接続しただけでも十分キレイな映りですが、Zoomで「C920n」を起動する前に、下記の画像のような設定をしておくことで、よりキレイなカメラ映りになります。




Zoomの設定画面の切り抜き

C920n(Zoom設定後)

伝わりづらいかもですが、手指の血色が良く、後ろの階段の色合いも明るい印象を受けます。




より明るく好印象な見た目に◎

【実録】Logicool C920nのマイク性能をレビュー

LogicoolロジクールC920n」のマイク性能を実際に収録してみました。

Logicool C920nのマイク性能

収録しているセリフ

ロジクールのWEBカメラ、C920のマイクテストです。60cmほど離れて話してみました。

率直な感想として、「C920n」のマイク性能はかなり高いと感じました。

他のWEBカメラ内蔵のマイクだと、”こもった声で聞こえにくかったり”しますが、「C920n」は内蔵マイクとは思えないクリアな音声。

楽曲やストリーミング配信で収録する用途でなければ、十分なマイク性能だと感じましたよ。

ここに注意…!Logicool C920nの注文前に知っておきたい2つのこと

ここでは、LogicoolロジクールC920n」を実際に使ってみて分かった、購入する前に注意したいポイント2点をお伝えします。

☑ C920nの注文前にチェック

  1. 取付けモニターのベゼルを確認
  2. オートフォーカス性能はそれなり

1.取付けモニターのベゼルを確認



1つ目に、モニターやノートPCに取り付けする場合、取り付け側のベゼル寸法を確認した方が失敗が少ないです。

LogicoolロジクールC920n」はクリップ部分の寸法が11mm。

取付するモニター部のベゼルが11mm以上なければ、クリップ部分がモニターに重なってしまいます。

モニターが見にくくなったり、跡が残ることもあるので、気にされる方は事前チェックがおすすめ。

2.オートフォーカスはそれなり

LogicoolロジクールC920n」で見せたいモノを近距離に持ってきたとき、オートフォーカスの焦点合わせに時間がかかる場合がありました。

また、近距離から通常で撮影する距離に急に戻すと、うまくフォーカスが定まらない場合も。(ゆっくり距離を調整すればピントは合いますが…)

近距離でメリハリを付けた撮影を頻繁にしたい方だと、「C920n」のオートフォーカスのスピードで不満を感じるかもしれません。

メモ

専用アプリ『Logicool Capture』でオートフォーカスをOFF、スライドバー(手動)で焦点距離を調整することもできます。

Logicool C920nを使ってみて分かった【おすすめする人】

LogicoolロジクールC920n」を実際に使ってみて分かった、おすすめしたい人は以下の通りです。

☑ C920nをおすすめする人

  • WEB会議で画質の良いカメラを探している
  • 柔軟に設置が変えられるWEBカメラが良い
  • WEBカメラのマイクを会議用に使いたい
  • クラムシェルモードで作業する人

LogicoolロジクールC920n」は最大でフルHDの解像度の高画質で精細な映りのWEBカメラ。

余計なノイズを拾わずクリアな音声が伝えられるマイクで、WEB会議で相手に好印象を与えたい方におすすめです。

C920n」の脚部には三脚取り付け穴があるので、用途に応じて柔軟な設置方法もできます。

また、ドッキングステーションを使った”クラムシェルモード”とも好相性

スピーカー搭載の外部モニターに「C920n」を取り付けするだけ。ドッキングステーションとノートPCを接続するだけでWEB会議の準備が整います。

クラムシェルモードとは

ノートPCを起動した状態でディスプレイを閉じて、外部モニターに接続してデスクトップPCのように使う方法です。

Logicool C920nをおすすめしない人

また、LogicoolロジクールC920n」をおすすめしない人は以下の通りです。

☹ C920nをおすすめしない人

  • オートフォーカスのスピードを求める人
  • ストリーミング配信でヌルサクな映像を流したい人

LogicoolロジクールC920n」はカメラ映りとマイク性能に重きを置いたWEBカメラ。

「オートフォーカス機能も一応搭載されているんだな…」ぐらいの気持ちで検討すると良いでしょう。

また、「C920n」はZoomでのWEB会議やSkypeでのオンライン飲み会など、人と人とのコミュニケーション用途に向いています。

もし、ストリーミング配信で使いたいなら、60fpsに対応した高フレームレートのWEBカメラを選択した方が失敗が少ないです。

上記に当てはまる方は、以下のWEBカメラの方が向いている可能性があります。合わせてチェックしてみてください。

オートフォーカスのスピードを求める人

>>詳しくは個別レビューしています。

【Zoom映え】Anker初のWEBカメラ「PowerConf C300」をレビュー。WEB会議やオンライン配信のQOL爆上げ。

続きを見る

ストリーミング配信でヌルサクな映像を流したい人

【どう違う?】似たモデルのC920nとC920sの違いを解説

LogicoolロジクールC920n」と似た型式に「C920s」があります。

違いはプライバシーシャッターがあるかないか。スペックを比較しやすいよう表にまとめてみました。

型式価格(Amazon)プライバシーシャッター画質フレームレート画角オートフォーカスマイク接続端子ケーブル長角度調整サイズ重量
amazonC920n6,680円×フルHD30fps78°◯(ステレオ)USB-A1.5m垂直(チルト)7.1 x 9.4 x 4.33 cm162g
amazonC920s7,619円違いはココフルHD30fps78°◯(ステレオ)USB-A1.5m垂直(チルト)7.1 x 9.4 x 4.33 cm162g

ちなみに、プライバシーシャッターが搭載されていると、以下のようなメリットがあります。

☑ メリットまとめ

  • 使わないときのレンズ保護
  • WEB会議中に離席したいときの目隠し
  • PC乗っ取りの際にもプライバシーが守れる

必要に応じて選択すれば、より失敗が少ないWEBカメラ選びができますよ。

【まとめ】画質、マイク性能とも妥協しないWEBカメラならC920nを選ぼう。

本記事ではLogicoolロジクールのWEBカメラ「C920n」についてレビューしました。

レビューまとめ

  • 洗練されたミニマルデザイン
  • 起動中のLED点灯がおしゃれ
  • フルHDで相手に好印象な画質
  • AFでメリハリが利いた映りに
  • WEB会議なら十分なマイク性能
  • 専用ソフトで自分好みの映りに
  • 三脚対応で取付の幅が広がります

リモートワーク時のWEB会議なら、「C920n」とスピーカー搭載のモニターがあれば参加OK

最大解像度がフルHDのキレイなカメラ映りと、余計な雑音を拾わずクリアな音声のデュアルマイクで、手軽にWEB会議のクオリティをアップできます。

必要な機材も最低限で済むので、作業スペースも圧迫しません。

次こそは妥協せず選びたい…

今のWEBカメラに満足していない方、安価なWEBカメラで失敗した方なら買い替えの候補に入れてみてはどうでしょうか。

LogicoolロジクールのWEBカメラ「C920n」は画質、マイク性能とも高品質な性能のWEBカメラをお探しの方におすすめしたい一品です。

プライバシーシャッター付きなら

☑この商品をお得に購入する方法

少しでもオトクに手に入れたい!

そんな方にはAmazonチャージでの購入がおすすめです!

「Amazonチャージ」はAmazonギフト券にお金をチャージして買い物する方法。

購入金額に合わせて最大2.5%のポイントをゲットできます。

引用元:公式Amazonチャージの特典

「Amazonチャージ」は誰でも、何度でも使えるサービス。

積み重ねで見れば大きな額になるので、オトクに買い物したい方はやらなきゃ損ですよ。

Amazonチャージのご紹介

>>Amazonチャージはこちら

※チャージはたった3秒で終わります

関連記事


【EPOS B20 レビュー】テレワークにも動画配信にも、クリアな音声を実現する多機能USBマイク

続きを見る


【手軽さが最高】Anker PowerConf+をレビュー|多彩な接続方法が魅力。テレワークでのWEB会議を快適にするスピーカーフォン

続きを見る


【高級感が最高】Anker PowerConf S3 レビュー|他の人と差がつく!ファブリック素材で上質なWEB会議に

続きを見る


【実機レビュー】Anker PowerConfとプラス、S3の3機種を徹底比較!違いも解説する

続きを見る


【実機レビュー】Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ|テレワークに最適の必要十分なポートのハブ

続きを見る


【実機レビュー】Anker PowerExpand 8-in-1 USB-C PD 10Gbps データ ハブ|高速データ転送がウリのハイスペックなType-Cハブ

続きを見る


【実機レビュー】ロジクールマウスMXシリーズおすすめランキング5選

続きを見る


【違い発見!】KX800 MX KeysとKX800M MX Keys for Macを比較して違いを解説する

続きを見る


【実機レビュー】KX800 MX KeysとKX1000s CRAFTを徹底比較!違いを解説する

続きを見る

-ガジェット, ロジクール

Copyright © ガジェスペ , All Rights Reserved.