ガジェット ロジクール

【違い発見!】KX800 MX KeysとKX800M MX Keys for Macを比較して違いを解説する

KX800とKX800Mってどう違うの?
違いを詳しく知りたいな。

こんな疑問に答えます。

本記事では、KX800 MX KEYSとKX800M MX KEYS for Macの違いについて、実機を使って詳しく解説
KX800 MX KEYSとKX800M MX KEYS for Macの外観やスペック面を比較した上で、実際に使ってみて分かった4つの違いをお伝えしていきます。

まず、結論からお伝えすると、KX800 MX KEYSとKX800M MX KEYS for Macの最大の違いはキー配列
KX800 MX KEYS」が"日本語配列"に対して、「KX800M MX KEYS for Mac」は"US配列"になります。

とはいえ、細かい外観やスペック、付属品で違いがありましたので、その当たりも画像で詳しく解説していきます。

本記事を読めば、失敗しないキーボード選びをすることができるはずです。

【違い発見!】KX800 MX KeysとKX800M MX Keys for Macを比較して違いを解説する

ここでは「KX800 MX KEYS」と「KX800M MX KEYS for Mac」を以下3つの観点で比較していきます。

☑ KX800とKX800比較ポイント

  • スペック
  • 外観
  • 打鍵感

KX800とKX800M比較1:スペック

KX800 MX KeysとKX800M MX Keys for Macのスペック(仕様)を比較表にまとめてみました。

製品名MX KEYS for MacMX keys
画像
amazon
amazon
寸法
約2 x 43 x 13cm
重量
810g
接続方法
Unifying-USB、
Bluetooth
充電端子
USB-C
キー形状
パンタグラフ
キー配列
JIS日本語配列
Mac用US配列
対応OS
Windows、Mac、Linux、iOS、Android
Mac、iPad、iOS
本体カラー
グラファイト
スペースグレー

比較表で見てみると、目に付くのが「対応OS」と「キー配列」
KX800 MX Keysは公称の対応OSがWindowsからMac、Androidまで幅広い対応を持っています。

その反面、KX800M MX Keys for Macは名称の通りApple系の対応OSのみ。
Apple系のデバイス以外でも使用したい方は「KX800 MX KEYS」を選ぶと良いです。

その他、キー配列についてもKX800 MX KeysとKX800M MX Keys for Macそれぞれに特長があります。

KX800 MX KEYS」はWindows/Mac両方に対応させるための特殊なキー配列となっているのに対し、KX800M MX KEYS for Mac」はMacOSのUS配列に特化
接続するパソコンのキー配列に沿って選ぶと失敗が少ないです。

補足

MacOSに特化したKX800M MX Keys for Macでも、Windowsでも使うことは可能です。

この辺りは個別レビューで解説していますので気になる方はチェックしてみてください。

【3ヶ月使用】ロジクール KX800M MX KEYS for Mac レビュー|英字配列が美しいミニマルなキーボード

続きを見る

結論

幅広い対応OSで選ぶならKX800 MX Keys

KX800とKX800M比較2:外観

KX800 MX KeysとKX800M MX Keys for Mac、それぞれの外観を見比べていきましょう。

まずは正面からの比較です。
KX800 MX KeysとKX800M MX Keys for Macでキー配列が異なる為、違った表情となっています。

KX800 MX KeysとKX800M MX Keys for Macどちらもグレー系のカラーリングですが、色の組み合わせが違います
なお、スペック上でも確認することができますが、横幅と縦幅の寸法は全く同じで、キーボード自体の大きさに違いはありません

側面の傾斜を見ていきましょう。KX800 MX KeysとKX800M MX Keys for Macのどちらも傾斜の角度は同じで、タイピングする際の打ち心地も変わりはないです。

キーボード上部にある電源スイッチ。
電源スイッチの配置も全く同じで使い勝手も同じになります。
また、充電するためのUSB端子についてもどちらもUSB-C規格で共通です。

裏面を見ていきましょう。
KX800 MX KeysとKX800M MX Keys for Macどちらも6か所にゴム足が付いており、タイピングの際にもずれることはありません。

特筆してお伝えする違いとしては、ロゴの印刷がそれぞれの製品名になっている点。
さりげない印字で目立ちにくいデザインが良き。

結論

見た目にこだわるならKX800M MX Keys for Mac

KX800とKX800M比較3:打鍵感

KX800 MX KeysとKX800M MX Keys for Macについて、どちらも凹んだキー形状が特長のパンタグラフキーボード仕様。

どこを打ってもすべてのキーストロークが滑らかで精確なパーフェクト・ストロークキーを採用。凹んだキーが指先の形状と馴染みがよく、タイピングミスが少なく感じました。

また、メカニカルキーボードと違い、カチャカチャした音は鳴らない静音設計。それぞれタイピング作業で使って比較してみましたが、打鍵感に違いはありませんでした。

見た目の部分は違いが多く感じましたが、構造的な部分は全く同じ仕様になっています。
参考に、KX800M MX Keys for Macの打鍵音をyoutube動画で撮影していますので参考にしてみてください。

KX800 MX Keysの打鍵音

適度なキーストローク(キーの押し込み具合)のパンタグラフキーです。タイピング音はカチャカチャならず比較的静かなので、家族が寝静まった後で作業する際にも安心です。

結論

打鍵感はまったく同じ

KX800とKX800Mの【3つの違い】を解説

KX800 MX KeysとKX800M MX Keys for Macの実物を比較してみて、以下3つの違いがありました。

それぞれ詳しく解説していきます。

違い1:キー配列

違い2:本体カラー

違い3:付属品

KX800とKX800M違い1:キー配列

KX800 MX KeysとKX800M MX Keys for Macの最大の違いと言えるキー配列

KX800 MX KeysがJIS日本語配列に対して、KX800M MX Keys for MacはUS配列となっています。
見た目のノイズが少なくすっきりした見た目になるのはUS配列

慣れで多少カバーができる部分がありますが、使うOSによって使い勝手が変わってくる部分がありますので、見た目よりも機能重視で選んだ方が実用面で失敗は少ないと感じました。

KX800とKX800M違い2:カラー

KX800 MX KeysとKX800M MX Keys for Macを並べてみると分かるのが本体カラー。

KX800 MX
Keysは本体とキートップが暗めのグレー系のグラデーションカラー

KX800M MX Keys for Macは明るめのグレーにブラックのキートップ。

メモ

参考にWindowsノートPC(ブラック)とMacbook(スペースグレー)と合わせてみました。

WindowsノートPC(ブラック)の場合

Macbook(スペースグレー)の場合

どちらもパソコン本体に合わせやすい色合いですが、Macbookのカラーリングに近づけたいならKX800M MX Keys for Macで選択するのが良さそうです。

KX800とKX800M違い3:付属品

KX800 MX KeysとKX800M MX Keys for Macでは付属品の充電ケーブルが異なります。

KX800 MX Keysは「USB-A to USB-C」なのに対して、KX800M MX Keys for Macは「USB-C to USB-C」。

Macユーザーの方であれば、パソコンに接続して充電する場合には「USB-C to USB-C」の方が利便性が良いですね。

注意


どちらもUSB Power delivery(パワーデリバリー)充電による急速充電には対応していません。

KX800とKX800Mの違いを知り、適切なモデル選びをしましょう

本記事ではKX800 MX KEYSとKX800M MX KEYS for Macの比較と違いについて解説しました。

繰り返しになりますが、KX800 MX KEYSとKX800M MX KEYS for Macの最大の違いはキー配列です。

その他、違いを要点まとめると以下の通りです。

☑ KX800とKX800Mの比較

  1. スペック:KX800の方が幅広いOSに対応
  2. 外観:KX800Mは"US配列"の方がすっきりした見た目
  3. 打鍵感:まったく同じ

KX800とKX800Mの違い

違い1:KX800は"日本語配列"、KX800Mは"US配列"

違い2:KX800は"マットなグレー"、KX800Mは"光沢感のあるグレー"

違い3:KX800は”USB-A to C”ケーブルが付属、KX800Mは”USB-C to C”ケーブルが付属

本記事が失敗しないキーボード選びの助けになったらうれしいです。

☑KX800とKX800Mをお得に購入する方法

少しでもオトクに手に入れたい!

そんな方にはAmazonチャージでの購入がおすすめです!

「Amazonチャージ」はAmazonギフト券にお金をチャージして買い物する方法。

使うメリットは以下の通りです。

「Amazonチャージ」のメリット

  • 初回チャージで1,000円分のポイントをゲット(還元率20%)
  • 購入金額に合わせて最大2.5%のポイントをゲット

1回のチャージ金額とプライム会員かどうかで還元率が変わる仕組みです。

引用元:公式Amazonチャージの特典

「Amazonチャージ」は誰でも、何度でも使えるサービス。

積み重ねで見れば大きな額になるので、オトクに買い物したい方はやらなきゃ損ですよ。

Amazonチャージのご紹介

>>Amazonチャージはこちら

>>初回チャージはこちらのキャンペーンがオトク

※チャージはたった3秒で終わります
※初回チャージなら1,000円分のポイントがもらえます


関連記事


【3ヶ月使用】ロジクール KX800M MX KEYS for Mac レビュー|英字配列が美しいミニマルなキーボード

続きを見る


【実機レビュー】KX800 MX KeysとKX1000s CRAFTを徹底比較!違いを解説する

続きを見る


【ロジクール KX1000s CRAFT レビュー】ダイヤル切替が特徴のハイエンドキーボード

続きを見る


【HHKB Professional HYBRID Type-S レビュー】機能美が光るハイエンドキーボード

続きを見る


【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

続きを見る


【新常識】在宅勤務を快適に!仕事の効率がアップするガジェットおすすめ15選をシーン別に紹介

続きを見る


【実機レビュー】ロジクールマウスMXシリーズおすすめランキング5選

続きを見る

-ガジェット, ロジクール

Copyright © ガジェスペ , All Rights Reserved.