ガジェット ロジクール

【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

本記事について

ロジクールのトラックボール「MX ERGO MXTB1s」をレビューしました。

ロジクール 「MX ERGO MXTB1s」はロジクール社のトラックボールではハイエンドの位置付け。


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

「MX ERGO」はエルゴキーボードと好相性

同社の「M575」と比べて、”より”手首が快適になるギミックや機能が満載でした。


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

M575(左)」と「MX-ERGO(右)」

MX ERGO MXTB1s」をレビューして特筆すべきは2点。

  1. 傾斜20°が疲れない
  2. ボタン割当でPC操作が爆速化

1. 傾斜20°が疲れない


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

20°の傾斜の快適さに感動。

想像してみてください。

手の力を抜いて、机に手を置くと手の甲が体の外側を向きませんか?

実はこれが人間の自然な手の形。

MX ERGO MXTB1s」 の傾斜20°は手は添えるだけ。手に力も入ってないから疲れない

2.MX ERGOでPC操作が爆速化


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

好きな操作が6つ割当できる

MX ERGO MXTB1s」は割当可能なボタンが6つと、その多さにも注目したい。

キーボードで良く使うコピペ、WEBブラウザのなどのショートカットキーを割当することで、PC操作のスピードが加速。マウスカーソルの動きを最小限に

PC作業の効率が爆上げします。

これらの他にも「MX ERGO MXTB1s」では機能が満載のトラックボール。

本記事では「MX ERGO MXTB1s」ができることやメリット、購入に当たっての注意点まで、網羅的にまとめてみたので、参考になれば嬉しいです。

MX ERGO レビュー

  • 自然な手の形で添えるだけ
  • 0°か20°なら、僕は20°を選ぶ
  • ボタン割当でPC操作が爆速に
  • 省スペース、ひざ上で操作もOK
  • PC2台の切り替えして作業も可能
  • バッテリー持ちは1回で4ヶ月分
  • 充電しながらの操作もできて安心

関連記事

>>>logiのトラックボールを比較

【違いは何?】トラックボール「M575」と「MX-ERGO」の実機比較レビュー。どっちを選ぶべきか迷ったときの参考に。

続きを見る

>>>名作トラックボールの「M575」

【不朽の名作】Logicool トラックボール ERGO M575OWをレビュー。

続きを見る

>>>Logicoolマウス MXシリーズのおすすめ

【実機レビュー】ロジクールマウスMXシリーズおすすめランキング5選

続きを見る

>>>Logicool初のエルゴキーボード

【昇降デスクと好相性】Logicool ERGO K860をレビュー 。角度の調整とパームレストが手首をストレスフリーに。

続きを見る

メモ


本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。

ロジクール MX ERGO の概要。20°の傾斜が快適操作のトラックボールでした。

ロジクールのトラックボール「MX ERGO MXTB1s」について、以下4つの項目でまとめてみました。

  1. MX ERGOの仕様
  2. MX ERGOの付属品
  3. MX ERGOの外観レビュー
  4. MX ERGOの充電時間

1.MX ERGOの仕様

MX ERGO MXTB1s」の仕様(スペック)をメーカーサイトを参考に、表にしてみました。特長を見ていきましょう。

製品名MX-ERGO
画像
【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)
サイズ
横:9.98cm
縦:13.3cm
厚み:5.1cm
重さ
約262g
カラー
グラファイト
傾斜
0°か20°調整可
ボタン数
8多い
割当て可能なボタン
6多い
マウス精度
512〜2048dpi
接続方式
Unifying USB
Bluetooth
接続台数
1台
Logicool Options
対応
FLOW機能
対応多機能
電源
バッテリー式
使用時間
最大4ヶ月
対応OS
Windows
Mac
iPad
Chrome
Linux豊富

「M575」にない機能がMX ERGOにはあります。

ロジクールのエントリーモデルのトラックボール「M575」になく、「MX ERGO MXTB1s」にだけ搭載されている機能は以下の通りです。

0°と20°の傾斜の選択

0°と20°では持ち味が激変。20°の傾斜は手首に負担ゼロの状態で操作できます。

MX ERGOのホイールは水平スクロールOK

通常の縦スクロールに加えて、左右にホイールを倒すことで水平スクロールも可能。


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

ホイールを「◀ ▶」の向きに傾けることができます。
MX ERGOはPC2台と切り替え可能

ワンボタンでペアリングしたPCを瞬時に切替できる「Easy-Switchボタン」、ペアリングしたPCの画面がつながっているような感覚で行き来できる「FLOW機能」があります。


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

1と2を切替する「Easy-Switchボタン」


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

「FLOW機能」の設定画面

ロジクール MX ERGOの付属品

MX ERGO MXTB1s」が届いた時は以下のような付属品の一式が届きます。

MX ERGOの付属品

  1. MX ERGO MXTB1s 本体
  2. Unifyingレシーバー
  3. USB-A to マイクロUSB ケーブル
  4. クイックスタートガイド/保証書
  5. パッケージ

ロジクール MX ERGOの外観レビュー

ロジクール 「MX ERGO MXTB1s」の外観を詳しく見ていきましょう。

どっしりとした見た目の親指トラックボールマウス。

マウスの中では大型サイズで、使うときは手をそっと添えるだけでOK。

女性にはちょっと大きいと感じるサイズ感かもです。

ボール付近には「プレジションモードボタン」が。

デフォルトではマウスカーソルの速度が変更可能。より精密なPC操作ができます。


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

ボール右上のボタンが「プレジションモードボタン」

左クリックの横に「戻る・進む」ボタンが付いています。人差し指が届きやすい丁度よい場所に配置。

スクロールホイールの下に位置するのが「Easy-Switchボタン」。

デバイスとのペアリングや、ペアリングしたデバイスを瞬時に切り替えすることが可能です。

MX ERGO MXTB1s」の裏面には、金属のプレートが磁石でくっついてます。


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

この金属プレートが安定した持ち味につながっている…!

金属のプレートには、さり気ない「MX ERGO」の印字。


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

ゴム素材で接地面に対してグリップがギュッと効きます。

金属プレートを 「MX ERGO MXTB1s」に取り付けて角度を調整。

角度変更の際に磁石でカチッとくっつく。操作中に角度が変わることもありません。


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

角度の調整は0°か20°のいずれかで選択します。

USB-A to マイクロUSBケーブル

付属のUSB-A to マイクロUSBケーブル。

ケーブルタイが付いているので、コンパクトにまとめられて、保管もかさばらない。


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

ロジクール MX ERGOの充電時間

MX ERGO MXTB1s」の充電時間は約4時間。

「USB-A to マイクロUSBケーブル」と「MX ERGO MXTB1s」を電源に接続することで充電が可能です。

【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

もしかして、バッテリーが切れたら操作ができなくなる…?

そんな心配も不要です。 MX ERGO MXTB1s」は充電しながらでも使うことができます

電源さえあれば、いつまでも作業を続けることができますよ。

ロジクールMX ERGOのペアリング方法は2つ

ロジクールのトラックボール、「MX ERGO MXTB1s」のペアリング方法は2種類あります。

  1. Unifyingレシーバー接続
  2. Bluetooth接続

1.MX ERGOをUnifyingレシーバーで接続する


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

PCにUnifyingレシーバーを付けた様子

1つ目の接続する方法が「Unifyingレシーバー」。

「Unifyingレシーバー」には最大3台までのデバイス登録が可能。USBポートの省エネにつながります。

「トラックボール」と「キーボード」を1ポートだけで接続できるのはけっこう便利。

2.MX ERGOをBluetoothで接続する

2つ目にBluetooth接続。

ここでは、「MX ERGO MXTB1s」の初回のペアリング方法を解説しておきます。

メモ

ペアリングは3STEPで完了します。

STEP.1
「MX ERGO MXTB1s」の電源ON

マウスの裏面にある電源スイッチをオンにします。

「Easy-Switchボタン」を約3秒長押しすることでLEDが点滅します。

【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

STEP.2
Bluetooth環境設定を開く

次にMac側の「システム環境設定」から「Bluetooth」をクリック。

【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

STEP.3
ペアリング完了

「デバイス」の「MX ERGO MXTB1s」をクリックでペアリング完了です。

【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

【すぐ爆速化】MX ERGOおすすめのボタン設定をまとめました。

【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

ロジクール 「MX ERGO MXTB1s」は専用アプリの「Logi Options」でジブン専用にカスタマイズ可能。

よく使う操作や、ショートカットキーをボタン割当することで、PC操作の効率を爆上げすることができます。

MX ERGOのおすすめ設定【活用例も解説】

MX ERGO MXTB1s」で僕のおすすめ設定を紹介します。

ポイント

WEBブラウザの操作を中心に、ウィンドウの切替など、届いてすぐ使える設定です。

MX ERGOの設定するボタンの場所

ボタン名ボタン割当動作
進むボタン
キーストロークの割当
【ブラウザ 左のタブに切替】
(Ctrl+Shift+Tab)
戻るボタン
キーストロークの割当
【ブラウザ 右のタブに切替】
(Ctrl+Tab)
ホイールボタン
トラックボール感度
【カーソルスピード変更】
ホイール左ボタン
キーストロークの割当
【ブラウザ 戻る】
(Mac:Cmd + ←)
(Windows:Alt + ←)
ホイール右ボタン
キーストロークの割当
【ブラウザ 進む】
(Mac:Cmd + →)
(Windows:Alt + →)
プレジションモードボタン
キーストロークの割当
【ウィンドウ切替】
(Mac:Cmd + Tab)
(Windows:Alt + Tab)

MX ERGOで設定したボタンの活用例

「戻る・進むボタン」でWEBブラウザの【タブ切り替え】。

WEBブラウザを使いながら、「ホイール左ボタン」で【ブラウザを戻る】。

細かい場所は「ホイール」を押して【カーソルスピード変更】して正確にクリック。

「プレジションモードボタン」で、使いたいアプリケーションに【ウィンドウ切替】できます。

【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

使いながら、自分専用にカスタマイズみて下さい!

【メンテは不要?】MX ERGOの掃除方法を紹介する


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

内側を綿棒などで掃除しましょう

ロジクールの 「MX ERGO MXTB1s」 を使っていると、センサー部分にホコリがたまって読み取りエラーが出ることも。

定期的に取り外してセンサー部を掃除してあげましょう。

やり方は簡単。MX ERGOのボール部分はペン先などで押してあげることで、ポロッと取れます。


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

今回は100均のS字フックで取り外す


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

簡単に取り外しできました

メンテナンスで、いつも快適な作業をすることができますよ。

ここに注意…!MX ERGOの購入を検討する際に気を付けたいこと2つ

ロジクール 「MX ERGO MXTB1s」を実際に使ってみて、あー、ここは気を付けた方がいいな。と感じた箇所が2点ありました。

  1. 高速スクロールに非対応
  2. 充電端子はUSB-Cではない

1.MX ERGOのホイールは高速スクロールに非対応

MX MASTER 3」や「MX Anywhere 3」と違い、高速スクロールに対応したホイールではありません。

この点は手に入れる前に注意したいポイントです。

Excelの行やプログラミングコードで目当ての場所にスクロールすることが多い方は、ちょっと使いにくいかもです。

2.MX ERGOの充電端子はUSB-Cではない

充電端子はマイクロUSBなのが残念。「USB-C」だったら良かった。

ただ、一度の充電で4ヶ月持つので、あまり充電の不便さは感じなかったのと、ケーブルタイ付きのUSBケーブルなので保管はしやすい。

そこまで大きな問題ではなかったと感じました。

他とココが違う!MX ERGOができることの魅力5つ【使ってみた感想でレビュー】

ロジクール 「MX ERGO MXTB1s」を実際に使ってみて、ココが良かった!と感じたポイントを5つ紹介します。

  1. 予想以上に快適な傾斜20°の調整
  2. ボタン割当てでPC操作が爆速化する
  3. 膝の上でもOK。省スペースで操作できる
  4. 親指1本で使うから、手首が疲れにくい
  5. PC間を瞬時に切り替えできて快適

1.予想以上に快適な傾斜20°の調整。

やっぱり一番の魅力はここじゃないかな。

基本、マウスは持った上で操作が前提。だからこそ、こだわってほしい。

持ち味が快適な20°の傾斜はMX ERGOで一番の魅力です。

2.ボタン割当てでPC操作が爆速化する。


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

「Logi Options」の設定画面

「MX ERGO」は割当できるボタン数が多いから、良く使うショートカットキーを登録すれば、PC操作が爆上げできます。

PC操作の効率アップができたら、空いた時間を別の作業に有効活用。

個人的には、ホイールの左右ボタンに割当てできるのが、直感的な操作につながって嬉しい。

3.膝の上でもOK。省スペースで操作できる。

「MX ERGO」は設置スペースがさえあれば、どこでも省スペースで操作できるのも魅力。

膝の上でも、ごろ寝しながらでも、接続した機器が操作できます。

4.親指1本で使うから、手首が疲れにくい

」MX ERGO」は親指1本で動かせる。

普通のマウスと違って省エネで、手首に負担がかからないのは嬉しいポイント。

一日中PCに張り付いて作業しましたが、親指が痛くなることもなかったです。

5.MX ERGOはPC間を瞬時に切り替えできて快適


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

iPad ProとPCを切替して使える

「MX ERGO」は「Unifyingレシーバー」でも、Bluetooth接続での接続でも「Easy-Switchボタン」で切替OK。

PC間の切替だけと言わず、PCと「iPad」での切替も可能。

FLOW機能も魅力的ですが、個人的には「Easy-Switchボタン」での切替の方がサクッと操作できて良きでした。

ロジクール MX ERGOをおすすめする人

ロジクール 「MX ERGO MXTB1s」を使ってみて、以下のような人におすすめします。

MX ERGOをおすすめする人

  1. 手首の疲れを劇的に変えたい
  2. PCの作業効率を爆上げしたい

マウス作業を続けると、ツラいのが手首の腱鞘炎。

一度痛くなってしまうと、作業の効率がめちゃくちゃ下がっちゃうんですよね。

こんな思いをしてまで作業したくない。そんなツラい作業を繰り返したくないあなたにおすすめです。

また、キーボードで良く使うショートカットキーありますよね。

例えばコピペとか。キーボードだと〇〇を押しながら〇〇なので2ステップ必要。

でも、MX ERGOでボタン割当すればワンクリックで完了。一瞬で操作ができますよ。

ロジクール MX ERGOをおすすめしない人

逆に、「MX ERGO MXTB1s」は以下のような人にはおすすめできません。

MX ERGOをおすすめしない人

  • 機能はシンプル派
  • 持ち運びして使いたい

MX ERGOの重量は約259g。

裏面の金属プレートも相まって重さがそれなりにあります。頻繁に持ち運んで使うトラックボールとしては不向きなマウスだと感じました。

また、そこまでボタン割当がいらない「Simple is best.」な人にもおすすめしにくい。多機能な分、機能を全て使わないのはもったいないです。

上記に当てはまる方なら、以下のマウスも検討の余地ありです。手に入れる前にチェックすれば、後悔しない買い物ができるはず。

機能を絞った「M575」

>>>「M575」をレビューしました。

【不朽の名作】Logicool トラックボール ERGO M575OWをレビュー。

続きを見る

いつでもどこでも使える「MX Anywhere 3」

>>>「MX Anywhere3」をレビューしました。

【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

続きを見る

【MX ERGOレビューまとめ】手首がストレスフリー。PC操作も爆速化して一石二鳥。


【手首が快適】ロジクール MX ERGO レビュー。ボタン割当でPC操作が爆速化できる話。(MXTB1s)

本記事ではロジクールのトラックボール「MX ERGO MXTB1s」をレビューしました。

レビューした内容をまとめると以下の通りです。

MX ERGO レビュー

  • 自然な手の形で添えるだけ
  • 0°か20°なら、僕は20°を選ぶ
  • ボタン割当でPC操作が爆速に
  • 省スペース、ひざ上で操作もOK
  • PC2台の切り替えして作業も可能
  • バッテリー持ちは1回で4ヶ月分
  • 充電しながらの操作もできて安心

MX ERGOでPC作業を爆速にしませんか?

発売から約4年が経過している「MX ERGO MXTB1s」。

でも、使ってみた感触として、今のPC作業でも全く色褪せない使い勝手の良さを発揮してくれました。

ちなみに、読者の中には「M575」とどっちが良いか迷っている人もいると思う。

使い比べた記事もあるので、気になる方はチェックしてみてください。

【違いは何?】トラックボール「M575」と「MX-ERGO」の実機比較レビュー。どっちを選ぶべきか迷ったときの参考に。

続きを見る

>>>logiのトラックボールを比較

ロジクール 「MX ERGO MXTB1s」は、手首の負担をストレスフリーに。PC操作の効率化もできて一石二鳥なトラックボールでした。

今のPC作業にストレスを感じているなら、思い切って改善してみませんか。

締め切り前サクッと提出。空いた時間で次のタスクを追いかけましょう。

☑MX ERGOをお得に購入する方法

少しでもオトクに手に入れたい!

そんな方にはAmazonチャージでの購入がおすすめです!

「Amazonチャージ」はAmazonギフト券にお金をチャージして買い物する方法。

購入金額に合わせて最大2.5%のポイントをゲットできます。

引用元:公式Amazonチャージの特典

「Amazonチャージ」は誰でも、何度でも使えるサービス。

積み重ねで見れば大きな額になるので、オトクに買い物したい方はやらなきゃ損ですよ。

Amazonチャージのご紹介

>>Amazonチャージはこちら

※チャージはたった3秒で終わります

関連記事


【不朽の名作】Logicool トラックボール ERGO M575OWをレビュー。

続きを見る


【昇降デスクと好相性】Logicool ERGO K860をレビュー 。角度の調整とパームレストが手首をストレスフリーに。

続きを見る


【実機レビュー】ロジクールマウスMXシリーズおすすめランキング5選

続きを見る


ロジクール MX Master 3 レビュー|選んで後悔しない至高のマウス。PC操作がストレスフリーに。

続きを見る


【3ヶ月使用】ロジクール MX MASTER 3 for Macレビュー|Mac向けに最適化されたフラッグシップモデル

続きを見る


【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

続きを見る


【MX VERTICAL MXV1s レビュー】お!ラクチン。自然な形で手を添えるだけのエルゴノミクスマウス

続きを見る


【打鍵感が最高】KX800 MX Keys レビュー|毎日のタイピング作業が楽しくなる至高のキーボード

続きを見る


ロジクール KX1000s CRAFTのレビュー。ダイヤル入力で直感的な操作、洗練されたデザインのキーボード。

続きを見る


【3ヶ月使用】ロジクール KX800M MX KEYS for Mac レビュー|Mac向けだがWindowsでも使える英字のミニマルなキーボード

続きを見る

-ガジェット, ロジクール
-

Copyright © ガジェスペ , All Rights Reserved.