ガジェット ロジクール

【ロジクール MX ERGO MXTB1s レビュー】親指トラックボールで手首が疲れ知らずのハイエンドマウス

【MX ERGO MXTB1s レビュー】親指トラックボールで手首が疲れ知らずのハイエンドマウス

どうも、ガジェット大好きのりょう(@gadgetspace_)です。

本記事では、Logicool(ロジクール)から発売されているMX ERGO MXTB1sをレビューしていきます。

「ロジクール MX ERGO MXTB1s」はMXシリーズの中でもトラックボールの付いたエルゴノミクスマウス。

親指を動かすだけでマウス操作できるので、長時間の作業もラクチンです。

また、専用アプリの「Logi Options」を使えばボタン割当もOK。

ロジクール MX ERGO MXTB1s」はPC作業の効率アップを目指す方におすすめできる一品です。

自分専用カスタマイズで効率が爆上がりします!

「ロジクール MX ERGO MXTB1s」レビューまとめ

  • 親指トラックボールの操作で疲れにくい
  • 20°の傾斜でより手首に負担が少ない角度に
  • Easy-Switch機能で2台までデバイス登録が可能
  • ボタン割当で自分専用にカスタマイズできる


メモ


本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
 

【ロジクール MX ERGO MXTB1s】の付属品と外観レビュー

【MX ERGO MXTB1s】の付属品と外観レビュー

ロジクール MX ERGO MXTB1s の付属品

  1. MX ERGO MXTB1s 本体
  2. Unifyingレシーバー
  3. USB-A to MicroUSB ケーブル
  4. クイックスタートガイド/保証書
  5. パッケージ

▼「ロジクール MX ERGO MXTB1s」 本体からレビューしていきます。

どっしりとした見た目の親指トラックボールマウス。

マウスの中では大型サイズで、使うときは手をそっと添えるだけでOK。

女性の手には少し大きいと感じるサイズ感です。

「ロジクール MX ERGO MXTB1s」のボタン配置。(画像引用:Amazon)

Amazon

トラックボール付近にプレジションモードボタン。

マウスカーソルの速度を変更して、精密なコントロールができます。

クリックボタン横のボタンは戻る・進むボタンが付いています。

中央のプレジションスクロールホイールの下に、Easy-Switchボタン。

2台までのデバイスを登録して、切り替えすることができます。

▼「ロジクール MX ERGO MXTB1s」の裏面には、メタルプレートが磁石で取り付けされています。

メタルプレートには、「MX ERGO」の印字。

ゴム素材でグリップがしっかりと効きます。

メタルプレートを「ロジクール MX ERGO MXTB1s」に取り付けて角度を調整。

磁石でカチッとくっつくので、操作していて角度が変わることはありません。


注意


角度の調整は0°か20°のいずれかの選択しかできません。

▼付属のUSB-A to MicroUSBケーブル。

ケーブルタイが付いているので、保管もかさばりにくい。

「ロジクール MX ERGO MXTB1s」に接続することで、バッテリーを充電することができます。

【ロジクール MX ERGO MXTB1s】ネット上の口コミ

ロジクール MX ERGO MXTB1s」の口コミを下記に何件か紹介します。

口コミを見ていると、慣れるまでは大変、時間がかかるという意見がちらほら…

ただ、「Logicool M570t」からの乗り換えする方や…

手首の腱鞘炎が防げるので、持ち運びするほどの愛用品になっている方も。

僕も慣れるまで違和感ありました…

【ロジクール MX ERGO MXTB1s】のデメリット

口コミでもありましたが、「MX ERGO MXTB1s」を使うのには慣れが必要なのがデメリット。

注意


今までトラックボールマウスを使ってきた方なら、この点は問題ないと思います。読み飛ばしてください。

親指を使っての操作に慣れないうちは、一つ一つの操作を意識してする必要があります。

最初はマウスカーソルの微妙な調整ができず、狙ったところにカーソルを合わせるのが難しく感じました。

ただ、「ロジクール MX ERGO MXTB1s」を1日中のPC作業で使っていると、だんだんと違和感はなくなっていきます。

慣れで解決できるデメリットだと思います!

【ロジクール MX ERGO MXTB1s】のメリット

ロジクール MX ERGO MXTB1s」を使ってみて感じた、メリットを紹介します。

まとめると下記の通り。

「ロジクール MX ERGO MXTB1s」のメリットまとめ

  1. 20°の角度調整がとても快適
  2. 長時間の操作でも手首が疲れにくい
  3. スペースが限られた場所でも操作できる
  4. Logi Optionsでボタン割当がとても便利

20°の角度調整がとても快適

「ロジクール MX ERGO MXTB1s」を使ってみて、角度の調整が絶妙にいいです。

「0°」か「20°」のどちらかを選ぶことができるのですが、僕は角度「20°」の一択です。

自然な形でマウスに手を添えることができるので、作業していて苦になりません。

20°の傾斜があるだけで、マウスに対する印象がガラッと変わります!

長時間の操作でも手首が疲れにくい

「ロジクール MX ERGO MXTB1s」を実際の作業で使ってみて、とにかく手首が疲れにくい。

親指を動かすだけでカーソルが動かせるので、最小限の動きでパソコン操作ができます。

これは、長い時間マウスの操作をする必要がある方ほど、その効果を実感できそうです

ラクしてしっかり操作ができるなんて最高!

スペースが限られた場所でも操作できる

「ロジクール MX ERGO MXTB1s」は親指を動かすだけで操作できます。

そのため、従来のマウスと違ってマウスを動かすスペースが不要。

「ロジクール MX ERGO MXTB1s」を置く場所さえあれば、作業の効率がアップできます。

作業スペースが確保しにくい、テレワークでもおすすめです!

Logi Optionsでボタン割当がとても便利

「ロジクール MX ERGO MXTB1s」は専用アプリのLogi Optionsを使うことで、自分専用にカスタマイズできます。

よく使う操作や、イメージしやすいボタン操作を割り当てすることで操作性アップ。

「ロジクール MX ERGO MXTB1s」のおすすめのボタン設定はこの後で解説します!

【ロジクール MX ERGO MXTB1s】のおすすめ設定

MX ERGO MXTB1s おすすめ設定

「ロジクール MX ERGO MXTB1s」は専用アプリの「Logi Options」を使うことで自分専用にカスタマイズできます。

よく使う操作や、イメージしやすいボタン操作を割り当てすることで、使い勝手をもっとよくできます。

個人的に「ロジクール MX ERGO MXTB1s」は以下の設定がおすすめ。

注意


Mac OSの場合になります。

おさらいに、「ロジクール MX ERGO MXTB1s」のボタン配置をもう一度。(画像引用:Amazon)

Amazon

ロジクール MX ERGO MXTB1s おすすめ設定

  • 進むボタン:キーストロークの割当(Ctrl+Shift+Tab)
  • 戻るボタン:キーストロークの割当(Ctrl+Tab)
  • プレジションスクロールホイール:ジェスチャーボタン
  • プレジションスクロールホイールを左に:キーストロークの割当(Cmd + ←)
  • プレジションスクロールホイールを右に:キーストロークの割当(Cmd + →)
  • プレジションモードボタン:キーストロークの割当(Cmd + Tab)

また、「ホイール下の切替ボタン:ジェスチャーボタン」の詳細な設定は以下のようにしています。

MX ERGO MXTB1s おすすめ設定

ロジクール MX ERGO MXTB1s ジェスチャー設定

  • 上側:音量を上げる
  • 下側:音量を下げる
  • 右側:デスクトップ右に切替
  • 左側:デスクトップ左に切替

☑ 使い方の例

戻る・進むボタンでWEBブラウザのタブ切り替え。

WEBブラウザを使いながら、プレジションスクロールホイールを左に倒すことでブラウザバック。

プレジションモードボタンで、使いたいアプリケーションにすぐ切り替えできます。

使いながら、自分専用にカスタマイズみて下さい!

【ロジクール MX ERGO MXTB1s】と他の製品を比較

ロジクール MX ERGO MXTB1s」と市場で販売されている、他のトラックボールマウスを比較していきます。

製品名 価格(Amazon) サイズ 重量 対応OS ボタン数 接続方法 駆動方式 動作日数 特徴
amazonLogicool MX ERGO MXTB1s 11,273円 約13.2 x 9.9 x 5.1 cm 約259 g Windows OS
Mac OS
iPad OS
Linux
8 Unifyingレシーバー
Bluetooth
リチウム電池 約4ヶ月 20°の角度調整
Logi Optionsによるボタン割当可能
Logicool Flow機能搭載
amazonLogicool M570t 5,309円 約14.5 x 9.5 x 4.5 cm 約142 g Windows OS
Mac OS
5 Unifyingレシーバー 単三形乾電池 x 1 約18ヶ月 ボタン割当可能
amazonELECOM M-XPT1MRXBK 9,973円 約13.5 x 10.8 x 4.8 cm 約147 g Windows OS
Mac OS
8 有線接続
2.4GHzレシーバー
Bluetooth
単三形乾電池 x 1 約10ヶ月 ボタン割当可能
amazonKensington SlimBlade 72327JP 9,414円 約13.3 x 15 x 6cm 約450 g >Windows OS
Mac OS
4 有線接続 USB電源 制限なし TrackballWorksによるボタン割当可能
両利き対応

トラックボールマウス製品を比較してみると…

価格面では「Logicool M570t」

接続方法の豊富さなら「ELECOM M-XPT1MRXBK」

左利き対応で選ぶなら「Kensington SlimBlade 72327JP」が優れています。

ただ、「ロジクール MX ERGO MXTB1s」は以下の点で優れています。

【ロジクール MX ERGO MXTB1s】が優れている点

  • 対応するOSの多さ
  • 20°の自然な角度に調整が可能
  • リチウム電池により電池の交換が不要
  • Logi Optionsによるボタン割当できる
  • Logicool Flow機能でWindowsとMac間のPCを行き来できる

あなたならどれを選びますか?

【ロジクール MX ERGO MXTB1s】レビューまとめ

【MX ERGO MXTB1s】レビューまとめ

MX ERGO MXTB1s」をレビューしてきましたが、まとめると以下の通りです。

「ロジクール MX ERGO MXTB1s」レビューまとめ

  • 親指トラックボールの操作で疲れにくい
  • 20°の傾斜でより手首に負担が少ない角度に
  • Easy-Switch機能で2台までデバイス登録が可能
  • ボタン割当で自分専用にカスタマイズできる

「ロジクール MX ERGO MXTB1s」を実際に使ってみて、おすすめしない人、する人は以下の通りです。

【ロジクール MX ERGO MXTB1s】をおすすめしない人

  • 軽くて小型のマウスを探している方
  • 簡単なPC作業で使うマウスを探している方

【ロジクール MX ERGO MXTB1s】をおすすめする人

  • マウス腱鞘炎に悩まされている方
  • 長時間のPC作業をされる方
  • 長時間使うなら良いものを使いたい方
  • デスクの作業スペースが限られている方

ロジクール MX ERGO MXTB1s」はPC作業の効率アップを目指す方におすすめできる一品です。

慣れたら普通のマウスには戻れない快適さです!


「ロジクール MX ERGO MXTB1s」を持ち運びをする方に、専用のケースも合わせてどうぞ。


ロジクール MXシリーズのレビューはこちら


【ロジクール MX ERGO MXTB1s レビュー】親指トラックボールで手首が疲れ知らずのハイエンドマウス

続きを見る


【ロジクール MX2200sSG MX MASTER 3 for Mac レビュー】Mac専用になったハイエンドマウス

続きを見る


【3ヶ月使用】MX ANYWHERE 2S レビュー|快適操作のワイヤレスモバイルマウス

続きを見る


【ロジクール KX800M MX KEYS for Mac レビュー】英字配列が美しいミニマルなキーボード

続きを見る


【ロジクール KX1000s CRAFT レビュー】ダイヤル切替が特徴のハイエンドキーボード

続きを見る

amazonで購入検討の方に朗報!

初回チャージで1000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

amazonチャージのキャンペーン登録ページはこちら

-ガジェット, ロジクール
-

© 2020 ガジェスペ|ガジェットブログ