ガジェット ロジクール

【3ヶ月使用】ロジクール KX800M MX KEYS for Mac レビュー|英字配列が美しいミニマルなキーボード

【ロジクール KX800M MX KEYS for Mac レビュー】英字配列が美しいミニマルなキーボード

どうも、ガジェット大好きのりょうです。

本記事では、logicool(ロジクール)から発売されているKX800M MX KEYS for Macをレビューしていきます。

「MX KEYS for Mac」はその名の通り、Apple製品のMac向けに作られたハイエンドキーボード。


画像引用:Amazon

スペースグレイの本体カラーと、高級感のあるつくりがMacとの一体感をより高め、所有欲を満たしてくれます。

ロジクール KX800M MX KEYS for Mac」はMac専用のキーボード選びで妥協したくない方におすすめできる一品です。

デザイン性、使い勝手ともに、申し分のないつくりです!

「MX KEYS for Mac」レビューまとめ

  • ムダの無いミニマルなデザイン
  • 英字配列キーで洗練された外観
  • スペースグレイで統一感あり
  • 暗い場所で使用できるバックライト
  • 打鍵音が心地よいパンタグラフ式
  • タイプミスを少なくする凹み設計

メモ


本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
 

【3ヶ月使用】ロジクール KX800M MX KEYS for Mac レビュー|英字配列が美しいミニマルなキーボード

ロジクール KX800M MX KEYS for Mac」を3ヶ月使ってみての率直な感想として、英語配列が美しく、ミニマルなデザインのキーボードだと思います。

レビューとしてまとめると以下の通りです。

「シルバー」のMacbookとは合わせにくい

ロジクール KX800M MX KEYS for Mac」のデメリットはMac向けという特徴を出したことで、アンマッチな機種が増えたかなと感じます。

例えば、「日本語配列」で「シルバー」のMacbook Proと並べてみると、こんな感じになります。

どちらもデザインが良いのでカッコいいですが、統一感に欠けてしまうのはMacユーザーとしては少し残念かなと感じました。

今後の商品化でカラーバリエーションが増えることに期待です。

また、「US配列」のキーレイアウトは「enterキー」や「@」、「Fn」などの記号の配置が異なるので、慣れていないと不便かもしれません。

尖った分、使い手を選ぶ機種かなと思います!

レビューまとめに戻る

MX KEYS for Macは「スペースグレー」のMacbookに最適

ロジクール KX800M MX KEYS for Mac」はApple製品の中でもスペースグレーに合うような色合い。

スペースグレーのiMacやMacbook、iPadなどで使用すれば、よりfor Mac製品の恩恵を受けられます。

純正品に近い感覚で使用することができます!

レビューまとめに戻る

「ロジクール MX MASTER 3 for Mac」との併用で統一感アップ

ロジクール KX800M MX KEYS for Mac」は「MX MASTER 3 for Mac」と併用することで、さらに統一感がでます。

2機種とも「スペースグレー」のカラーリングに統一してあるので、並べて置くとカッコいい。

使い勝手が良いのはもちろんのこと、作業の合間に眺めることで所有欲も満たされる仕上がりです。

MX MASTER 3 for Mac」はこちらで詳しくレビューしてみました。

レビューまとめに戻る

「US配列」のキーレイアウトが美しい

ロジクール KX800M MX KEYS for Mac」のキー配列は見た目が美しい。

それに、「US配列」のキーレイアウトは「日本語配列」と違って、1つ1つのキーがすっきりしてごちゃごちゃしない。

作業をしていても目に入るノイズが少なくなり、集中力アップにつながってます。

レビューまとめに戻る

スマートイルミネーション機能がカッコいい

ロジクール KX800M MX KEYS for Mac」は暗闇で光る仕様がカッコいい。

夜間の作業でも、手元のキー配列がどうなっているかすぐに判別が付きます。

また、キーボードに手を近づけただけでバックライトが点灯する仕様なので、暗闇でも何のキーかすぐに分かります。

レビューまとめに戻る

浅めのキーストロークが打ちやすく、打鍵音が心地良い

ロジクール KX800M MX KEYS for Mac」は「パンタグラフ式」の薄くて浅めのキーストローク。

Macbookのキーボードに近い感覚で、押し込みが浅いのでタイピングしやすいです。

また、キー表面の凹んだ構造がタイプミスも少なくする構造。

金属で丈夫な本体も相まって、打鍵音も心地よく感じました。

▼実際にタイピングしてみた動画がこちら。

KX800 MX Keysの打鍵音

レビューまとめに戻る

もくじに戻る

【MX KEYS for Mac】の概要

ロジクール KX800M MX KEYS for Mac」について、以下の項目で解説していきます。

  1. 「MX KEYS for Mac」と「MX keys(従来品)」の違い
  2. 「MX KEYS for Mac」の付属品と外観レビュー

1.「MX KEYS for Mac」と「MX keys(従来品)」の違い

結論からお伝えすると、KX800 MX KEYSとKX800M MX KEYS for Macの最大の違いはキー配列
KX800 MX KEYS」が"日本語配列"に対して、「KX800M MX KEYS for Mac」は"US配列"になります。

その他、細かい違いについてはこちらの記事にまとめてみました。

【違い発見!】KX800 MX KeysとKX800M MX Keys for Macを比較して違いを解説する

続きを見る

2.「MX KEYS for Mac」の付属品と外観レビュー

ロジクール KX800M MX KEYS for Mac」の付属品をそれぞれ詳しく紹介していきます。

【ロジクール KX800M MX KEYS for Mac】の付属品と外観レビュー

「ロジクール KX800M MX KEYS for Mac」の付属品

  1. ロジクール KX800M MX KEYS for Mac
  2. Unifyingレシーバー
  3. 充電ケーブル(USBC-C)
  4. 保証書、保証規定

▼まずは「ロジクール MX KEYS for Mac」本体の外観レビューから。

キー構造は「パンタグラフ式」のフラットな見た目です。

控えめな「logi」の印字がミニマルな印象。

キー周りの金属はMacシリーズとお揃いの「スペースグレイ」仕上げです。

側面には電源スイッチと充電用ポート(USB-C)。

裏面はラバー素材でグリップがしっかり効きます。

さり気ない「MX KEYS for Mac」の印字も、メーカーのこだわりを感じます。

▼次は付属のUnifyingレシーバー。

レシーバー1つで最大3台までのデバイスが登録できます。

デバイスはボタンをワンプッシュするだけで、切替OK。

▼充電ケーブルは両端がType-Cとなっています。

今後を見据えた最新のUSB-C仕様にアップデートされました。

タイプCのUSB充電器を使えば、約4時間でフル充電ができます。

注意


PD給電(Power Delivery)には対応していません。

もくじに戻る

【MX KEYS for Mac】のペアリング

ロジクール KX800M MX KEYS for Mac」のBluetoothでのペアリング手順を紹介します。

メモ

Macbookの場合で解説していきます。

ペアリングの手順は3STEPで完了します。

 

STEP.1
「MX KEYS for Mac」の電源ON

キーボードの側面にある電源スイッチをオンにします。

Easy-Switchボタンを約3秒長押しすることでLEDが点滅します。

STEP.2
Bluetooth環境設定を開く

次にMac側の「システム環境設定」から「Bluetooth」をクリック。

STEP.3
ペアリング完了

「デバイス」の「MX KEYS for Mac」をクリックでペアリング完了です。

もくじに戻る

【MX KEYS for Mac】の口コミ・評判

ロジクール KX800M MX KEYS for Mac」のTwitter上の口コミ・評判を拾ってみました。

口コミ・評判をざっくりまとめると…

「MX KEYS for Mac」の口コミ・評判まとめ

  • 英語配列には慣れが必要
  • for Macだけあり、最適化されている
  • MX Master 3 for Macも合わせて買い替え
  • Windowsユーザーで英語配列キーボードとして使う人も

もくじに戻る

【MX KEYS for Mac】をWindowsで使う

ロジクール KX800M MX KEYS for Mac」はWindowsで使うこともできます。

Windows10を搭載した、VAIO SX14で使用してみました。

Windows OSを搭載したノートパソコンへ「Unyfingレシーバー」と「Bluetooth」どちらの接続でもいけました。

使い勝手の違いとしては、「Commandキー」の部分が「Windowsキー」に、「Fn」キーの位置が少し変わるだけです。

注意


英字(US)配列キーボードなので、Windows OSでも日本語(JIS)配列の場合は使いにくくなります。

また、ネット上の口コミ・評判を見ていて、「ロジクール KX800M MX KEYS for Mac」をWindowsで使う方もいらっしゃいましたので参考になれば幸いです。

windows10で使用可能です。

「US配列」のMX KEYSをずっと探していたのですが、日本では販売されていなかったので、今まであきらめていました。こちらの商品が、「for mac」とは書いてあったものの、US配列だったのでダメ元で購入し、つないでみたところwindows10でも繋がりました。windowsボタンがcommandボタンになっていたり、fnキーの位置が異なりますが、全く問題ありません。

引用元:Amazon

口コミ・評判を見ていて…

Windows OSで使う場合は、普段から英字(US)配列を使用されている方におすすめの使い方になりそうです。

もくじに戻る

【MX KEYS for Mac】と他の製品を比較

ロジクール KX800M MX KEYS for Mac」と他のラインナップ、Apple Magic Keyboard(テンキー付き)とを比較していきます。

製品名 特長 対応OS カラー サイズ 重量 キー構造 キーレイアウト キーピッチ キーストローク クリエイティブ⼊⼒ダイヤル イルミネーション 充電方法 接続方法
amazonKX800M(MX KEYS for Mac) Mac向けに最適化されたフルキーボード Mac、iPad、iOS スペースグレイ 430×32×149mm 810g パンタグラフ Mac用英語キー配列 19.0mm 1.8mm × 充電式(USB Type-C) UnifyingレシーバーもしくはBluetooth
amazonApple Magic Keyboard(テンキー付き) Apple純正品のフルキーボード Mac、iPad、iOS スペースグレイ、
シルバー
418.7×10.9×114.9mm 390g パンタグラフ Mac用英語キー配列 不明 不明 × 不明 充電式(Lightningケーブル) Bluetooth
amazonKX800 (MX KEYS) Logicoolでベストセラーのフラッグシップモデル Windows、Mac グラファイト 430.2×20.5×131.63mm 810g パンタグラフ 113キー⽇本語レイアウト 19.0mm 1.8mm × 充電式(USB Type-C) UnifyingレシーバーもしくはBluetooth
amazonKX1000s (CRAFT) 編集ソフトを軽快に操作できるダイヤル付き Windows、Mac、Linux、iOS、Android グラファイト 430×32×149mm 960g パンタグラフ 113キー⽇本語レイアウト 19.0mm 1.8mm 充電式(USB Type-C) UnifyingレシーバーもしくはBluetooth

Mac専用となると…

もしくは


WindowsとMacで使い分けるなら…

もし、Mac専用かつ、価格を極力抑えたいとなると…

あなたならどれを選びますか?

もくじに戻る

【MX KEYS for Mac】レビューまとめ

【ロジクール KX800M MX KEYS for Mac】レビューまとめ

ロジクール KX800M MX KEYS for Mac」をレビューしてきましたが、まとめると以下の通りです。

「MX KEYS for Mac」レビューまとめ

  • ムダの無いミニマルなデザイン
  • 英字配列キーで洗練された外観
  • スペースグレイで統一感あり
  • 暗い場所で使用できるバックライト
  • 打鍵音が心地よいパンタグラフ式
  • タイプミスを少なくする凹み設計

「ロジクール KX800M MX KEYS for Mac」を実際に使ってみて、おすすめしない人、おすすめする人は以下の通りです。

「MX KEYS for Mac」をおすすめしない人

  • 本体カラーが「シルバー」のMacを愛用している人
  • 普段のキーレイアウトが「日本語配列」を愛用している人

「MX KEYS for Mac」をおすすめする人

  • 「Logicool」×「Apple」製品が大好きな人
  • Macユーザーで、ミニマルで尖ったキーボードをお探しの人
  • Windowsユーザーでもキーレイアウトを「US配列」で使っている人

ロジクール KX800M MX KEYS for Mac」はキーボード選びで妥協したくない方におすすめできる一品です。

☑「MX KEYS for Mac」をお得に購入する方法

少しでもオトクに手に入れたい!

そんな方にはAmazonチャージでの購入がおすすめです!

「Amazonチャージ」はAmazonギフト券にお金をチャージして買い物する方法。

使うメリットは以下の通りです。

「Amazonチャージ」のメリット

  • 初回チャージで1,000円分のポイントをゲット(還元率20%)
  • 購入金額に合わせて最大2.5%のポイントをゲット

1回のチャージ金額とプライム会員かどうかで還元率が変わる仕組みです。

引用元:公式Amazonチャージの特典

「Amazonチャージ」は誰でも、何度でも使えるサービス。

積み重ねで見れば大きな額になるので、オトクに買い物したい方はやらなきゃ損ですよ。

Amazonチャージのご紹介

>>Amazonチャージはこちら

>>初回チャージはこちらのキャンペーンがオトク

※チャージはたった3秒で終わります
※初回チャージなら1,000円分のポイントがもらえます

関連記事

5625


【実機レビュー】ロジクールマウスMXシリーズおすすめランキング5選

続きを見る


【違い発見!】KX800 MX KeysとKX800M MX Keys for Macを比較して違いを解説する

続きを見る


【実機レビュー】KX800 MX KeysとKX1000s CRAFTを徹底比較!違いを解説する

続きを見る


【実機レビュー】Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ|テレワークに最適の必要十分なポートのハブ

続きを見る


【実機レビュー】Anker PowerExpand 8-in-1 USB-C PD 10Gbps データ ハブ|高速データ転送がウリのハイスペックなType-Cハブ

続きを見る


【ロジクール KX1000s CRAFT レビュー】ダイヤル切替が特徴のハイエンドキーボード

続きを見る


【HHKB Professional HYBRID Type-S レビュー】機能美が光るハイエンドキーボード

続きを見る


【デイズポーチリモード】使用感レビュー|こだわりのガジェットポーチ

続きを見る


【デイズポーチ レビュー】省スペースで大容量のガジェットポーチ

続きを見る


【Qubii Duoレビュー】寝る前に充電するだけで、毎日バックアップが取れる魔法のガジェット

続きを見る

-ガジェット, ロジクール

© 2021 ガジェスペ|ガジェットブログ