ガジェット ワイヤレスイヤホン

【ブームマイク搭載】AfterShokz OpenComm レビュー|使う場所を限定しないマイク性能の骨伝導ヘッドセット

2021年3月7日


【ブームマイク搭載】AfterShokz OpenComm レビュー|使う場所を限定しないマイク性能の骨伝導ヘッドセット

メモ


本記事ではAfterShokzアフターショックスから発売されているOpenCommオープンコムの色:Slate Gray(スレートグレー)をレビューしていきます。

OpenCommオープンコムは同社のラインナップで”通話性能”に特化したハイエンドタイプ。「ブームマイク」が搭載されたことで、場所を気にせずクリアな通話を楽しむことができます。

テレワークをしながらふと思うことが…仕事でもプライベートでも気にせず使える良いイヤホンないかなと。

仕事ならZoomを使ったWEB会議、プライベートだと家事や筋トレしながらのながら聴き。

AirPodsでもいいんですが、長時間使うと耳が疲れる…

スポーツによってはズレてきたりするんですよね…

今回レビューした「OpenCommオープンコム」はそんな悩みを解決してくれる一つの答えだと感じました。



外付けの棒がブームマイク

実際に使ってみた率直な感想は、高性能なマイクが外付けされているのに、付けていることを忘れてしまうほど軽い



カナル型イヤホンと比べても遜色のない音質も魅力

ただ、”使ってみて分かった注意点”もありましたので、参考にしてみてください。

また、Aeropexエアロペクスと実機で比較レビューもしてみました。

どっちを選ぶか迷っている方の参考になれば嬉しいです。

画像タップで読み飛ばし

レビューまとめ

  • 自信を持って話せるマイク性能
  • 一日着けても疲れにくい装着感
  • 水濡れを気にせず使える
  • 5分の充電で2時間使用OK
  • 持ち運び安心のハードケース

合わせて読みたい

関連記事AfterShokz各モデルを比較レビュー

【AfterShokzの3製品を実機比較!】AeropexとOpenComm、OpenMoveを比較しておすすめを紹介

続きを見る

関連記事Aeropexを実際に使ってみてレビュー

【6ヶ月使用】AfterShokz Aeropex レビュー|骨伝導で常識が変わる。テレワークで使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

続きを見る

関連記事Aeropexより音質重視のOpenRun Pro

Shokz OpenRun Pro 比較レビュー。Aeropexより音質に迫力と深み。マイク音声も良好。

続きを見る

【概要】AfterShokz OpenCommはマイクがウリの骨伝導

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」の仕様をまとめてみました。

ざっくりとどんな特長がある商品なのか見ていきましょう。

  1. 仕様
  2. 付属品
  3. 外観
  4. ペアリング
  5. ボタン操作

1.OpenComm の仕様

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」の仕様をまとめてみました。

ざっくりとどんな特長がある商品なのか見ていきましょう。

メモ

AfterShokz OpenMoveの公式ページやamazon販売サイトに掲載されている情報を入力しています。

製品名OpenCommオープンコム
画像
カラー
スレートグレー / 
ライトグレー
サイズ
約17.2 x 13.6 x 7 cm
重さ
約33g
イヤホン形状
オープンイヤー型
スピーカー
骨伝導タイプ
(第8世代型)
マイク
ノイズキャンセル
(CVC8.0搭載)
素材
チタンフレーム
Bluetooth規格
Bluetooth v5.0
防塵防水
IP55
連続使用時間
16時間以上
充電時間
約1時間
充電端子
専用マグネットケーブル
対応コーデック

SBC
対応プロファイル
HSP / HFP / A2DP AND AVRCP
保証期間
2年間

各部の名称は以下の画像が分かりやすいです。



画像引用:makuake

2.OpenComm の付属品

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」の付属品を紹介していきます。

付属品をまとめると以下のとおりです。

OpenComm 付属品

  1. OpenComm本体
  2. 収納ポーチ(ハードケース)
  3. 充電ケーブル × 1
  4. 取扱説明書
  5. クイックスタートガイド

注意


OpenCommに耳栓は付属していません。

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」の付属品の収納ポーチ。形状を保つことができるハードケース仕様です。


OpenComm の付属品

持ち運んでも破損の心配なし

収納ポーチの内側にはメッシュポケットが付いているので、ちょっとした小物ならまだ収納できそうな容量。


OpenComm の付属品

耳栓ぐらいならOK

充電ケーブルは専用品のものが1本付属。

収納ポーチと一緒に保管しておけば、万が一の際にもサッと取り出して充電OK。

マグネットで確実に固定するタイプなので、接触によって充電できていなかったということもありません

また、取扱説明書以外にも、初回ペアリングに関するクイックスタートガイドが付属。

Bluetoothが初めての方でも初期設定を迷わずできる親切な設計です。

3.OpenCommの外観

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」の外観を見ていきましょう。

この記事でレビューのカラーリングは「スレートグレー」になります。


OpenCommの外観

ハードケースに収めたイメージ

グレーを基調として、うまくブラックを取り入れた2トーンカラーのデザインです。

表面の材質はシリコン素材になっていて、優しい手触り。

左右のイヤホンがチタンフレームでつながっている作りなので、使わないときは首にかけたりすることができます。


OpenCommの外観

手に持ってもかるーい

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム最大の特長が左側のイヤホンに外付けされている「ブームマイク」


OpenCommの外観

かなり高性能なマイク

ブームマイクとは

先端にマイクを取り付けた、音を集音するための竿のようなもの。 よりクリアな音を集音するために使われるマイクの一種です。

約270°スイングする機構で、使うとき・使わないときで定位置を調整することができます。

ブームマイク本体には通気穴が2つ空いており、メインマイクで音声、サブマイクが周囲の雑音を拾い、自動で必要な音声を調整。通話相手へクリアな音声を伝えることができます。


OpenCommの外観

通気穴は先端と側面の2つ

また、左側イヤホン部には「NFC」のロゴ。NFCに対応したAndroidスマホをかざすことで、簡単にペアリングすることができるようになっています。

NFCとは

「Near Field Communication」の略。近距離無線通信のことで、 かざすだけで通信できる通信規格のこと。お財布ケータイやSuicaなどの交通系ICに使われている技術です。

注意


iPhoneはNFCによるBluetoothペアリングは対応していません。

右側のイヤホンはペアリングした際のボタン操作を行う側になります。

ブラックを基調とした筐体きょうたいにオレンジ色のボタンが映えます。


OpenCommの外観

「AfterShokz」の企業ロゴ入り

右側イヤホンの裏側にもボタンが2つあり、こちらは電源のON・OFFや音量の調整をすることができます。


OpenCommの外観

手前の金属端子は充電ポート

充電の際にはマグネットで脱着する専用ケーブルを使用します。

カチッとくっつけば位置ずれがないので確実に充電できます。


OpenCommの外観

充電時は赤色LEDが点灯

また、充電ポートには付着した汗や液体を検出する「漏電防止アラート」を搭載。漏電による火災などの危険を回避することができるので安心です。

注意


アラート発動時にはLEDがが青と赤に点滅し、本体が振動するとともにビープ音で知らせてくれます。

4.OpenComm 初回ペアリング

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」とiphoneを使って、ペアリングの手順を紹介していきます。

メモ

初回のペアリング設定は3STEPで完了します。

STEP.1
ペアリングモード

パワーオフの状態で電源ボタンを約5秒長押しすることで、”ペアリングモード”の日本語アナウンス後に「AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」がペアリングモードになります。

OpenComm 初回ペアリング

STEP.2
Bluetooth機器の設定

iPhoneのBluetoothをオンにすると"OpenComm by AfterShokz"が表示されるのでそちらをタップします。

OpenComm 初回ペアリング

STEP.3
ペアリング完了

"OpenComm by AfterShokz"が接続済みのステータスに変わってペアリング完了です。

日本語アナウンスで"接続しました"と流れます。

OpenComm 初回ペアリング

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」は日本語アナウンスで親しみやすい。今の状態がどうなっているか、分かりやすくなっています。

ちなみに、2回目以降のペアリングについて、「AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」を起動すれば自動でiPhoneにペアリングされるようになるので手間いらず

電源を入れたらすぐに骨伝導ヘッドセットを使えます。

5.OpenCommのボタン操作

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」の主な操作は「マルチボタン」で行い、必要に応じて「音量+/電源ボタン」と「音量-」を使います。

押し心地もよく、意図した操作がちゃんとできて快適な操作感でしたよ。

それぞれの操作と動作をまとめると以下の通りです。

OpenComm「マルチボタン」の操作

「マルチボタン」
操作動作
1回押し音楽再生/一時停止
音楽再生時に2回押し曲送り
音楽再生時に3回押し曲戻し
着信時に1回押し電話に出る
通話時に1回押し電話を切る
着信時に2秒長押し着信拒否
音楽停止時に2回押し電話リダイヤル

OpenComm「音量+/電源ボタン」と「音量-」の操作

「音量+/電源ボタン」・「音量-」
操作動作
「音量+/電源ボタン」2秒長押し電源オン
「音量+/電源ボタン」3秒長押し電源オフ
通話時に「音量+/電源ボタン」・「音量-」を2秒長押しミュート
音楽再生時に「音量+/電源ボタン」・「音量-」を3秒長押しイコライザー切り替え
音楽停止時に「音量+/電源ボタン」・「音量-」いずれかを1回押しバッテリー残量確認
音楽再生時に「音量+/電源ボタン」を1回押し音量上げ
音楽再生時に「音量-」を1回押し音量下げ

【つけ心地】OpenCommはマイク重量を感じさせない装着感


OpenCommはマイク重量を感じさせない装着感

ブームマイクを前に回した様子

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」を一日中着けてみての率直な感想は、マイク付きなのに重量感を全く感じさせない軽さに驚きました。

メガネを掛けている感覚で着用できるので、耳が痛くなったり疲れも感じにくいです。


OpenCommはマイク重量を感じさせない装着感

ブームマイクを後ろに回した様子

さらに、「AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」自体が、頭部を内側に挟み込むようなテンションがかかっているので、筋トレやランニングなどの動作でもズレることもありませんでした。

また、お出かけや通勤などでマスクが必要な場面でも、お互いが干渉しない設計になっているので、つけ心地も変わらず使用することができます。

>>もくじに戻る

【どう違う?】AeropexとOpenCommを比較して違いを検証

AfterShokzから発売されているラインナップで、「Aeropexエアロペクス」と「OpenCommオープンコム」の違いを比較していきます。

どちらを選ぶか迷っている方は参考にしてみてください。

比較した切り口は以下の4つになります。

  1. スペック
  2. 外観
  3. 装着感
  4. マイク性能
  5. 総評

比較1:AeropexとOpenCommの【スペック】を比較

Aeropexエアロペクス」と「OpenCommオープンコム」のスペックを比較表にまとめてみました。

優れている方に黄色で色付けしています。

製品名重量防水性能マイク接続方式マルチペアリングバッテリー容量使用時間待機時間充電時間クイックチャージ
amazonAeropexエアロペクス約26gIP67ノイズキャンセルマイクBluetooth5.0対応145mAh約8時間約240時間約2時間非対応
amazonOpenCommオープンコム約33gIP55ノイズキャンセルマイク
+ブームマイク
Bluetooth5.0 or
NFCペアリング
非対応170mAh約16時間約336時間約1時間対応

比較表で見比べてみて…

OpenCommオープンコムにはたくさんの機能が詰まっています。

結論

スペック面ではOpenCommの方が優れています。

比較2:AeropexとOpenCommの【外観】を比較

Aeropexエアロペクス」と「OpenCommオープンコム」の外観を見比べました。

大きな違いは「マイク」の部分です。

ブームマイクが付いているかどうかで、見た目の印象が結構違います。

写真1のマルチボタンの場所が逆になっていること、ボタンの形状も違います。

色が統一してあるAeropexエアロペクスの方がよりシンプルでカッコいい気がします。

また、各種ボタンの押しやすさもAeropexエアロペクスの方が使いやすいと感じました。

結論

外観はAeropexの方がすっきり。

比較3:AeropexとOpenCommの【装着感】を比較

Aeropexエアロペクス」と「OpenCommオープンコム」のそれぞれ装着してみた感想として、どちらも軽くて疲れにくい装着感です。

ただ、"「OpenCommオープンコム」の方はブームマイクを使わないときに、付け心地の面で少し邪魔かな"と感じました。

結論

ブームマイクがない分、Aeropexの方が快適です。

比較4:AeropexとOpenCommのマイク性能を比較

Aeropexエアロペクス」と「OpenCommオープンコム」 のマイク性能をノイズ音のある環境で比較してみました。

それぞれ録音データを収録してみましたので参考にしてみてください。

収録条件


BGMにYou Tubeで「工事現場の音」を「パソコンの最大音量」で鳴らしています。

テレワークや個室でWEB会議をする程度であればAeropexエアロペクスでも十分かもしれません。

どちらを選ぶかは"通話相手"と"周囲の雑音がある環境かどうか"が基準になると思います。

結論

マイク性能はOpenCommの方が優れています。

5.【総評】AeropexとOpenCommの比較

Aeropexエアロペクス」と「OpenCommオープンコム」を使い比べてみて、以下のような基準で選べば失敗は少なそうです。

>>もくじに戻る

OpenCommのブームマイク性能を録音レビュー


OpenCommのブームマイク性能を録音レビュー

ブームマイクを前に回した様子

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」の通話品質やマイクの性能をレビューしてみました。

1.無音の場合

テレワーク(在宅勤務)で個室のWEB会議を想定しています。

2.工事音がある場合

屋外での使用を想定。

BGMに工事現場の音を「パソコンの最大音量」で鳴らしています。

録音データを収録・聞いてみて…

音声に"ノイズ"や"こもった感じ"がなくとても聴き取りやすい音声だと感じました。

大切なお客様への通話やコールセンター、運転中の通話など、周りの状況の変化にも対応できるマイク性能を求める方は選ぶ価値ありです。

>>もくじに戻る

【骨伝導ってどう?】AfterShokz OpenComm の音質

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」で音楽を聴いてみて、他のイヤホンと比較しても遜色なく音楽を楽しむことができる音質だと感じました。

ただ、"骨伝導ヘッドセット全般にありがちな「低音が弱い」問題"。

同じ価格帯のカナル型イヤホンと比較しても"物足りなさは否めない"かもしれません。

どちらかといえば、スポーツや勉強、家事など”何かをしながら”のBGMとして聴く使い方がおすすめです。

また、同社ラインナップの「Aeropexエアロペクス」と同様にイコライザー機能が搭載されています。耳栓をするとき、しないときで低音域の音質の調整をすることができます。

注意


AfterShokz OpenCommに耳栓は付属していないので、別途購入する必要があります。

参考までに2曲ほど聞いてみた感想をどうぞ。

東京事変「群青日和」

ボーカルの声は明瞭に聞き取れます。ただ、ドラムやベースの音の軽さが気になりました。

低音域をしっかり楽しむなら耳栓との併用、もしくはカナル型イヤホンをおすすめします。

スピッツ「ロビンソン」

高音域が中心の楽曲は違和感なく聴くことができます。

骨伝導にも関わらずこの音質の再現性には驚くばかりです。

補足メモ

低音を重視したモデルがついに登場。より深みのある音質を楽しみたいあなたは「OpenRun Pro」がおすすめです。

関連記事Aeropexより音質重視のOpenRun Pro


>>もくじに戻る

ここに注意…!OpenCommを購入する前にチェックしたい【3つのポイント】

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」を使ってみて分かった"注意したい点"は以下の3つになります。

  1. 耳栓は付属していない
  2. 充電ケーブルは専用タイプが付属
  3. NFCペアリングはiPhoneでは使えない

1.耳栓は付属していない

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」はローコストタイプ:Openmoveやフラッグシップモデル:「Aeropexエアロペクス」など他のラインナップと違い、"耳栓が付属していません"。

ただ、個人的には耳栓は使わなくても、かなり高音質な音質なので問題ないかと思います。

もし、周囲の雑音をシャットアウトして使いたい方は、耳栓が付属している「Openmove」もしくは「Aeropexエアロペクス」を選ぶと良いでしょう。

関連記事OpenMoveオープンムーブをレビュー

AfterShokz OpenMoveの音質、マイク性能をレビュー。メガネ併用OKでコスパ抜群の骨伝導イヤホン。

続きを見る

関連記事OpenCommオープンコムをレビュー

【ブームマイク搭載】AfterShokz OpenComm レビュー|使う場所を限定しないマイク性能の骨伝導ヘッドセット

続きを見る

2.充電ケーブルは専用タイプが付属

OpenCommの【注意したい点】3つ

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」を充電するケーブルはマグネット脱着式の専用ケーブルです。

万が一、断線や紛失した場合でもオプション品として専用ケーブルの販売はありますが、"市販のケーブルは代用できないので、取り扱いには十分注意"する必要があります。

ちなみに、Aeropexエアロペクスに付属しているマグネット脱着式ケーブルもOpenCommオープンコムの充電に代用はできます

既に所持している方なら、充電ケーブルの使い回しが可能です。

OpenCommの【注意したい点】3つ

3.NFCペアリングはiPhoneでは使えない

OpenCommの【注意したい点】3つ

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」のNFCペアリングはiPhoneで使うことができません。

そのため、"iPhoneユーザーの方は通常のBluetooth接続になる点は注意が必要"です。

ただ、Bluetoothを使ってのペアリングでも簡単にすることはできますので、手順が気になる方はこちらを参考にしてみてください。

>>もくじに戻る

OpenCommを使ってみて分かった【良かった点3つ】

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」を実際に使って分かった"良かった点"は以下の3つになります。

  • クリアな音声で聞き取りやすい
  • 場所を気にせず使えるIP67性能
  • 個室ならWEB会議でも使えるレベルのマイク性能

1.クリアな音声で聞き取りやすい

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」のマイク音声を収録してみて感じるのは、とにかくクリアで聞き取りやすい

Aeropexエアロペクスと比較してみても、声がこもった感じにならず、周囲の雑音のカットしていることが良く分かります。

>>詳しくはこちら

普段の使い道で、大切な相手との会話や、運転中、外出先で通話する用途に使う方ならOpenCommオープンコムマイク性能が心強い相棒になってくれるはずです。

2.16時間の連続通話で安心のバッテリー



画像引用:makuake

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」はバッテリー搭載で約16時間の通話が可能。

フルタイムで働く方でもバッテリー切れを気にせず十分に使うことができます。

仕事が終わった後に充電しておけば、約1時間で充電が完了するので翌朝にはフル充電の状態に。

コールセンターやインサイドセールスなど、通話メインでも十分に使える仕様です。

個人的にはテレワークでの長時間のWEB会議でも、バッテリー切れの心配がないのは心強いなと感じましたよ。

3.充電し忘れてもクイックチャージOK

バッテリー搭載だとケーブルレスで便利に使える反面、充電し忘れた際のダメージは結構デカい。

でも、OpenCommオープンコムなら約5分の充電で約2時間の使用が可能,/。これがないと仕事にならない…なんてことも回避することができます。

緊急時のリカバリーの早さも魅力の一つです。

>>もくじに戻る

AfterShokz OpenComm をおすすめする人

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」を実際に使ってみて、おすすめする人は以下のとおりです。

おすすめする人

  • リモートワークでWEB会議をすることが多い人
  • 運転中の通話用ヘッドセットを探している人
  • コールセンター業務で使いたい人
  • 営業用途で通話品質を重視される人

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」はブームマイク搭載で、通話性能に特化した骨伝導ヘッドセット。

ノイズキャンセルマイクで、大切な相手との通話の際も安心です。

また、外付けマイク搭載なのに、約32gと軽い装着感。

リモートワークでの長時間のWEB会議や、トラック運転中の電話応対、コールセンターでの顧客対応など、装着したまま通話することが多い方におすすめです。

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」はメーカー2年保証で30日返品保証付きで、万が一の際も安心です。

着けていて疲れにくい、マイク性能も高い骨伝導ヘッドセットを探しているなら、試す価値のある一品です。

>>もくじに戻る

AfterShokz OpenComm をおすすめしない人

おすすめしない人

  • 予算が一万円以内の人
  • スポーツメインで使う人
  • 通話する頻度が少ない人
  • TVや映画鑑賞に使いたい

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」は高性能なマイクを搭載していながら、軽い装着感が魅力。その分、"決して安い価格ではありません"。

また、通話やWEB会議メインよりは、ランニングなどスポーツ中や、音楽視聴、作業BGMとして使う用途が多い人だと、"外付けマイクが邪魔になってしまう"かもです。

ちなみに、Bluetoothのコーデックも一般的な「SBC」。TVでゲームや映画鑑賞を楽しみたい人には、正直おすすめしにくい。

上記に当てはまる方は、以下の商品もチェックしてみてください。

きっと、用途にあった骨伝導ヘッドセット選びができるはずです。

>>もくじに戻る

【まとめ】OpenCommは疲れにくい。相手からもノークレームの通話・WEB会議に◎

AfterShokzアフターショックス OpenCommオープンコム」をレビューしました。

レビューまとめ

  • 自信を持って話せるマイク性能
  • 一日着けても疲れにくい装着感
  • 水濡れを気にせず使える
  • 5分の充電で2時間使用OK
  • 持ち運び安心のハードケース

骨伝導ヘッドセットで耳を塞がず、周りの状況が分かる良さや装着感の軽さはそのままに。

長時間の通話もストレスフリーでこなせる高性能なマイクが付いて、今の時代に必要な機能がしっかり搭載された一品でした。

おうち時間でのラジオやyoutubeのながら聴きから、テレワークでのWEB会議、ランニングやスポーツまで、日常生活にフィットしてくれる素晴らしい製品です。

良い製品がゆえに、価格が少し張りますが、購入した後もメーカー2年保証・30日返品までOK。後悔しない買い物体験ができるはずです。

関連記事


【AfterShokzの3製品を実機比較!】AeropexとOpenComm、OpenMoveを比較しておすすめを紹介

続きを見る


Shokz OpenRun Pro 比較レビュー。Aeropexより音質に迫力と深み。マイク音声も良好。

続きを見る


【6ヶ月使用】AfterShokz Aeropex レビュー|骨伝導で常識が変わる。テレワークで使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

続きを見る


【徹底レビュー】Aftershokz 「骨伝導ワイヤレス ヘッドホン テレビ用 トランスミッターセット」でテレビの音をワイヤレス化した感想

続きを見る


【ジャストサイズ派 必見!】AfterShokz Aeropex Playを男性大人でレビュー。Aeropexと比較して外観や機能の違いも解説。

続きを見る


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

続きを見る


AfterShokz OpenMoveの音質、マイク性能をレビュー。メガネ併用OKでコスパ抜群の骨伝導イヤホン。

続きを見る


【コスパ抜群】Anker Soundcore Life P2 レビュー。5,000円以下と思えないハイスペックな完全ワイヤレスイヤホン

続きを見る


【Anker Soundcore Liberty Air 2 ホワイト レビュー】ストーン調が上品なコスパ抜群の完全ワイヤレスイヤホン

続きを見る

-ガジェット, ワイヤレスイヤホン