ガジェット ワイヤレスイヤホン

【6ヶ月使用】AfterShokz Aeropex レビュー|骨伝導で常識が変わる。テレワークで使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

【ふわっと軽い】AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

本記事について

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」を6ヶ月使用した感想を踏まえてレビュー。僕は骨伝導でイヤホンへの常識が変わりました。

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

どうも、ガジェット大好きのりょうです。

動画コンテンツや、音声メディアが充実してきましたね。

スマホやタブレットで再生しながら完全ワイヤレスイヤホンで自分の世界を楽しむ。なかなかの幸せです。

ただ、気がかりなのは、"イヤホンだと耳が痛くなったり、着用疲れがあること…"

最近ではテレワークの普及で"カナル型イヤホンを長時間付けることによる外耳炎の疾患リスク"も聞くようになりました。

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

でも、「AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」なら、耳をふさがないから外耳炎とは無縁の存在。

6ヶ月使用してみた率直な感想は、いつまでも着用していられる軽さが病みつきになりました。

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン
メガネとも干渉しない

少し値段は張りますが、オールチタンフレームで軽く、屋外でも気にせず使える「IP67」の防水性能。仕事からスポーツまで使う頻度の多さも魅力。

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン
入浴中のオトモにも好相性◎

「IP67」とは

国際電気標準会議(IEC)の定める規格。水の中に30分つかっても、内部に水が侵入しないタフさ。

マイクも搭載で、テレワークでのWEB会議も静かな個室なら十分使える性能。




ミーティングが長引いてもイヤホン疲れゼロ

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」で骨伝導の世界を体感して、イヤホンの常識が変わった。

ただ、”骨伝導ならではの注意点”もあったので、参考にしてみてください。

レビューまとめ

  • メガネのような感覚のつけ心地
  • 長く着けても疲れにくくて最高
  • 周りの雰囲気が分かる点もイイ
  • 自転車通勤にも好相性ですよ
  • お風呂でも安心の防水性能
  • テレワークで使えるマイク品質
  • 一日使えるバッテリー性能

合わせて読みたい

>>>テレワークにおすすめのガジェット

【30選】在宅勤務、リモートワークが捗る!デスク周りの便利ガジェットおすすめ品を実体験から紹介。

続きを見る

>>>AfterShokz各モデルを比較レビュー

【AfterShokzの3製品を実機比較!】AeropexとOpenComm、OpenMoveを比較しておすすめを紹介

続きを見る

>>>Aeropexの低遅延”apt-X版”はこちら

【徹底レビュー】Aftershokz 「骨伝導ワイヤレス ヘッドホン テレビ用 トランスミッターセット」でテレビの音をワイヤレス化した感想

続きを見る

>>>マイク性能を重視するならOpenComm

【ブームマイク搭載】AfterShokz OpenComm レビュー|使う場所を限定しないマイク性能の骨伝導ヘッドセット

続きを見る

>>>ジャストサイズ派はAeropex Play

【ジャストサイズ派 必見!】AfterShokz Aeropex Playを男性大人でレビュー。Aeropexと比較して外観や機能の違いも解説。

続きを見る

>>>気軽に試してみたい方にOpenMove

【ながら聴き入門】AfterShokz OpenMove レビュー|骨伝導イヤホンの世界を満喫できるエントリーモデル

続きを見る

画像タップで読み飛ばし

【概要】Aeropexは仕事からスポーツまで使える万能イヤホン

まずは「AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」の概要から。以下の項目で紹介していきます。

☑タップで気になる部分に読み飛ばし

  1. 仕様
  2. 付属品
  3. 外観
  4. ペアリング
  5. ボタン操作

1.Aeropexエアロペクスの仕様

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」の仕様(スペック)を表にまとめてみました。

ざっくりとどんな特長がある商品なのか見ていきましょう。

メモ

AfterShokz OpenMoveの公式ページやamazon販売サイトに掲載されている情報を入力しています。

製品名Aeropexエアロペクス
画像
カラー
コズミックブラック/
ブルーエクリプス/
ルナグレー/
ソーラーレッド
サイズ
約13.5 x 9.36 x 16.9 cm
重さ
約26g
イヤホン形状
オープンイヤー型
スピーカー
骨伝導タイプ
(第8世代型)
マイク
ノイズキャンセル
(CVC8.0搭載)
素材
チタンフレーム
Bluetooth規格
Bluetooth v5.0
防塵防水
IP67
連続使用時間
8時間以上
充電時間
約2時間
充電端子
専用マグネットケーブル
対応コーデック
SBC
対応プロファイル
HSP/HFP/A2DPANDAVRCP
保証期間
2年間

特筆すべき仕様は防水防塵性能。IP67とかなり高い性能です。

「IP67」とは

国際電気標準会議(IEC)の定める規格。水の中に30分つかっても、内部に水が侵入しないタフさ。

お風呂で寝落ち…うっかり水に浸かっても問題なしと言えます。

日常で使う中で、汚れが気になったら、丸洗いできるので清潔に使うこともできる。

雨中のランニングや水濡れするアクティビティでもへっちゃらです。

ただ、スペックの中で気になるのは、対応コーデックがSBC。

apt-Xのような低遅延のコーデックではないので、"映画鑑賞やゲームには不向き"。

低遅延のコーデックが良い方はテレビ用骨伝導を購入しましょう。

>>>「Aeropexの概要」に戻る

2.Aeropexエアロペクスの付属品

AfterShokz Aeropexの付属品を紹介。それぞれの付属品をまとめると以下のとおりです。

Aeropex 付属品

  1. Aeropex本体
  2. 耳栓
  3. 収納ポーチ
  4. 充電ケーブル × 2
  5. 取扱説明書
  6. クイックスタートガイド

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

2.耳栓

耳栓は外の音を遮断するより、音質を向上させる為に付属。

耳栓の方がより低音が元気になってより没入感を得られる印象です。

3.収納ポーチ

収納ポーチはシリコン素材で柔らか。Aeropex本体や耳栓、充電ケーブルの一式がすっぽり入る。

持ち運ぶ際にしっかり保護できるし、水濡れしても大丈夫な素材がいいですね。

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

4.充電ケーブル

Aeropex本体を充電する時に使用。マグネットでカチッと固定できる特殊なケーブルです。

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

5.取扱説明書

また、取扱説明書以外にも、クイックスタートガイドが付属。

初期設定も迷わずすることができました。

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

>>>「Aeropexの概要」に戻る

3.Aeropexエアロペクスの外観

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」の外観を見ていきます。

この記事でレビューしているカラーリングは「コズミックブラック」。「グレー × ブラック」の2トーンカラーです。

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン
表面の質感はシリコンで、手触りが良い

左右のイヤホンがつながっているつくり。使わないときは首にかけたり、引っ掛けておくことができます。

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン
左右対称のシンメトリーデザイン

右側イヤホン部に2箇所、マイク穴があります。

メインマイクが音声を拾って、サブマイクがノイズフィルターの役割を果たすような作り。通話でクリアな音声を実現しています。

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン
小さい黒穴がマイクです

左側のイヤホンにはマルチボタン。「再生/一時停止」など様々な操作をすることができます。

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン
側面は「AfterShokz」のブランドロゴ

イヤホン本体の内側の見た目。耳あての内側(耳に当たる部分)はブラック。

細かい配色までバランス良くデザインされています。

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン
内側には品質表示のマークが印字

右側イヤホンの裏側には側面には電源・音量を調整するボタンや充電ポートがあります。

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

本体の充電にはマグネット式で脱着ができる専用ケーブルを使います。

カチッとくっつけばズレないので確実に充電することが可能。

特殊な専用端子です

LEDは「充電中:赤」で「充電完了:青」

また、充電ポートには付着した汗や液体を検出する「漏電防止アラート」も搭載。

漏電による火災などの危険を回避することができるので、使っていて安心ですね。

注意


アラート発動時にはLEDがが青と赤に点滅し、本体が振動するとともにビープ音で知らせてくれます。

>>>「Aeropexの概要」に戻る

4.Aeropexエアロペクス初回ペアリング

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」の初回ペアリングの手順をiPhone12を使って紹介していきます。

メモ


初回のペアリング設定は3STEPで完了します。
STEP.1
ペアリングモード

パワーオフの状態で電源ボタンを約5秒長押し。電源ONの後、”ペアリングモード”の日本語アナウンスが流れ、AfterShokz Aeropexがペアリングモードになります。

STEP.2
Bluetooth機器の設定

iPhoneのBluetoothをオンにすると"AfterShokz by Aeropex"が表示されるのでそちらをタップします。

STEP.3
ペアリング完了

"AfterShokz by Aeropex"が接続済みのステータスに変わってペアリング完了です。

日本語アナウンスで"接続しました"と流れます。

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」のペアリングは日本語アナウンスが流れるので、今の状態がとても分かりやすい

ちなみに、2回目以降のペアリングについて、「AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」を起動すれば自動でiPhoneにペアリングされるようになるので手間いらず

簡単に骨伝導ヘッドセットを使えるようになります。

>>>「Aeropexの概要」に戻る

5.Aeropexエアロペクスのボタン操作

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」のボタン操作を紹介。

操作は「マルチボタン」で行い、必要に応じて「音量+/電源ボタン」と「音量-」を使います。

実際に操作してみて、押し心地もよく、意図した操作がちゃんとできて快適でした。

それぞれ操作の一覧は以下の通りです。

Aeropexエアロペクス「マルチボタン」の操作

「マルチボタン」
操作動作
1回押し音楽再生/一時停止
音楽再生時に2回押し曲送り
音楽再生時に3回押し曲戻し
着信時に1回押し電話に出る
通話時に1回押し電話を切る
着信時に2秒長押し着信拒否
音楽停止時に2回押し電話リダイヤル

「音量+/電源ボタン」と「音量-」の操作

「音量+/電源ボタン」「音量-」
操作動作
「音量+/電源ボタン」2秒長押し電源オン
「音量+/電源ボタン」3秒長押し電源オフ
通話で「音量+/電源ボタン」・「音量-」を2秒長押しミュート
音楽再生で「音量+/電源ボタン」・「音量-」を3秒長押しイコライザー切り替え
音楽停止で「音量+/電源ボタン」・「音量-」いずれかを1回押しバッテリー残量確認
音楽再生で「音量+/電源ボタン」を1回押し音量上げ
音楽再生で「音量-」を1回押し音量下げ

>>>「Aeropexの概要」に戻る

>>>もくじに戻る

【装着感はどう?】AfterShokz Aeropexは軽く、メガネとの干渉もナシ

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」を装着してみての率直な感想は、付けていることを忘れてしまうほど軽い

自然に頭部にフィットするので、一日中付けていても疲れず、とても快適な着け心地です。

さらに、AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」はメガネ、マスクを着用した状態でも干渉しない。つけ心地も痛くはありませんでした。

また、頭部を挟み込むようなテンションがかかっているので、首を縦・横に振ったりしてもずれることはありません

【テレワークで使える?】AfterShokz Aeropexの通話品質・マイク性能

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」の通話品質やマイク性能をレビュー。

録音しました


AfterShokz Aeropexのマイクを使って録音した音源を2つ紹介します。

1.無音の場合

テレワーク(在宅勤務)で個室のWEB会議を想定しています。

2.工事音がある場合

屋外での使用を想定しています。

背景にパソコンの最大音量で工事音を鳴らしています。

実際に使ってみて、LINE通話やテレワークでのWEB会議で十分使えるマイク性能だと感じました。

”CVC8.0ノイズキャンセリング技術”で、雑音や周囲のノイズがかなり抑制されていると感じました。

ただ、Aeropexは周りに雑音がある環境での使用には不向き。マイク性能にこだわるなら、「AfterShokz Opencom」をおすすめします。

>>>もくじに戻る

【鳥肌モノ】Aeropexは骨伝導とは思えない高音質だった件

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」の音質レビュー。

初めて着用した瞬間、音質の良さに鳥肌が立ちました。これは本当に骨を伝わって聞こえている音なのかと。

ただ、色々な曲を聴いているうち、"ドンシャリサウンドのような低音が好みの方だと評価が分かれる"かもしれません。

ロックなど低音を重視した曲を聴くと、"全体的に低音が軽い"と感じました。

聴き比べした中で2曲の感想。参考にしてみてください。

indigo la End「悲しくなる前に」

本来は低音が効いたロックな音楽。

ボーカルの声はしっかり聞き取れますが、ドラムやベースの音が軽く感じました。

こういった曲の低音域を楽しむならカナル型イヤホンの方が良いです。

リラックスCAFE MUSIC BGM

こちらは作業用のBGMとして”ながら聴き”。

集中して作業も捗りました。JAZZやボサノバのBGMはとても心地よく聞けます。

ポイント

Aeropexにはイコライザー機能が搭載。好みに合わせて音質を調整することもできます。

>>>もくじに戻る

ここに注意…!Aeropexの購入で失敗しないための【3つのポイント】

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」を実際に使ってみて分かった、注意点は以下の通りです。

☹ Aeropex の注意点

  1. 寝ながらだと使いにくい
  2. 充電ケーブルは専用品
  3. コーデックはSBCと普通

Aeropexエアロペクスは寝ながらだと使いにくい

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン
後頭部のバンドが干渉する

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」は"寝ながらの使用はおすすめできない"。

理由は後頭部のチタンフレームのワイヤーが干渉してしまうから。

その他にも、"背もたれの高い椅子やフード付き衣服でも、ワイヤーが干渉する場合があるので注意が必要"です。

Aeropexエアロペクスは専用の充電ケーブル

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン
市販ケーブルは代用できない

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」に付属している充電ケーブルは専用品。

"市販の充電ケーブルでは代用することができないため、使っていく中での取扱には注意が必要"です。

AfterShokz側もその認識があるためか、充電ケーブルが2本付属。

"手持ちのケーブルや、市販のケーブルでの代用を考えている方はこの点を考慮"して検討するのが良さそうです。

AeropexエアロペクスのコーデックはSBCと普通

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」の"対応コーデックは「SBC」とベーシックな仕様"。

音ゲーやFPSゲームなど、"画面と音ズレが使用感に直結するゲームでの使用には不向き"です。

YoutubeやAmazon Primeを視聴する際にも、若干ではありますが音ズレを感じました。

もし、低遅延のコーデックで探している前提なら、テレビ視聴を骨伝導ヘッドセットとしても検討されている方は、トランスミッター付きのモデルをおすすめします。

こちらは音ズレの少ないapt-X方式を採用。低遅延のコーデックなので、違和感なくテレビや動画を楽しむことができます。

【ココが良い】Aeropexを6ヶ月使用してみて【良かった点3つ】

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」を実際に使ってみて、良かった点は以下のとおりです。

  1. 一日中付けていても疲れにくい
  2. 場所を気にせず使えるIP67性能
  3. 個室ならWEB会議でも使えるレベルのマイク性能

1.一日中付けていても疲れにくい

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」を使ってみて最も良かったのは、装着感の軽さです。

オールチタンフレームで重量はわずか26g。付けていることを忘れてしまうほどの軽さで、一日中付けても疲れにくい。

あまりに疲れないので、作業用BGMを流しながらの仕事や勉強などの使い方に最適です。

耳を塞がないので、適度に周りの雰囲気を感じながらも、しっかり集中して作業をこなすことができましたよ。

2.場所を気にせず使えるIP67性能

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」はIP67と防水に対する性能がとても高い。

雨中のランニングやサイクリング、ボートスポーツなど水濡れ前提の環境でも気にせず使えます。

日常生活ならお風呂。水没も気にせず使うことができるので、自分の好きなラジオやYou Tubeを流しながら湯船に入ってリラックス

入浴中はBluetoothのペアリングも良好で、途切れることはありませんでしたよ。

3.個室ならWEB会議でも使えるレベルのマイク性能

AfterShokz Aeropex レビュー|テレワークでも使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」はノイズキャンセル技術を搭載したマイクなので、テレワークでのWEB会議でも問題なく使うことができます

クリアな音声で相手に伝えることができるので、聞き直されることもありませんでしたよ。

>>>もくじに戻る

Aeropexを6ヶ月愛用しておすすめしたい人

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」を実際に使ってみて、おすすめする人は以下のとおりです。

Aeropexをおすすめする人

  • 周囲の雰囲気を感じながら作業したい人
  • イヤホンによる疾患を防ぎたい人
  • 長時間使っても疲れにくいイヤホンがいい人

周囲の雰囲気を感じながら作業したい人

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」はカナル型のイヤホンと違って、耳を塞がない。

耳を塞がないことで、周りの状況の変化が分かるので、周囲の人からの声掛けや自動車の接近など気が付くことができます

イヤホンによる疾患を防ぎたい人

また、イヤホンで長時間の耳を塞ぐことによる外耳炎も最近では聞くようになりました。

骨伝導ヘッドセットは感染症リスクを下げたい方にも、おすすめです。

長時間使っても疲れにくいイヤホンがいい人

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」は付けていることを忘れてしまうほどの快適な装着感が魅力のフラッグシップモデル。

一日中付けていても、疲れを感じにくく快適でした。

メーカー2年保証で30日返品保証付きなので、万が一の際も安心。

骨伝導の世界をどっぷり楽しみたい方なら、おすすめの一品です。

>>>もくじに戻る

AfterShokz Aeropexをおすすめしない人

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」を実際に使ってみて、おすすめしない人は以下のとおりです。

Aeropexをおすすめしない人

  • 予算が一万円以内の人
  • 運転しながら通話したい人
  • 周囲で人が会話する場所で通話したい人

予算が一万円以内の人

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」は、付けていることを忘れてしまうような疲れにくい装着感が魅力。でも、その分価格は高め。

予算が1万円以下など、"とにかく価格の安いモデルを探している方にはおすすめしにくい"。

周囲で人が会話する場所で通話したい人

また、ノイズキャンセル機能を搭載したマイクで、かなりクリアな音声を実現していますが、周囲の雑音は拾ってしまいます。

"外出先で騒音や雑音が入りやすい環境で使いたい人、運転しながらの通話、コールセンターや職場など周囲で人が会話する場所での使用には少し不向き"だと感じました。

上記に当てはまる方は以下の商品もチェックしてみてください。

失敗しない骨伝導ヘッドセット選びができるはずです。

>>>もくじに戻る

【まとめ】Aeropexはイヤホンの常識を変える!あなたの”ながら聴き”を支える心強い相棒に◎

本記事では「AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」をレビューしました。まとめると以下の通りです。

レビューまとめ

  • メガネのような感覚のつけ心地
  • 長く着けても疲れにくくて最高
  • 周りの雰囲気が分かる点もイイ
  • 自転車通勤にも好相性ですよ
  • お風呂でも安心の防水性能
  • テレワークで使えるマイク品質
  • 一日使えるバッテリー性能

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」はオープンイヤー型で周りの雰囲気を感じながら楽しめる骨伝導イヤホン。

付けていることを忘れてしまうほどの快適なつけ心地が魅力で、普段の”ながら聴き”を支える相棒になります。

おうち時間を過ごしたり、ランニングで汗を流したり、テレワークでWEB会議、通勤中の聞く読書でインプットなど、幅広いシーンで大活躍。

決して安いイヤホンとは言えませんが、購入した後もメーカー2年保証と30日間返品保証つき

僕は骨伝導を6ヶ月使ってイヤホンに対する常識が変わった。この記事を読んだあなたもぜひ体感してほしい。

AfterShokzアフターショックス Aeropexエアロペクス」は買って後悔しない傑作の骨伝導イヤホンでした。

関連記事


【AfterShokzの3製品を実機比較!】AeropexとOpenComm、OpenMoveを比較しておすすめを紹介

続きを見る


【ブームマイク搭載】AfterShokz OpenComm レビュー|使う場所を限定しないマイク性能の骨伝導ヘッドセット

続きを見る


【徹底レビュー】Aftershokz 「骨伝導ワイヤレス ヘッドホン テレビ用 トランスミッターセット」でテレビの音をワイヤレス化した感想

続きを見る


【ジャストサイズ派 必見!】AfterShokz Aeropex Playを男性大人でレビュー。Aeropexと比較して外観や機能の違いも解説。

続きを見る


【ながら聴き入門】AfterShokz OpenMove レビュー|骨伝導イヤホンの世界を満喫できるエントリーモデル

続きを見る


【コスパ抜群】Anker Soundcore Life P2 レビュー。5,000円以下と思えないハイスペックな完全ワイヤレスイヤホン

続きを見る


【Anker Soundcore Liberty Air 2 ホワイト レビュー】ストーン調が上品なコスパ抜群の完全ワイヤレスイヤホン

続きを見る

-ガジェット, ワイヤレスイヤホン

Copyright © ガジェスペ , All Rights Reserved.