ガジェット ワイヤレスイヤホン

AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

メモ


本記事ではAfterShokz Xtrainerzをレビューしました。

スマホなしで身軽にトレーニングしたいな…
でも、音楽で気分は上げたい!

こんなこと思いませんか?

AfterShokz Xtrainerz」はスマホなしで音楽が聞ける骨伝導イヤホン。


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

4GBのメモリ内蔵。約1,200曲も入る。

最大のウリは「水中で使える」こと

だたし、スマホとペアリングはできない。

その代わりオフラインでどこでも曲が聞けて、曲の合間の「待ち時間」や「読み込み時間」もなし


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

iPod shuffleのような製品だ

そんな「Xtrainerz」をジムのトレーニングで使ってみた。

感想をひと言で伝えると…

身軽すぎて最高。

ということだ。

スマホと一緒に筋トレだと、壊さないか気を使うし、盗難リスクもある…


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

「Xtrainerz」なら手ぶらでワークアウト

本記事では、身軽すぎて最高な「Xtrainerz」の使用感を踏まえて詳しくレビューしていく。

「Xtrainerz」の特徴をまとめると以下の通り。

Xtrainerzの特徴まとめ

  • 周囲の状況が分かる骨伝導
  • 音楽はイヤホンの中に記憶
  • 最大1,200曲を持ち歩ける
  • IP68で水中での使用もOK
  • スマホなしで身軽に動ける
  • Bluetoothは搭載してない
  • 曲入れにパソコンは必須

関連記事

>>>Bluetooth搭載モデルならAeropex

【6ヶ月使用】AfterShokz Aeropex レビュー|骨伝導で常識が変わる。テレワークで使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

続きを見る

>>>Aeropexをジャストサイズで付けたいなら

【ジャストサイズ派 必見!】AfterShokz Aeropex Playを男性大人でレビュー。Aeropexと比較して外観や機能の違いも解説。

続きを見る

>>>AeropexでTVの音もワイヤレス化するなら

【徹底レビュー】Aftershokz 「骨伝導ワイヤレス ヘッドホン テレビ用 トランスミッターセット」でテレビの音をワイヤレス化した感想

続きを見る

【概要】XtrainerzとAeropexを比較【主な違いはBluetooth搭載】

まずは「AfterShokz Xtrainerz」がどんな商品なのか、ざっくり見ていきたい。

その際、類似モデルの「AfterShokz Aeropex」と比較してどう違うのかも解説していく。

Xtrainerz 概要の流れ

  1. XtrainerzとAeropexの仕様
  2. XtrainerzとAeropexの付属品
  3. XtrainerzとAeropexの外観

1.XtrainerzとAeropexの仕様を比較

「AfterShokz Xtrainerz」と「Aeropex」のスペックをそれぞれ表にまとめてみた。

※違いにアイコンを付けてます。

製品名XtrainerzAeropex
画像
違い
カラー
ブラックダイヤモンド
サファイアブルー
コズミックブラック
ソーラーレッド
ブルーエクリプス
ルナグレイ
違い
Bluetooth
非搭載
搭載
(Bluetooth 5.0)
違い
内蔵メモリ
搭載
(4GB 1200曲)
非搭載
違い
重量
30g
26g
連続使用時間
8時間
充電時間
2時間
待機時間
最大10日間
違い
防水・防塵
IP68
(水中OK)
IP67
(水中NG)
違い
マイク
非搭載
搭載
(デュアルマイク)
違い
付属品
シリコンポーチ
イヤープラグ
(水泳用)
充電クレードル×1
シリコンポーチ
イヤープラグ
充電ケーブル×2

XtrainerzとAeropexの大きな違いは「Bluetooth」

「AfterShokz Xtrainerz」と「Aeropex」を比較して…

最も大きな違いはBluetoothを搭載しているかどうか

「Xtrainerz」はBluetoothが非搭載。

その代わり、「AfterShokz Xtrainerz」では以下のようなメリットがあった。

Xtrainerzのメリット

  • 水中で使える
  • スマホなしで曲が聞ける内蔵メモリ

2.XtrainerzとAeropexの付属品を比較

ここからは実機で見ていこう。

「Xtrainerz」と「Aeropex」では、付属品も異なっている。

それぞれの付属品は以下の通りだ。


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

Xtrainerzの付属品


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

Aeropexの付属品

XtrainerzとAeropexの収納ポーチ

「Xtrainerz」はファスナー付きに対して、「Aeropex」はマグネットのフタ。


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

Xtrainerzの収納ポーチ


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

Aeropexの収納ポーチ

XtrainerzとAeropexのイヤープラグ

「Xtrainerz」は水泳用のイヤープラグに対して、「Aeropex」は通常のイヤープラグ。


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

Xtrainerzのイヤープラグ


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

Aeropexのイヤープラグ

XtrainerzとAeropexの充電ケーブル

「Xtrainerz」は本体の充電とパソコンとのデータ転送を兼ねたクレードル。


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

Xtrainerzの充電クレードル


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

充電クレードルをXtrainerzに取り付け

対して、「Aeropex」はマグネットで脱着できる充電ケーブルが2本付属。


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

Aeropexの充電ケーブル

XtrainerzとAeropexの外観

「Xtrainerz(サファイアブルー)」と「Aeropex(コズミックブラック)」本体の外観を見ていこう。

まずは並べた時の外観。


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

Xtrainerz(左)とAeropex(右)

スピーカー部分のアップ。


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

Xtrainerz(左)にはロゴの印字
Aeropex(右)にはマイク穴

後ろからの外観。


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

Xtrainerz(左)はラメ入り
Aeropex(右)はシンプル

ボタン部分の外観。音量の上げ下げなど操作が可能。


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

「Xtrainerz」は各ボタンが独立
「Aeropex」では連結

Xtrainerzの使い方・手順【好きな曲をフォルダに入れるだけ】

ここからは、「AfterShokz Xtrainerz」の使い方を解説していきたい。

ちなみに、「Xtrainerz」の使い方は超簡単だった。

「Xtrainerz」に「好きな曲」を入れて、再生するだけ。

では、一連の流れで伝えていく。

Xtrainerzの使い方:手順

STEP.1
パソコンと「Xtrainerz」を接続

まず、「Xtrainerz」本体を「充電クレードル」と合体させる。


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

「充電クレードル」はボタンワンプッシュで開く

パソコンのUSBポートへ「充電クレードルを接続」


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

接続時はLEDが点灯する

パソコン側に「Xtrainerz」という名称でメモリとして認識される。

STEP.2
「好きな曲」をドラッグ&ドロップ

認識されたメモリ「Xtrainerz」を開くと「サンプルミュージック」が4曲入っていた。


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

不要であれば削除しよう

あとは「好きな曲」をドラッグ&ドロップするだけ。

対応する拡張子


MP3、WAV、AAC、WMA、FLACの音楽データならOK

これで、コピー完了だ。

STEP.3
「Xtrainerz」で「好きな曲」を楽しむ

「好きな曲」のコピーが完了したら、パソコンから接続を解除。

あとは「Xtrainerz」を電源オンするだけ。


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

Let's enjoy music.

Xtrainerzの使い方:操作方法

さて、「Xtrainerz」に曲が転送できたところで、操作方法の一覧を解説。

「Xtrainerz」は以下のようなボタン構成となっている。


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

番号ボタン名称
音量−ボタン
マルチファンクションボタン
電源ボタン
音量+ボタン
モードボタン

それぞれのボタンについて、操作した際の動作を解説していく。

音量「+」「-」ボタン


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

機能操作方法
曲送り
音楽再生時、音量+ボタンを長押し
曲戻し
音楽再生時、音量−ボタンを長押し
音量上げ
音楽再生時、音量+ボタンを一回押し
音量下げ
音楽再生時、音量−ボタンを一回押し

マルチファンクションボタン


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

機能操作方法
音楽再生
音楽再生時、一回押し
一時停止
音楽再生時、一回押し
電源オン
長押し
電源オフ
長押し

モードボタン


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

機能操作方法
再生モード切替
一回押し
イコライザ切替
2秒長押し

Xtrainerzの使い方:フォルダ分け

ちなみに、「Xtrainerz」に入れた曲は「フォルダ分け」することも可能。


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

フォルダを複数作成した様子

例えば、アーティストごとに分けたり、アルバム名ごとに分けたり。

Xtrainerzでなぜフォルダを分けるのか?

「Xtrainerz」で以下のボタン操作があり、フォルダをスキップして効率よく目当ての曲にたどり着きやすくできるからだ。

機能操作方法
フォルダの選択/解除
「音量−ボタン」と「マルチファンクションボタン」を2秒間長押し
次のフォルダ
フォルダ選択されているとき、「音量+ボタン」「マルチファンクションボタン」を2秒間長押し

※ボタンの配置は後述する

「フォルダのスキップ」は慣れたら使いやすい。

ぜひ「あなた専用にカスタマイズ」してみてほしい。

Xtrainerzの音質は◎。骨伝導とは思えない。【音漏れあり】


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

Xtrainerzは軽い装着感だ

「AfterShokz Xtrainerz」をランニングで使ってみて…

骨伝導と思えない。アッと驚く良質サウンドだった。

「Xtrainerz」はランニング以外にも、「サイクリング」や「自転車通勤」にも便利。

周りの状況の変化が分かるので、安全に走行ができる。

それに、「Xtrainerz」はオープンイヤーだから、風切り音が気にならないのも◎

ただし、「音漏れ」に注意。

静かな場所だと「シャカシャカ音」が聞こえる。

公共交通機関での移動時や、図書館のような場所での使用は不向きだと感じた。

Xtrainerz レビュー。ジムで筋肉を追い込んだ時の感想【追い込みにも最適】

いつもなら「スマホ」と「Bluetoothイヤホン」でトレーニングに励む。

しかし、「Xtrainerz」を着用した日は明らかに違った。

その違いを伝えていきたい。

スマホ無しでワークアウト。手ぶらでマシンの移動。

「Xtrainerz」はスマホいらず。

装着するだけでお気に入りの音楽が楽しめる。

マシンを移動する間もずっと手ぶらで快適だった。

読み込み時間ナシ。シームレスに音楽がつながる。

Spotifyなどストリーミング再生と違って電波に左右されない。

一曲終わってもシームレスで次の曲が再生。

常に曲と一緒の状態で、ストレスなくワークアウトできた。

ランニング中もズレずにフィット

仕上げにランニングマシンを20分。

ランニング中は外れることはないし、位置ズレもなかった。

耳を塞がないから、ランニングマシンの操作音もちゃんと聞こえる。

仕上げのシャワーでも好きな音楽を聴く

筋トレで汗だくになった。足早にシャワールームに駆け込む。

ここでも防水性能が役に立つ。

Xtrainerzでお気に入りの曲を聞きながら心地よく汗を流した。

ここで感想を一言。

身軽すぎて最高。

Xtrainerzは身軽に動きたいトレーニーにおすすめ

「Xtrainerz」は水泳やサーフィンといったマリンスポーツ推し。

それもそのはず。水中ではBluetooth接続だと電波が届かず使用できない。

マリンスポーツで使うなら、Xtrainerz一択だ。

Xtrainerzはランニング、筋トレにも◎

ランニングや筋トレにも使いやすい。

貴重品は持ち歩かず、できるだけ身軽に動きたい。

そんなあなたに「Xtrainerz」はおすすめ。

Xtrainerzはシームレスで音楽が聞ける

また、「Spotify」や「You Tube」だと電波に左右されてしまう。

筋トレで追い込む際、音楽の途切れや、再生待ちはストレス。

「Xtrainerz」はスタンドアローン型で、電波を気にせず使えるのも魅力だ。

【ここに注意】Xtrainerzの購入前にチェックしたい3つのポイント

「AfterShokz Xtrainerz」の良かった点を中心にレビューしてきたが、注意点もあった。

実際に使ってみて感じた、注意したいポイントは3つ。

Xtrainerzの注意ポイント

  1. Bluetooth接続は不可
  2. マイク非搭載
  3. パソコンがない人は使えない

復習も兼ねて、今一度おさらいしていこう。

1.XtrainerzはBluetooth接続は不可

「Xtrainerz」は「スマホ」や「パソコン」とワイヤレス接続はできない。

あくまで4GBのメモリを内蔵したイヤホンとして完結している製品だ。

2.Xtrainerzはマイク非搭載

「Xtrainerz」はイヤホン機能のみ。

マイクは搭載されていないので、WEB会議や通話では使えない。

3.Xtrainerzはパソコンがない人は使えない

「Xtrainerz」はWi-Fiなどインターネット接続もできない。

曲を「Xtrainerz」に移すにはパソコンが必須なのも注意。

上記のポイントが気になるあなたに「Aeropex」

「Aeropex」なら、Bluetooth搭載でスマホやパソコンとペアリングできる。

マイクも搭載しているからWEB会議や通話もOKだ。

スマホで「Spotify」や「You Tube」の音声も楽しめる。

Blutooth、マイク搭載なら「Aeropex」

>>>Aeropexをレビュー

【6ヶ月使用】AfterShokz Aeropex レビュー|骨伝導で常識が変わる。テレワークで使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

続きを見る

手ぶらでワークアウトする

Xtrainerz レビューまとめ。手ぶらで集中してワークアウトしたいあなたに。

本記事では『AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。』についてまとめた。

おさらいにXtrainerzの特長をまとめると以下の通り。

Xtrainerzの特徴まとめ

  • 周囲の状況が分かる骨伝導
  • 音楽はイヤホンの中に記憶
  • 最大1,200曲を持ち歩ける
  • IP68で水中での使用もOK
  • スマホなしで身軽に動ける
  • Bluetoothは搭載してない
  • 曲入れにパソコンは必須

手ぶらで集中してワークアウトしたいあなたに。

「AfterShokz Xtrainerz」はスマホなしで曲が聞けるのがポイント。

スマホは便利だけど、スポーツシーンでは気を使う貴重品。

電波の状況で「待ち時間」や、「途切れ」があるのもストレスだ。

その反面、「Xtrainerz」は内蔵メモリだから、「待ち時間」や「遅延」は皆無

手ぶらで集中してワークアウトしたい…

そんなあなたに「Xtrainerz」は最良の選択肢ではないか。

関連記事


【ジャストサイズ派 必見!】AfterShokz Aeropex Playを男性大人でレビュー。Aeropexと比較して外観や機能の違いも解説。

続きを見る


【徹底レビュー】Aftershokz 「骨伝導ワイヤレス ヘッドホン テレビ用 トランスミッターセット」でテレビの音をワイヤレス化した感想

続きを見る


【ブームマイク搭載】AfterShokz OpenComm レビュー|使う場所を限定しないマイク性能の骨伝導ヘッドセット

続きを見る


【ながら聴き入門】AfterShokz OpenMove レビュー|骨伝導イヤホンの世界を満喫できるエントリーモデル

続きを見る


【AfterShokzの3製品を実機比較!】AeropexとOpenComm、OpenMoveを比較しておすすめを紹介

続きを見る


【30選】在宅勤務、リモートワークが捗る!デスク周りの便利ガジェットおすすめ品を実体験から紹介。

続きを見る

-ガジェット, ワイヤレスイヤホン

Copyright © ガジェスペ , All Rights Reserved.