ガジェット ワイヤレスイヤホン

【ジャストサイズ派 必見!】AfterShokz Aeropex Playを男性大人でレビュー。Aeropexと比較して外観や機能の違いも解説。


【ジャストサイズ派 必見!】AfterShokz Aeropex Playを男性大人でレビュー。Aeropexと比較して外観や機能の違いも解説。

本記事について

AfterShokzから発売のAeropex Playを大人が着用してみての感想をレビューしました。Aeropexとの比較もしています。

Aeropex Playって大人も使えるの?

こんな疑問を解決できたらと思い、この記事を書きました。

筆者の普段の帽子は「Lサイズ」。そんな大人が「AfterShokz Aeropex Play」を着用してみたらどうだったのか検証。


【ジャストサイズ派 必見!】AfterShokz Aeropex Playを男性大人でレビュー。Aeropexと比較して外観や機能の違いも解説。

Aeropex Playは子供向けに発売されていますが…

結論から伝えます。

Aeropex Playは大人でも使えます。

特にジャストフィットが好みの方におすすめの着用感でした。

着用してみた見た目がこちら。


【ジャストサイズ派 必見!】AfterShokz Aeropex Playを男性大人でレビュー。Aeropexと比較して外観や機能の違いも解説。

いい感じのジャストフィット


【ジャストサイズ派 必見!】AfterShokz Aeropex Playを男性大人でレビュー。Aeropexと比較して外観や機能の違いも解説。

指1本入るぐらいのすき間

問題なく着用できますが、大人が使う上での注意したいポイントもありました。

本記事は「AfterShokz Aeropex Play」は大人にとって買いなのかということを中心にレビュー。

「Aeropex Play」と「Aeropex」のどちらを購入するか迷っている方の参考になれば嬉しいです。

レビューまとめ

  • 大人が使うのも全然アリ
  • ワイヤーが邪魔にならない
  • 機能はAeropexとほぼ同じ
  • 音量制限は解除して使える
  • マイク搭載で通話にも使える

合わせて読みたい

>>>Aeropexを実際に使ってみてレビュー

【6ヶ月使用】AfterShokz Aeropex レビュー|骨伝導で常識が変わる。テレワークで使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

続きを見る

>>>通話品質を重視するならOpenComm

【ブームマイク搭載】AfterShokz OpenComm レビュー|使う場所を限定しないマイク性能の骨伝導ヘッドセット

続きを見る

>>>TVの音もワイヤレス化するならトランスミッター付き

【徹底レビュー】Aftershokz 「骨伝導ワイヤレス ヘッドホン テレビ用 トランスミッターセット」でテレビの音をワイヤレス化した感想

続きを見る

>>>骨伝導を手軽に試すならOpenMove

【ながら聴き入門】AfterShokz OpenMove レビュー|骨伝導イヤホンの世界を満喫できるエントリーモデル

続きを見る

画像タップで読み飛ばし

【概要】AfterShokz Aeropex Playはこんな製品です。

AfterShokz Aeropex Play」について、まずはどんな骨伝導イヤホンなのか確認していきましょう。

☑ Aeropex Playをチェック

  1. 仕様
  2. 付属品
  3. 外観
  4. 接続方法

1.Aeropex Play 仕様

AfterShokz Aeropex Play」の仕様(スペック)を表にまとめてみました。

骨伝導のスピーカー機能だけでなく、マイクも搭載しているので通話も可能。

お風呂でも安心して使える防水規格IP67なのがうれしい。

製品名Aeropex Play
画像
カラー
コズミックブラック
イヤホン形状
オープンイヤー型
スピーカータイプ
骨伝導変換器
周波数特性
20Hz~20KHz
マイク感度
105 ± 3dB
マイク特性
-38dB ± 3dB
対応プロファイル
A2DP, AVRCP, HSP, HFP
対応コーデック
SBC
充電電圧
5.25 V
通信距離
10m(Class2)
充周波数帯域
5.25 V
周波数帯域
2402MHz~2480MHz
電池
リチウムポリマーバッテリー
周波数帯域
2402MHz~2480MHz
バッテリー駆動時間
最大8時間
待機時間
最大10日
充電時間
2 時間
重量
25.2 g
待機時間
最大10日
充電時間
約2時間
保証期間
2年間
防塵防水
IP67
Bluetooth規格
Bluetooth v5.0
バッテリー容量
145 mAh
充電端子
専用マグネットケーブル

2.Aeropex Play 付属品

AfterShokz Aeropex Play」の付属品を一覧にすると下記になります。

Aeropex Play 付属品

  • Aeropex Play 本体
  • 収納ポーチ×1
  • 耳栓×1
  • 充電用マグネットケーブル×2
  • パッケージ
  • 保証書
  • クイックガイド
  • 取扱説明書

収納ポーチ

Aeropex Playを保管するポーチで、入り口はマグネットで開閉。シリコン素材で手触りも良い。

Aeropex Play本体以外に、ケーブル、耳栓など一式を収納できます。

耳栓

Aeropex Play単体でも音質は良いですが、より没入感を求めるなら耳栓の併用がおすすめ。

プラスチックケースに入っているので、耳栓単体での使用や保管にも便利です。

充電用マグネットケーブル(専用)

Aeropex Play を充電するUSBケーブルは2本付属します。

Aeropex Play に接続する側はマグネット。市販のもので代用がきかない専用タイプなので取り扱いは注意が必要です。

3.Aeropex Play 外観

AfterShokz Aeropex Play」本体の外観を見ていきましょう。

色はコズミックブラック。濃いめのグレーとブラックのグラデーションが何にでも合わせやすい。

耳のこめかみに当たる部分。マイク穴とマルチファンクションボタンが付いています。



見ずらいかもですが、マイク穴が2箇所


【ジャストサイズ派 必見!】AfterShokz Aeropex Playを男性大人でレビュー。Aeropexと比較して外観や機能の違いも解説。

凸部分がマルチファンクションボタン

マルチファンクションボタンの操作一覧

画像
【ジャストサイズ派 必見!】AfterShokz Aeropex Playを男性大人でレビュー。Aeropexと比較して外観や機能の違いも解説。
操作
動作
1回押し
音楽再生/一時停止
音楽再生時に2回押し
曲送り
音楽再生時に3回押し
曲戻し
着信時に1回押し
電話に出る
通話時に1回押し
電話を切る
着信時に2秒長押し
着信拒否
音楽停止時に2回押し
電話リダイヤル

AfterShokz Aeropex Play」両側面には「AfterShokz」のブランドロゴ入り。

AfterShokz Aeropex Play」本体をひっくり返したときの見た目。


【ジャストサイズ派 必見!】AfterShokz Aeropex Playを男性大人でレビュー。Aeropexと比較して外観や機能の違いも解説。

左右対称のシンメトリー

音量操作のボタン(左)と充電するためのポート(右)が付いています。


【ジャストサイズ派 必見!】AfterShokz Aeropex Playを男性大人でレビュー。Aeropexと比較して外観や機能の違いも解説。

「音量+」は電源ボタンも兼ねています。

「音量+/電源ボタン」と「音量-」の操作

画像
操作
動作
「音量+/電源ボタン」2秒長押し
電源オン
「音量+/電源ボタン」3秒長押し
電源オフ
通話で「音量+/電源ボタン」・「音量-」を2秒長押し
ミュート
音楽再生で「音量+/電源ボタン」・「音量-」を3秒長押し
音量制限のON・OFF
音楽停止で「音量+/電源ボタン」・「音量-」いずれかを1回押し
バッテリー残量確認
音楽再生で「音量+/電源ボタン」を1回押し
音量上げ
音楽再生で「音量-」を1回押し
音量下げ

付属の充電用マグネットケーブルがカチッと止まって位置ズレはなし。充電が入るとLEDが点灯します。

4.Aeropex Playの接続方法

AfterShokz Aeropex Play」の接続方法はBluetoothでペアリング。

初回ペアリングの方法をiPhoneを使って解説していきます。

メモ


初回のペアリング設定は3STEPで完了します。
STEP.1
ペアリングモード

電源OFFの状態で電源ボタンを約5秒長押し。

電源ONの後、”ペアリングモード”の日本語アナウンスが流れ、Aeropex Playがペアリングモードになります。

STEP.2
Bluetooth機器の設定

iPhoneのBluetoothをオンにすると"AfterShokz by Aeropex Play"が表示されるのでそちらをタップします。

STEP.3
ペアリング完了

"AfterShokz by Aeropex Play"が接続済みのステータスに変わってペアリング完了です。

日本語アナウンスで"接続しました"と流れます。

【装着してみた】Aeropex PlayとAeropexの違いを比較で解説


【ジャストサイズ派 必見!】AfterShokz Aeropex Playを男性大人でレビュー。Aeropexと比較して外観や機能の違いも解説。

Aeropex Play(左)、Aeropex(右)

さて、ここから本題。「AfterShokz Aeropex Play」とAeropexの違いを比較していきます。どっちを選ぶか迷っている方は必見。

Aeropex Playとの違いは以下の3つの項目で見ていきましょう。

  1. Aeropex PlayとAeropexの違い
  2. Aeropex PlayとAeropexのサイズを比較
  3. Aeropex PlayとAeropexの装着感を比較

1.Aeropex PlayとAeropexの違い

AfterShokz Aeropex Play」と「Aeropex」の大きな違いはサイズと色展開。

とはいえ、その他にも細かい違いがあったので、表にまとめてみました。

製品名Aeropex PlayAeropex
画像

カラー
コズミックブラック
コズミックブラック/
ブルーエクリプス/
ルナグレー/
ソーラーレッド豊富
全長
約34cm(実測)
約35cm(実測)大きい
高さ
約43cm(実測)
約45cm(実測)大きい
重さ
約25g軽い
約26g
最大音量
85dB
100dB大きい
防水性能
IP67
IP67
使用時間
8時間
8時間

ちなみに、「全長」と「高さ」は以下の寸法を測っています。

Aeropex Play付属の耳栓も色が違います

また、付属品では耳栓の色が違います。「AfterShokz Aeropex Play」がオレンジに対して、「Aeropex」はブルーの耳栓が付属します。


【装着してみた】Aeropex PlayとAeropexの違いを比較で解説

Aeropex(左)、Aeropex Play(右)

2.Aeropex PlayとAeropexのサイズを比較


【装着してみた】Aeropex PlayとAeropexの違いを比較で解説

Aeropex Play(内側)、Aeropex(外側)

AfterShokz Aeropex Play」と「Aeropex」を並べてサイズを比較。

並べて置くと、サイズの違いがわかりやすい。


【装着してみた】Aeropex PlayとAeropexの違いを比較で解説

Aeropex Play(左)、Aeropex(右)

3.Aeropex PlayとAeropexの装着感を比較

最後に「AfterShokz Aeropex Play」と「Aeropex」を大人が装着したときの見た目を比較。

横から見た装着イメージ。


【装着してみた】Aeropex PlayとAeropexの違いを比較で解説

Aeropex Play


【装着してみた】Aeropex PlayとAeropexの違いを比較で解説

Aeropex

後頭部から見た装着イメージ。


【装着してみた】Aeropex PlayとAeropexの違いを比較で解説

Aeropex Play(指1本分ぐらいのスペース)


【装着してみた】Aeropex PlayとAeropexの違いを比較で解説

Aeropex(指2本分ぐらいのスペース)

>>>Aeropexを実際に使ってみてレビュー

【6ヶ月使用】AfterShokz Aeropex レビュー|骨伝導で常識が変わる。テレワークで使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

続きを見る

【リミッター解除】Aeropex Playは音量制限を解除して大人用にできます!

AfterShokz Aeropex Play」って、音量制限がかかってて大人には使いにくいんじゃないの?

全然そんなことないです。

Aeropex Playは下記の入力をすることで、音量制限を解除することができます。

「音量+/電源ボタン」と「音量-」ボタンを約3秒間長押しするだけ




親指で同時に2つのボタンを押すだけ

Aeropex Playから、”音量制限を解除しました”のアナウンスが流れて完了。

この調整をするだけで、「Aeropex」と同じ音量で使うことができます。簡単ですね。

【通話に使えるの?】Aeropex Playのマイク性能を収録してレビュー




Aeropex Playはマイク穴が2つ

そうそう。「AfterShokz Aeropex Play」にはちゃんとマイクも搭載されています。

録音しました


Aeropex Playのマイクを使って録音した音源を2つ紹介します。

1.無音の環境

室内で個室で通話しているときをイメージしてみてください。

2.工事音がある環境

外出先で通話しているときをイメージしてみてください。

個人的な感想ですが、個室でテレワークなら、普通に使えるマイク性能だと感じましたよ。

ここに注意…!Aeropex Playを大人が購入する前にチェックしたい【2つのポイント】

AfterShokz Aeropex Play」を大人が使ってみて、下記の点は注意した上で購入したほうが失敗は少ないと感じました。

大人が使う上での注意点

  1. ヘアスタイル
  2. イコライザー機能は使えない

1.ヘアスタイル

AfterShokz Aeropex Play」で注意したいのは頭部のサイズ感というよりは髪型のボリューム。

普段の防止のサイズはLサイズ。この頭部で着用すると指が1本入るぐらい。




僕は後ろ髪のヘアスタイルが短めなので気になりません

もし、ミディアムヘアぐらいの長さや、後ろ髪にボリューム感のあるヘアスタイルの方だと、ワイヤー部分の隙間がなくなり窮屈に感じるかもしれません。

2.イコライザー機能は使えない

Aeropex」と違い、「AfterShokz Aeropex Play」はEQ(イコライザー)機能が使えません。

EQとは

低音を強調するか、しないかの機能のことです。

僕はあまり使わない機能ですが、音質を重視したい方なら、「Aeropex」を選択するほうが失敗が少ないかも。

ポイント

Aeropex」は音楽を再生している時に+と-のボリュームボタンを同時に押すと、低音を強調するか・しないか2種類のEQに変更が可能。




+と-のボリュームボタンを同時に押すイメージ

上記が気になる方は、「Aeropex」を選んだほうが無難かもです。

>>>Aeropexを実際に使ってみてレビュー

【6ヶ月使用】AfterShokz Aeropex レビュー|骨伝導で常識が変わる。テレワークで使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

続きを見る

Aeropex Playを大人が使うと、後ろのワイヤーがフィットして良き◎




Aeropex Playの着用イメージ

とはいえ、「AfterShokz Aeropex Play」を大人が使うと、「Aeropex」よりもジャストサイズで着用できる。

ジャストサイズにすると、後ろのワイヤー部分が引っかかりにくくなり、こんなメリットが。

ジャストサイズのメリット

  • 寝ながら使える
  • フードの付いた衣服でも使える
  • 背もたれの高い椅子でも干渉ナシ

Aeropex」の弱点をうまくカバーして、使い勝手がぐっと良くなりますよ。

AfterShokz Aeropex Playを大人が使ってみて【おすすめする人】

AfterShokz Aeropex Play」を大人が使ってみて、おすすめしたいのは以下のような人です。

Aeropex Playをおすすめする人

  • 着用感はいつもタイトめ
  • OpenMoveやAeropexでは大きすぎると感じた人

AfterShokz Aeropex Play」は「Aeropex」をワンサイズ小さくした子供向けの骨伝導イヤホン。

子供向けではありますが、大人も着用できるサイズ感が魅力です。

AfterShokz Aeropex Play」は大人が着用するとジャストサイズ。よりタイトな着用感になります。

また、既にAfterShokzの骨伝導イヤホン「OpenMove」や「Aeropex」を使ってみて、ちょっと大きすぎたと感じている方にもおすすめ。

きっと気に入るサイズです。

Aeropex Playをおすすめしない人

AfterShokz Aeropex Play」は以下に該当する人にはおすすめできません。

Aeropex Playをおすすめしない人

  • ゆったりと着用したい人
  • 通話品質を重視する人
  • テレビ用としても使いたい人

AfterShokz Aeropex Play」 を大人が着用してみた感想をお伝えしましたが、やっぱり着用できないかもしれないのは怖いな…と思うかもしれません。

もし、失敗したくない人なら、「Aeropex」を選択した方が良いです。

AfterShokz Aeropex Play」はマイクも搭載していますが、屋外で通話をしたい方、大切なお客様との会話に使いたい人なら、「OpenComm」がおすすめ。

また、「AfterShokz Aeropex Play」のコーデックは一般的な「SBC」。

テレビで映画鑑賞やゲームも楽しみたい人なら、音ズレが少ない「apt-X」搭載の「テレビ用骨伝導イヤホン」を選んだほうが幅広く使えます。

>>>Aeropexを実際に使ってみてレビュー

【6ヶ月使用】AfterShokz Aeropex レビュー|骨伝導で常識が変わる。テレワークで使えるマイク性能・通話品質の骨伝導イヤホン

続きを見る

>>>通話品質を重視するならOpenComm

【ブームマイク搭載】AfterShokz OpenComm レビュー|使う場所を限定しないマイク性能の骨伝導ヘッドセット

続きを見る

>>>TVの音もワイヤレス化するならトランスミッター付き

【徹底レビュー】Aftershokz 「骨伝導ワイヤレス ヘッドホン テレビ用 トランスミッターセット」でテレビの音をワイヤレス化した感想

続きを見る

【まとめ】着用感はジャストサイズ一択でしょ。Aeropex Playはワイヤーを”ジャスト”に合わせたい大人におすすめ◎

本記事では「AfterShokz Aeropex Play」を大人が使えるのか?問題を解決すべく検証レビューしました。

それではおさらいです。まずは結論。

Aeropex Playは大人でも使えます。

特にジャストフィットが好みの方におすすめの着用感でした。

Aeropex Playを実際に使ってみて、レビューとしてまとめると以下の通り。

レビューまとめ

  • 大人が使うのも全然アリ
  • ワイヤーが邪魔にならない
  • 機能はAeropexとほぼ同じ
  • 音量制限は解除して使える
  • マイク搭載で通話にも使える

せっかく手にして使うなら、納得感のある買い物がしたいですよね。

できるだけジャストフィットした骨伝導イヤホンとして使いたいなら、「AfterShokz Aeropex Play」は検討の価値ありです。

髪型には注意が必要な点はありますが、ワイヤーを”ジャスト”にすれば骨伝導イヤホンの弱点もうまくカバー。

骨伝導イヤホンのサイズ感にこだわるなら、「AfterShokz Aeropex Play」は後悔しない選択肢の一つになるはずです。

関連記事


【ブームマイク搭載】AfterShokz OpenComm レビュー|使う場所を限定しないマイク性能の骨伝導ヘッドセット

続きを見る


【徹底レビュー】Aftershokz 「骨伝導ワイヤレス ヘッドホン テレビ用 トランスミッターセット」でテレビの音をワイヤレス化した感想

続きを見る


【ながら聴き入門】AfterShokz OpenMove レビュー|骨伝導イヤホンの世界を満喫できるエントリーモデル

続きを見る


【AfterShokzの3製品を実機比較!】AeropexとOpenComm、OpenMoveを比較しておすすめを紹介

続きを見る

-ガジェット, ワイヤレスイヤホン

Copyright © ガジェスペ , All Rights Reserved.