ガジェット ワイヤレスイヤホン

Shokz OpenComm UC レビュー。アダプター付きで接続簡単、安定した通話品質。マルチポイント対応でテレワークをもっと快適に。

2022年10月12日


Shokz OpenComm UC レビュー。アダプター付きで接続簡単、安定した通話品質。マルチポイント対応でテレワークをもっと快適に。

メモ

本記事では「Shokz OpenComm UC」をレビュー。OpenCommとの違いや、使用感をまとめています。

OpenComm UCのマイク性能はどう?
アダプター付きの使用感を知りたいな。

そんなあなたの参考になれば嬉しいです。

Shokz OpenComm UC」はブームマイクが付いた骨伝導ヘッドセット。

Bluetoothアダプター付きで接続も簡単。

アダプターをPCに挿して、電源ONするだけで接続完了です。

マイク性能もクリア。

自分の音声を相手にしっかり伝えます。

OpenComm UCのマイク音声



また、取説には載っていませんが、マルチポイント接続にも対応でした。

ノートPCでWeb会議後に、iPhoneに接続を切り替え。

「OpenComm UC」を着けたまま、仕事終わりに車で保育園の迎えも楽々です。


Shokz OpenComm UC レビュー。アダプター付きで接続簡単、安定した通話品質。マルチポイント対応でテレワークをもっと快適に。

ノートPCとiPhoneで同時接続OK

Shokz OpenComm UC」を使ってみて、以下のような人におすすめしたい、骨伝導ヘッドセットです。

おすすめする人

  • Bluetooth接続が途切れる不安をなくしたい
  • ヘッドセットの着用ストレスを解消したい
  • 外の車通りの音や、家族の会話を入れたくない
  • Web会議ヘッドセットの一軍候補を探している

【比較】OpenComm UC とOpenComm の違いは?

OpenComm UC」と「OpenComm」の違いは「アダプター」が付属するかどうか。


Shokz OpenComm UC レビュー。アダプター付きで接続簡単、安定した通話品質。マルチポイント対応でテレワークをもっと快適に。

OpenComm UC付属のアダプター

アダプターのメリットは接続の安定性です

ちなみに、

その他のスペックは同じ。

参考までに比較表にまとめました。

製品名 OpenComm UC OpenComm
画像
違い
価格
27,880円
22,880円
Bluetooth
5.1
5.1
重量
33g
33g
マイク
ノイズキャンセリングブームマイク
ノイズキャンセリングブームマイク
連続使用時間
16時間
16時間
急速充電
対応
対応
違い
接続方式
Bluetooth/アダプター
Bluetooth
防水性能
IP55
IP55
マルチポイント
対応
対応

ちなみに、Loop 100 Bluetooth アダプターは別売りもあります。

ただし、セットで買った方が価格は1,880円安くなります。

OpenComm UC 27,880円

OpenComm + アダプター(別売り) = 29,760円

テレワークで、PCメインの使い方をするなら、最初から「OpenComm UC」を選んだ方がお得です。

ここに注意…!OpenComm UCで気になった点【充電ケーブル・音質】

OpenComm UC」の機能を一通り使ってみて、気になった点が2つあります。

気になった点

  • 充電ケーブルが専用品
  • 音質重視ならOpenRun Pro

充電ケーブルが専用品

まず、充電ケーブルが専用品で、市販のケーブルは代用が効きません。


Shokz OpenComm UC レビュー。アダプター付きで接続簡単、安定した通話品質。マルチポイント対応でテレワークをもっと快適に。

専用のマグネットケーブルです

そのため、充電ケーブルと一緒に保管しておく必要があります。

この仕様は「OpenComm」と「OpenRun」、「OpenRun Pro」も共通。

充電ケーブルの紛失や、故障した場合は別途購入が必要です。

音質重視ならOpenRun Pro

また、「OpenComm UC」の音質はそれなりです。

やや音の迫力に欠けるかなと感じました。

骨伝導イヤホンで音質を追求するなら「OpenRun Pro」がおすすめです。

マイクも搭載しているので、通話もできます。

※ただし、通話品質はOpenComm UCの方がクリアです。

関連記事音質重視の「OpenRun Pro」

Shokz OpenRun Pro 比較レビュー。Aeropexより音質に迫力と深み。マイク音声も良好。

続きを見る

OpenComm UC レビュー|使用感はどう?

OpenComm UC」の使用感をレビューしていきます。

レビューした項目は以下の通りです。

レビューまとめ

  • 付け方簡単、軽い装着感
  • 相手にしっかり伝わる口元マイク
  • アダプターで安定した接続
  • マルチポイント対応
  • 物理ボタンで正確に操作
  • 通話以外も、ながら聴きで
  • ケースで持ち運びも安心

付け方簡単、軽い装着感

「OpenComm UC」の付け方は、耳に掛けるだけ。

メガネをかける感覚で装着できます。

また、装着感も軽く、頭への圧迫が非常に小さいです。

1日中着けた時、ヘッドホンと比べて段違いに快適でした。

口元マイクで通話も安心

マイクが口元まで伸びていて、自分の声だけしっかり拾ってくれます。

Web会議中、窓を開けてましたが、車の走行音や人の話し声など、相手には聞こえていないようでした。

「OpenComm UC」のマイク音声も収録してみたので、参考にどうぞ。

OpenComm UCのマイク音声



アダプターで簡単かつ安定接続

付属の「アダプター」を使えば、ノートPCへ接続して電源オンするだけで接続完了です。

煩わしい設定がいらないし、電波もしっかり届いて接続も安定。

Web会議中に通話が途切れることはなかったです。

マルチポイント対応

取説に書いていませんが、マルチポイントに対応していました。

マルチポイント対応だと、以下のようなシーンに便利です。

僕はノートPCとiPhoneに同時接続。

仕事終わりのWeb会議が終わったら、「OpenComm UC」を着けたまま車で保育園の迎えに。

iPhoneでBGMを聞いたり、通話もできました。

都度、ペアリングし直す必要がないので、慌ただしい1日でもストレスフリーです。

物理ボタンで正確に操作

「OpenComm UC」は物理ボタンで操作します。

タッチセンサー方式と違って、確実に押せるのが良かったです。

通話以外も、ながら聴きで

通話はもちろん、骨伝導イヤホンとしても活用できます。

Bluetoothでハンズフリーなので、洗い物など家事をしながらお気に入りのBGMをながら聴き。

面倒な家事が捗りました。

ケースで持ち運びも安心

「OpenComm UC」はキャリングケースが付属。

本体とアダプター、充電ケーブルを一緒に持ち運びできます。

テレワーク後の出社や、出張の際にも気兼ねなく持ち運びできました。

【裏技あり】OpenComm UC の使い方、マルチポイント接続

「OpenComm UC」の主な使い方を、以下の流れで解説します。

  • アダプターの使い方
  • 裏技:マルチポイント接続

アダプターの使い方

「OpenComm UC」の使い方は3ステップで完結します。

STEP.1
アダプターをPCに挿す
STEP.2
「OpenComm UC」を電源オン
STEP.3
接続完了

これだけです。

あとは、「OpenComm UC」を付けて使うだけ。簡単ですね。

裏技:マルチポイント接続

「OpenComm UC」の取説には書いてませんが、マルチポイントにも対応です。

やり方は、以下の通りです。

STEP.1
「OpenComm UC」の電源ボタン長押し

ペアリングモードに入ったら、マルチファンクションボタンも長押しします。

STEP.2
1台目のデバイスと接続完了

接続完了のアナウンスの後、電源OFFします。

STEP.3
2台目のデバイスと接続

再度、「OpenComm UC」の電源ボタンを長押し。

ペアリングモードに入ったら、マルチファンクションボタンも長押しします。

2台目のデバイスとBluetooth接続が完了。

接続完了後、電源OFFします。

STEP.4
マルチポイントの設定完了

「OpenComm UC」を電源ONすると、2台のデバイスに同時接続されます。

Shokz OpenComm UC の付属品、外観

Shokz OpenComm UC」が届いた時のパッケージ。

同梱物は以下の通りです。


Shokz OpenComm UC レビュー。アダプター付きで接続簡単、安定した通話品質。マルチポイント対応でテレワークをもっと快適に。

番号 名称
Shokz OpenComm
Shokz Loop100 USB-Aアダプタ
キャリングケース
マグネット充電用ケーブル(1本)
マニュアル類
保証書

OpenComm UC 外観

「OpenComm UC」の外観をチェックしていきます。

ブームマイクが特徴的。

マイクの位置はぐるっと回して調整が可能です。


Shokz OpenComm UC レビュー。アダプター付きで接続簡単、安定した通話品質。マルチポイント対応でテレワークをもっと快適に。

ブームマイクを前に


Shokz OpenComm UC レビュー。アダプター付きで接続簡単、安定した通話品質。マルチポイント対応でテレワークをもっと快適に。

ブームマイクを後ろに

正面と背面からの外観。


Shokz OpenComm UC レビュー。アダプター付きで接続簡単、安定した通話品質。マルチポイント対応でテレワークをもっと快適に。

正面の外観


Shokz OpenComm UC レビュー。アダプター付きで接続簡単、安定した通話品質。マルチポイント対応でテレワークをもっと快適に。

背面の外観

右側面の外観です。

光沢感のある箇所はマルチファンクションボタン。

右側面にはShokzのブランドロゴ入りです。

裏側には電源と音量調整のボタンがあります。

左側面の外観。

ブームマイク、NFCペアリング対応のロゴ入りです。

ブームマイクのアップ。

マイク穴が先端と側面の2箇所にあり、ノイズを軽減します。

充電ケーブル 外観

付属の充電ケーブルは専用品になります。

充電端子は「OpenComm UC」裏面に付いています。

マグネット内蔵で、カチッと吸着します。


Shokz OpenComm UC レビュー。アダプター付きで接続簡単、安定した通話品質。マルチポイント対応でテレワークをもっと快適に。

充電時はLEDが赤色に点灯

アダプター 外観

「OpenComm UC」とペアリングするアダプター。

USB-Aポートに挿して使います。

キャリングポーチ

「OpenComm UC」とアダプターは、キャリングポーチに収納が可能。

充電ケーブルも一緒に持ち運びできます。

レビューまとめ

本記事では「Shokz OpenComm UC レビュー。アダプター付きで接続簡単、安定した通話品質。マルチポイント対応でテレワークをもっと快適に。」についてまとめました。

レビュー内容をおさらいすると以下の通りです。

レビューまとめ

  • 付け方簡単、軽い装着感
  • 相手にしっかり伝わる口元マイク
  • アダプターで安定した接続
  • マルチポイント対応
  • 物理ボタンで正確に操作
  • 通話以外も、ながら聴きで
  • ケースで持ち運びも安心

気になった点

  • 充電ケーブルが専用品
  • 音質重視ならOpenRun Pro

「Shokz OpenComm UC」の使用感は、以下のような人におすすめです。

おすすめする人

  • Bluetooth接続が途切れる不安をなくしたい
  • ヘッドセットの着用ストレスを解消したい
  • 外の車通りの音や、家族の会話を入れたくない
  • Web会議ヘッドセットの一軍候補を探している

Shokz OpenComm UC」を使えば、ストレスフリーのWeb会議を実現できますよ。

関連記事


Shokz OpenComm レビュー|使う場所を限定しないマイク性能の骨伝導ヘッドセット

続きを見る


Shokz OpenRun Pro 比較レビュー。Aeropexより音質に迫力と深み。マイク音声も良好。

続きを見る


Shokz OpenRun 無印の使い方&レビュー。メガネと同時に装着OK。内蔵マイクで通話も良好。防水しっかり。急速充電にも対応。

続きを見る


AfterShokz Aeropex レビュー!マイク性能も検証!骨伝導で常識が変わる。【口コミ・評判】

続きを見る


【徹底レビュー】Aftershokz 「骨伝導ワイヤレス ヘッドホン テレビ用 トランスミッターセット」でテレビの音をワイヤレス化した感想

続きを見る


【ジャストサイズ派 必見!】AfterShokz Aeropex Playを男性大人でレビュー。Aeropexと比較して外観や機能の違いも解説。

続きを見る


AfterShokz Xtrainerz 使い方&レビュー。Aeropex比較も。手ぶらでフィットネスしたいあなたに。

続きを見る


AfterShokz OpenMoveの音質、マイク性能をレビュー。メガネ併用OKでコスパ抜群の骨伝導イヤホン。

続きを見る

-ガジェット, ワイヤレスイヤホン