ANKER スマートホーム

Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

2021年12月21日


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

メモ


本記事では、Ankerのロボット掃除機「Eufy RoboVac X8 Hybrid」の使用感をレビューにまとめた。

「Eufy RoboVac X8 Hybrid」はAnkerのロボット掃除機でもハイエンドモデル。

2,000Pa × 2基のデュアルタービンで、シリーズ中でも圧倒的な吸引力が特長だ。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

デュアルタービンは世界初の機能

吸引だけでなく、水拭きにも対応。

着脱可能なモップでベタつく床もサラサラに。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

モッピングクロスを取り付けした様子


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

水拭きでフローリングがサラサラに

AIマッピング機能で、瞬時に部屋の間取りを把握。効率よく掃除してくれる。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

起動時に回転して、瞬時に位置を把握

専用アプリ「Eufy Home」も優秀。あえて掃除しない・進入しないエリア設定も設定OK。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

専用アプリ「Eufy Home」の画面

さらに、複数の間取りにも対応。リビングや寝室など、日によって掃除場所を変えても問題なし。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

専用アプリ「Eufy Home」で5部屋まで管理

そんな機能満載の「Eufy RoboVac X8 Hybrid」をレビュー。

過去に以下の経験をしてきたあなたの参考になれば嬉しい。

吸引力が物足りない…

たまには水拭きしたい…

この部屋でロボット掃除機は無理…!

レビューまとめ

  • デュアルタービンが床のゴミを圧倒的に吸引
  • AIマッピング機能でムダなく効率よく掃除
  • 間取りを記憶、場所を変えてもいつもの流れで
  • 過去のロボット掃除機が断念した間取りもアプリで回避
  • Alexaに声掛けするだけで掃除が始まる
  • LEDが眩しく、寝室での設置はおすすめしにくい

関連記事

関連記事Ankerのハンディクリーナーをレビュー

Eufy HomeVac H30 Infinityレビュー。日頃の掃除はこの1台で完結。Ventureとの比較も。

続きを見る

関連記事Eufy RoboVac L35 Hybrid+をレビュー

Eufy RoboVac L35 Hybrid+ レビュー!自動ゴミ収集で手間いらず。掃除音も静か。気の利いた機能が満載のロボット掃除機。

続きを見る

Eufy RoboVac X8 Hybridの概要。【世界初の機能を持つロボット掃除機】

まずは、「Eufy RoboVac X8 Hybrid」がどんなロボット掃除機なのか、一緒に把握していこう。

以下の流れに沿って概要を解説していく。

Eufy RoboVac X8 Hybridの概要

  • 仕様 前モデル:L70との比較
  • 付属品
  • 外観

1.Eufy RoboVac X8 HybridとL70 Hybrid:比較

「Eufy RoboVac X8 Hybrid」が前モデルの「Eufy RoboVac L70 Hybrid」からどう変わったのか、スペックを表にまとめてみた。

大きく変わった部分に違いアイコンを付けている。

シリーズ名Eufy RoboVac
製品名X8 HybridL70 Hybrid
画像
価格
59,800円
54,800円
サイズ
約34.5x34.5x9.7cm
約35.6x35.6x10.2cm
連続使用時間
最大180分
最大150分
充電時間
約240~300分
消費電力
60W
50W
吸引力
違い
2000Pa x 2
(世界初デュアルタービン搭載)
2200Pa
内蔵センサー
レーザー
水拭き機能
ダスト容器
0.4L
0.45L
水タンク
0.25l
0.13l
アプリ連携
Alexa対応
A.I Mapテクノロジー
違い
○(Ver.2.0)
○(Ver.1.0)
保持可能マップ数
違い
5
(複数フロア対応)
1

違い1:吸引力が大幅にアップした

ロボット掃除機として世界初のデュアルタービンを搭載。

前モデルの「Eufy RoboVac L70 Hybrid」と比べて約7.5倍の吸引力にアップした。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

出典:Amazon
前モデルはシングルタービン


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

出典:Amazon
今作はデュアルタービン

違い2:より正確なマッピング機能に

「Eufy RoboVac X8 Hybrid」になって、A.I Mapテクノロジーが「2.0」のバージョンに。

内蔵のレーザーセンサーが、複雑な間取りであっても高い精度でリアルタイムに認識。

暗い部屋でも状況によらず、より正確な走行が可能に


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

起動時に回転して、瞬時に位置を把握

違い3:複数の部屋を記憶できるように

「Eufy RoboVac X8 Hybrid」からは最大で5部屋まで登録が可能に。

記憶できる間取りの数は前モデル「Eufy RoboVac L70 Hybrid」だと1部屋まで。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

専用アプリ「Eufy Home」で記憶した間取り

2.Eufy RoboVac X8 Hybrid:付属品

大枠の特長を把握できたところで、「Eufy RoboVac X8 Hybrid」を実際に開封していく。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

届いたときのパッケージ。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

高級感があり、驚かされた。

いざ、開封。
この段階で、ハイエンド感が伝わってくる。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

ブラックとゴールドの高級感


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

凝ったパッケージのつくり

「Eufy RoboVac X8 Hybrid」本体と、全ての付属品を開封した状態。

内訳は以下の通りだった。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

番号名称
RoboVac X8 本体
充電ステーション
ケーブル結束バンド×5本
水タンク
モッピングクロス×2枚
追加サイドブラシ
交換用フィルター
ACアダプタ
クイックスタートガイド
取り扱い説明書

3.Eufy RoboVac X8 Hybrid:外観

「Eufy RoboVac X8 Hybrid」について、各部品も含めて外観をチェックしていこう。

RoboVac X8 本体

まず、「Eufy RoboVac X8 Hybrid」本体の外観から。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

ブラックの筐体に、ゴールドのラインが映える

バンパーのフチ部分はカーボン調の仕上げ。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

表面プレートは光沢感のある素材

「Eufy RoboVac X8 Hybrid」本体の裏面。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

ブルーとブラックのコントラスト


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

前方は、衝撃を吸収するバンパー。

「Eufy RoboVac X8 Hybrid」本体裏面のピックアップ。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

前方にはキャスターが一輪付いている。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

サイドブラシがゴミをしっかりかきだす。

「Eufy RoboVac X8 Hybrid」本体裏面の中央部には吸引口。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

吸引と合わせてブラシが回転する


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

ブラシはメンテナンスの際に着脱が可能

タイヤは凹凸のある形状。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

段差を乗り越える気概を感じた。

「Eufy RoboVac X8 Hybrid」本体の後方にはダスト容器。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

本体後方の見た目


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

片手で簡単に着脱が可能

取り外したダスト容器の見た目。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

メンテナンス用ブラシ付き


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

フィルターは取り外して掃除も可能

水タンク、モッピングクロス

半円の形をした「水タンク(上)」と「モッピングクロス(下)」。

「水タンク」の溝にスライドする形で、モッピングクロスを取り付けする。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

モッピングクロスをレールに沿わせる


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

マジックテープ式でぴったりと固定できる

「水タンク」は「Eufy RoboVac X8 Hybrid」本体のダスト容器に重ねる形で取り付け。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

背面:水拭きモップを取り付けた際の見た目。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

裏面:水拭きモップを取り付けた際の見た目

充電ステーション、ACアダプタ

「Eufy RoboVac X8 Hybrid」の充電キット。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

充電ステーション(左)、ACアダプタ(右)

充電ステーションの裏面にケーブルマネジメントシステム。

ACアダプタの配線をスッキリさせることが可能。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

裏面のフタを外した様子


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

ACアダプタの電源コードを巻き取り

配線をまとめるのと、そうでないのでは見た目は歴然として違う。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

電源コードをまとめないと…ゴチャゴチャ


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

電源コードをまとめると…スッキリ

防水パッド

あと、「Eufy RoboVac X8 Hybrid」には防水パッドが1枚付属していた。

モッピングクロスを使った水拭きモードの際に使用。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

フローリングの水濡れ防止パッドに使う


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

充電ステーションの下敷きとして

Eufy RoboVac X8 Hybridをレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリも優秀なロボット掃除機。

では、実際に「Eufy RoboVac X8 Hybrid」の使用感をレビューしてみた。

箇条書きでまとめると以下の項目。

「Eufy RoboVac X8 Hybrid」レビューまとめ

  • デュアルタービンが床のゴミを圧倒的に吸引
  • AIマッピング機能でムダなく効率的に掃除
  • 間取りを記憶、場所を変えてもいつもの流れで
  • 過去のロボット掃除機が断念した部屋もアプリで回避
  • 水拭きモップ併用でサラッと快適なフローリングに
  • Alexaに声掛けするだけで掃除が始まる
  • 寝室での設置はおすすめしにくい

デュアルタービンが床のゴミを圧倒的に吸引

「Eufy RoboVac X8 Hybrid」一押しの機能が吸引力。

「各吸引モードの様子」と、「実際の吸引力」を動画で検証してみたのでチェックしてほしい。

RoboVac X8 Hybridの吸引性能

ポイント

これでもかと思わせる最大モードのパワフルさ。

パチンコ玉もしっかり吸引するパワーをチェック。

1週間、リビングの床掃除をした結果

我が家はペットを飼っている。ペットの体毛やトイレ用の砂もしっかりキャッチしてくれていた。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

目に見えない細かいチリやホコリも吸引

AIマッピング機能でムダなく効率的に掃除

「Eufy RoboVac X8 Hybrid」に掃除を任せたら、アッという間に完了していて驚いた。

それもそのはず。後で掃除ルートを見たら、驚くほどムダのない動きをしていた。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

専用アプリ「Eufy Home」の掃除ルート画面

掃除する様子の一部始終を動画に撮影したのでチェックしてみてほしい。

RoboVac X8 Hybridの掃除状況

ポイント

まずは部屋の外周から掃除。

残りの中央部もムダ無く、効率よく掃除してくれる。

間取りを記憶、場所を変えてもいつもの流れで

「Eufy RoboVac X8 Hybrid」は複数の部屋で使用したい場合にも便利。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

最大で5部屋までアプリに記憶させることが可能

今日は書斎、明日はリビングなど、日によって場所を変えてもいつものルーティンで掃除をこなしてくれる。

毎日、キレイで快適な住まいがあなたのものに。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

専用アプリ「Eufy Home」で複数マップを管理

過去のロボット掃除機が断念した部屋もアプリで回避

どんな優秀なロボット掃除機でも天敵がいるもの。

例えば、「Eufy RoboVac X8 Hybrid」が、机の足の形状の為に乗り上げ、停止してしまった。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

乗り上げて停止してしまった


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

センサーでも見つけにくい傾斜

従来のロボット掃除機なら諦めてしまうところだが、「Eufy RoboVac X8 Hybrid」はアプリで対策が可能。

進入禁止のエリアなどを細かく設定することで、お掃除ルートの最適化ができる。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

専用アプリ「Eufy Home」の画面

水拭きモップ併用でサラッと快適なフローリングに

Eufy RoboVac X8 Hybridは吸引力の強さだけじゃない。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

水拭きモップも必要に応じて装着が可能だ。

ものの数十分間でフローリングのベタつきとおさらば。

サラッとした心地よい感触が素足に伝わる。

モップ掛けした後は、水洗いすれば再利用もOK。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

使い捨てではない点もコスパが良い。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

乾けば再利用が可能。

Alexaに声掛けするだけで掃除が始まる

嬉しい機能がAmazon Alexa(スマートスピーカー)との連携。

音声認識で「Eufy RoboVac X8 Hybrid」が操作できるのは楽でいい。

RoboVac X8 HybridとAlexa連携

ポイント

家事で両手がふさがっているなど、ボタン操作できない状況でも、掃除がスタートできた。

寝室での設置はおすすめしにくい

唯一気になった点が、充電ステーションのLED。

真っ暗な寝室でぐっすり眠りたい方はLEDを隠すか、リビングなど別の部屋での設置をおすすめする。


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

LEDが眩しく感じた。

Eufy RoboVac X8 Hybridはこんな人におすすめ

実際の使用感を踏まえて、おすすめする人は以下の通りだ。

  • 複数の部屋の掃除で使いたい
  • 今の部屋ではロボット掃除機が攻略できない
  • ラグマット、カーペット上も掃除したい
  • 体当たりしていくロボット掃除機から卒業

複数の部屋の掃除で使いたい

「Eufy RoboVac X8 Hybrid」は専用アプリ「Eufy Home」で最大5部屋まで記憶。

ファミリーアパートや一軒家など、日によって部屋を変えて掃除したいあなたにおすすめ。

今の部屋ではロボット掃除機が攻略できない

「Eufy RoboVac X8 Hybrid」は専用アプリ「Eufy Home」が優秀。

部屋の攻略につまずいたら、次回はアプリで回避するが可能

ラグマット、カーペット上も掃除したい

「Eufy RoboVac X8 Hybrid」は世界初のデュアルタービン搭載で圧倒的な吸引力を実現。

起毛のある場所も掃除したいあなたに。

体当たりしていくロボット掃除機から卒業

体当たりしながら掃除していく、根性型ロボットから卒業したいあなたに。

スマートな動きにあっと驚くはずだ。

Eufy RoboVac X8 Hybridを選ぶ上で【自問したい4つのこと】

本当にこのモデルでいいのか?悩んでいるあなたに4つの問い。

  1. 水拭き機能は必要か?
  2. Wi-Fiによるアプリ連携は必要か?
  3. 掃除する場所は何部屋ある?
  4. ゴミは自動で収集してほしい?

当てはまるものはないか、一つ一つチェックしてみてほしい。

水拭き機能は必要か?

水拭き後はサラサラの床が手に入る。

水拭き機能が不要な場合は吸引のみの「Eufy RoboVac G30 Edge」がおすすめ

Wi-Fiによるアプリ連携は必要か?

スマホによるテザリング、もしくはWi-Fiルーターが必須。

設定が面倒だと感じるなら連携無しのシンプルな「Eufy RoboVac 11S」がおすすめだ。

掃除する場所は何部屋ある?

掃除する場所が一部屋だけなら、「Eufy RoboVac X8 Hybrid」はオーバースペック

ワンランク下げた「Eufy RoboVac L70 Hybrid」を検討するのが買い物上手のコツ。

ゴミは自動で収集してほしい?

Ankerのロボット掃除機の充電ステーションにごみ収集機能はない。

全自動でごみ収集まで求めるなら、「Eufy RoboVac L35 Hybrid+」がおすすめだ。

関連記事Eufy RoboVac L35 Hybrid+をレビュー

Eufy RoboVac L35 Hybrid+ レビュー!自動ゴミ収集で手間いらず。掃除音も静か。気の利いた機能が満載のロボット掃除機。

続きを見る

Eufy RoboVac X8 Hybridレビューまとめ。【しっかり吸引、水拭き両用。アプリも優秀。】

本記事では『Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。』についてまとめた。

おさらいにEufy RoboVac X8 Hybridのレビューまとめは以下の通り。

レビューまとめ

  • デュアルタービンが床のゴミを圧倒的に吸引する
  • AIマッピング機能でムダなく効率的に掃除
  • 間取りを記憶、場所を変えてもいつもの流れで
  • 過去のロボット掃除機が断念した部屋もアプリで回避
  • Alexaに声掛けするだけで掃除が始まる
  • LEDが眩しく、寝室での設置はおすすめしにくい

しっかり吸引、水拭き両用。アプリも優秀。

充電ステーションのLEDの眩しさが気になったが、工夫すればなんとかなる。

Eufy RoboVac X8 Hybridはankerのロボット掃除機のハイエンドモデルにふさわしい性能。

機能満載のロボット掃除機だった。

関連記事


Neabot NoMo N2の口コミ&レビュー。アプリが充実、見た目良し、コスパ◎のロボット掃除機

続きを見る


Neabot NoMo Q11の口コミ&レビュー。NoMo N2との比較も。水拭き+ゴミ収集もAlexa対応の全自動ロボット掃除機

続きを見る


Eufy HomeVac H30 Infinityレビュー。日頃の掃除はこの1台で完結。Ventureとの比較も。

続きを見る


Anker Eufy Lumi 第2世代をレビュー。明るすぎず、暗すぎない。場所を選ばず設置OKのLEDセンサーライト。

続きを見る


SwitchBotの9製品をレビュー。設置場所や使い方、便利な活用例も紹介する。

続きを見る


【Switchbotカーテン レビュー】スッキリ!朝の日光で快適な目覚めをサポートするスマートロボット

続きを見る


SwitchBot カメラのレビュー&使い方。ペットの見守りから防犯用途での録画もできる万能カメラ。

続きを見る


SwitchBot 人感センサーの使い方&レビュー。モーションセンサーでアナログ電球をフットライトに変えてみた。

続きを見る


SwitchBot プラグの使い方&レビュー。意外な使い道もあったよ。

続きを見る

-ANKER, スマートホーム