ANKER ガジェット

Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion 45W)比較レビュー!Max 45W出力でコンパクト。持ち運び最強の2in1充電器。

2023年2月22日


Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion 45W)比較レビュー!Max 45W出力でコンパクト。持ち運び最強の2in1充電器。

メモ

本記事は「Anker 521 PowerBank」をレビュー。他のコンセント付きモバイルバッテリーとの違いも比較しました。

Anker 521 PowerBank が気になる。
でも、ちょっと値段が高いんだよな。
値段に見合う価値があるか見極めたい。

そんなあなたに向けてまとめました。

この記事を書いている僕は、過去に100アイテム以上のガジェットをレビューしています。

「Anker 521 PowerBank」を端的に表現すると、

持ち運び最強の2in1充電器。

なぜなら、以下の3つの要件を満たしてくれるから。

3つのポイント

  1. ノートPC+スマホ充電できる最大45W出力
  2. 非常時に十分な5000mAhのバッテリー容量
  3. 持ち運びしやすいコンパクトなサイズ感

Anker 521 PowerBank」があれば、スマホやタブレット、スマートウォッチ、ノートPCまで充電OK。

日常使いから、旅行や出張先まで、1台2役を上回る便利さを実感できるガジェットです。

「Anker 521 PowerBank」使用感のレビューと合わせて、他のコンセント付きモバイルバッテリーとも比較。

詳細を見ていきましょう。

レビューまとめ

  • ノートPC+スマホ充電できる最大45W出力
  • 非常時に十分な5000mAhのバッテリー容量
  • 持ち運びできるコンパクトなサイズ感
  • コネクタ同士が干渉しないポート間隔
  • 壁コンセントで邪魔にならないデザイン
  • プラグの出し入れは使う度に心地良い

気になった点

  • スマホ用バッテリーだと値段が高め
  • バッテリー容量はiPhone 1回未満

メモ

本記事はアンカー・ジャパン様より商品提供をいただき、作成しています。

Anker 521 PowerBank (PowerCore Fusion 45W) の概要

Anker 521 PowerBank」の概要を以下の流れで解説します。

Anker 521 PowerBank 概要

  • 外観チェック
  • 充電性能の検証

外観チェック

「Anker 521 PowerBank」が届いた時の外観。

「Anker 521 PowerBank」のサイズは約 71 × 60 × 31 mm

手のひらに納まるコンパクトさ。

表面は「ANKER」のロゴと、残量インジケーターがあります。

LED 1つあたり25%、4つ点灯すれば、残量100%の計算です。

背面は無地でミニマルなデザイン。

天面と底面も同様に無地でした。


Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion 45W)比較レビュー!Max 45W出力でコンパクト。持ち運び最強の2in1充電器。

天面の外観


Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion 45W)比較レビュー!Max 45W出力でコンパクト。持ち運び最強の2in1充電器。

底面の外観

プラグが内蔵されている面。

PSEなどの各種規格と、入力・出力といったスペックが印字されています。

充電ポートはUSB-Cを2つ搭載。

iPhoneやiPad、MacBook、Apple Watchまで、各種デバイスの組み合わせを急速充電できます。

充電性能の検証

Anker 521 PowerBank」の充電スピードを以下の3パターンで検証しました。

  1. 充電器で使った時
  2. モバイルバッテリーで使った時
  3. 本体を充電した時:パススルー対応

1.充電器で使った時

2ポート合計で最大45W出力になります。

単純計算だと、MacBook Airが30W、iPhoneが15Wで同時に充電できます。


Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion 45W)比較レビュー!Max 45W出力でコンパクト。持ち運び最強の2in1充電器。

iPhone 12Pro と MacBook Air を同時充電


Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion 45W)比較レビュー!Max 45W出力でコンパクト。持ち運び最強の2in1充電器。

MacBook Air を 約28W で給電

2.モバイルバッテリーで使った時

2ポート合計で最大20W出力になります。

容量5000mAh(iPhone 1回未満)なので、iPhoneやiPadの非常用バッテリーとして重宝できます。


Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion 45W)比較レビュー!Max 45W出力でコンパクト。持ち運び最強の2in1充電器。

iPad Air 4 を充電


Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion 45W)比較レビュー!Max 45W出力でコンパクト。持ち運び最強の2in1充電器。

iPad Air 4 を約21W で給電

本体を充電した時:パススルー対応

コンセント直挿しで充電を開始。

パススルー対応で、本体の充電をしながら、接続したデバイスも充電できます。

なお、USB-Cポートから充電も可能。(※この時はパススルー非対応


Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion 45W)比較レビュー!Max 45W出力でコンパクト。持ち運び最強の2in1充電器。

個人的にはコンセント直挿し一択で使っています

Anker 521 PowerBank レビュー

Anker 521 PowerBank」の使用感を以下の項目でレビューしました。

レビューまとめ

  • ノートPC+スマホ充電できる最大45W出力
  • 非常時に十分な5000mAhのバッテリー容量
  • 持ち運びしやすいコンパクトなサイズ感
  • コネクタ同士が干渉しないポート間隔
  • 壁コンセントで邪魔にならないデザイン
  • プラグの出し入れは使う度に心地良い

ノートPC+スマホ充電できる最大45W出力

コンセントのある場所なら、2ポート合計45Wで十分な出力。

カフェで5時間ほど作業したところ、iPhone 12 Pro と MacBook Air を使いながらバッテリー満タンに。

モバイルワークの必需品がしっかり充電できました。


Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion 45W)比較レビュー!Max 45W出力でコンパクト。持ち運び最強の2in1充電器。

写真で使っているケーブルはこちら

非常時に十分な5000mAhのバッテリー容量

お出かけ先で写真や動画を撮影してたら、いつの間にかiPhoneのバッテリーが残りわずかに。

もう少しだけバッテリーが持ってくれたら…そんな非常時に活躍する容量。

完全に充電はされないけど、急場がしのげたら十分です。

持ち運びしやすいコンパクトなサイズ感

USB充電器+モバイルバッテリーの1台2役で、コンパクトなサイズ感。

普段の非常バッテリーとしての持ち歩きから、ガッツリ作業する時の充電器にまで。

いつでも、どこでも活躍してくれます。

コネクタ同士が干渉しないポート間隔

USB-Cポートを同時に使った時、コネクタ同士が干渉しない間隔になっています。

ケーブル同士はもちろん、Apple Watch充電用のコネクタでも問題なし。

壁コンセントで邪魔にならないデザイン

壁コンセントに直挿しした時、邪魔にならないデザインに設計されています。

片方のコンセントも塞がず、ACアダプタ同士でも干渉しません。

プラグの出し入れは使う度に心地良い

プラグに指を引っ掛けて「カチッ」と出せて、プラグを「パチッ」と収納できる。

細かいですが、使う度に愛着のわくガジェットになる要素が詰まっています。


Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion 45W)比較レビュー!Max 45W出力でコンパクト。持ち運び最強の2in1充電器。

プラグに指を引っ掛けやすい


Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion 45W)比較レビュー!Max 45W出力でコンパクト。持ち運び最強の2in1充電器。

「パチッ」とプラグを収納

Anker 521 PowerBank で気になった点が2つ

Anker 521 PowerBank」を検討する上で気になった点が2つあります。

気になった点

  • スマホ用バッテリーだと値段は高め
  • バッテリー容量はiPhone 1回未満

スマホ用バッテリーだと値段は高め

価格は8,990円(税込)と、スマホ用バッテリーで考えると値段設定は高め。

iPhoneやiPadの充電だけで十分という方なら、「Anker 511 Power Bank」や「Anker PowerCore III Fusion 5000」の方が手に入れやすく、使い勝手も良いかもしれません。


バッテリー容量はiPhone 1回未満

バッテリー容量5000mAhで、iPhoneがフル充電できるかどうかの容量。

iPhone 2台持ちや、iPadをフル充電したい方なら、10000mAhクラスの「Anker PowerCore Fusion 10000」を選択するのがベターです。

Anker 521 PowerBank を 他のFusionシリーズと比較

「Anker 521 PowerBank」と写真左から「Anker 511 Power Bank」、「Anker PowerCore Fusion 5000」、「Anker PowerCore III Fusion 5000」を比較しました。

製品名 amazon521 PowerBank amazon511 PowerBank amazonPowerCore Fusion 5000 amazonPowerCore III Fusion 5000
価格(税込) 8,990円 4,990円 3,590円 3,990円
サイズ 約 71 × 60 × 31 mm 約 113 × 30 × 30 mm 約 72 x 70 x 31mm 約 78 x 71.5 x 30mm
重量 約 200 g 約 170 g 約 189 g 約 176 g
バッテリー容量 5000mAh 5000mAh 5000mAh 4850mAh
出力ポート USB-C × 2 USB-C × 1 USB-A × 2 USB-C × 1
USB-A × 1
Power Delivery対応 ×
最大出力 45W(充電器)
20W(モバイルバッテリー)
20W(充電器)
20W(モバイルバッテリー)
10.5W(充電器)
15W(モバイルバッテリー)
18W(充電器)
18W(モバイルバッテリー)
対応デバイス スマホ
タブレット
ノートPC
スマホ
タブレット
スマホ
タブレット
スマホ
タブレット
折りたたみ
プラグ

「Anker 521 PowerBank」は同容量クラスのコンセント付きモバイルバッテリーで比較すると、値段は高め。

ですが、

ノートPCを充電できる最大45W出力と、ずば抜けて高い。

また、「Anker 521 PowerBank」は需要の高まるUSB-C × 2ポートの構成。

「iPhone と iPad」、「iPhone と Macbook Air」など、必需品の組み合わせを急速充電できます。

それでいて、コンパクトなサイズ感。

Anker 521 PowerBank」は機能が凝縮された、完成度の高い一品と言えます。

レビューまとめ:持ち運び最強 の2in1充電器

本記事は「Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)レビュー!Max 45W出力でコンパクト。持ち運び最強の2in1充電器。」について書きました。

レビュー内容をおさらいすると以下の通り。

レビューまとめ

  • ノートPC+スマホ充電できる最大45W出力
  • 非常時に十分な5000mAhのバッテリー容量
  • 持ち運びできるコンパクトなサイズ感
  • コネクタ同士が干渉しないポート間隔
  • 壁コンセントで邪魔にならないデザイン
  • プラグの出し入れは使う度に心地良い

気になった点

  • スマホ用バッテリーだと値段が高め
  • バッテリー容量はiPhone 1回未満

「Anker 521 PowerBank」を言い表すなら

持ち運び最強の2in1充電器

と言えます。

理由は、以下の3つの要件を満たしてくれるから。

3つのポイント

  1. ノートPC+スマホ充電できる最大45W出力
  2. 非常時に十分な5000mAhのバッテリー容量
  3. 持ち運びしやすいコンパクトなサイズ感

モバイルワークするあなたなら、その便利さを実感できるはず。

Anker 521 PowerBank」は日常使いから、旅行や出張先まで、ガッツリ活用できるコンセント付きモバイルバッテリーでした。

関連記事


Anker エコフレンドリー ケーブル 比較レビュー。PowerLine III Flow との違いも解説。

続きを見る


【ミニマリスト必見!】おすすめのガジェットまとめ【実機レビューあり】

続きを見る


【9ヶ月使用】iWALK 超小型モバイルバッテリー4500mAhを使ってみた感想とレビュー

続きを見る


【cheero Power Plus 5 Stick レビュー】PD対応でコンパクトなモバイルバッテリー

続きを見る


【Anker PowerCore III Fusion 5000レビュー】PD給電に対応で進化!コンセント付きモバイルバッテリー

続きを見る


【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

続きを見る


【RAVPower RP-PB125 レビュー】コンセント付きモバイルバッテリーの決定版!

続きを見る


【違い発見!】RAVPower RP-PB125とAnkerを徹底比較、コンセント付きモバイルバッテリーのレビュー

続きを見る


【 CIO SuperMobileCharger CIO-SC2 レビュー 】持ち物が極限まで減らせる次世代モバイルバッテリー【口コミ評判・比較あり】

続きを見る


【Anker PowerCore 10000 レビュー】コスパ抜群!Amazonベストセラーのモバイルバッテリー

続きを見る


【cheero CHE-101レビュー】PD18W対応で大容量、アルミ素材のモバイルバッテリー【cheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W】

続きを見る


【ケーブル不要】Anker PowerCore III 10000 Wireless レビュー|ワイヤレス充電・PD急速充電の最新規格を詰め込んだモバイルバッテリー

続きを見る


【Anker PowerCore 13000 レビュー】大容量で持ち運びOK!ちょうど良いサイズのモバイルバッテリー

続きを見る


【cheero Power Mountain mini 30000mAh レビュー】おにぎり型に高機能がギュッと詰まった、大容量モバイルバッテリー(CHE-111)

続きを見る


【MIPOW Power Cube Pro 10,000mAh レビュー】6色のカラフルでミニマルデザインのモバイルバッテリー

続きを見る


RP-PB055JP(new version) レビュー|超高出力のモンスターバッテリー

続きを見る

-ANKER, ガジェット