ガジェット モバイルバッテリー

【RAVPower RP-PB125 レビュー】コンセント付きモバイルバッテリーの決定版!

【RAVPower RP-PB125 レビュー】コンセント付きモバイルバッテリーの決定版!

どうも、ガジェット大好きのりょう(@MinimalistRyo)です。

本記事では、RAVPower(ラブパワー)のモバイルバッテリー「RP-PB125」をレビューしていきます。

「RP-PB125」はコンセント付きモバイルバッテリーの中でも大容量の6700mAhです。

大容量でいながら、コンパクトで苦にならない軽さを実現した高機能。

RP-PB125」は実用性の高いコンセント付きモバイルバッテリをお探しの方におすすめできる一品です。

レビューまとめ

  • 使い勝手の良いボタンや端子の配置
  • 必要十分なバッテリー容量の6700mAh
  • 持ち歩きでも苦にならない軽さの180g
  • モバイルバッテリーとUSB充電器の1台2役
  • シンプルな外観とマットな質感がカッコいい

メモ

本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。

【RP-PB125】の付属品と外観レビュー

【RP-PB125】の付属品と外観レビュー<

☑ 【RP-PB125】の付属品

  1. バッテリー本体
  2. 充電ケーブル
  3. 取扱説明書
  4. 小物ポーチ
  5. パッケージ

▼モバイルバッテリー本体を詳しく見ていきます。

横からみるとこんな感じです。


各部の機能はこのようになっています。

コンセントプラグは収納OK。

▼充電ケーブルはmicroUSBケーブル。

▼属のポーチを使えば、ゴチャゴチャせずに収納できますね。

【RP-PB125】の使い方・充電性能レビュー

【RP-PB125】の使い方

RAVPower RP-PB125」の使い方は2パターンあります。

RAVPower RP-PB125の使い方

  1. モバイルバッテリーとしての使う
  2. USB充電器として使う

まずは、モバイルバッテリーとして、同時に2台のデバイスまで充電できます。

そして、「RAVPower RP-PB125」の特徴である、USB充電器として使うことが可能です。

外出するときに、荷物が減らせるのが良いですね!

【RP-PB125】の使い方・充電性能レビュー

【RP-PB125】の充電性能レビュー

「RAVPower RP-PB125」を様々なデバイスに接続して、充電性能を見てみました。

▼iPad miniに接続した場合

▼Androidスマホに接続した場合

▼AirPodsに接続した場合

  

接続したデバイスに応じて、最適な電流出力(アンペア)に変わっています。

バッテリー容量を効率良く使えるのが優秀です!

【RP-PB125】の使用感レビュー

RAVPower RP-PB125」を使ってみての使用感をご紹介していきます。

☑ の使用感まとめ

  • コンセントプラグが取り出しにくい
  • シンプルな外観とマットな質感がカッコいい
  • 持ち歩きでも苦にならない軽さ
  • 使い勝手の良いボタンや端子の配置
  • 付属のポーチを使えば、充電セットが完了する

コンセントプラグが取り出しにくい

「RAVPower RP-PB125」と使ってみて、コンセントプラグが少し取り出しにくいと感じました。

本体からプラグが少し飛び出ていれば、より使い勝手が良くなったかもしれません。

この点はちょっと残念なポイントです。。

シンプルな外観とマットな質感がカッコいい

「RAVPower RP-PB125」の見た目はとてもシンプル。

側面に入った「RAVPower」のロゴ以外、極力余計なものを省いた印象です。

表面は光沢がなく、マットで落ち着いた質感なので、指紋が目立たず美しく使えます。

持ち歩きでも苦にならない軽さ

「RAVPower RP-PB125」の重量は約184gです。

ほぼ、iPhone 11 Pro(188g)と同じぐらいの重さですので、普段の持ち歩きでカバンに入れていても苦になりません。

使い勝手の良いボタンや端子の配置

「RAVPower RP-PB125」はひとつの面に全ての端子が集まっています。

この面さえ見れば、残りのバッテリー容量やUSB端子の向きが確認できるので、とても使い勝手が良いと感じました。

また、細かいですが、USB端子までブラックで統一してあるのもお気に入りポイントです。

付属のポーチを使えば、充電セットが完了する

「RAVPower RP-PB125」に付属するポーチが超便利。

付属のポーチへ本体とケーブルを入れておけば準備は完了です。

お出かけや旅行のときに、充電セットをサッと取り出せるのがいいですね。

【RP-PB125】とコンセント付きモバイルバッテリーを比較

【RP-PB125】とコンセント付きモバイルバッテリーを比較

RAVPower RP-PB125」と市場で販売されている、コンセント付きモバイルバッテリーを比較していきます。

特に優れている機能は黄色のアンダーライン

製品名 容量 色展開 サイズ 重量 ポート 最大出力(USB-A) 急速充電 Qi対応
amazonRAVPower RP-PB125(写真中) 6700mAh ブラック・ホワイト 8.1 × 7.5 × 2.7 cm 184g(実測) USB-A×2 15W(2ポート合計)
amazonAnker PowerCore Fusion 5000(写真右) 5000mAh ブラック・ホワイト・レッド 7.2 x 7 x 3.1 cm 190g(実測) USB-A×2 15W(2ポート合計)
amazonSuperMobileCharger CIO-SC2(写真左) 8000mAh ブラック 8.2 x 8 x 2.9 cm 247g(実測) USB-A×1、Type-C×1 18W

「SuperMobileCharger CIO-SC2」は容量が多くて機能が満載だけど、ずっしりくる重量感。

「Anker PowerCore Fusion 5000」は、 バッテリー容量が少し物足りない。

3つの実物を実際に比較してみて、「 RAVPower RP-PB125」が最もバッテリー容量と重量感のバランスが取れていておすすめです。

あなたならどれを選びますか?

【RP-PB125】レビューまとめ

RAVPower(ラブパワー)モバイルバッテリーの「RP-PB125」をレビューしてきましたが、まとめると以下の通りです。

レビューまとめ

  • 使い勝手の良いボタンや端子の配置
  • 必要十分なバッテリー容量の6700mAh
  • 持ち歩きでも苦にならない軽さの180g
  • モバイルバッテリーとUSB充電器の1台2役
  • シンプルな外観とマットな質感がカッコいい

日常使いから旅行まで使えるモバイルバッテリーをお探しの方、RAVPower RP-PB125」はおすすめできる一品ですよ!

関連記事

     


【 ミニマリスト向け 】【 Anker PowerLine II 3-in-1 ケーブル 】 レビューと口コミ評判

続きを見る


【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

続きを見る


【 CIO SuperMobileCharger CIO-SC2 レビュー 】持ち物が極限まで減らせる次世代モバイルバッテリー【口コミ評判・比較あり】

続きを見る

amazonで購入検討の方に朗報!

初回チャージで1000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

amazonチャージのキャンペーン登録ページはこちら

-ガジェット, モバイルバッテリー

© 2020 ガジェスペ|ガジェットブログ