ガジェット モバイルバッテリー

【MIPOW Power Cube Pro 10,000mAh レビュー】6色のカラフルでミニマルデザインのモバイルバッテリー

【MIPOW Power Cube Pro 10,000mAh レビュー】6色のカラフルでミニマルデザインのモバイルバッテリー

どうも、ガジェット大好きのりょう(@gadgetspace_)です。

本記事では、クラウドファンディングサービスのMakuakeで応援購入を受付中のMIPOW(マイポウ) 「Power Cube Pro 10,000mAh(パワーキューブプロ)
」をレビュー
していきます。

MIPOW(マイポウ) について


世界のAppleストアで充電器やヘッドホンを展開する大手ガジェットメーカー。Appleとの公式ライセンスパートナーなので、品質や信頼性は折り紙付きです。
 

「MIPOW Power Cube Pro 10,000mAh」はミニマルなデザインのボディに大容量10,000mAhを搭載したモバイルバッテリーです。

トレンドカラーを参考にした6色のカラーバリエーション。

Qi規格(認証取得済み)のワイヤレス充電に加え、最大18WのUSB Power Delivery(PD)充電、USB-Aポート(5V/2A、5V/1A)を2つ搭載し、合計で4台のデバイスまで同時に充電ができます。

MIPOW Power Cube Pro 10,000mAh」は自分カラーで複数デバイスが充電できるモバイルバッテリーをお探しの方におすすめできる一品です。

おしゃれな見た目に、いま必要な機能が満載です!

「MIPOW Power Cube Pro 10,000mAh」レビューまとめ

  • 余計な装飾がないミニマルなデザイン
  • トレンドカラーを意識したカラーバリエーション
  • コンパクトかつストラップ付きで持ち運びしやすい
  • USB Power Delivery(PD)出力が18Wでノートパソコンも給電OK
  • 最大4台まで同時に充電が可能(Qi、USB-A×2、USB-C)
  • トラベルポーチ、充電ケーブル付きで満足度アップ

▼「MIPOW Power Cube Pro 10,000mAh」の購入はこちら

メモ


本記事はメーカー様から商品を貸出いただき作成しています。
ブラックを使ってレビューしました。




【Power Cube Pro 10,000mAh】の付属品と外観レビュー

【Power Cube Pro 10,000mAh】の付属品と外観レビュー

Power Cube Pro 10,000mAh の付属品

  1. 「Power Cube Pro 10,000mAh」本体
  2. トラベルポーチ
  3. 滑り止めシール(Qi充電用)
  4. 充電ケーブル
  5. 取扱説明書
  6. パッケージ

▼パッケージは「Power Cube Pro 10,000mAh」本体とその他の付属品で小分けになっています。

押し出して開封することができます。

パッケージからおしゃれなこだわりを感じます。

▼「Power Cube Pro 10,000mAh」本体の外観からレビューしていきます。

ツルッと光沢のある素材と、ザラッとマットな素材を組み合わせた外観。

側面には充電する端子やボタンがそれぞれ付いています。

こちらの面にはUSB-Cと電源ONボタン。

電源ONのボタンを押すと、バッテリー残量の確認でLEDが点灯します。

裏面は凸が4箇所。

凸がある分、卓上に置いたときにすき間ができるので、つかみやすくなっています。

ストラップが付いているので、バッグからの取り出しや持ち運びするときも便利です。

本体カラーに対して差し色になっているのがおしゃれ。

「Power Cube Pro 10,000mAh」の重量を計測。

約215gで持ち運びは苦にならない重量感です。

▼次にトラベルポーチの外観をレビュー。

布素材で手触りが良いです。

「MIPOW」のブランドタグ入りでこだわりを感じるつくり。

「Power Cube Pro 10,000mAh」本体と充電ケーブルを収納。

専用ポーチなので、ぴったり収まります。

▼充電ケーブルの外観もレビュー。

コネクタ仕様はUSB-C to USB-C(変換コネクタUSB-A)となっています。

コネクタの部分に「MIPOW」の刻印入り。

ケーブル長は約25cm。短めなので、かさばりにくい長さです。

【Power Cube Pro 10,000mAh】の充電レビュー

【Power Cube Pro 10,000mAh】の充電レビュー

MIPOW Power Cube Pro 10,000mAh」は最大4台まで同時充電が可能。

注意


各ポートで同時に充電した場合、接続したデバイスへの給電の出力は分散されます。

充電ポートと最大出力をまとめるとは以下の通り。

  • ワイヤレス充電(最大10W)
  • USB-C(最大18W)
  • USB-A(最大10W)
  • USB-A(最大5W)

それぞれの充電方法を試してみました!

▼まずはワイヤレス充電(最大10W)で。

Qi規格に対応したデバイスを置くだけで、充電が開始されます。

ケーブルを差さなくても充電できるのがいいですね。


Qi(チー)とは


ワイヤレス給電の国際標準規格。Qi対応したスマホを置くだけで充電が可能です。
 

ワイヤレス充電の仕様


通常出力5W、iPhone(最大出力7.5W)、Androidスマホ(最大出力10W)を自動で認識します。
 

▼次にUSB-C(最大18W)。最も出力が大きいポートです。

USB Power Delivery(PD)に対応しているので、ノートパソコンの補助電源としても。

USB Power Delivery(PD)とは


両端の端子がタイプCポート同士で接続することですばやく電源供給。速く充電したい方におすすめ。
※PD対応デバイスを接続している場合

また、USB-C(最大18W)は「Power Cube Pro 10,000mAh」本体を充電するポートでもあります。

充電の際は、付属の充電ケーブルのUSB-C to USB-Aを使います。

▼残りはUSB-Aが2ポート。

1ポートがUSB-A(最大10W)で、iPadなどのタブレットも充電できる出力。

もう1ポートがUSB-A(最大5W)で、各種スマートフォンやiPodなど小型のガジェットが充電できる出力です。

各ポートの出力に合わせて使い分けできます!

【Power Cube Pro 10,000mAh】のイマイチなところ

ここでは「MIPOW Power Cube Pro 10,000mAh」を使ってみて感じた、デメリットを紹介します。

まとめると下記の通りです。

【Power Cube Pro 10,000mAh】のイマイチなところ

  • 光沢なので指紋が目立ちやすい
  • バッテリー残量が確認しにくい

光沢なので指紋が目立ちやすい

「Power Cube Pro 10,000mAh」を使ってみて「ブラック」、「レッド」は少し指紋が目立ちやすいかなと思います。

他の4色は指紋については大丈夫そうでした。

「ホワイト(左)」、「コーラルピンク(右)」

「ネオングリーン(左)」、「ミントブルー(右)」

指紋が気になる方は、明るめのカラーを選ぶと失敗が少なそうです。

モチロン、指紋は拭き取ればキレイになります!

バッテリー残量が確認しにくい

「Power Cube Pro 10,000mAh」を使ってみて、明るい場所だとバッテリー残量が確認しにくいと感じました。

他社の製品と比べても、控えめなLEDの点灯です。

ただ、寝室などの暗い場所で使う際には、まぶしすぎず丁度よい明るさ。

明るさについては一長一短があると感じました。

バッテリー残量を確認することが多い方は、注意が必要そうです。

【Power Cube Pro 10,000mAh】の良いところ

MIPOW Power Cube Pro 10,000mAh」を使ってみて感じた、メリットを紹介します。

まとめると下記の通りです。

「Power Cube Pro 10,000mAh」の良いところ

  1. 付属品が充実している
  2. ストラップが使いやすい
  3. パススルーにも対応している
  4. 6色のカラーバリエーションから選べる

付属品が充実している

「Power Cube Pro 10,000mAh」は付属品にもこだわっています。

質感の良いトラベルポーチに、変換コネクタ(USB-A)が付いたUSB-C to USB-Cの充電ケーブル。

付属品だけで持ち運びの充電セットが完成です!

ストラップが使いやすい

「Power Cube Pro 10,000mAh」に付いているストラップの使い勝手がとてもイイ。

手に持つとき…

トラベルポーチから取り出すとき…

ストラップがあることで、使いたいときにストレスなく使うことができます。

パススルーにも対応している

パススルーに対応なので、「Power Cube Pro 10,000mAh」を充電しながら、最大3台までデバイスも充電できます。

出張先や旅行先でホテルで、寝る前にセットしておけば、翌朝には手持ちデバイスのバッテリーは満タン状態に。

卓上に置けば、ワイヤレス充電ステーションが完成します!

6色のカラーバリエーションから選べる

「Power Cube Pro 10,000mAh」の特徴でもある豊富なカラーバリエーション。

左一段目から、「ブラック」、「レッド」、「ホワイト」。左二段目から、「ネオングリーン」、「ミントブルー」、「コーラルピンク」です。

横にずらっと並べてみました。

「ネオングリーン」、「ミントブルー」、「コーラルピンク」は個性が出せて良いですね。

「Power Cube Pro 10,000mAh」本体カラー以外に、ストラップの色もそれぞれ違います。

あなたならどれを選びますか?

▼「MIPOW Power Cube Pro 10,000mAh」の購入はこちら




【Power Cube Pro 10,000mAh】レビューまとめ

【Power Cube Pro 10,000mAh】レビューまとめ

MIPOW Power Cube Pro 10,000mAh」をレビューしてきましたが、おさらいです。

「MIPOW Power Cube Pro 10,000mAh」レビューまとめ

  • 余計な装飾がないミニマルなデザイン
  • トレンドカラーを意識したカラーバリエーション
  • コンパクトかつストラップ付きで持ち運びしやすい
  • USB Power Delivery(PD)出力が18Wでノートパソコンも給電OK
  • 最大4台まで同時に充電が可能(Qi、USB-A×2、USB-C)
  • トラベルポーチ、充電ケーブル付きで満足度アップ

「Power Cube Pro 10,000mAh」を実際に使ってみて、おすすめしない人、する人は以下の通りです。

【Power Cube Pro 10,000mAh】をおすすめしない人

  • 指紋が目立ちやすいところが気になる方
  • ワイヤレス充電に対応したデバイスを持っていない方

【Power Cube Pro 10,000mAh】をおすすめする人

  • 自分の好きな色で選びたい方
  • 複数のデバイスを同時に充電したい方

MIPOW Power Cube Pro 10,000mAh」は自分カラーで複数デバイスが充電できるモバイルバッテリーをお探しの方におすすめできる一品です。

▼「MIPOW Power Cube Pro 10,000mAh」の購入はこちら




関連記事


【cheero Power Plus 5 Stick レビュー】PD対応でコンパクトなモバイルバッテリー

続きを見る


【Anker PowerCore III Fusion 5000レビュー】PD給電に対応で進化!コンセント付きモバイルバッテリー

続きを見る


【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

続きを見る


【RAVPower RP-PB125 レビュー】コンセント付きモバイルバッテリーの決定版!

続きを見る


【違い発見!】RAVPower RP-PB125とAnkerを徹底比較、コンセント付きモバイルバッテリーのレビュー

続きを見る


【 CIO SuperMobileCharger CIO-SC2 レビュー 】持ち物が極限まで減らせる次世代モバイルバッテリー【口コミ評判・比較あり】

続きを見る


【Anker PowerCore 10000 レビュー】コスパ抜群!Amazonベストセラーのモバイルバッテリー

続きを見る


【Anker PowerCore 10000 Redux レビュー】より磨きがかかって帰ってきたベストセラー品のモバイルバッテリー

続きを見る


【cheero CHE-101レビュー】PD18W対応で大容量、アルミ素材のモバイルバッテリー【cheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W】

続きを見る




-ガジェット, モバイルバッテリー

© 2020 ガジェスペ|ガジェットブログ