ガジェット ワイヤレスイヤホン

【Astrotec S80PLUS レビュー】ジーンズ生地がおしゃれでコスパ抜群の完全ワイヤレスイヤホン

【Astrotec S80PLUS レビュー】ジーンズ生地がおしゃれでコスパ抜群の完全ワイヤレスイヤホン

どうも、ガジェット大好きのりょう(@gadgetspace_)です。

本記事では、IC-CONNECTが取り扱う、Astrotec社の完全ワイヤレスイヤホン「S80PLUS」をレビューしていきます。

「Astrotec S80PLUS」は前作の「Astrotec MOTIVATION」をリニューアルしたモデル。

画像引用:amazon

「Astrotec S80PLUS」でまず目を引くのが、充電ケース。

ジーンズ生地を使っておしゃれな仕上げです。

イヤホンもゴールドが差し色で高級感あり。

ノイキャンは非搭載ですが、クセのないフラットな音質で聞き取りやすい。

Astrotec S80PLUS」は見た目も妥協しない、一万円以下で購入できる完全ワイヤレスイヤホンをお探しの方におすすめできる一品です。

リニューアルして、さらに完成された商品となりました!

「Astrotec S80PLUS」レビューまとめ

  • 一万円以下で買えてコスパ高し
  • 片耳だけでも使える「MCSync」に対応
  • IPX5防水規格相当で小雨での利用もOK
  • ジーンズ生地を使った充電ケースがおしゃれ
  • クセのないフラットな音質で聞き取りやすい
  • タッチセンサー感度が良し、快適に操作できる

▼「Astrotec S80PLUS」の購入はこちら

【Astrotec S80PLUS】の付属品と外観レビュー

【Astrotec S80PLUS】の付属品と外観レビュー

「Astrotec S80PLUS」の付属品

  1. イヤホン
  2. 充電ケース
  3. 充電ケーブル
  4. イヤーピース
  5. クイックガイド
  6. 取扱説明書/保証書

▼「Astrotec S80PLUS」のイヤホン外観から見ていきます。

ブラックのボディにゴールドの差し色が高級感あります。

イヤホンの内側は充電の端子。

LとRの刻印でイヤホンの左右が確認できます。

滑り止め加工があって、イヤホンの取り出しもスムーズです。

▼「Astrotec S80PLUS」の充電ケース。

落ち着いた色合い、「astrotec」の控えめロゴ。

ジーンズ生地を使っていて、おしゃれな仕上げです。

充電ケースのヒンジ部は金属でしっかりしたつくり。

充電ケースにはイヤホンがピタッと収納できます。

マグネットでくっつくので、気持ちよくはまります。

▼「Astrotec S80PLUS」の充電ケーブル。

端子は「USB-A to USB-C」となっています。

ケーブル長は短く、充電中にもかさばらないのがいいです。

【Astrotec S80PLUS】の音質をレビュー

Astrotec S80PLUS」はフラットで聞き取りやすいクリアな音質。

低音がしっかり効いたドンシャリサウンドが好みの方には少し物足りないかもしれません…

ただ、必要以上に低音や高音がブーストされておらず、バランスが取れたサウンドだと感じました。

実際に2曲聴いてみた感想をご紹介します。

スピッツ 「ロビンソン」

ボーカルの高音域やクリアな声が再現できていてgood。

indigo la End「悲しくなる前に」

ドラムやベースの低音が物足りなく感じる方もいるかも。

個人的にはボーカルの声がしっかり再現されていて楽しめました。

注意

音の評価は人によってばらつきがありますので、あくまで僕の主観でお伝えしてしています。この点、ご承知おきください。

【Astrotec S80PLUS】の初回ペアリング方法

Astrotec S80PLUS」のペアリング(Bluetooth対応機器との接続すること)は直感的で簡単です。

STEP.1
ペアリングモード

【Astrotec S80PLUS】の初回ペアリング方法

STEP.2
Bluetooth機器の接続設定

Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「Astrotec S80PLUS」が表示されるので、そちらをタップします。

STEP.3
ペアリング完了

Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わります。

以上がペアリングの方法です。

充電ケースから取り出すだけなので簡単にペアリングできました!

【Astrotec S80PLUS】の装着感と操作方法

【Astrotec S80PLUS】の装着感と操作方法

Astrotec S80PLUS」は、軽く、ぴたっと吸い付く装着感です。

最初に位置を決めてしまえば、ズレにくいのでストレスフリーで使えます。

また、カナル型のイヤホンなので、密着して耳栓のようなフィット感があります。

注意

ノイズキャンセリング機能は搭載していません。

ちなみに、「Astrotec S80PLUS」の操作方法は以下の通り。

操作 動作
イヤホン(L/R)どちらかを1回タップ 再生/一時停止/電話を受ける/切る
イヤホン(L)2回タップ 音量を上げる/着信拒否
イヤホン(R)2回タップ 音量を下げる/着信拒否
イヤホン(L)1秒長押し 曲送り
イヤホン(R)1秒長押し 曲戻し
イヤホン(R)3回タップ Siri・Googleアシスタントを起動
イヤホン(L/R)どちらかを2秒長押し 電源ON
イヤホン(L/R)どちらかを6秒長押し 電源OFF

「Astrotec S80PLUS」はタッチセンサーの感度もよく、ストレスフリーの操作感でした。

タップすれば、思ったとおりに反応してくれました!

【Astrotec S80PLUS】のイマイチなところ

【Astrotec S80PLUS】のイマイチなところ

Astrotec S80PLUS」を使ってみてイマイチなところは、指の腹で充電ケースが開けられないこと。

ケースの使い勝手を重視される方は注意が必要かなと思います。

参考に開け方のコツをご紹介します。

指の爪を立てて開けるか…

充電ケースのフタの横を掴んで開けるか。

指の爪を立てて開けるのは少し使いにくいかも…

【Astrotec S80PLUS】の良いところ

Astrotec S80PLUS」を使ってみて感じた、良いところを紹介します。

まとめると下記の通りです。

「Astrotec S80PLUS」の良いところ

  1. 見た目のかっこよさ
  2. 付属品の細部へのこだわり
  3. 片耳だけでも使える「MCSync」に対応

見た目のかっこよさ

【Astrotec S80PLUS】の良いところ

「Astrotec S80PLUS」の良いところは、まず見た目のかっこよさ。

ジーンズ生地を組み合わせた充電ケースと、ブラック×ゴールドのイヤホン。

数万円する高級ワイヤレスイヤホンのような外観がgoodです。

付属品の細部へのこだわり

充電ケーブルは約16cmのショートケーブルに「astrotec」のロゴ入り。

イヤーピースも形状違いとサイズ違いで5セットも付属。

これなら自分に合う形状も見つかるはず。

「Astrotec S80PLUS」は付属品にも抜かりなし。

片耳だけでも使える「MCSync」に対応

引用元:amazon

「Astrotec S80PLUS」のBluetoothチップにAiroha社「AB1536」が搭載。

「MCSync」で独立した左右のイヤホンへ直接接続することで、通信が途切れにくく、操作のレスポンスが速くなっています。

そのため、急な操作で両耳から片耳だけ使用する際もスムーズに切替できます。

家事をするときや、コンビニの会計で両耳から片耳にしたいときなど、周りの音を感じながら楽しみたいときに便利です。

MCSyncとは

スマホなどの機器からの信号に両側のイヤホンが直接通信できる技術のこと。

従来の通信方式(左右のイヤホンのどちらかが親機となり、もう片方のイヤホンに伝送を行う接続方式)よりも「安定した接続性能」や「省エネ化」、「音質への貢献」も、実現されています。

【Astrotec S80PLUS】と「Astrotec MOTIVATION」との比較

「Astrotec S80PLUS」は前作の「Astrotec MOTIVATION」をリニューアルしたモデルです。

比較表で違いを見ていきたいと思います。

製品名 価格(Amazon) 通信方式 防水規格 再生可能時間 対応コーデック ドライバーサイズ 充電端子 特徴
amazonAstrotec S80PLUS ¥7,500 Bluetooth5.0 IPX5 最大25時間 CVSD、mSBC、SBC、AAC 6mmダイナミックドライバー USB-C バイオセルロースドライバーで小型化、耳への負担が軽減
MCSync テクノロジーで左右同時転送が可能
amazonAstrotec MOTIVATION ¥8,641 Bluetooth5.0 IPX5 最大25時間 CVSD、mSBC、SBC、AAC 10mmダイナミックドライバー microUSB ベリリウムドライバーで軽い・高剛性・高感度

比較表のスペックから…

基本スペックはそのままに、グレードアップした形になります。

また、「Astrotec S80PLUS」は以下の点で優れています。

【Astrotec S80PLUS】が優れている点

  • 次世代の端子「USB-C」を搭載
  • MCSync テクノロジーで左右同時転送が可能
  • バイオセルロースドライバーで小型化、耳への負担が軽減

必要なスペックがしっかり搭載されています!

【Astrotec S80PLUS】レビューまとめ

【Astrotec S80PLUS】レビューまとめ

Astrotec S80PLUS」をレビューしてきましたが、まとめると以下の通りです。

「Astrotec S80PLUS」レビューまとめ

  • 一万円以下で買えてコスパ高し
  • 片耳だけでも使える「MCSync」に対応
  • IPX5防水規格相当で小雨での利用もOK
  • ジーンズ生地を使った充電ケースがおしゃれ
  • クセのないフラットな音質で聞き取りやすい
  • タッチセンサー感度が良し、快適に操作できる

「Astrotec S80PLUS」を実際に使ってみて、おすすめしない人、する人は以下の通りです。

【Astrotec S80PLUS】をおすすめしない人

  • ノイズキャンセリング機能を求めている方
  • 低音がしっかりのドンシャリサウンドを求めている方

【Astrotec S80PLUS】をおすすめする人

  • 見た目のデザインや素材感にこだわりたい方
  • コスパの高い完全ワイヤレスイヤホンをお探しの方
  • 予算が一万円で買える完全ワイヤレスイヤホンをお探しの方

見た目も妥協しない、一万円以下で購入できる完全ワイヤレスイヤホンをお探しの方におすすめできる一品です!

▼「Astrotec S80PLUS」の購入はこちら

amazonで購入検討の方に朗報!

初回チャージで1000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

amazonチャージのキャンペーン登録ページはこちら

関連記事


【 AIR by MPOW X5.1J レビュー】日本人好みの音質や操作性の完全ワイヤレスイヤホン

続きを見る


【okcsc Sabbat X12 Ultra】イヤホンレビュー カモフラ柄がおしゃれな完全ワイヤレスイヤホン

続きを見る


【T5進化版】Mpow M5レビュー【グラフェンドライバー搭載の完全ワイヤレスイヤホン】

続きを見る


【Dudios Shuttle レビュー】コスパ良しの完全ワイヤレスイヤホン

続きを見る

-ガジェット, ワイヤレスイヤホン

© 2020 ガジェスペ|ガジェットブログ