ANKER モバイルバッテリー

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

amazonでベストセラー品のAnker PowerCore Fusion 5000。

すでにamazonでレビューが5000件以上もあり、大人気の商品です。

5つ星のうち5.0 小回りの効く使い勝手の良さ

人気商品なのでプライムセールでなんとなく購入しましたが、今では手放せない存在になっています。 夜寝る前にこのアダプタでiPhoneを充電し、出かける際はアダプタごと持って行く。メリットとしてはたったこれだけなのですが、手軽さが半端ないです。

引用元:amazonレビュー

持ち運びもできる充電器兼モバイルバッテリー

普段はコンセントに刺したまま充電器として使っており、出張や旅行の時にモバイルバッテリーとして持ち運んでいます。 モバイルバッテリーとしては容量は少なめですが、旅先でコンセントに挿せば充電でき、 そのまま携帯なども充電できるため、とても楽です。 欲を言えば、小型化・大容量化して頂きたいところですが。。

引用元:amazonレビュー

本記事はAnker PowerCore Fusion 5000のレビュー記事です。

また、amazonの批判的なレビューで多かったものを実機で検証しています。

本記事を読めば、Anker PowerCore Fusion 5000を購入すべきかが分かります。

とりあえず『Anker PowerCore Fusion 5000』の特徴だけ知りたいときは、以下を参考にしてみてくださいね。

Anker PowerCore Fusion 5000 特徴まとめ

  • 苦にはならないけど、重量感あり
  • マットな質感でデザインかっこいい
  • コンセント付きのモバイルバッテリー
  • 接続する機器に応じて最適な充電ができる
  • 容量は5000mAhでiPhone約1.5回分の充電

Anker PowerCore Fusion 5000はこんな方におすすめ

  • 外出先でスマホを適度に使う、ライトユーザーの方
  • 充電器とモバイルバッテリーを2台持ちしたくない方
  • 毎日の持ち歩きよりは、出張先、旅先で荷物を減らしたい方

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】同梱物レビュー

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

同梱物

  1. Anker PowerCore Fusion 5000 本体
  2. 商品のパッケージ(内箱)
  3. メッシュポーチ
  4. Anker 連絡先
  5. microUSBケーブル(充電用)
  6. 商品のトリセツ
  7. 商品のパッケージ(外箱)

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】外観レビュー

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

本体の側面に『ANKER』のロゴが刻印されてます。

RYO

マットな質感がカッコいい!

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

本体裏面にはコンセントプラグが収納されています。

折りたたんで収納できるので、持ち運びの際に邪魔にならなさそう。

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

こんな感じでプラグが隠れます。

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

少し先端が出ているので、引っ掛かりでプラグが出し入れしやすいのポイント。

プラグ先端の角をとっているので、触っても痛くないです。

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

こちらが正面からの写真です。

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

ボタンやポート類の仕様はこんな感じです。

Anker PowerCore Fusion 5000 仕様

  1. バッテリー残量LEDインジケーター
  2. バッテリー残量確認ボタン
  3. USBポート×2(出力)
  4. microUSBポート×1(本体充電用)

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】充電の性能をレビュー

充電性能をテスターを使って検証してみました。

Anker PowerCore Fusion 5000にはPowerIQ、VoltageBoostという独自技術が搭載されています。

PowerIQとは

各USBポートに接続された機器を自動的に検知し、その機器に適した最大のスピードで急速充電を行うことが可能な技術

VoltageBoostとは

充電速度の低下原因となるケーブル抵抗を和らげ、フルスピードで充電する技術

RYO

接続した機器に最適な充電スピードが可能ってことですね

下記の機器で充電性能を試してみました。

試した機器

  • iPhone11
  • iPhone11 Pro max
  • 10.5インチiPad Pro
  • AirPods

Anker PowerCore Fusion 5000 ➝ iPhone11に接続した場合 【 0.95A 】

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

Anker PowerCore Fusion 5000 ➝ iPhone11ProMaxに接続した場合 【 2.35A 】

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

Anker PowerCore Fusion 5000 ➝ 10.5インチiPad Proに接続した場合 【 2.31A 】

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

Anker PowerCore Fusion 5000 ➝ AirPodsに接続した場合 【 0.29A 】

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

機器に応じてちゃんと電流数値が変わってますね。

RYO

出力に無駄がないのがイイですね

ただし、2台接続したときには電流数値が1A弱ぐらいの性能になりますので注意

Anker PowerCore Fusion 5000 ➝ 10.5インチiPad Pro + iPhone11ProMaxの2台を接続した場合 【 0.96A 】

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューまとめ

総じて満足ですが、重くデカイ…

バッテリー容量を削ってでも軽くして貰いたいです

引用元:amazonレビュー

外れやすいコンセントもある

便利ですが、一部のコンセントにはうまく刺さりません。

新幹線や飛行機のコンセントは不安定ですぐに外れたりします。

引用元:amazonレビュー

意外と容量が少ないかも、ずぼらな人は注意

鞄に入れっぱなしにしてしまう人は、このくらいの容量だと、一回使って、次に使おうとしたら容量がない!ってことが何回かありました。

引用元:amazonレビュー

予想以上に大きい

ポケットに入れて持ち運べるものを想像していましたが、意外と大きくふた周り程度小さければ最高でした。

引用元:amazonレビュー

普通に使用はできていますが・・・

充電時、かなりの発熱でボディが熱くなります。

また、充電時の高熱のせいか、樹脂が溶けるような異臭で安心して使用できません。

引用元:amazonレビュー

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】批判的レビューを検証

amazonの批判的なレビューをまとめるとこんな感じの内容が多かったです。

amazon批判的レビューまとめ

  • 本体が重い
  • 容量が小さい
  • サイズが大きい
  • 充電時に発熱する

それぞれ実機を踏まえて検証してみました。

本体が重い

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

重量を計測してみると、190gでした。

手で持つと少し重量感があるかなという感じ。

軽さを求める方には少し気になるかもです。

参考値

  • iPhone XS:177g
  • iPhone XS Max:208g
  • iPhone11:194g
  • iPhone 11 Pro:188g
  • iPhone 11 Pro Max:226g

容量が小さい

容量は5000mAhでiPhone約1.5回分ぐらいです。

iPhone 11で充電を試したところ、1回のフル充電でバッテリーランプが1つだけ点灯する状態に。

持ち運びのときにスマホをガンガン使う方、複数の機器を充電する方には少し物足りない容量かも。

参考値

  • iPhone XS:2,658mAh(約1.8回分)
  • iPhone XS Max:3,174mAh(約1.5回)
  • iPhone 11:3,110mAh(約1.6回分)
  • iPhone 11 Pro:3,046mAh(約1.6回分)
  • iPhone 11 Pro Max:3,969mAh(約1.2回分)

サイズが大きい

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】
【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

iPhone11 ProMax、クレジットカード、AirPodsと大きさを比べてみました。

Anker PowerCore Fusion 5000は少し厚みがあります。

ただ、個人的にはこのぐらいのサイズ感なら旅行やお出かけの際に、カバンのポケットにサッと入れておけるかなと。

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

ただ、コンセントに差し込んだとき、充電器のサイズによっては干渉します。要注意。

充電時に発熱する

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

充電中に非接触タイプの温度計で計測。

持ってみるとほんのり温かいぐらいでした。

充電中に熱を持つのは仕方ないですが、手に持てないぐらい発熱してるようなら、不良の可能性あり。

カスタマーセンターに相談した方が良さそう。

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】実機レビューでの使用感

付属のポーチを使えば充電セットが完成する

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

付属のポーチがあるので、ケーブルと一緒に持ち歩けばごちゃごちゃしない。

3in1のUSBケーブルを収納しておけば、さらに荷物も減らせるし最高。

LEDが控えめなので、就寝時も眩しくなくて良い

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

バッテリーによっては、充電時のLEDが眩しすぎることがありますが、ちょうど良い明るさです。

寝て起きたらスマホとモバイルバッテリーの充電完了

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

寝てる間にスマホとモバイルバッテリー両方の充電が済んでるのは嬉しいポイントです。

朝起きて、スマホと一緒にバッグに入れてサクッと出かけれます。

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】と他製品を比較

Anker PowerCore Fusion 5000と同容量5000mAhのモバイルバッテリーと比較してみました。

画像
名称Anker PowerCore Fusion 5000cheero CHE-108Anker PowerCore 5000
容量
( mAh )
500050005000
寸法
( cm )
7.2 x 7 x 3.111 x 6.8 x 2.510.8 x 3.3 x 3.3
重さ
( g )
290181136
ポート数USB-A×2USB-A×1
USB-C×1
USB-A×1
充電台数221
急速充電対応対応対応
合計出力15Wまで18Wまで10Wまで
その他ACプラグ付きPD対応-

重量だけ気になりますが、2ポート搭載かつ急速充電の性能とコンセント付きという点で考えるなら、

僕は利便性の高さで「Anker PowerCore Fusion 5000」を選びました。

あなたならどれを選びますか?

【 Anker PowerCore Fusion 5000 】レビューまとめ

Anker PowerCore Fusion 5000をレビューしてみたまとめがこちらです。

レビューまとめ

  • 苦にはならないけど、重量感あり
  • マットな質感でデザインかっこいい
  • コンセント付きのモバイルバッテリー
  • 接続する機器に応じて最適な充電ができる
  • 容量は5000mAhでiPhone約1.5回分の充電

こんな方におすすめ

  • 外出先でスマホを適度に使う、ライトユーザーの方
  • 充電器とモバイルバッテリーを2台持ちしたくない方
  • 毎日の持ち歩きよりは、出張先、旅先で荷物を減らしたい方

Anker PowerCore Fusion 5000は色展開も3色あります。

RYO

黒・赤・白の好みの色からチョイスしましょう!

☑この商品をお得に購入する方法

少しでもオトクに手に入れたい!

そんな方にはAmazonチャージでの購入がおすすめです!

「Amazonチャージ」はAmazonギフト券にお金をチャージして買い物する方法。

使うメリットは以下の通りです。

「Amazonチャージ」のメリット

  • 初回チャージで1,000円分のポイントをゲット(還元率20%)
  • 購入金額に合わせて最大2.5%のポイントをゲット

1回のチャージ金額とプライム会員かどうかで還元率が変わる仕組みです。

引用元:公式Amazonチャージの特典

「Amazonチャージ」は誰でも、何度でも使えるサービス。

積み重ねで見れば大きな額になるので、オトクに買い物したい方はやらなきゃ損ですよ。

Amazonチャージのご紹介

>>Amazonチャージはこちら

>>初回チャージはこちらのキャンペーンがオトク

※チャージはたった3秒で終わります
※初回チャージなら1,000円分のポイントがもらえます

関連記事

【2020年】ミニマリストにおすすめのモバイルバッテリー10選【個別レビューあり】

続きを見る

【実体験】在宅勤務を快適に!仕事の効率がアップするガジェットおすすめ10選をシーン別に紹介

続きを見る

【ミニマリスト必見!】おすすめのガジェットまとめ【実機レビューあり】

続きを見る

iWALK 超小型モバイルバッテリー4500mAh【 Link Me 4レビュー 】iPhone用の使い方と評判

続きを見る

【 CIO SuperMobileCharger CIO-SC2 レビュー 】持ち物が極限まで減らせる次世代モバイルバッテリー【口コミ評判・比較あり】

続きを見る

【RAVPower RP-PB125 レビュー】コンセント付きモバイルバッテリーの決定版!

続きを見る

【違い発見!】RAVPower RP-PB125とAnkerを徹底比較、コンセント付きモバイルバッテリーのレビュー

続きを見る

RP-PB055JP(new version) レビュー|超高出力のモンスターバッテリー

続きを見る

【cheero Power Plus 5 Stick レビュー】PD対応でコンパクトなモバイルバッテリー

続きを見る

【Anker PowerCore III Fusion 5000レビュー】PD給電に対応で進化!コンセント付きモバイルバッテリー

続きを見る

【実機レビュー】Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ|テレワークに最適の必要十分なポートのハブ

続きを見る

【cheero CHE-101レビュー】PD18W対応で大容量、アルミ素材のモバイルバッテリー【cheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W】

続きを見る

【Anker PowerCore 10000 レビュー】コスパ抜群!Amazonベストセラーのモバイルバッテリー

続きを見る

【MIPOW Power Cube Pro 10,000mAh レビュー】6色のカラフルでミニマルデザインのモバイルバッテリー

続きを見る

【cheero Power Mountain mini 30000mAh レビュー】おにぎり型に高機能がギュッと詰まった、大容量モバイルバッテリー(CHE-111)

続きを見る

【Anker PowerCore 13000 レビュー】大容量で持ち運びOK!ちょうど良いサイズのモバイルバッテリー

続きを見る

-ANKER, モバイルバッテリー

© 2020 ガジェスペ|ガジェットブログ