ガジェット

【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

メモ


本記事では、「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」をレビューした。使い方も解説していく。

パソコン作業で、こんなことはないだろうか…

  • 照明が画面へ映り込む…
  • 配線をもっとスッキリさせたい…
  • 部屋の照明なしでも必要な明るさがほしい

僕はクランプ固定のスタンドライトを使っていた。

スタンドライトも悪くないが、画面への映り込みはなんとかしたかった。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

液晶モニターに照明が映り込むと見づらい

そこで、「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」を使ったら、画面への映り込みが皆無に。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

しかも、デスク配線すっきり

「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」の操作はワイヤレスリモコン。

手元にあると操作しやすいし、ワイヤレスで配線がごちゃごちゃしないのもイイ


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

卓上スッキリを目指しているあなたにもピッタリ

また、「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」を設置してから、部屋のシーリングライトを使わなくて済むことにも驚いた

手元照明に加えて、モニター背面を照らす関節照明も付いている。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

関節照明のみ


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

手元+関節照明でシーリングライト不要

色温度を変えれば、シーンに応じた使い分けも。

パソコン作業から、読書のリラックスタイムまで、あなたに寄り添う演出をしてくれるはず。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

冷色:集中して作業に没頭する


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

暖色:iPadで電子書籍を楽しむ

また、従来のScreenBarスクリーンバーと同様、「Halo」もWEBカメラの据え置きが可能


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

今のデスク環境そのままに作業することができる◎

本記事がBenQ ScreenBarスクリーンバーの新型、「Halo」が気になるあなたの参考になれば嬉しい。

レビューまとめ

  • 間接照明モードでQOL向上
  • 思い立ったらその場でリモコン操作が可能
  • 照射角度35°で机の奥行きあっても使いやすい
  • WEBカメラの設置もOK
  • LEDや音量も調整。寝室の設置にも良き。

デメリット・注意点

  • ワイヤレスリモコンのスリープ復帰が待ち遠しい
  • ライトバー本体の色はシルバー系
  • 上部のベゼルの広さ、モニター厚みも要チェック

関連記事

関連記事BenQ ScreenBarの違いを比較

BenQ ScreenBarとPlus、Haloの違いを比較。【選び方のポイントも解説】

続きを見る

関連記事BenQ ScreenBarをレビュー

BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

続きを見る

関連記事BenQ ScreenBar Plusをレビュー

BenQ ScreenBar Plusの使い方&レビュー。確実操作の手元スイッチ。ベゼルレスでもOKのモニターライト。

続きを見る

BenQ ScreenBar Haloの概要【待望のワイヤレスリモコン・湾曲モニター対応】

まずは「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」について、以下の構成でざっくりと把握していきたい。

ScreenBar Haloの概要

  • 仕様と特長
  • 梱包・付属品
  • 外観・サイズ感【ScreenBarと比較】

ScreenBar Haloの仕様と特長

「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」の製品仕様を表にまとめてみた。

ScreenBar Haloスペック表

製品名ScreenBar Halo
画像

光源
デュアルカラーLED
演色性
Ra>95
照度
中心照度最大
800ルクス
(照射面から45cmの場合)
色温度
2,700Kから6,500Kまで
(ANSI White 8段階調整可能)
電源入力
5V/1.3A
USBポートより
リモコン電源
単4型電池(AAA)×3
消費電力
6.5W(最大)
ワイヤレス機能
RF 2.4GHz
材料
アルミニウム合金
PC/ABS樹脂
外形寸法
ライト本体
幅:50cm
縦:9.47cm
高さ:9.71cm

リモコン
幅:7.4cm
縦:7.4cm
高さ:3.84cm

梱包寸法
幅:56.8cm
縦:19.8cm
高さ:9cm
重量
ライト本体
0.8kg

化粧箱含む
1.6Kg

ScreenBar Haloスペック表

過去のモデルに対して、「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」の特長は大きく以下の3点。

  • 手元操作のリモコンがワイヤレスでより快適に
  • 間接照明付き、3つの照明モードでより快適に
  • 付属アタッチメントで湾曲モニター取付可能に
特長1:手元操作のリモコンがワイヤレスでより快適に

LEDの明るさや色温度を手元のリモコンで操作。

しかも、ケーブルレスのワイヤレスタイプで快適に。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

ワイヤレスで操作


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

明るさや色温度を調節可能

特長2:間接照明付き、3つの照明モードでより快適に

手元照明の他、モニター背面を明るく照らせる関節照明の機能が追加。

切替することで3つのモードに。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

「手元+関節」「手元のみ」「関節のみ」
特長3:付属アタッチメントで湾曲モニター取付可能に

対応可能なモニターが増えたのもポイント。

ウルトラワイドモニターのような湾曲モニターもアタッチメントを使えば取付可能に。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

湾曲モニター用アタッチメント

ScreenBar Haloの梱包・付属品

それでは、「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」の実物をチェックしていこう。

届いた時、化粧箱がこちら。

化粧箱を開けてみた様子。

保護フィルムや個包装など、一つ一つ丁寧に箱詰めされていた。

一通り荷解きをすませた状態。

「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」は、以下の部品で構成されていた。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

部品部品の名称
ScreenBar Halo 本体
取扱説明書
保証書
ワイヤレスリモコン
単4電池×3本
湾曲モニター対応用アタッチメント
湾曲モニター対応用スペーサー

ScreenBar Haloの外観・サイズ感【ScreenBarと比較】

開封した各部品を細かくチェックしていこう。

ScreenBar Halo 本体

まずは「ScreenBar Halo 本体」から。

本体の色はシルバー系で、材質は金属。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

表面はマットな質感に仕上がっていた

ScreenBarとサイズ感を比較すると、少し大きくなっている。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

細かく比較したいあなたはこちらの記事をどうぞ

本体の中心部はABS樹脂素材。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

見た目はチープな感じはしない


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

モニターへ直接当たる部分はスポンジ

「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」は電源を確保するUSBケーブルと一体型。

配線も下向きになるよう、仕様変更されていた。

本体背面のクリップ部分は下半分がLEDライトになっている。

LEDライトはスモークがかった半透明の素材を採用。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

間接照明モードで使う


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

LEDライトが点灯した様子

湾曲モニター対応用のアタッチメント・スペーサー

標準オプションに、湾曲モニター対応用のアタッチメントとスペーサーが付属。

湾曲モニターへ対応が可能に。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

湾曲モニター対応用のアタッチメントとスペーサー


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

湾曲モニター対応用のアタッチメントを付けた様子

ワイヤレスリモコン

「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」を操作するための手元リモコン。

ワイヤレスイヤホンの側面から見た様子。

手元操作しやすいよう、手前側に傾斜がついている。

ワイヤレスリモコンの裏面は滑り止めのゴム足が付いている。

卓上からの不意の落下を防ぐ設計になっていた。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

細かいホコリが付きやすい

ゴム足の部分は電池蓋がマグネットで固定されている。

取り外すと電池入れを確認することができた。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

付属の単4電池を3本入れれば、すぐに使うことが可能

BenQ ScreenBar Haloの使い方とリモコン操作の方法

さて、ここからは「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」を実際に使うまでの手順と、操作方法について解説していく。

LEDを照射するまでの手順

単純に伝えると…

ScreenBar Haloをモニターに引っ掛けて、電源ONするだけ。

具体的に手順を見ていこう。

STEP.1
「ScreenBar Halo」をモニターに乗せる

「モニター固定用アタッチメント」を広げて、モニター上に引っ掛ける。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

関節部分には元に戻る力があり、
モニターを挟むことができる

電源となる「USB充電器」と「ケーブル」を接続。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

ScreenBar Haloは消費電力が最大6.5Wなので、
2A以上の充電器をおすすめする。
STEP.2
ワイヤレスリモコンの準備

ワイヤレスリモコン裏面の電池蓋を外す。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

マグネットで吸着されている

付属の単4電池を3本入れれば、ワイヤレスリモコンの準備はOKだ。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

maxell製で安心感あり
STEP.3
電源ON、ライトバーのLEDが点灯

ワイヤレスリモコンに手をかざすと、中心に赤いLEDが点灯。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

リモコンがスリープ状態から復帰

ワイヤレスリモコンの中央をタッチ。

ScreenBarスクリーンバー Haloハロが電源ONされ、すぐ点灯した。

ワイヤレスリモコンの操作方法

「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」の電源がONにできた。

しかし、その他の操作はどうやるのか。

ワイヤレスリモコンの操作の方法は大きく分けて2種類だ。

タップするか、ダイヤルを回すか。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

タップするか


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

ダイヤルを回すか

基本となる操作と動作の一覧を、表にまとめたので参考にしてほしい。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

番号操作動作
色温度調整+ダイヤル
ライトの冷色、暖色を調整
照度調整+ダイヤル
ライトの明暗を調整
点灯/消灯
電源のON/OFF
自動調光モード
周囲の明るさに応じて自動調光
お気に入りモード
メモリ記憶した設定を呼び出す
ライトモード設定
3つのライトモードへ切替

BenQ ScreenBar Haloのレビュー。【間接照明モードでQOL向上。WEBカメラも併用OK。】

実際に「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」を使ってみてレビューした。

使用感を踏まえて、伝えたいことは以下の通りだ。

ScreenBar Halo レビューまとめ

  • 間接照明モードでQOL向上【シーリングライトからの卒業】
  • 思い立ったら手元でリモコン操作が可能
  • ワイヤレスリモコンのスリープ復帰にタイムラグ
  • 照射角度35°で机の奥行きあっても使いやすい
  • WEBカメラの設置もOK【リモートワークでも活躍】

一つ一つ、詳しく伝えていきたい。

間接照明モードでQOL向上【シーリングライトから卒業】

まず、想像以上に良かったのが間接照明の機能。

部屋のシーリングライトを点けなくても、「薄暗い部屋」や「真っ暗な部屋」で作業できるように。

色温度を変更すれば、「集中した空間」、「リラックスした空間」も思いのままだった。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

集中した空間


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

リラックスした空間

思い立ったら手元でリモコン操作が可能

次に、イスに座ったまま、LEDを調整できるのが良かった。

手元リモコンだから、思った時にすぐ操作が可能。

しかも、ワイヤレスなので、デスク配線もすっきり。

ワイヤレスリモコンのスリープ復帰にタイムラグ

手元リモコンが便利な半面、ワイヤレスリモコンは操作しないと5秒後にスリープモードに入る。

そのため、電源ON/OFFや、明るさの微調整をしたいときに都度、スリープ状態を解除する必要性があった

すぐ操作したい人にはストレスを感じるかもしれない。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

スリープ復帰状態、5秒後にはスリープモードに


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

スリープ解除には2秒間、手をかざす必要がある

とにかく直感的に、すぐに操作したい…!

そんなあなたは、物理スイッチで即座に操作できる「ScreenBar Plus」がおすすめだ。

関連記事BenQ ScreenBar Plusをレビュー

BenQ ScreenBar Plusの使い方&レビュー。確実操作の手元スイッチ。ベゼルレスでもOKのモニターライト。

続きを見る

照射角度35°で机の奥行きあっても使いやすい

実は「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」になって、照射角度が35°(前モデルまで20°)に変更されている。

モニターアームで液晶モニターを奥に設置したり、奥行きのあるデスクで作業している場合、あと一歩手前にLEDが届いてくれる

デスクのレイアウトが変わっても安心だ。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

最大まで手前にした場合


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

照射角度35°の場合
デスク奥行きは120cmを使用

WEBカメラの設置もK【リモートワークでも活躍】

「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」とWEBカメラは共存できる。

今回から、WEBカメラを設置する場所にも配慮された設計のようにも感じた。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

フラットで何もない設計


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

WEBカメラを載せた様子

「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」を設置しても、今までと同じリモートワーク環境で作業できる。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

つまり、快適にしかならない

BenQ ScreenBar Haloの注意点が2つ【色と取付モニター】

「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」使ってみて、注意した方が良いと感じたポイントが2つあった。

ScreenBar Haloの注意点

  1. ライトバー本体の色はシルバー系
  2. 上部のベゼルの広さ、モニター厚みも要チェック

それぞれ、詳しく伝えていく。

1.ライトバー本体の色はシルバー系

「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」は本体の色がシルバー系。

ベゼルがブラックのモニターだと統一感に欠けると感じた。

ブラックが良いならScreenBarスクリーンバー(初代モデル)をおすすめしたい。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

写真上:ScreenBarスクリーンバー(初代モデル)
写真下:ScreenBarスクリーンバー Haloハロ

2.上部のベゼルの広さ、モニター厚みも要チェック

「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」の設置はモニター引っかけ式。

ベゼルレス画面のフチがないモニターに設置する場合は、画面に入り込む場合があるので事前にチェックしておこう。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

ベゼルが7.5mm以上あるかチェック

また、モニター側面の厚みが対応しているかも要チェックだ。

フラットモニターと湾曲モニターで対応寸法が異なるので注意。

製品名ScreenBar Halo
画像

amazon

フラットモニター対応

(厚さ0.7〜6cm)
湾曲モニター対応
違い

(厚さ1.6〜4.2cm)

BenQ ScreenBar Haloのレビューまとめ。シーリングライト卒業。夜間の作業が捗る。

本記事では『【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。』についてまとめた。

レビューした内容をまとめると以下の通り。

レビューまとめ

  • 間接照明モードでQOL向上
  • 思い立ったらその場でリモコン操作が可能
  • 照射角度35°で机の奥行きあっても使いやすい
  • WEBカメラの設置もOK
  • LEDや音量も調整。寝室の設置にも良き。

デメリット・注意点

  • ワイヤレスリモコンのスリープ復帰が待ち遠しい
  • ライトバー本体の色はシルバー系
  • 上部のベゼルの広さ、モニター厚みも要チェック

シーリングライト卒業。夜間の作業が捗る。

「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」を使ってみて、最も大きい変化はシーリングライトを使わなくなったこと。

夜間の作業が捗りまくっている。

家族が寝静まった後にしかできないあなたのやりたいこと、仕事終わりの夜のリラックスタイムまで。

「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」はあなたに寄り添う演出をしてくれるはずだ。

関連記事


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

続きを見る


BenQ ScreenBar Plusの使い方&レビュー。確実操作の手元スイッチ。ベゼルレスでもOKのモニターライト。

続きを見る


【30選】在宅勤務、リモートワークが捗る!デスク周りの便利ガジェットおすすめ品を実体験から紹介。

続きを見る


BenQ GW2785TC レビュー。GW2780Tからの違いも比較。目に優しく、ケーブル一本で画面拡張、充電できる便利さを実感。

続きを見る


Anker PowerConf C300のレビュー。WEB会議やオンライン配信のQOL爆上げ。

続きを見る


ロジクール C922nのレビュー&使い方解説。三脚で場所替え楽ちん。Zoom映えする画質・マイク性能。

続きを見る


【マイクも秀逸】Logicool C920n レビュー。ミニマルで洗練されたフォルムの高性能WEBカメラ。

続きを見る

-ガジェット

Copyright © ガジェスペ , All Rights Reserved.