ガジェット

BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

2021年11月27日


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

メモ


本記事ではBenQ ScreenBarの使い方から使用感までレビューしました。

デスクライトのアームが邪魔…!
液晶に光が反射して画面がみづらい…

BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

過去の僕は完全にそうでした。

デスクライトはPC作業や勉強でのメモ書きに必須アイテム。

でも、もう少しデスク周りをすっきりさせたい…

そんな課題を解決する画期的なライトバーが。

その名も「BenQ ScreenBarスクリーンバー」。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

モニター上の棒状のモノが「ScreenBar」

「BenQ ScreenBarスクリーンバー」は「卓上に置かず」、「デスク天板に挟まず」、ただ「モニターに掛けるだけ」


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

モニターに引っ掛けるだけ


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

だから、デスク上がすっきり使える

しかも、液晶モニターへの映り込みもゼロ


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

画面との反射で眩しい、見づらい課題を解決

自動で調光でき、日当たりが変わっても手元を適切な明るさに。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

基本は放置。勝手に明るさ調整してくれる

ちなみに、冷色から暖色まで色温度の使い分けもできる。

気分や用途に応じて8段階の調整が可能。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

PC作業で集中:色温度を冷色系に


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

読書でリラックス:色温度を暖色系に

また、「BenQ ScreenBarスクリーンバー」は、工夫すればWEBカメラとの併用もOK


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

在宅ワークに必要な会議や作業もこなせる

本記事では、「BenQ ScreenBarスクリーンバー」をレビュー。

省スペースで確かな灯りのライトバーをチェックしていこう。

ScreenBar レビューまとめ

  • ムダなく、十分に明るい
  • 目の疲れが軽減できる
  • 液晶への映り込みゼロ
  • WEBカメラとの併用もOK
  • 場所を取らず省スペース
  • その日の気分で冷色と暖色に
  • 自動調光機能で基本は放置が楽
  • モニター上部のベゼルには注意

関連記事

関連記事BenQ ScreenBarの違いを比較

BenQ ScreenBarとPlus、Haloの違いを比較。【選び方のポイントも解説】

続きを見る

関連記事BenQ ScreenBar Plusをレビュー

BenQ ScreenBar Plusの使い方&レビュー。確実操作の手元スイッチ。ベゼルレスでもOKのモニターライト。

続きを見る

関連記事BenQ ScreenBar Haloをレビュー

【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

続きを見る

関連記事テレワークにおすすめのガジェット

【30選】在宅勤務、リモートワークが捗る!デスク周りの便利ガジェットおすすめ品を実体験から紹介。

続きを見る

【概要】BenQ ScreenBarは「手元に明るさを、ムダなく照らす」ライトバー。

「BenQ ScreenBarスクリーンバー」はモニター専用に設計されたライトバー。

まずは、どんなライトバーなのか、下記3つの切り口でチェックしていく。

ScreenBarの概要

  1. 仕様
  2. 付属品
  3. 外観

1.BenQ ScreenBarの仕様

「BenQ ScreenBarスクリーンバー」の製品仕様を表にまとめてみた。

ScreenBarのスペック表

製品名ScreenBar
画像

光源
デュアルカラーLED
照度
中心照度最大
1,000ルクス
(照射面から40cmの場合)
色温度
2,700Kから6,500Kまで
8段階調整可能
ルーメン
2,700K:300lm
6,500K:320lm
演色性
Ra>95
材料
アルミニウム合金
PC/ABS樹脂
寸法
幅:45cm
縦:9.0cm
高さ:9.2cm
正味重量
0.53kg
消費電力
5W(最大)
電源入力
5V/1A
電源端子
USB Type-C

2.BenQ ScreenBarの付属品

「BenQ ScreenBarスクリーンバー」の付属品をチェック。以下のような構成で届く。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

ScreenBarの梱包と付属品

梱包からそれぞれ取り出すと、以下の部品で構成されていた。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

部品部品の名称
写真上
ScreenBar 本体
写真左下
USB Type-A to Type-Cケーブル
写真右下
モニター固定用アタッチメント

3.BenQ ScreenBarの外観

「BenQ ScreenBarスクリーンバー」の各部品について、外観を詳しくチェック。

ScreenBar 本体

まずは「ScreenBar 本体」から。アルミニウム合金の素材かつ、マットな質感で高級感のある見た目。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

色がブラックなのも合わせやすくていい

「ScreenBar 本体」の操作パネル部のアップ。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

操作パネルはタッチするだけで簡単に動作する

「BenQ ScreenBarスクリーンバー」の内側部。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

チップLEDがずらりと並んでいる


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

LEDが側面に。真下ではなく、斜め下に照射する構造

モニター固定用アタッチメント

「モニター固定用アタッチメント」も高級感のある仕上げ。

細部までこだわり抜かれたデザイン性を感じる。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

主張しすぎない「BenQ」ロゴにも好感

BenQ ScreenBarの使い方|ライトバーをモニターに掛けて、USB電源から給電するだけ。

「BenQ ScreenBarスクリーンバー」の使い方は簡単。

ScreenBarをモニターに引っ掛けて、電源ONするだけ。

具体的に設置から使うまでの手順を見ていこう。

STEP.1
「ScreenBar」に「ケーブル」を接続

「モニター固定用アタッチメント」を取り付けた「ScreenBar 本体」に「Type-Cケーブル」を接続。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

Type-C端子だから向きはどっちでもOK

電源となる「USB充電器」と「Type-Cケーブル」を接続。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

電源は5V/1A。PCのUSBポートでもOKだ
STEP.2
ScreenBarをモニターに乗せる

「モニター固定用アタッチメント」を広げて、モニター上に引っ掛ける。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

関節部分はスムーズに動く

モニター上部のベゼルに引っ掛けながら、モニター背面で固定。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

戻る力で、しっかりホールドされる

無事、モニターに引っ掛けることができた。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

あとはScreenBarを電源につなぐだけ
STEP.3
電源ON、ライトバーのLEDが点灯


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

電源ON/OFFをタッチすれば、すぐに点灯

ScreenBarの照射範囲

「BenQ ScreenBarスクリーンバー」の使い方が分かったところで、照射範囲をチェック。

従来のスタンドライトと比較してみた。

ScreenBarの照射範囲を簡潔に伝えると…

ScreenBarはムダなく、確実に手元を照らす。」

ということ。写真で伝わったら嬉しく思う。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

従来のスタンドライト
光線が前後広範囲に広がる


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

ScreenBar
光線が前方に。モニター前の手元に広がる

ポイント


撮影した角度で、モニター上部が反射しているように見えるが、実際は液晶への映り込みはしない。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

ScreenBar:実際に使ってみた様子

ちなみに、「BenQ ScreenBarスクリーンバー」の照射範囲は「手前側」と「奥側」に調整も可能。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

ScreenBar:手前側に光線を照射


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

ScreenBar:奥側に光線を照射

手元を明るく。ガッツリ集中して作業できる。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

写真は幅120cm、奥行60cmのデスクを使用

BenQ ScreenBarのレビュー。WEBカメラとの併用OK。自動調光が便利なライトバー。

さて、いよいよだが、「BenQ ScreenBarスクリーンバー」を実際に使った感想をレビュー。

箇条書きでまとめると下記の5つだ。

BenQ ScreenBar レビュー

  1. WEBカメラとの併用もできる【設置は2パターン】
  2. ムダなく照らし、手元が十分に明るい
  3. 液晶モニターへの反射、映り込みゼロ
  4. 自動調光機能で放置OK【疲れが軽減】
  5. 色温度の変更もOK【気分によって切替】

それぞれ、詳しく伝えていく。

1.WEBカメラとの併用もできる【設置は2パターン】

ScreenBarとWEBカメラは一緒に使えないんじゃない?

「BenQ ScreenBarスクリーンバー」がWEBカメラと併用できたか検証。

結論として、ScreenBarとWEBカメラは一緒に使えた。

ただし、好みが分かれそうだ。

検証した設置パターンとしては以下の2つ。

  1. ScreenBarの隣に設置
  2. ScreenBarの上に設置

ScreenBarの隣に設置

まずはBenQ ScreenBarとWEBカメラを横並びに設置する方法。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

検証したモニターは27インチ
24インチ以下だと横並びは厳しいかも


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

AnkerのWEBカメラなら、
位置がズレても首が回せて自分に向けられる

実用面で使えないことはないが、見た目が気になるのと、若干画角がズレるのがネック。

ScreenBarの上に設置

次に「BenQ ScreenBarスクリーンバー」の上のスペースに据え置き。この方が現実的かも。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

Screenbarに乗せるだけ。思ったより安定。

据え置きが不安な方はケーブルタイや結束バンドなどで固定しても良いだろう。

上記の2パターンが気になるあなたは

それでも気になるあなたなら、WEBカメラは卓上に設置する方法を選択するのが良いだろう。

三脚穴付きのWEBカメラを使えば、卓上でも高さを出して設置することが可能だ。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

これなら、Screenバーとの干渉もない。

2.ムダなく照らし、手元が十分に明るい

手元が十分な明るさで快適に作業。

キーボードのタイピングだけでなく、ノートへのメモ書きや読書まで、手元の作業が楽になる。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

写真は幅120cm、奥行60cmのデスクを使用

3.液晶モニターへの反射、映り込みゼロ

従来のデスクライトだと、液晶モニターとの併用でストレスを感じること多々あった。

例えば、液晶へLEDが映り込んだり…

でも、「BenQ ScreenBarスクリーンバー」なら、液晶モニターへの映り込みもゼロ

直接ライトバーの光源が視界に入らない設計なのもグッドだ。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

液晶モニターへの反射で画面が見にくい


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

光源が視界に入らない設計なのもグッド

4.自動調光機能で放置OK【疲れが軽減】

日中は明るかったので、部屋の照明を点けず作業に没頭。気が付いたら日が暮れていた。

こんなとき、「BenQ ScreenBarスクリーンバー」なら、周囲の明るさに応じて自動で調光してくれる。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

自動で調光だから基本操作は電源ON/OFFのみ

ずっと適切な明るさで、ストレスフリー。一日作業しても、目に疲れが残らなかった。

5.色温度の変更もOK【気分によって切替】

「BenQ ScreenBarスクリーンバー」はLEDの色合いも変える変えられる。

その日の気分によって手軽に切替できるのも嬉しい。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

集中して作業したい仕事モードのときは冷色系


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

ゆったりと読書でリラックスモードのときは暖色系

BenQ ScreenBarをおすすめする人【スタンドライトからの卒業】

「BenQ ScreenBarスクリーンバー」を実際に使ってみて、以下のような方におすすめしたい。

ScreenBarをおすすめする人

  • スタンドライトのアームが邪魔
  • 卓上ライトの映り込みが気になる
  • 在宅ワークでドライアイがツラい
  • デスク上のスペースをすっきりさせたい
  • パソコンデスクでメモ書きもしたい

スタンドライトのアームが邪魔

デスク天板に挟んで固定できて便利!当初はそう思っていたスタンドライト。

でも、少しずつアームが邪魔になってきた。感じているあなたに「BenQ ScreenBarスクリーンバー」はおすすめ。

モニター上に設置して、デスク上もすっきり!

卓上ライトの映り込みが気になる

液晶モニターに照明が映り込んで見えない…

角度を変えたら眩しくて作業していられない!

そんなストレスから開放してくれる画期的なライトバー。

LEDが液晶に反射しないのは目にも優しい!

在宅ワークでドライアイがツラい

自宅での作業は捗るからつい長引きがち。

面倒くさいからデスクライトを点けずに作業してたら目がショボショボに。

そうなる前に、自動で調光してくれる「BenQ ScreenBarスクリーンバー」がおすすめ。

一度ドライアイになったら、ホント辛い…

デスク上のスペースをすっきりさせたい

デスク上には何も置きたくない!

できる限りデスク上のモノを減らしたいミニマリスト思考のあなたにもぴったりだ。

デスク配線もすっきりできる!

パソコンデスクでメモ書きもしたい

デスクはノートへのメモ書き用途に使うこともある。決してPC作業だけではない。

そんなマルチに使うあなたにもうってつけのライトバー。

書斎のデスクにぴったり!

ココに注意…!BenQ ScreenBarの購入前にチェックすべき【2つのポイント】

「BenQ ScreenBarスクリーンバー」を検討する上で、チェックポイントが2点。

BenQ ScreenBarの注意点

  1. モニター上部のベゼルの広さをチェック
  2. 手軽に光り方の調整はできない
  3. ウルトラワイドモニターには対応できない

1.モニター上部のベゼルの広さをチェック

ベゼルレス(ベゼルが薄い)モニターを使っている人だと、「BenQ ScreenBarスクリーンバー」の引っ掛け部分が干渉するかもしれない。

モニターのベゼルが7mm以上なら問題なし。事前に測っておこう。


BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。

市販のモニターはほぼ問題なさそうだが念の為

2.手軽に光り方の調整はできない

「BenQ ScreenBarスクリーンバー」は「色温度」の調整はひと手間かかる。

「色温度」を手軽に調整をしたいあなたなら、手元スイッチ付きの「ScreenBar Plus」がおすすめ。




物理ボタンで確実に操作できるのも魅力だ

関連記事BenQ ScreenBar Plusをレビュー

BenQ ScreenBar Plusの使い方&レビュー。確実操作の手元スイッチ。ベゼルレスでもOKのモニターライト。

続きを見る

3.ウルトラワイドモニターには対応できない

「BenQ ScreenBarスクリーンバー」はウルトラワイドモニター曲面モニターへの取り付けに公式対応していない。

ウルトラワイドモニター曲面モニターで使いたいあなたは、BenQが公式対応している「BenQ ScreenBarスクリーンバー Haloハロ」をおすすめしたい。


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

曲面モニター用アタッチメントがHaloには付属


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

インチ数が大きい曲面モニターでも安心のサイズ感
画像引用:BenQ

関連記事BenQ ScreenBar Haloをレビュー

【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

続きを見る

BenQ ScreenBarのレビューまとめ。省スペースで確かな灯りのライトバー。

本記事では『BenQ ScreenBar ライトバーの使い方&レビュー。WEBカメラとの併用もOK。慣れると手放せない。』についてまとめた。

おさらいに「BenQ ScreenBar」のレビュー内容を箇条書きでまとめると以下の通り。

ScreenBar レビューまとめ

  • ムダなく、十分明るい
  • 目の疲れが軽減できる
  • 液晶への映り込みゼロ
  • WEBカメラとの併用もOK
  • 場所を取らず省スペース
  • その日の気分で冷色と暖色に
  • 自動調光機能で放置してOK
  • モニター上部ベゼルには注意

省スペースで確かな灯りのライトバー

ノートへのメモ書きや勉強用なら、従来のデスクライトで十分だった。

しかし、今や時代はデジタル。PCやタブレットでの作業は必要不可欠。

デスクライトは進化していたか?

答えはNo。

「BenQ ScreenBarスクリーンバー」ならどうだろう。

省スペースかつ、PC作業に特化したデスクライトはあっただろうか。

「BenQ ScreenBarスクリーンバー」は画期的なライトバー。

少し値段はネックだが、慣れると手放せない良さがある。

あなたにとって、色褪いろあせない愛用品になってくれるはずだ。

関連記事


BenQ ScreenBar Plusの使い方&レビュー。確実操作の手元スイッチ。ベゼルレスでもOKのモニターライト。

続きを見る


【新型】BenQ ScreenBar Haloの使い方&レビュー。間接照明モードでOQL向上。WEBカメラ併用OK。

続きを見る


【30選】在宅勤務、リモートワークが捗る!デスク周りの便利ガジェットおすすめ品を実体験から紹介。

続きを見る


BenQ GW2785TC レビュー。GW2780Tからの違いも比較。目に優しく、ケーブル一本で画面拡張、充電できる便利さを実感。

続きを見る


Anker PowerConf C300のレビュー。WEB会議やオンライン配信のQOL爆上げ。

続きを見る


ロジクール C922nのレビュー&使い方解説。三脚で場所替え楽ちん。Zoom映えする画質・マイク性能。

続きを見る


【マイクも秀逸】Logicool C920n レビュー。ミニマルで洗練されたフォルムの高性能WEBカメラ。

続きを見る

-ガジェット