ガジェット スマートホーム

Neabot N2とQ11を比較。8つの違いを解説する。【選び方のポイントも】

2022年2月8日


Neabot N2とQ11を比較。8つの違いを解説する。【選び方のポイントも】

メモ

本記事ではNeabotのロボット掃除機「N2」と「Q11」を比較。違いを解説した上で、選び方のポイントをまとめた。

まず、「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」で比較した場合、価格の違いに気がつく。

その差は20,000円。結構大きい差がある。

どちらも「吸引」+「水拭き」+「ゴミ収集」まで自動でしてくれる。

となると、果たして「Nomo Q11」に価格相応の機能があるのかが気になるところ。

本記事では、「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」を実機で比較。

比較すると、8つの違いがあった。

シリーズ名Neabot
製品名NoMo N2
(前作)
NoMo Q11
(新作)
画像
価格
違い
49,800円
69,800円
カラー
違い


ブラック


ホワイト

充電ステーション
違い


液晶パネルあり


液晶パネルなし

付属品
違い


充実


必要十分

内蔵センサー
違い
レーザー
LiDAR
最大吸引力
違い
2700Pa
4000Pa
連続使用時間
違い
最大120分
最大150分
保持可能マップ数
違い
1
5

「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」の違いを踏まえて、以下の基準で選ぶと失敗が少ないと判断した。

Neabot N2をおすすめする人

  • コスパの高いモデルがいい
  • ブラックの見た目がいい
  • ワンフロアだけ掃除する
  • フローリングだけ掃除する
  • アパートで使いたい

Neabot Q11をおすすめする人

  • 機能や性能が良いものがいい
  • 指紋が目立たない色がいい
  • 複数の部屋や階数を掃除する
  • カーペットやラグなども掃除する
  • 一軒家で使いたい

なぜ、上記のような基準になったのか。

詳しく知りたいあなたは、ぜひ記事を読み進めてほしい。

あなたにとって、失敗しないロボット掃除機選びにつながれば嬉しく思う。

Neabot N2とQ11の概要

まずはNeabotのロボット掃除機「Nomo N2」と「「Nomo Q11」」についてざっくりと概要をつかもう。

1.「Neabot Nomo N2」

まず、「Neabot Nomo N2」。

本体カラーはオールブラック。スタイリッシュな見た目のロボット掃除機だ。

全自動のロボット掃除機の中でも、コスパの高い一台に仕上がっている。

関連記事Neabot NoMo N2をレビュー

Neabot NoMo N2の口コミ&レビュー。アプリが充実、見た目良し、コスパ◎のロボット掃除機

続きを見る

2.Neabot 「Nomo Q11」

もう一つがNeabot 「Nomo Q11」。

「Neabot Nomo N2」の上位モデルの位置付け。後発品だ。

iPhoneにも使われるLiDARセンサーや日本の大手メーカー日本電産のモーター部品を搭載。

「Neabot Nomo N2」から改善や改良が行われたロボット掃除機だ。

関連記事Neabot NoMo Q11をレビュー

Neabot NoMo Q11の口コミ&レビュー。NoMo N2との比較も。水拭き+ゴミ収集もAlexa対応の全自動ロボット掃除機

続きを見る

Neabot N2とQ11を比較【3つの切り口】

さて、概要が分かったところで、実際の「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」を使って比較していきたい。

見比べる項目としては以下の3つの切り口だ。

Neabot N2とQ11を比較

  1. スペックで比較
  2. 付属品を比較
  3. 見た目で比較

さあ、それでは実際に見比べてみよう。

1.Neabot N2とQ11をスペックで比較

まずは伝わりやすいよう、「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」のスペックを比較表にまとめた。

両者がどんなスペックで、どう違うのかをチェックしていこう。

※変わった部分に違いアイコンを付けている。

シリーズ名Neabot
製品名NoMo N2
(前作)
NoMo Q11
(新作)
画像
価格
違い
49,800円
69,800円
サイズ
35.0*35.0*9.8cm
(本体)
35.6*25.0*19.3cm
(充電ステーション)
35.0*35.0*8.7cm
(本体)
39.7*27.5*31.5cm
(充電ステーション)
重量
3.5kg
(本体)
4.0kg
(充電ステーション)
3.3kg
(本体)
4.6kg
(充電ステーション)
カラー
違い


ブラック


ホワイト

充電ステーション
違い


液晶パネルあり


液晶パネルなし

付属品
違い


充実


必要十分

内蔵センサー
違い
レーザー
LiDAR
最大吸引力
違い
2700Pa
4000Pa
カーペットブースト
バッテリー容量(本体)
5200mAh
連続使用時間
違い
最大120分
最大150分
段差乗越機能

(2cmまで)
落下防止機能
水拭き機能
ゴミ収集機能
ゴミ収集容量
2.8L
2.5L
水タンク
0.25l
0.3l
アプリ連携
Alexa連携
保持可能マップ数
違い
1
5

2.Neabot N2とQ11の付属品を比較

次に、「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」で実際に付属してくる同梱物をそれぞれチェックいこう。

Neabot N2とQ11:付属品を比較

まず、「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」が届いた際には以下のような同梱物で届く。


Neabot N2とQ11を比較。8つの違いを解説する。【選び方のポイントも】

番号名称
「Neabot NoMo N2」 本体
モップモードブラケット
水拭きモップ×2
※再使用可能
水拭きモップ×10
※使い捨て
充電ステーション
HEPAフィルター
ダストバッグ×3
※1つは自動ゴミ収集ボックスに常設
サイドブラシ×2
※1つは本体に常設
取扱説明書

Neabot N2とQ11を比較。8つの違いを解説する。【選び方のポイントも】

番号名称
Neabot NoMo Q11 本体
モップモードブラケット
モップ×2
充電ステーション
HEPAフィルター
電源コード
ダストバッグ×2
※1つは自動ゴミ収集ボックスに常設
サイドブラシ×2
取扱説明書

Neabot N2とQ11:消耗品を比較

次に同梱物から、「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」の消耗品にフォーカスして比較。

特に「Neabot Nomo N2」の方で使い捨ての水拭きモップが充実していることが分かる。


Neabot N2とQ11を比較。8つの違いを解説する。【選び方のポイントも】

「Neabot Nomo N2」の消耗品


Neabot N2とQ11を比較。8つの違いを解説する。【選び方のポイントも】

Neabot 「Nomo Q11」の消耗品

3.Neabot N2とQ11の見た目で比較

いよいよだが、「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」のロボット掃除機側を以下の内容を比較していきたい。

  • 本体を比較
  • 充電ステーションを比較

Neabot N2とQ11:本体を比較

「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」の本体を並べて見比べてみる。

まず気がつくのは本体カラーの違い。

その他にも本体中央のセンサー部が突起しているか、していないかでも違いが見受けられた。

これは、Neabot 「Nomo Q11」がLiDARセンサーにすることで、省スペース化に成功している。

高さが低く省スペース化することで、家具や家電の下に潜りやすくなるメリットがある。

Neabot N2とQ11:充電ステーションを比較

残りは「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」の充電ステーションの見た目も比較していこう。

充電ステーションはそれぞれ、本体カラーに合わせた色合いとなっている。

サイズ感で比較した場合だと、「Neabot Nomo N2」の方がスリムな設計になっている。

できるだけ省スペースで設置したいなら、「Neabot Nomo N2」に軍配が上がる。

また、コンセントに接続するシーンでも比較。


Neabot N2とQ11を比較。8つの違いを解説する。【選び方のポイントも】

Nomo N2を壁コンセントに接続


Neabot N2とQ11を比較。8つの違いを解説する。【選び方のポイントも】

Nomo Q11を壁コンセントに接続

「Neabot Nomo N2」の方はケーブルが背面に巻取りできる機構となっており、コンセント周りの配線をよりスッキリできるメリットもあった。


Neabot N2とQ11を比較。8つの違いを解説する。【選び方のポイントも】

Nomo N2の背面アップ

Neabot N2とQ11の違い【8つを解説】

ここからは違いの部分にフォーカスして詳しく見ていきたい。

「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」の違いを項目として挙げると以下の通りだ。

Neabot N2とQ11の違い まとめ

  1. 価格の違い
  2. 本体カラーの違い
  3. 充電ステーションの違い
  4. 付属品の違い
  5. 内蔵センサーの違い
  6. 吸引力の違い
  7. 連続使用時間の違い
  8. 保存可能なマップ数の違い

それぞれの違いを詳しく見ていこう。

1.Neabot N2とQ11:価格の違い

まず、「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」では価格の違いが挙げられる。

できるだけ安いモデルを選択するなら、「Neabot Nomo N2」。

最新かつ、高機能ならNeabot 「Nomo Q11」を選択していきたい。

製品名NoMo N2
(前作)
NoMo Q11
(新作)
画像
価格
違い
49,800円
69,800円

2.Neabot N2とQ11:本体カラーの違い

「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」では本体カラーと、充電ステーションの色も違った。

シックでスタイリッシュなブラックの「Neabot Nomo N2」と、クリーンで清潔感のあるホワイトの「Nomo Q11」。

ちなみに、指紋が目立ちにくいのはホワイトの「Nomo Q11」だ。


Neabot N2とQ11を比較。8つの違いを解説する。【選び方のポイントも】

Nomo N2:光の反射で汚れが目立ちやすい


Neabot N2とQ11を比較。8つの違いを解説する。【選び方のポイントも】

「Nomo Q11」:チリやホコリが目立たない

製品名NoMo N2
(前作)
NoMo Q11
(新作)
カラー
違い


ブラック


ホワイト

3.Neabot N2とQ11:充電ステーションの違い

「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」では充電ステーションの仕様も異なる。

充電とゴミの吸引ができる点は同じだが、液晶パネルで充電ステータスが確認できるのは「Neabot Nomo N2」だけ。


Neabot N2とQ11を比較。8つの違いを解説する。【選び方のポイントも】

Nomo N2の液晶パネル

また、「Neabot Nomo N2」は奥行きのサイズがコンパクト。

電源ケーブルもコンパクトにまとめられる点も魅力だ。

製品名NoMo N2
(前作)
NoMo Q11
(新作)
充電ステーション
違い


液晶パネルあり


液晶パネルなし

4.Neabot N2とQ11:付属品の違い

「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」では消耗品に違いがあった。

消耗品が充実して付いてくるのが「Neabot Nomo N2」。必要十分に付属するのは「Nomo Q11」という印象。

製品名NoMo N2
(前作)
NoMo Q11
(新作)
画像
付属品
違い


充実


必要十分

ちなみに、消耗品は個別で販売されているので、後から購入することもできる。

5.Neabot N2とQ11:内蔵センサーの違い

「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」は、マッピングや内蔵センサーの性能が違う。

センサー性能が高いのは「Nomo Q11」のLiDARセンサー。

iPhoneにも使われている高性能なセンサーで、より障害物を感知しやすく、避けてくれる印象を受けた。

アプリ「Neabot」で禁止エリアを設定せずとも、完全に手を離れて掃除してくれるのは「Nomo Q11」ならではの魅力。

製品名NoMo N2
(前作)
NoMo Q11
(新作)
画像
内蔵センサー
違い
レーザー
LiDAR

6.Neabot N2とQ11:吸引力の違い

「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」で、最大吸引力も違った。

掃除する部屋にカーペットやラグマットなどがある場合は、吸引力の高い「Nomo Q11」を選択する理由になりうる。

逆に、フローリングだけなら「Neabot Nomo N2」の吸引力でも十分。しっかりゴミを吸引してくれた。

製品名NoMo N2
(前作)
NoMo Q11
(新作)
画像
最大吸引力
違い
2700Pa
4000Pa

7.Neabot N2とQ11:連続使用時間の違い

「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」では連続使用時間も違いが。

体感的には1回の掃除が20〜30分程度で終了する。

ただ、部屋の広さや複数のフロアを掃除する場合はスタミナに優れた「Nomo Q11」の方が向いていると言える。

製品名NoMo N2
(前作)
NoMo Q11
(新作)
画像
連続使用時間
違い
最大120分
最大150分

8.Neabot N2とQ11:保存可能なマップ数の違い

最後に、「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」は専用アプリ「Neabot」内で保存できるマップの数も違う。

複数の場所を最大5件まで登録できるのが「Nomo Q11」。

ただ、1ヶ所に固定掃除するだけなら「Neabot Nomo N2」でも十分かもしれない。

製品名NoMo N2
(前作)
NoMo Q11
(新作)
画像
保持可能マップ数
違い
1
5

Neabot N2とQ11比較まとめ:見た目で選ぶならN2、性能で選ぶならQ11で選ぼう

本記事では「Neabot N2とQ11を比較。8つの違いを解説する。【選び方のポイントも】」についてまとめた。

おらさいに、「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」を比較しての違いは以下の通りだった。

シリーズ名Neabot
製品名NoMo N2
(前作)
NoMo Q11
(新作)
画像
価格
違い
49,800円
69,800円
カラー
違い


ブラック


ホワイト

充電ステーション
違い


液晶パネルあり


液晶パネルなし

付属品
違い


充実


必要十分

内蔵センサー
違い
レーザー
LiDAR
最大吸引力
違い
2700Pa
4000Pa
連続使用時間
違い
最大120分
最大150分
保持可能マップ数
違い
1
5

Neabot N2とQ11の違い迷ったら…

「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」の違いは分かったけど、はっきりした判断基準が欲しいあなたに。

迷った時の結論はこれ。

見た目で選ぶならN2、性能で選ぶならQ11で選ぼう

大まかな決め手として、上記の判断基準で選べば間違いない。

もう一歩踏み込んで、おすすめする人を基準に分けると以下の通りだ。

Neabot N2をおすすめする人

  • コスパの高いモデルがいい
  • ブラックの見た目がいい
  • ワンフロアだけ掃除する
  • フローリングだけ掃除する
  • アパートで使いたい

Neabot Q11をおすすめする人

  • 機能や性能が良いものがいい
  • 指紋が目立たない色がいい
  • 複数の部屋や階数を掃除する
  • カーペットやラグなども掃除する
  • 一軒家で使いたい

あなたは「Neabot Nomo N2」と「Nomo Q11」だとどっちを選ぶ?

関連記事


Neabot NoMo Q11の口コミ&レビュー。NoMo N2との比較も。水拭き+ゴミ収集もAlexa対応の全自動ロボット掃除機

続きを見る


Anker Eufy RoboVac X8 Hybridレビュー。圧倒的な吸引、水拭き両用。アプリ連携も優秀なロボット掃除機。

続きを見る


Eufy HomeVac H30 Infinityレビュー。日頃の掃除はこの1台で完結。Ventureとの比較も。

続きを見る


Anker Eufy Lumi 第2世代をレビュー。明るすぎず、暗すぎない。場所を選ばず設置OKのLEDセンサーライト。

続きを見る


SwitchBotの9製品をレビュー。設置場所や使い方、便利な活用例も紹介する。

続きを見る


【Switchbotカーテン レビュー】スッキリ!朝の日光で快適な目覚めをサポートするスマートロボット

続きを見る


SwitchBot カメラのレビュー&使い方。ペットの見守りから防犯用途での録画もできる万能カメラ。

続きを見る


SwitchBot 人感センサーの使い方&レビュー。モーションセンサーでアナログ電球をフットライトに変えてみた。

続きを見る


SwitchBot プラグの使い方&レビュー。意外な使い道もあったよ。

続きを見る

-ガジェット, スマートホーム