ガジェット ロジクール

MX Anywhere 3 for business(ビジネス用)4つの違いを解説【結論:Logi Bolt を使うならfor Business】


MX Anywhere 3 for business(ビジネス用)4つの違いを解説【結論:Logi Bolt を使うならfor Business】

メモ

本記事では「MX Anywhere 3」と「MX Anywhere 3 for business」の違いをまとめました。

MX Anywhere 3 for business って何が違うの?

パッと見では違いが分かりにくい「MX Anywhere 3 for business」。

大きな違いは接続方式

製品名MX Anywhere 3MX Anywhere 3 for business
画像

amazon

amazon

接続方式
違い
Unifying
Bluetooth
Logi Bolt
Bluetooth

メモ

「Unifying」と「LogiBolt」どちらもUSBレシーバーを使った無線接続。

ちなみに、「LogiBolt」の方が新しい接続方式。

オフィスなど、複数の無線マウスを使う場所では、混信しにくい(安定した接続)メリットがあります。

ただし、「MX Anywhere 3 for business」の価格は少し高め。

「MX Anywhere 3」と比較して+2,000円ほどUP

※補足:在宅ワークで使うなら Unyfing で十分安定します。

結論をまとめると…

「LogiBolt」にこだわる方は「MX Anywhere 3 for business

2,000円 UPしてまで……という方は「MX Anywhere 3

とはいえ、その他にも細かい違いはあります。

本記事では「MX Anywhere 3 for business」の違いについて解説します。

在宅ワークで使う方、Bluetooth接続する方なら「MX Anywhere 3」一択です!

あわせて読みたい

関連記事MX Anywhere 3をレビュー

【比較あり】ロジクール MX Anywhere 3 レビュー。いつでもどこでも快適に使えるモバイルマウス。

続きを見る

関連記事MX Anywhere 3と「for mac」の違い

【実機で比較】MX Anywhere 3 for Macの違いは?通常版と比較。選び方のポイントも解説する。

続きを見る

関連記事「MX Anywhere 3」と「MX Master 3」を比較

「MX Anywhere 3」と「MX Master 3」を比較。どっちを選ぶか迷ったあなたの参考に。

続きを見る

MX Anywhere 3 と for business を比較

「MX Anywhere 3」と「MX Anywhere 3 for business」のスペックを比較表にまとめました。

製品名MX Anywhere 3MX Anywhere 3 for business
画像

amazon

amazon

接続方式
違い
Unifying
Bluetooth
Logi Bolt
Bluetooth
カラー
違い
ペイルグレー
グラファイト
ローズ
ペイルグレー
グラファイト
参考価格
(Amazon)
違い
9,900円
13,673円
寸法
縦:10.05cm
横:6.5cm
高さ:3.44cm
重量
99g
センサー
Darkfield
(200~4000dpi)
ボタン
6つ
(左/右クリック、戻る/進む、ホイール モードシフト、ミドルクリック)
MagSpeed電磁気スクロール
あり
(自動切り替え機能付き)
水平スクロールホイール
あり
(サイドボタンを押しながら、ホイールを回す)
電池
充電式Li-Poバッテリー
(500mAh)
電池寿命
最大70日
(1分の充電で3時間)
充電端子
USB-C
付属品
USB-C – USB-Aケーブル
Unifyingレシーバー
対応OS
Windows 10 以降
macOS 10.15 以降
iPadOS 13.4 以降
Chrome OS
Linux

MX Anywhere 3 for business」の違いについて、要点は以下の通り。

違いまとめ

  • Logi Bolt に対応
  • ローズが選べない
  • 価格が少し高い
  • 簡易パッケージ


MX Anywhere 3 と for business 4つの違い

「MX Anywhere 3」と「MX Anywhere 3 for business」の4つの違いについて、詳しく解説していきます。

for business 4つの違い

  1. Logi Bolt 接続に対応
  2. ローズが選べない
  3. 簡易パッケージ
  4. 価格が少し高い

1.Logi Bolt に対応

「MX Anywhere 3 for business」は「Logi Bolt」に対応。

「MX Anywhere 3」は「Unyfing」になります。


MX Anywhere 3 for business(ビジネス用)4つの違いを解説【結論:Logi Bolt を使うならfor Business】

通常版:Unyfing(左)、for business:Logi Bolt(右)

「Logi Bolt」に対応するメリットは以下の通り。

メリット

  • ワイヤレス接続の安定性が向上
  • 今後「Logi Bolt」規格に統一されていく

2.ローズが選べない

「MX Anywhere 3 for business」は「ローズ」のカラーが選べません。

「ブラック」と「ペイルグレー」のみ

「ローズ」が良い人は「MX Anywhere 3」を選択しましょう。

3.価格が少し高い

「for business」は「通常版」と比べて価格が高い。

金額にしておおよそ2,000円 UP

「MX Anywhere 3」は アンダー1万円 で手に入ります。

予算に限りがある人は「MX Anywhere 3」がおすすめです。

製品名MX Anywhere 3MX Anywhere 3 for business
画像

amazon

amazon

参考価格
(Amazon)
違い
9,900
13,673

4.簡易パッケージ

MX Anywhere 3 for business」は茶色の簡易パッケージ。

法人でのまとめ買いを前提に、簡単な包装になっています。

届いた時の感動を味わいたい人は「MX Anywhere 3」がおすすめ。


結論:for business を選ぶ理由は「Logi Bolt」

本記事では「MX Anywhere 3 for business(ビジネス用)4つの違いを解説【結論:Logi Boltを使うならfor Business】」についてまとめました。

「MX Anywhere 3」と「MX Anywhere 3 for business」には 4つの違い がありました。

4つの違い

  1. Logi Bolt 接続に対応
  2. ローズが選べない
  3. 簡易パッケージ
  4. 価格が少し高い

選ぶ上で、結論は以下の通りです。

「LogiBolt」にこだわる方は「MX Anywhere 3 for business

2,000円 UPしてまで……という方は「MX Anywhere 3

在宅ワークで使う方、Bluetooth接続する方なら「MX Anywhere 3」一択です!


-ガジェット, ロジクール