ガジェット

BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

2022年4月10日


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

メモ

本記事ではウルトラワイド湾曲モニター「BenQ EW3880R」をレビューした。

在宅ワークをもっと快適にしたいな…

そんなあなたに「BenQ EW3880R」をおすすめしたい。

なんと言っても37.5インチのウルトラワイドなモニター。


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

マルチタスクも楽勝でこなせる作業スペースの広さが魅力だ

しかも、サブウーファーを含むtreVoloスピーカー内蔵。

BGMを流せばリモートワーク作業も捗る。


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

低音が効いて心地よいサウンド

仕事だけじゃない。

ゲームや動画視聴、映画だって楽しめる。


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

「Nintendo Switch」と「MacBook」を接続した様子

モニターでは珍しいリモコン付きで、モード切り替えもらくらく操作だ。

おうち時間をより充実させたいあなたに。

「BenQ EW3880R」のメリット、デメリットなどレビューしていきたい。

「EW3880R」レビューまとめ

  • ワイド画面でマルチタスクが捗る
  • PBPモードで画面を分割が便利
  • 音の迫力◎リモート作業を楽しく
  • 映画に、音楽、ゲームも楽しめる
  • USBハブ内蔵、ケーブル一本ですっきり
  • リモコン操作で切替らくらく

注意ポイント

  • 設置場所の確保は必要
  • モニター自体の幅が大きい
  • モニターアームは取付にコツが必要

合わせて読みたい

関連記事テレワークにおすすめのガジェット

【30選】在宅勤務、リモートワークが捗る!デスク周りの便利ガジェットおすすめ品を実体験から紹介。

続きを見る

関連記事テレワークにおすすめのモニター

BenQ GW2785TC レビュー。GW2780Tからの違いも比較。目に優しく、ケーブル一本で画面拡張、充電できる便利さを実感。

続きを見る

メモ

本記事はBenQ様に製品貸出を頂き、執筆しています。

BenQ EW3880Rの概要

まずは「BenQ EW3880R」について、概要を伝えていく。

以下の流れに沿って解説する。

BenQ EW3880Rの概要

  1. 仕様
  2. 特長
  3. 付属品
  4. 組立
  5. 外観

1.EW3880Rの仕様

まずは「BenQ EW3880R」の仕様をスペック表にまとめてみた。

どのような性能のPCモニターなのかチェックしてみよう。

製品名EW3880R
画像

サイズ
37.5インチ
ウルトラ湾曲(2300R)
アスペクト比
21:9
最大解像度
WQHD+
(3840×1600)
表示領域
879.667 (H)
366.528 (V) mm
通常輝度
230cd/m²
通常コントラスト
1000:1
バックライト
LED
パネルタイプ
IPS
視野角
(左右:上下)
(CR≥ 10)
178°/178°
通常応答速度
(Tr+Tf)
4ms
(GTG)
表示色
約10億7000万色
カラービット
10ビット
色域
DCI-P3 95%
接続
(出入力)
HDMI 2.0 x 2
DisplayPort 1.4 x 1
USB type-C (60W 給電) x 1
ヘッドホンジャック
本体重量
約13kg
内蔵スピーカー
8W(ウーファー)
3W(ステレオスピーカーx2)
リフレッシュレート
60Hz
パネル表面
ノングレア
付属品
電源ケーブル
USB-C ケーブル
HDMI 2.0ケーブル

2.EW3880Rの特長

「BenQ EW3880R」の製品特長は大きく3つ。

特長1:HDRi で視覚体験を次のレベルへ

まず、BenQ独自のHDR技術、「HDRi」を搭載していること。

従来の「HDR」より、メリハリの効いた色彩になっているのが「HDRi」。

映画やゲームに最適な「HDRi」に切替ができ、従来の「HDR」も選択が可能。


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

映画に最適な「シネマ HDRi」


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

暗い部分の細部が強化される


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

ゲームに最適な「ゲーム HDRi」


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

色のグラデーションが強化される

HDRとは

High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称で、従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)と比べて、鮮明な明るさの幅(ダイナミックレンジ)を表現できる技術のこと

特長2:内蔵スピーカーで没入感をアップ

次にBenQブランドの「treVolo」スピーカーを内蔵。

背面の「サブウーファー」と、前面に「ステレオスピーカー」が搭載されている。

長時間を快適に聴くことができ、没入感のある高品質なサウンドを実現。


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

背面のサブウーファー(8W)


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

前面にステレオスピーカー(3W×2)

treVoloとは

BenQのプロ仕様なスピーカーブランド。技術ライセンスに制約されず、オーダーメイドの高品質なサウンドを構築することを目的としている。

特長3:PIP/PBPモード

ウルトラワイド湾曲モニターを分割して使う「PIP/PBPモード」も搭載。

「2台の別々のPC」や「ゲーム機+PC」を1台のモニターに同時に表示することができる。

ウェブブラウジングをしながらゲームなど、マルチタスキングに最適。


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

「Mac」と「Windows」で2分割


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

「Nintendo Switch」と「Mac」で2分割

PIP/PBPとは

PIP(ピクチャー・イン・ピクチャー)は異なる入力ソースを1つのモニターで重なるように表示させ、PBP(ピクチャー・バイ・ピクチャー)は異なる入力ソースを画面分割して表示させること。

3.EW3880Rの付属品

それでは実物を開封していく。「BenQ EW3880R」が届いた時の荷姿がこちら。

重量は約17Kg。階段上げが必要な場合は二人以上での運搬を推奨したい重量感。


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

パッケージサイズは約幅115×奥行き24×高さ51cm

開封してみると、発泡スチロールの厚い緩衝材に包まれている。

全ての付属品を取り出した様子。

一つ一つ丁寧な梱包がされていて安心感がある。

全て開梱を済ませると、「BenQ EW3880R」には以下の付属品が付いてきた。


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

部品番号部品の名称
1
EW3880R本体
2
モニタースタンド(支柱)
3
背面カバー(端子部)
4
背面カバー(VESA部)
5
六角レンチ×1
6
取り付けネジ×4
7
リモコン
8
クイックスタートガイド
9
モニタースタンド(台座)
10
電源コード(約 1.8m)
12
HDMI 2.0 ケーブル(約 1.8m)
13
USB-C ケーブル(約 1.0m)

4.EW3880Rの組立

ひとしきり、開封が済んだところで「BenQ EW3880R」を組立していく。

メモ

10分ほどでモニター自体は完成する。難しいと感じた箇所はなかった。

STEP.1
モニタースタンド組立

まずは台座をから準備。

「モニタースタンド(台座)」に「モニタースタンド(支柱)」を差し込み、ネジ固定する。

ポイント

ネジ固定は工具を使わずとも、手締めで対応できる作りになっていた。

STEP.2
モニターを台座に取付

「モニタースタンド」の固定ができたら、「EW3880R本体」の取り付け。

「モニタースタンド」に「EW3880R本体」を引っ掛けした後、4箇所をネジで固定する。

STEP.3
配線カバーの取付

「EW3880R本体」を「モニタースタンド」に取付した後、「背面カバー」をすれば見た目もスッキリ。

「EW3880R本体」の背面下のケーブル配線部分もカバーすることで目隠しができる。

これで「BenQ EW3880R」の完成だ。

5.EW3880Rの外観

それでは、組立した「BenQ EW3880R」の外観をチェックしていこう。

EW3880Rの正面からの見た目

「BenQ EW3880R」は湾曲タイプのウルトラワイド。

ベゼルレス(フレームレス)でスッキリとした見た目になっている。

前面のスピーカー部のアップ。


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

金属のパンチ穴が質感の良さを生み出す


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

両端にロゴが埋め込まれていた

EW3880Rの背面からの見た目

「BenQ EW3880R」の背面は、サブウーファーが特徴的なデザイン。

サブウーファー部のアップ。

チープさはなく、「BenQ」のロゴが埋め込み、「treVolo」の印字もあった。


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

「BenQ」のロゴ


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

「treVolo」の印字

背面の左下には液晶モニターの操作ボタンも。

付属のリモコンでも操作できる。

「BenQ EW3880R」の盗難を防止するケンジントンロック。

セキュリティワイヤーで固定したい場合に使う。

端子部分のアップ。

左から「3.5mm AUX × 1」、「HDMI2.0×2ポート × 1」、「DisplayPort1.4 × 1」、「USB-C × 1」、「USB3.1 Gen1ポート×2」と続く。

端子にケーブルを接続した際には、支柱部分の穴(ホール)にケーブルを通すことで配線がスッキリする。

EW3880Rの側面からの見た目。

ごちゃごちゃせず、洗練されたシンプルなデザインになっていた。

BenQ EW3880Rをレビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実

「BenQ EW3880R」の使用感を踏まえて、レビューをまとめてみた。

項目としては以下の通り。

BenQ EW3880Rレビューまとめ

  • ワイド画面でマルチタスクが捗る
  • PBPモードで画面を分割が便利
  • 音の迫力◎リモート作業を楽しく
  • 映画に、音楽、ゲームも楽しめる
  • USBハブ内蔵、ケーブル一本ですっきり
  • リモコン操作で切替らくらく

ワイド画面でマルチタスクが捗る

見た目からの想像通り、37.5インチの大画面がイイ。

複数の画面を同時に見比べることができる。


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

37.5インチのウルトラワイド画面


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

シームレスなマルチタスクを実現できる

PBPモードで画面を分割が便利

個人的にはPBPモードでの2画面分割がおすすめ。

例えば、1台のノートPCに対して、USB-CとHDMI接続を行う。

仮想デスクトップの2画面目も表示されるので、よりマルチタスクでの作業もしやすくなる。

また、2台以上のデバイス接続も可能。

ゲームプレイ中に攻略サイトを同時に表示して、確認する。なんてことも可能だ。


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

「Nintendo Switch」+「MacBook」

音の迫力◎リモート作業を楽しく

「BenQ EW3880R」のスピーカーはサブウーファー付き。

コンテンツ鑑賞はもちろん、リモートワークでの作業用BGMも心地良く、ご機嫌で作業ができた。


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

一般的なPCモニターと比べて、低音の迫力が段違い

映画に、音楽、ゲームも楽しめる

PC作業以外に、プライベートの時間も充実できる。

Amazonプライムでの映画、YouTubeでの動画や音楽鑑賞、Nintendo Switchでのゲームなど。

しかも、使い方に応じて設定も変更が可能。

おうち時間が増えた今、デジタルに触れる時間をより充実できるはず。


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

映画に最適な「シネマ HDRi」


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

ゲームに最適な「ゲーム HDRi」

USBハブ内蔵、ケーブル一本ですっきり

WEBカメラやマウスレシーバーをモニターに接続しておけば、配線類もすっきり。

ノートPCとケーブル1本で接続ができる。

しかも、USB PD60Wの給電も。13インチ程度のノートPCなら事足りる出力だ。

USB PDとは

USB Power Deliveryの略称。USBポートを経由して最大100Wまでの給電が可能となるUSBポート規格のこと。

リモコン操作で切替らくらく

「BenQ EW3880R」はリモコン付きなのも大きなメリット。

モニターの設定変更で手を伸ばす必要はない。

思い立った時にすぐ、思い通りの操作・設定が可能。

ここに注意…! BenQ EW3880Rを検討する上でチェックしたい3つのポイント。

「BenQ EW3880R」を実際に使って分かった、検討する上でチェックするべき3つのポイントをまとめた。

項目としては以下の通りだ。

BenQ EW3880Rで気になった点

  • 設置場所の確保は必要
  • モニター自体の幅が大きい
  • モニターアームは機種を選ぶ

設置場所の確保は必要

「BenQ EW3880R」は幅広い作業領域を確保できる反面、物理的なサイズは大きくなる。

参考に幅120cm、奥行60cmのデスク天板に載せてみた。

サイズ感の参考にしてみてほしい。

モニター自体の幅が大きい

あと、「BenQ EW3880R」は内蔵スピーカーを強化した分、幅が厚め。

同社発売のライトバーは取り付けはできない。

WEBカメラも設置できるが、挟めない。


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

Screenbarは設置不可


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

WEBカメラは天面に置く形で使用

モニターアームは取付にコツが必要

「BenQ EW3880R」背面の凹みが少し深かった。

モニターアーム取り付けの際には、ブラケット(※先端の金具)とアーム関節を一体にした状態で取り付けすることをおすすめしたい。


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

ブラケット周りのふちがアームに干渉して取付できなかった


BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。

アーム関節と一体で取付をおすすめしたい

BenQ EW3880Rをおすすめする人

「BenQ EW3880R」を実際に使ってみて、以下のような人におすすめしたいと感じた。

BenQ EW3880Rをおすすめする人

  • 在宅ワーク時間が長い人
  • モニター搭載スピーカーを重視する
  • テレビは不要派の人

在宅ワーク時間が長い人

自宅でのテレワークをメインで作業するあなたに。

ウルトラワイドの画面でマルチタスク作業も捗って、仕事の生産性もアップする。

モニター搭載スピーカーを重視する

モニター標準のスピーカーでは物足りないと感じているあなたに。

心地よい音質の作業用BGMで気分も上がるはず。

テレビは不要派の人

テレビは見ないけど、大きな画面でゲームや動画、映画鑑賞したいあなたに。

サブウーファー付きスピーカーで迫力の音声を楽しもう。

BenQ EW3880Rをレビューまとめ。仕事からプライベートまで幅広く活躍するウルトラワイドモニター。

本記事では「BenQ EW3880R レビュー。リモート作業が捗るワイド画面、迫力の音声でおうち時間が充実。」についてまとめた。

改めてレビュー内容をまとめると以下の通り。

「EW3880R」レビューまとめ

  • ワイド画面でマルチタスクが捗る
  • PBPモードで画面を分割が便利
  • 音の迫力◎リモート作業を楽しく
  • 映画に、音楽、ゲームも楽しめる
  • USBハブ内蔵、ケーブル一本ですっきり
  • リモコン操作で切替らくらく

注意ポイント

  • 設置場所の確保は必要
  • モニター自体の幅が大きい
  • モニターアームは取付にコツが必要

仕事からプライベートまで幅広く活躍するウルトラワイドモニター。

「BenQ EW3880R」は仕事の効率化はもちろん。

その他、ゲームや動画、映画鑑賞など、デジタルコンテンツをガッツリ楽しみたいあなたにピッタリ。

おうち時間をより充実した過ごし方に変えてくれるはず。

関連記事


BenQ GW2785TC レビュー。GW2780Tからの違いも比較。目に優しく、ケーブル一本で画面拡張、充電できる便利さを実感。

続きを見る


BenQ ScreenBarとPlus、Haloの違いを比較。【選び方のポイントも解説】

続きを見る


Anker PowerConf C300のレビュー。WEB会議やオンライン配信のQOL爆上げ。

続きを見る


ロジクール C922nのレビュー&使い方解説。三脚で場所替え楽ちん。Zoom映えする画質・マイク性能。

続きを見る


【マイクも秀逸】Logicool C920n レビュー。ミニマルで洗練されたフォルムの高性能WEBカメラ。

続きを見る

-ガジェット