ANKER ガジェット

【レビュー】AnkerのSSD搭載型USB-Cハブが、MacのTime Machine用に使うと便利だった話。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

メモ

本記事では「Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ」をレビューしていきます。

ポイントはドッキングステーションに256GBのSSDが内蔵された点。

在宅ワークが普及した今、次世代型のSSDハブが出ました。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

僕はSSDをMacBookのTime Machine用に使っている

僕は容量256GBのMacBookなので、「Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ」のストレージ容量とピッタリ。

毎日、クラムシェルモードでドッキングステーションとして使いながら、気が付けばSSDでバックアップが取れている。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

バックアップの為にSSDやHDDを接続するのが面倒だったから、最高に快適だ

その他、USB-C端子を搭載したiPadとのデータ共有にも便利だと感じた。

PCで作成したプレゼン資料をiPadと共有できる。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

iPad mini 6に接続した様子

SSD付きだからこそ、持ち運び用ハブとしても使いやすい。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

コンパクトでかさばらないのも嬉しい

本記事では「AnkerのSSD内蔵ドッキングステーション」の魅力をレビューで伝えていく。

レビューまとめ

  • 256GBのSSDが必要十分な容量で使いやすい
  • 収納できるメッシュケーブルで見た目もすっきり
  • 「SSD内蔵」かつ「ドッキングステーション」の組み合わせはアリ

あわせて読みたい

>>>テレワークにおすすめのガジェット

【30選】在宅勤務、リモートワークが捗る!デスク周りの便利ガジェットおすすめ品を実体験から紹介。

続きを見る

>>>テレワークに最適なUSBハブ

【実機レビュー】Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ|テレワークに最適の必要十分なポートのハブ

続きを見る

>>>高速データ転送で選ぶならこのハブ

【実機レビュー】Anker PowerExpand 8-in-1 USB-C PD 10Gbps データ ハブ|高速データ転送がウリのハイスペックなType-Cハブ

続きを見る

>>>Anker初のWEBカメラをレビュー

Anker PowerConf C300のレビュー。WEB会議やオンライン配信のQOL爆上げ。

続きを見る

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブの概要

「AnkerのSSD内蔵ドッキングステーション」の概要を以下の内容で伝えていく。

「AnkerのSSD内蔵ドッキングステーション」の概要

  • 仕様
  • 付属品・外観

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブの仕様

「AnkerのSSD内蔵ドッキングステーション」の仕様(スペック)を表にまとめてみた。

どんな

製品名PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ
画像

外形寸法
幅:13.4cm
奥行き:5.1cm
高さ:1.5cm
重量
115g
カラー
グレー
SSD容量
256GB
データ転送速度
最大400MB/s
搭載ポート
USB-A 3.0ポート (最大5Gbps) ×2
USB PD対応USB-C充電ポート(88W)
HDMIポート(4K/30Hz)
対応OS
Windows OS XP以降
macOS 10.2以降
Chrome OS
iPadOS
対応機種
MacBook Pro
MacBook Air
Spectre
Thinkpad X1
USB-C搭載iPad
非対応機種
Nintendo Switchなど

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブの付属品・外観

「AnkerのSSD内蔵ドッキングステーション」の付属品や外観を詳しく見ていこう。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブの付属品

「AnkerのSSD内蔵ドッキングステーション」は以下のような内容で手元に届く。

付属品の一覧

  • パッケージ
  • Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ 本体
  • トラベルポーチ(折り畳み状態)
  • 取扱説明書

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブの外観

「AnkerのSSD内蔵ドッキングステーション」 本体の外観を見ていこう。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

SSDを内蔵していることが分かる印字

大きさを比べて見る。SSD内蔵ながら、持ち運びの際にも邪魔をしないサイズ感。

色合いもグレー系でApple製品と合わせやすい。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

過去のAnkerハブ(下)と比較


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

iPad mini 6と比較

重量を計測してみると、約116gだった。SSDにより若干の誤差はあるかもしれない。

側面の各ポートについて紹介。

左からUSB-C(充電専用)、USB−A(データ転送用)ポートが2つ並ぶ。

実際に接続した例を紹介。必要十分なポート構成なので使いやすい。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

USB-PD充電に対応したケーブルを接続


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

USB3.0に対応したUSBメモリを接続

短辺側にはHDMIによる外部出力ポートが搭載。

最大で4K/30Hzの出力に対応している。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

HDMIの印字があって分かりやすい


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

4K出力に対応したHDMIケーブルを接続

反対側の側面はナイロン素材のUSB-Cケーブルと収納場所を兼ね備えている。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

ケーブルがかさばらないのが◎

トラベルポーチ

「AnkerのSSD内蔵ドッキングステーション」には、トラベルポーチも付属。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

ANKERロゴ入りでオリジナル感あふれる

トラベルポーチに収納でよりスッキリした見た目に。

持ち運びの際も引っかかりがないので、ポケットにサッと収納できる。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

スリムで手に持ちやすい


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

バッグのポケットにらくらく収納

AnkerのSSD搭載型USB-Cハブのレビュー

ここからは、「AnkerのSSD内蔵ドッキングステーション」を実際に使ってみてよかった点をまとめた。

紹介する項目としては以下の通り。

レビューまとめ

  • 256GBのSSDが必要十分な容量で使いやすい
  • 収納できるナイロンメッシュケーブルで見た目もすっきり
  • 「SSD内蔵」かつ「ドッキングステーション」の組み合わせはアリ

256GBのSSDが必要十分な容量で使いやすい

128GBだと少ないし、1TBまであるとおそらくハブのサイズや価格も2〜3万円代でちょっと手が出しにくいお値段になる。

メーカー側で検討した末の容量だと感じた。

個人的には必要十分な容量で使いやすい。

収納できるナイロンメッシュケーブルで見た目もすっきり

従来のAnkerハブだと、ケーブルの収納場所に困った。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

過去のAnkerハブ(右)と比較

今回の仕様はそんなユーザーの要望を汲み取ったかのような仕上がり。

ナイロンメッシュで見た目もスタイリッシュに。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

収納後も取り出ししやすいコネクタ形状がグッド

「SSD内蔵」かつ「ドッキングステーション」の組み合わせはアリ

「SSD内蔵」かつ「ドッキングステーション」はモバイルワーク時代に好相性だと感じた。

映像出力やUSBポートの拡張をしながら、必要なデータは「SSD」に入っている。

デスクトップ環境ではPC、外出先ではiPadと接続と端末を使い分けてもデータは共有することも可能だ。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

デスクトップではPCと接続


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

外出先はiPadと一緒に

どう使う?AnkerのSSD搭載型USB-Cハブおすすめの使い方

じゃあ、「AnkerのSSD内蔵ドッキングステーション」はどんなときに便利なの?

こんな疑問に答えるべく、僕なりに活用した使い方を3つまとめてみた。

AnkerのSSD搭載型USB-Cハブの使い方

  1. MacBookのTime Machine用に使うと便利だった
  2. USB-C端子のiPadとのデータ共有もおすすめ
  3. コンパクトにまとまって、持ち運び用のハブに使いやすい

MacBookのTime Machine用に使うと便利だった

僕はこの使い方に落ち着いた。

「AnkerのSSD内蔵ドッキングステーション」なら、MacBookを立ち上げて接続するだけでバックアップも取れる。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

作業してたらバックアップが完了している

バックアップは正直めんどうだし、前回いつ取ったか分からないぐらい放置してしまうこともしばしばあった。

手元のデータとして保管しておきたかった僕には一番フィットした活用法だった。

USB-C端子のiPadとのデータ共有もおすすめ

「AnkerのSSD内蔵ドッキングステーション」はUSB-C端子のiPadとも相性が良い。

iPadもパソコン並みに便利に使えるデバイスになった。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

iPad mini 6でもちゃんと使えた

出先はiPadとAnkerのSSD搭載型USB-Cハブを持ち歩けば、PCで作成した資料の共有も楽々。

必要に応じて、画面出力もできて、活用の幅も広がる使い方だろう。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

iPadで映像出力もできるので便利

コンパクトにまとまって、持ち運び用のハブに使いやすい

一定の場所で仕事をしなくなった今、求められているのはモバイル性だと思う。

「AnkerのSSD内蔵ドッキングステーション」はUSBケーブル一体型に加えて、ケーブルが本体に収納することが可能。

付属のポーチに入れてしまえばスッキリ収納することができる。

モバイル性と256GBのストレージを兼ね備えているので、持ち物を減らせて身軽になる。

ココに注意…!AnkerのSSD搭載型USB-Cハブを購入する前に知っておきたい【3つのこと】

「AnkerのSSD内蔵ドッキングステーション」を検討する際に注意したいポイントは以下の3点だと感じた。

注意したい点

  1. SD/microSDスロットは搭載していない
  2. USB-Cのデータ転送ポートは搭載していない
  3. LANポートも搭載していない

「AnkerのSSD内蔵ドッキングステーション」は、一眼レフで撮影した写真や動画など、データ転送をメインとしている人にはおすすめできない。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ(上)
Anker PowerExpand 8-in-1 USB-C PD 10Gbps データ ハブ(下)

また、WEBサイトやネットワークフォルダからのダウンロードの場合、WiFiルーターのような無線には少し不向き。

有線LANの方が安定したデータのやり取りが可能だ。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ(上)
Anker PowerExpand 8-in-1 USB-C PD 10Gbps データ ハブ(下)

上記のようなデータのやり取りをメインとしている方だと、「Anker PowerExpand 8-in-1 USB-C PD 10Gbps データ ハブ」の方がおすすめ。

合わせて検討してみてはどうだろうか。

>>>「Anker PowerExpand 8-in-1 USB-C PD 10Gbps データ ハブ」はレビューもしています。

【実機レビュー】Anker PowerExpand 8-in-1 USB-C PD 10Gbps データ ハブ|高速データ転送がウリのハイスペックなType-Cハブ

続きを見る

【まとめ】SSD搭載型のUSB-Cハブはガジェットの持ち運びを更に集約できてよき◎

本記事ではAnker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブをレビュー。いかがだっただろうか。

おさらいに、レビューをまとめると以下の通り。

レビューまとめ

  • 256GBのSSDが必要十分な容量で使いやすい
  • 収納できるメッシュケーブルで見た目もすっきり
  • 「SSD内蔵」かつ「ドッキングステーション」の組み合わせはアリ

SSD搭載型のUSB-Cハブはガジェットの持ち運びを更に集約できてよき◎

「AnkerのSSD内蔵ドッキングステーション」を使えば、在宅ワークのデスク周りがすっきり。

デスクトップ環境だけでなく、ケーブル収納できて持ち運びの利便性も良いし、持ち物も減らせて身軽に。

USB-C端子のiPadと併用すれば、相互のデータ共有も手軽にできる外部ストレージの役割もOK。

「AnkerのSSD内蔵ドッキングステーション」で、リモートワークをもっとスマートにしませんか。

関連記事


【実機レビュー】Anker PowerExpand 8-in-1 USB-C PD 10Gbps データ ハブ|高速データ転送がウリのハイスペックなType-Cハブ

続きを見る


【実機レビュー】Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ|テレワークに最適の必要十分なポートのハブ

続きを見る


Anker PowerConf C300のレビュー。WEB会議やオンライン配信のQOL爆上げ。

続きを見る

-ANKER, ガジェット

Copyright © ガジェスペ , All Rights Reserved.