ミニマリスト モバイルバッテリー

【2020年】ミニマリストにおすすめのモバイルバッテリー10選【個別レビューあり】

タイトル:【2020年】ミニマリストにおすすめのモバイルバッテリー10選【個別レビューあり】

ミニマリストに最適なモバイルバッテリーってなんだろう?
失敗しないモバイルバッテリー選びがしたいなあ…

こんな疑問にお答えします。

本記事ではミニマリストにおすすめのモバイルバッテリー10選を紹介していきます。

紹介するモバイルバッテリーは下記の通り。

ミニマリストにおすすめのモバイルバッテリーまとめ

☑ 小容量タイプ(5000mAh)

☑ 中容量タイプ(5001〜8000mAh)

☑ 大容量タイプ(8001〜10000mAh)

実際に使ってみて、一押しのモバイルバッテリーは下記の通りです。

容量別で一押しのモバイルバッテリー

  • 小容量タイプ iWALK 超小型 モバイルバッテリー
  • 容量4,500mAhでiPhone 11なら約1.4回分。

    iPhone専用ですが、ケーブル不要でこのコンパクトさはミニマリストに最適。


  • 中容量タイプ RAVPower RP-PB125
  • 容量6,700mAhでiPhone 11なら約2.1回分。

    コンセント付きで充電器が不要のミニマリスト向け。ちょうどいい容量がストレスなく使えます。


  • 大容量タイプ Anker PowerCore 10000 Redux
  • 容量10,000mAhでiPhone 11なら約3.2回分。

    デザイン良し、使い勝手良し、容量良し。買って後悔しないモバブです。


実際に使ってみた個別レビュー紹介していますので、これからの買い物にきっと参考になるはず。

冒頭にモバイルバッテリーの失敗しない選び方も解説しているので、ざっと目を通してみて下さい。

【 ミニマリスト 】モバイルバッテリーの失敗しない選び方5つのポイント

ミニマリストにおすすめのモバイルバッテリーを選ぶ際、失敗しないためのポイントを5つ紹介します。

まとめると下記のとおりです。

失敗しない!ミニマリスト向けのモバイルバッテリー選び方まとめ

  1. バッテリーの容量
  2. サイズ感
  3. 充電スピード
  4. 充電ポートの数
  5. 持ち物が減らせるか

それぞれ詳しく解説していきますね!

バッテリーの容量

ミニマリストがモバイルバッテリーを選ぶ際、いちばん重要なのがバッテリー容量です。

バッテリー容量がなければ、いざという時に手持ちのデバイスがしっかり充電できない。

バッテリー容量が手持ちのデバイス分をカバーできているかもポイントです。

▼参考にどれぐらいのバッテリー容量があれば、iPhoneシリーズの充電を何回できるのかまとめてみました。

バッテリー容量の目安(iPhoneXSの場合)

バッテリー容量 iPhone11 充電回数
5000mAh 約1.6回分
8000mAh 約2.5回分
10000mAh 約3.2回分

参考値 iPhoneシリーズのバッテリー容量

  • iPhone XS:2,658mAh
  • iPhone XS Max:3,174mAh
  • iPhone 11:3,110mAh
  • iPhone 11 Pro:3,046mAh
  • iPhone 11 Pro Max:3,969mAh

2.サイズ感

持ち運びの際に気になるのがサイズ感です。

サイズが大きすぎたり、重量が重すぎたりすると、普段の持ち運びで不便です。

できるだけコンパクトで軽量なモバイルバッテリーを選ぶと失敗しないです。

3.充電スピード

充電スピードが早ければ、デバイスが使えるまでの時間が短くなります。

とにかく早く使用できる状態にしたい方は、「急速充電」、「PD」という規格を考慮して選ぶと良いです。

急速充電とは


USB-Aポートで最大5V/2.4Aで充電が可能。特に記載がない場合は5V/1A充電のことが多い。
 

PDとは


「USB Power Delivery」の略。両端の端子がタイプCポート同士で接続することですばやく電源供給。速く充電したい方におすすめ。
※PD対応デバイスを接続している場合

4.充電ポートの数

普段の持ち運びで、手持ちの機器を最大何台まで充電するかを考慮しておいた方が良いです。

いざという時に、慌てることなく手持ちの機器を充電できます。

5.持ち物が減らせるか

モバイルバッテリーを持ち運ぶ際も、持ち物は極力減らしたいですよね。

持ち物を減らすには、1台で複数の役割を持つモバイルバッテリーを選ぶ必要があります。

持ち物が減らせるモバイルバッテリーのポイントは3つあります。

持ち物が減らせるモバイルバッテリーのポイント

  • Qi対応 ➝ ケーブルを減らせる
  • ケーブル内蔵型 ➝ ケーブルを減らせる
  • コンセント内蔵型 ➝ 充電器を減らせる

Qi(チー)とは


ワイヤレス給電の国際標準規格。Qi対応したスマホを置くだけで充電が可能です。
 

それでは容量別でモバイルバッテリーを紹介していきます!

小容量(〜5000mAh)のミニマリスト向けモバイルバッテリー

小容量タイプでミニマリストにおすすめのモバイルバッテリーを紹介していきます。

比較表にまとめると以下の通りです。

製品名 バッテリー容量 サイズ ポート 重量 急速充電 PD対応 Qi対応 ケーブル内蔵 コンセント内蔵
amazoniWALK 超小型 モバイルバッテリー iPhone 4500mAh 4500mAh 7.7 x 4.7 x 2.6 cm 1 約90.7g
amazoncheero Power Plus 5 Stick 5000mAh 11 x 6.8 x 2.5 cm 2 約125g × × ×
amazonAnker PowerCore III Fusion 5000 4850mAh 8 x 7.1 x 3 cm 2 約177g × ×
amazonAnker PowerCore Fusion 5000 5000mAh 7.2 x 7 x 3.1 cm 2 約190g × × ×

それぞれのモバイルバッテリーについて、詳しく解説していきます!

iWALK 超小型 モバイルバッテリー iphone 4500mAh

iWALK 超小型 モバイルバッテリー iphone 4500mAh」は4500mAhのバッテリー容量です。

4500mAhの容量は、iPhone 11なら約1.4回分の充電が可能。

サイズは7.7 x 4.7 x 2.6 cmと超コンパクトです。

重量も100gを切るレベルでふわっと軽い重量感。

iPhone充電用にLightning端子が付いているので挿すだけですぐ充電可能です。

iPhone以外にもAirPodsのようなガジェットも充電OK。

【iWALK 超小型モバイルバッテリー4500mAh】をおすすめしない方

  • iPhone用のモバイルバッテリーをお探しの方
  • できるだけ荷物を減らしたいミニマリスト思考の方

【iWALK 超小型モバイルバッテリー4500mAh】をおすすめする方

  • スマホがiPhoneじゃない方
  • スマホ以外にも充電するガジェットをお持ちの方

iPhone充電の心強い相棒です!


「iWALK 超小型 モバイルバッテリー iphone 4500mAh」の個別レビュー記事はこちら

iWALK 超小型モバイルバッテリー4500mAh【 Link Me 4レビュー 】iPhone用の使い方と評判

続きを見る

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh」は5000mAhのバッテリー容量です。

5000mAhの容量は、iPhone 11なら約1.6回分の充電が可能。

スティック型なので、コンパクトで手に持ちやすい形状です。

重量は128gで苦にならない重量感。

端子はUSB-AとUSB Type-Cポートを搭載。

ブラックにオレンジの印字がおしゃれです。

「cheero Power Plus 5 Stick」側面のボタンを押すと、バッテリー残量を表示します。

PD給電による充電ができるので、充電時間が短くなって助かります。

「cheero Power Plus 5 Stick」を実際に使ってみて、おすすめしない人、する人は以下の通りです。

【cheero Power Plus 5 Stick】をおすすめしない人

  • PD給電を使うデバイスがない
  • とにかく大容量のバッテリーが良い

【cheero Power Plus 5 Stick】をおすすめする人

  • コンパクトさを重視
  • PD給電の機能が欲しい
  • バッテリー残量が分かりやすいのが良い

コンパクトかつアルミ素材のボディがカッコいい!


「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh」の個別レビュー記事はこちら。

【cheero Power Plus 5 Stick レビュー】PD対応でコンパクトなモバイルバッテリー

続きを見る

Anker PowerCore III Fusion 5000

Anker PowerCore III Fusion 5000」は4850mAhのバッテリー容量です。

4850mAhの容量は、iPhone 11なら約1.5回分の充電が可能です。

つるつるした素材のホワイトと印字のブルーがクリーンな印象です。

端子面は上から「バッテリー残量インジケーター」、「Type-Cポート」、「USB Aポート」となります。

注意


USBポートはどちらも出力専用になっています。

本体に電源プラグが収納されています。

プラグの先端が少し飛び出ていて、使うときに取り出ししやすい設計。

Type-Cポートを使ってノートパソコンにも接続を試してみました。

しっかりと、PD給電できちゃいます。

「Anker PowerCore III Fusion 5000」を実際に使ってみて、おすすめしない人、する人は以下の通りです。

「Anker PowerCore III Fusion 5000」をおすすめしない人

  • Type-C給電が可能な機器を持っていない。
  • ブラックやレッドの本体カラーがお好きな方。

「Anker PowerCore III Fusion 5000」をおすすめする人

  • コンセント一体型のモバイルバッテリーをお探しの方
  • Type-CによるPD給電が可能なモデルをお探しの方

最大18W対応なので、iPad Proにもおすすめです!


「Anker PowerCore III Fusion 5000」の個別レビュー記事はこちら

【Anker PowerCore III Fusion 5000レビュー】PD給電に対応で進化!コンセント付きモバイルバッテリー

続きを見る

Anker PowerCore Fusion 5000

Anker PowerCore Fusion 5000」は5000mAhのバッテリー容量です。

5000mAhの容量は、iPhone 11なら約1.6回分の充電が可能です。

サイズは7 x 7.2 x 3.1 cmで、クレジットカードと同じぐらいのサイズ感です。

重量は約190g。重量感は感じる重さです。

折りたたみのコンセント付きなので、USB充電器が持ち運び不要。

持ち物を減らしたいミニマリストにはうれしい仕様です。

各USB出力ポートはAnker独自技術のPowerIQ独自技術で急速充電(2.4A)に対応しています。

PowerIQとは


各USBポートに接続された機器を自動的に検知し、その機器に適した最大のスピードで急速充電を行うことが可能な技術
 

「Anker PowerCore Fusion 5000」を実際に使ってみて、おすすめしない人、おすすめする人は以下の通りです。

「Anker PowerCore Fusion 5000」をおすすめしない人

  • Type-C給電が可能な機器を持っていない。
  • ブラックやレッドの本体カラーがお好きな方。

「Anker PowerCore Fusion 5000」をおすすめする人

  • コンセント一体型のモバイルバッテリーをお探しの方
  • 持ち物を減らしたいミニマリスト思考の方

出張先、旅先で荷物を減らしたい方におすすめしたい一品です!


「Anker PowerCore Fusion 5000」の個別レビュー記事はこちら


【RAVPower RP-PB125とAnker徹底比較】コンセント付きモバイルバッテリーのレビュー

続きを見る

中容量(5001〜8000mAh)ミニマリスト向けモバイルバッテリー

中容量タイプでミニマリストにおすすめのモバイルバッテリーを紹介していきます。

比較表にまとめると以下の通りです。

製品名 バッテリー容量 サイズ ポート 重量 急速充電 PD対応 Qi対応 ケーブル内蔵 コンセント内蔵
amazonRAVPower RP-PB125 6700mAh 8.1 x 7.5 x 2.7 cm USB-A×2(15W出力) 184g
amazonTindon モバイルバッテリー 8000mAh 8000mAh 16.8 x 9.6 x 1.8 cm 1 181g
amazonSuperMobileCharger CIO-SC2 8000mAh 8.2 x 8 x 2.9 cm 2 240g

RAVPower RP-PB125

RAVPower RP-PB125」は6700mAhのバッテリー容量です。

注意


現在、メーカー側でブラックは廃止となっており、ホワイトのみのラインナップです。

6700mAhの容量は、iPhone 11なら約2.1回分の充電が可能です。

横からみるとこんな感じです。

各部の機能はこのようになっています。

コンセントプラグは収納できて便利な仕様です。

充電ケーブルはmicroUSBケーブル。

トラベルポーチが付属しているので、持ち運びや収納の際に便利です。

「RAVPower RP-PB125」を実際に使ってみて、おすすめしない人、おすすめする人は以下の通りです。

「RAVPower RP-PB125」をおすすめしない人

  • Type-CによるPD給電が必要な方。
  • 豊富な本体カラーから選びたい方。

「RAVPower RP-PB125」をおすすめする人

  • コンセント一体型のモバイルバッテリーをお探しの方
  • 持ち物を減らしたいミニマリスト思考の方

「Anker PowerCore Fusion 5000」の容量では物足りない方にもおすすめです!


「RAVPower RP-PB125」の個別レビュー記事はこちら


【RAVPower RP-PB125とAnker徹底比較】コンセント付きモバイルバッテリーのレビュー

続きを見る

Tindon モバイルバッテリー 8000mAh

Tindon モバイルバッテリー 8000mAh」は8000mAhのバッテリー容量です。

8000mAhの容量は、iPhone 11なら約2.5回分の充電が可能です。

サイズは10 x 6 x 1 cmで超薄タイプのモバイルバッテリー。

重量も150 gと8000mAhの容量なのに軽いです。

iPhone充電用にLightningケーブルが内蔵されているので挿すだけですぐ充電可能です。

持ち運びの際に、持ち物でケーブルが減らせます。

デバイス充電用にUSBAポートも付いています。

内蔵のケーブルとUSBAポートを使えば、2台まで同時に充電可能です。

ケーブル内蔵タイプをお探しの方におすすめです!


SuperMobileCharger CIO-SC2

SuperMobileCharger CIO-SC2」は8000mAhのバッテリー容量です。

8000mAhの容量は、iPhone 11なら約2.5回分の充電が可能です。

サイズは8 x 8.2 x 2.9 cmのほぼ正方形モバイルバッテリー。

厚みはちょうど500円玉サイズ。

重量を比較してみました。

重量は246 gと同クラスのモバイルバッテリーと比べてやや重量感あります。

デバイス充電用にUSBAポートからは2.4Aの急速充電。

USB-CポートはPower Delivery 対応しており、2ポート合計で最大18Wの給電ができます。

コンセント付きでワイヤレス充電(Qi対応)可能なので、USB充電器、ケーブル要らずの次世代仕様です。

「SuperMobileCharger CIO-SC2」を実際に使ってみて、おすすめしない人、おすすめする人は以下の通りです。

「SuperMobileCharger CIO-SC2」をおすすめしない人

  • ワイヤレス充電(Qi対応)に対応するデバイスでない方
  • できるだけ軽量なモバイルバッテリーをお探しの方。

「SuperMobileCharger CIO-SC2」をおすすめする人

  • 充電ケーブルも持ち運びしたくないという方
  • 持ち物を極限まで減らしたいミニマリスト思考の方

コレさえあれば、持ち歩きの充電はOKです!

詳しい外観は動画でも紹介しています。


「SuperMobileCharger CIO-SC2」の個別レビュー記事はこちら

【 CIO SuperMobileCharger CIO-SC2 レビュー 】持ち物が極限まで減らせる次世代モバイルバッテリー【口コミ評判・比較あり】

続きを見る

大容量(8001〜10000mAh)ミニマリスト向けモバイルバッテリー

大容量タイプでミニマリストにおすすめのモバイルバッテリーを紹介していきます。

比較表にまとめると以下の通りです。

製品名 バッテリー容量 サイズ ポート 重量 急速充電 PD対応 Qi対応 ケーブル内蔵 コンセント内蔵
amazonAnker PowerCore 10000 10000mAh 6 x 9.2 x 2.2 cm 1 180g
amazonAnker PowerCore 10000 PD Redux 10000mAh 10.6 x 5.2 x 2.5 cm 2 192g
amazoncheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W(CHE-101) 10000mAh 4.6 x 9.8 x 2.4 cm 2 204g

Anker PowerCore 10000

Anker PowerCore 10000」は10000mAhのバッテリー容量です。

10000mAhの容量は、iPhone 11なら約3.2回分の充電が可能です。

Amazonの売れ筋ランキングで常に1位のベストセラー品。

表面に「ANKER」の刻印だけのシンプルなデザイン。

重量は約183gで苦にならない重量感。

側面のボタンを押すと、バッテリー残量が確認できます。

手に持ったときにしっくりくる持ち味。

USBポート面はデバイス充電用にUSB-Aが1つ。

「Anker PowerCore 10000」を充電するmicroUSBが1つ搭載。

エッジの部分にもこだわりを感じる意匠デザインです。

「Anker PowerCore 10000」を実際に使ってみて、おすすめしない人、する人は以下の通りです。

【Anker PowerCore 10000】をおすすめしない人

  • 2台以上のデバイスを同時に充電したい方
  • PD対応のモバイルバッテリーをお探しの方

【Anker PowerCore 10000】をおすすめする人

  • スマホの充電だけで十分な方
  • モバイルバッテリー選びで迷っている方

実績のある商品がイチバン!という方は「Anker PowerCore 10000」がおすすめです!


「Anker PowerCore 10000」の個別レビュー記事はこちら

【Anker PowerCore 10000 レビュー】コスパ抜群!Amazonベストセラーのモバイルバッテリー

続きを見る

Anker PowerCore 10000 Redux

Anker PowerCore 10000 Redux」は10000mAhのバッテリー容量です。

10000mAhの容量は、iPhone 11なら約3.2回分の充電が可能です。

まず目を引くのが、洗練された表面のデザイン。

マットな仕上げの質感がカッコ良すぎます。

手に持ったときにしっくりくる縦長のサイズ。

重量は約185gと苦にならない重量感です。

表面のボタンを押すと、バッテリー残量が確認できます。

ボタン2回押し、もしくは長押しで緑色のLEDが点灯。

低電流モードに切り替わります。

USBポート面はデバイス充電用にUSB-Aが1つ。

「Anker PowerCore 10000 Redux」を充電するmicroUSBが1つ搭載。

ブルーカラーのポートがデザイン性を高めています。

「Anker PowerCore 10000 Redux」を実際に使ってみて、おすすめしない方、おすすめする方は以下の通りです。

【Anker PowerCore 10000 Redux】をおすすめしない人

  • 2台以上のデバイスを同時に充電したい方
  • PD対応のモバイルバッテリーをお探しの方

【Anker PowerCore 10000 Redux】をおすすめする人

  • デザインがおしゃれなモバイルバッテリーをお探しの方
  • スマホの充電メインで、たまに小型ガジェットも充電したい方

デザイン面にも妥協しない、高機能なモバイルバッテリーをお探しの方におすすめできる一品です。


「Anker PowerCore 10000 Redux」の個別レビュー記事はこちら

【Anker PowerCore 10000 Redux レビュー】より磨きがかかって帰ってきたベストセラー品のモバイルバッテリー

続きを見る

cheero Power Plus 5 10000mAh

cheero Power Plus 5 10000mAh」は10000mAhのバッテリー容量です。

10000mAhの容量は、iPhone 11なら約3.2回分の充電が可能です。

10000mAhの大容量ながら、コンパクトなサイズ感。

「cheero Power Plus 5 Stick(5000mAh)」のだいたい2本分の大きさです。

端子はUSB-CポートとUSB-Aを搭載。

ブラックにオレンジの印字で視認性が良いです。

「cheero Power Plus 5 10000mAh」の側面ボタンを押すと、バッテリー残量を表示します。

「cheero Power Plus 5 10000mAh」を実際に使ってみて、おすすめしない方、おすすめする方は以下の通りです。

【cheero Power Plus 5 10000mAh】をおすすめしない方

  • 充電の性能が高いものを選びたい
  • PD給電のデバイスを持っていない

【cheero Power Plus 5 10000mAh】をおすすめする方

  • コンパクトさを重視の方
  • スタイリッシュで高級感のある見た目がいい方
  • PD(USB Power Delivery)対応のバッテリーをお探しの方
  • 「cheero Power Plus 5 Stick(5000mAh)」だと容量が物足りない方

アルミ素材の高級感と大容量のモバイルバッテリーが決め手です!


「cheero Power Plus 5 10000mAh」の個別レビュー記事はこちら

【cheero CHE-101レビュー】PD18W対応で大容量、アルミ素材のモバイルバッテリー【cheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W】

続きを見る

【ミニマリスト】おすすめのモバイルバッテリーまとめ

本記事で紹介した、ミニマリストの方がモバイルバッテリーを選ぶ上でのポイントは下記の通りです。

失敗しない!ミニマリスト向けのモバイルバッテリー選び方まとめ

  1. バッテリーの容量
  2. サイズ感
  3. 充電スピード
  4. 充電ポートの数
  5. 持ち物が減らせるか

こちらを踏まえて、ミニマリストにおすすめのモバイルバッテリーをまとめると…

ミニマリストにおすすめのモバイルバッテリーまとめ

☑ 小容量タイプ(5000mAh)

☑ 中容量タイプ(5001〜8000mAh)

☑ 大容量タイプ(8001〜10000mAh)

どれにしようか迷っている方に…

僕の一押しモバイルバッテリーは以下になります。

容量別で一押しのモバイルバッテリー

  • 小容量タイプ iWALK 超小型 モバイルバッテリー
  • 容量4,500mAhでiPhone 11なら約1.4回分。

    iPhone専用ですが、ケーブル不要でこのコンパクトさはミニマリストに最適。


  • 中容量タイプ RAVPower RP-PB125
  • 容量6,700mAhでiPhone 11なら約2.1回分。

    コンセント付きで充電器が不要のミニマリスト向け。ちょうどいい容量がストレスなく使えます。


  • 大容量タイプ Anker PowerCore 10000 Redux
  • 容量10,000mAhでiPhone 11なら約3.2回分。

    デザイン良し、使い勝手良し、容量良し。買って後悔しないモバブです。


必要十分でミニマルなモバイルバッテリーを見つけてくださいね。

この記事で紹介した個別レビューもありますので、参考にしてみて下さい。

本記事で紹介したモバイルバッテリー


【cheero Power Plus 5 Stick レビュー】PD対応でコンパクトなモバイルバッテリー

続きを見る


【Anker PowerCore III Fusion 5000レビュー】PD給電に対応で進化!コンセント付きモバイルバッテリー

続きを見る


【 Anker PowerCore Fusion 5000 】amazonの批判的レビューを実機で検証【旅先で大活躍のモバイルバッテリー】

続きを見る


【RAVPower RP-PB125 レビュー】コンセント付きモバイルバッテリーの決定版!

続きを見る


【RAVPower RP-PB125とAnker徹底比較】コンセント付きモバイルバッテリーのレビュー

続きを見る


【 CIO SuperMobileCharger CIO-SC2 レビュー 】持ち物が極限まで減らせる次世代モバイルバッテリー【口コミ評判・比較あり】

続きを見る


【Anker PowerCore 10000 レビュー】コスパ抜群!Amazonベストセラーのモバイルバッテリー

続きを見る


【Anker PowerCore 10000 Redux レビュー】より磨きがかかって帰ってきたベストセラー品のモバイルバッテリー

続きを見る


【cheero CHE-101レビュー】PD18W対応で大容量、アルミ素材のモバイルバッテリー【cheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W】

続きを見る

amazonで購入検討の方に朗報!

初回チャージで1000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

amazonチャージのキャンペーン登録ページはこちら

-ミニマリスト, モバイルバッテリー

© 2020 ガジェスペ|ガジェットブログ