ガジェット

【デイズポーチリモード】使用感レビュー|こだわりのガジェットポーチ

どうも、ガジェット大好きのりょう(@gadgetspace_)です。

本記事では、デイズポーチリモードをレビューしていきます。

「デイズポーチリモード」はユウボク東京から発売されているガジェットポーチです。

クラウドファンディングMakuakeで「472人」を超える応援購入があった大ヒット商品。

自立する細長い構造が、スペースのない場所でもしっかり活用できるスグレモノ。

デイズポーチリモード」はガジェットを手軽に持ち運びたい方、デイリーユースのバッグをお探しの方におすすめできる一品です。

「デイズポーチリモード」レビューまとめ

  • 縦型に自立するので省スペース
  • ガバッと開いて中身が見やすい構造
  • ファスナーの開閉、ポケット配置が使いやすい
  • 別売りの専用肩紐でショルダーポーチとしても使える


メモ


本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。

【デイズポーチリモード】使用感レビュー|随所に工夫が凝らされたガジェットポーチ

デイズポーチリモード」を使ってみての使用感をご紹介していきます。

☑ デイズポーチリモードの使用感まとめ

  • はがきサイズのものは相性が悪い
  • 縦に長い構造でモノがごちゃごちゃしにくい
  • 指をかけやすく、スムースに開閉できるファスナー
  • 細部にこだわりのある専用肩紐

はがきサイズのものは相性が悪い

色々なものを収納してみて分かったのが、はがきサイズとは相性が悪いこと。

例えば、お薬手帳がはがきサイズです。

入らないことはないですが、中で少し曲がった状態になってしまいます。

ガジェットを入れることに特化しているので、デイリーユースで使う方は注意したほうが良いかも。

縦に長い構造でモノがごちゃごちゃしにくい

「デイズポーチリモード」は縦長の構造をしています。

そのため、モノ同士ポーチの中でが重ならず、ごちゃごちゃしない

一覧性が良くて、取り出しやすいのはとても使いやすいです。

指をかけやすく、スムースに開閉できるファスナー

「デイズポーチリモード」のファスナーは大きな引き手つき。

この引き手があることで、ファスナーがとってもつかみやすい。

レジで会計するときに財布を取り出したり、作業に必要なものモノを取り出すときにストレスがないのは最高です。

細部にこだわりのある専用肩紐

「デイズポーチリモード」背面のDカン(金具)に簡単に取り付けられるフック。

肩紐の長さを調整して、余った部分が広がりにくい留め具。

細かな配慮が行き届いたこだわりの専用肩紐になっています。

【デイズポーチリモード】と専用肩紐の外観

デイズポーチリモード」と「専用肩紐(別売り)」について、それぞれ外観を見ていきます。

▼デイズポーチリモードの外観

マットなブラックの見た目がカッコいい。

前ポケットと本体で素材感が違う。

さり気なく取り付けられたタグが、良いアクセントになっています。

三方にガバっとひらく開口部で使いやすい。

開口部にはワイヤーフレームが入っていて、しっかり形状を維持できます。

「デイズポーチリモード」の収納する場所は、それぞれこのようになっています。

机の上に自立させても、スリムで場所を取らない薄マチ。

作業スペースが狭くても邪魔になりません!

▼「デイズポーチリモード」には、別売りで専用肩紐があります。

専用肩紐を取り付ければ、ショルダーポーチとして、デイリーユースで使えます。

肩掛けするとこんな感じになります。

体の前に持ってきた方が使い勝手が良いし、しっくりきましたよ!

【デイズポーチリモード】の容量

【デイズポーチリモード】使用感レビュー|随所に工夫が凝らされたガジェットポーチ

それでは、「デイズポーチリモード」の収納できる容量をみていきます。

「デイズポーチリモード」とPCを片手に、カフェでブログ作業をやってみました。

▼まずはお出かけの準備から

ブログ作業したときの持ち物は以下の通りです。

ブログ作業をしてみて思うのは、机の上に作業道具があるのはかなり便利

いつも作業するときには、必要なものを足元のカゴに置いてましたので。

コーヒーや軽食が出てきても、作業スペースに問題なし!

【デイズポーチリモード】とデイズポーチを比較

ユウボク東京から発売されているデイズポーチシリーズ。

ここでは「デイズポーチリモード」と「デイズポーチ」の特徴を比較していきます。

製品名 販売価格 色展開 サイズ ポケット 肩紐(別売り)の対応
amazonデイズポーチリモード ¥3,828(税込) 5色 W19 × D6 × H16cm 大小合わせて5つ
amazonデイズポーチ ¥4,378(税込) 6色 W19 x D8.5 x H17cm 大小合わせて9つ ×

どちらも比較してみて…

収納できる容量や、ポケット小分けの多さ、バッグインバッグとして選ぶなら

➝「デイズポーチ」がおすすめ

街歩きや日々のお出かけで、単体のショルダーポーチとして使うなら

➝「デイズポーチリモード」がおすすめ

こんな感じで選ぶと、失敗がなさそうです。

あなたならどちらを選びますか?

【デイズポーチリモード】レビューまとめ

ここまで「デイズポーチリモード」をレビューしてきましたが、まとめると以下の通りです。

「デイズポーチリモード」レビューまとめ

  • 縦型に自立するので省スペース
  • ガバッと開いて中身が見やすい構造
  • ファスナーの開閉、ポケット配置が使いやすい
  • 別売りの専用肩紐でショルダーポーチとしても使える

自立する細長い構造が、スペースのない場所でもしっかり活用できるスグレモノ。

デイズポーチリモード」はガジェットを手軽に持ち運びたい方、デイリーユースのバッグをお探しの方におすすめできる一品です。


この記事で紹介した持ち物


【 ミニマリスト向け 】【 Anker PowerLine II 3-in-1 ケーブル 】 レビューと口コミ評判

続きを見る


iWALK 超小型モバイルバッテリー4500mAh【 Link Me 4レビュー 】iPhone用の使い方と評判

続きを見る


【T5進化版】Mpow M5レビュー【グラフェンドライバー搭載の完全ワイヤレスイヤホン】

続きを見る


手ぶら財布を使った感想は最高
【4ヶ月使用】手ぶら財布の感想と口コミ【小銭入れも紹介】

続きを見る

amazonで購入検討の方に朗報!

初回チャージで1000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

amazonチャージのキャンペーン登録ページはこちら

-ガジェット

© 2020 ガジェスペ|ガジェットブログ