ガジェット ワイヤレスイヤホン

【ワイヤレスイヤホンPINO レビュー】コスパ抜群!ANC搭載の完全ワイヤレスイヤホン

どうも、ガジェット大好きのりょうです。

本記事ではMakuakeで応援購入を募集している「ワイヤレスイヤホンPINO」をレビューしていきます。

「ワイヤレスイヤホンPINO」はオーディオ製品大手で確かなものづくりをしてきた、技術者メンバーにより製作。

Makuake

市場で流通しているANC(アクティブノイズキャンセリング)機能を搭載した、完全ワイヤレスイヤホンを研究し、ユーザーが望むニーズを研究して考案されています。

AirPodsProやSonyだと価格が高い…でもANC機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンが良い!という方に、「ワイヤレスイヤホンPINO」はおすすめの商品です。

【 ワイヤレスイヤホンPINO 】レビューまとめ

  • 1万円台で買えるコストパフォーマンス
  • ANC搭載で周囲の雑音を最大35dB低減
  • ENC搭載で通話の音声をクリアに伝える
  • 耳に心地良くフィットするエルゴイヤホン
  • IPX4の日常に必要な防水性能を搭載
  • 充電ケース併用で、最大24時間の使用が可能
  • 片耳約5g、充電ケースと合計で約50gの軽量設計

▼「ワイヤレスイヤホン PINO」の購入はこちら

メモ


本記事はメーカー様から試作品を提供いただき作成しています。
実際にお届けする商品と、少し仕様が異なる場合があります。




【ワイヤレスイヤホン PINO】の同梱物と外観

【ワイヤレスイヤホン PINO】の同梱物と外観

「ワイヤレスイヤホン PINO」の同梱物と外観の同梱物

  1. ワイヤレスイヤホンPINO イヤホン(左右)
  2. ワイヤレスイヤホンPINO 充電ケース
  3. 形状記憶イヤーピース × 2

▼まずはイヤホンから詳しく見ていきます。

横から見てみると、グレー×ブラックの2トーンになっています。

イヤホンの右・左に関する刻印はなかったです。

片耳の重量は約5g。

▼続いて充電ケース。

ブラック1色のシンプルな外観です。

真ん中のボタンを押すと、LEDが点灯します。

主に、ペアリング関連の操作で使用。

背面のヒンジ部分と充電端子の周りはシルバーになっていました。

ちなみに、充電端子は「Type-C」を搭載。

充電ケースの内側もブラック1色です。

イヤホンはマグネットでピタッと収納。

充電ケースの重量は約44g。

▼形状記憶のイヤーピース

指でつまむとその形に変形する柔らか素材。

Makuake限定キャンペーンのようですので、必要な方はこのチャンスに手に入れて下さい。

Makuake
Makuake

【 ワイヤレスイヤホンPINO 】の音質とノイズキャンセリング性能

「ワイヤレスイヤホン PINO」の音質はとても聞き取りやすく、楽曲の細かい部分まで再現されているように感じました。

「アンビソニックス」という立体音響を収録・再現するための音響技術が使われており、臨場感のある音楽の再生ができるようになっています。

Makuake

クリアで聞き取りやすく、音質はとてもクオリティが高いです!

また、目玉のANC(アクティブノイズキャンセリング)機能。

Makuake

「ワイヤレスイヤホン PINO」のANC(アクティブノイズキャンセリング)を家の中でONにすると…

人の話し声や工事音のような大きな音は聞こえますが、エアコンの「ゴーッ」という動作音や、屋外のセミの声がかき消されて聞こえなくなりました。

作業に集中したいとき、便利な機能です!

また、ちゃんと外音取り込み機能もついており、電車のアナウンスを聞き漏らしたくないときや、コンビニのレジで応対するときなどで使い分けをすることが可能です。

Makuake

注意


音の評価は人によってばらつきがありますので、あくまで僕の主観でお伝えしてしています。この点、ご承知おきください。

【 ワイヤレスイヤホンPINO 】のペアリングと操作方法

「ワイヤレスイヤホン PINO」のペアリング(Bluetooth対応機器との接続すること)はとても簡単です。

手順は以下の通り。

STEP.1
ペアリングモード

充電ケースの蓋を開けると、ペアリングモードになります。

STEP.2
Bluetooth機器の接続設定

Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「ANC-D1」が表示されるので、そちらをタップします。

STEP.3
ペアリング完了

Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わります。

以上がペアリングの方法です。

イヤホン側の操作が特になく、手軽にデバイスとの接続ができましたよ!

参考までに、「ワイヤレスイヤホン PINO」の操作一覧は以下の通りです。

操作 動作
イヤホン(R/L)を約3秒長押し ANCの切替
イヤホン(R)を2回すばやくタップ 再生/一時停止
イヤホン(R)を約1秒長押し 曲送り
イヤホン(L)を約1秒長押し 曲戻し
イヤホン(R)をタップ 音量上げ
イヤホン(L)をタップ 音量下げ
イヤホン(R)を2回すばやくタップ Siriを起動

特に良かったのは、音量の上げ下げ。

音楽を再生しているとき、タップするだけなので、手軽に自分の好きな音量に調節できました。

【 ワイヤレスイヤホンPINO 】の使用感

ここからは、「ワイヤレスイヤホンPINO」を使ってみて感じた感想をお伝えしていきます。

まとめると下記の通りです。

「ワイヤレスイヤホンPINO」の使用感まとめ

  1. 残りのバッテリー残量が確認できない
  2. イヤホンの取り出しがスムーズ
  3. 軽い装着感が病みつきになる

残りのバッテリー残量が確認できない

「ワイヤレスイヤホンPINO」を使ってみて、残りのバッテリー残量が確認できない。

イヤホンから「battery is low(残量が少なくなっています)」のアナウンスで分かる仕様。

使っていて気になる程の点ではないですが、お出かけや出張などの充電できない場所で使うことが多い方は要注意です。

イヤホンの取り出しがスムーズ

「ワイヤレスイヤホンPINO」の充電ケースからのイヤホンを取り出しが簡単です。

他社の完全ワイヤレスイヤホンの場合、表面がつるつるで滑ってイヤホンが取り出ししますが、まったくそんなことがないです。

しっかり掴んで取り出せる分、手元からの落下しにくいので安心して使えます。

軽い装着感が病みつきになる

「ワイヤレスイヤホンPINO」のイヤホン形状は人間工学に基づいたエルゴノミクスデザインです。

イヤホン自体も片耳約5gと軽量な仕様。

耳への軽い装着感と、エルゴ形状がしっかりフィットして心地よく使えます。

また、Makuake限定の形状記憶タイプのイヤーピースを使えば、より自分専用のフィット感を味わうことも可能です。

形状記憶のイヤーピースは着け心地がストレスフリー!

注意


実際にお届けするイヤーピースと、少し仕様が異なる場合があります。

【 ワイヤレスイヤホンPINO 】と他の製品を比較

ワイヤレスイヤホンPINO」と市場で販売されている、ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンを比較していきます。

   

   

   

製品名 価格 bluetooth 防水性能 対応コーデック 重量(イヤホンのみ/イヤホン+充電ケース) 音楽再生時間(ケース併用) 充電ポート
amazonワイヤレスイヤホンPINO 13,580円(Makuake) Bluetooth 5.0 IPX4 AAC/SBC 約10g/約53g 最大4.5時間(最大24時間) Type-C
amazonSONY WF-1000XM3 23,691円(amazon) Bluetooth 5.0 × AAC/SBC 約17g/約92g 最大5時間(最大24時間) Type-C
amazonAirPodsPro 29,000円(amazon) Bluetooth 5.0 IPX4 AAC/SBC 約11g/約46g 最大8時間(最大32時間) Type-C・ワイヤレス

比較表で見比べてみて、機能面で大きな差は見られませんでした。

もし、安価にノイズキャンセリングイヤホンを楽しみたいなら、「ワイヤレスイヤホンPINO」はおすすめできます。

あなたならどれを選びますか?

   

 




【ワイヤレスイヤホンPINO】レビューまとめ

ワイヤレスイヤホンPINO」をレビューしてきましたが、まとめると以下の通りです。

【 ワイヤレスイヤホンPINO 】レビューまとめ

  • 1万円台で買えるコストパフォーマンス
  • ANC搭載で周囲の雑音を最大35dB低減
  • ENC搭載で通話の音声をクリアに伝える
  • 耳に心地良くフィットするエルゴイヤホン
  • IPX4の日常に必要な防水性能を搭載
  • 充電ケース併用で、最大24時間の使用が可能
  • 片耳約5g、充電ケースと合計で約50gの軽量設計

僕が「ワイヤレスイヤホンPINO」を実際に使ってみて、おすすめしない人、する人は以下の通りです。

【ワイヤレスイヤホンPINO】をおすすめしない人

  • 真空状態のようなノイズキャンセリングを求めている方
  • 充電ケースやイヤホンに高級感を求めている方

【ワイヤレスイヤホンPINO】をおすすめする人

  • 安価なノイキャン搭載イヤホンをお探しの方
  • 軽い装着感、ぴったりしたフィット感のイヤホンをお探しの方

AirPodsProやSonyだと価格が高い…でもANC機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンが良い!という方に、「ワイヤレスイヤホンPINO」はおすすめの商品です!

▼「ワイヤレスイヤホン PINO」の購入はこちら

関連記事


【 AIR by MPOW X5.1J レビュー】日本人好みの音質や操作性の完全ワイヤレスイヤホン

続きを見る


【okcsc Sabbat X12 Ultra】イヤホンレビュー カモフラ柄がおしゃれな完全ワイヤレスイヤホン

続きを見る


【T5進化版】Mpow M5レビュー【グラフェンドライバー搭載の完全ワイヤレスイヤホン】

続きを見る


【Dudios Shuttle レビュー】コスパ良しの完全ワイヤレスイヤホン

続きを見る




amazonで購入検討の方に朗報!

初回チャージで1000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

amazonチャージのキャンペーン登録ページはこちら

-ガジェット, ワイヤレスイヤホン

© 2020 ガジェスペ|ガジェットブログ